SIGMA sd Quattro

2016.09.10

shiology.comからshiology.net、そしてshiology.orgへ

本ブログは2016年8月25日のNo. 4501以降「[shiology.net](https://shiology.net/)」を経たのち、すべての記事を「[shiology.org](http://shiology.org/)」に移転して継続しております。 SDQ_5905 2004年から書いてきたこのブログ「[shiology.com](http://shiology.com/)」。4500回を数えました。これを機に、「[shiology.net](https://shiology.net/)」を始動します。 .comから.netへ。[shiology](https://shiology.net/)がちょっと進化します。 SDQ_5670 12年にわたってこの[shiology.com](http://shiology.com/)を多くの方々にご覧いただき、オンライン、オフラインを問わず多様なフィードバックをいただいてることに感謝しております。blogを書いていて本当に良かった、と感じる日々です。 同時に、自分にとっても大切な情報源になっています。サイト内を検索して過去に書いた情報を拾い出す機会は多いですし、何かをGoogleで検索したらshiologyに書いてあった、ということも度々あります。 そんな価値を感じる[shiology.com](http://shiology.com/)があるのはniftyが運営しているブログサービス「ココログ」のおかげ。心から感謝しております。 最近しばらく、この[shiology.com](http://shiology.com/)のコンテンツをそのまま「[Medium](https://shiology.net/)」にもミラーリングして、テストしてきました。新しいシステムは新しい時代にマッチしていることを実感します。 SDQ_5651 blogは発信媒体。Mediumは共信媒体。 Mediumに書いてある文章には、読者が関与できます。蛍光ペンでアンダーラインを引くかのような「ハイライト」や「コメント」といった機能です。アンダーラインを引いてコメントできるとなると、読み方が変わってきます。主体的、積極的な姿勢になります。筆者とのコミュニケイションが、関係を構築できるのです。人と関わりを持ちたい、という人の欲求に一歩近づいた媒体です。さらにコメントより長く言及したいなら、自分で記事を書けばいい。 心と心とが共振し、それを相互に表現することで「共信」できる場。それが「Medium」です。名称が全てを言い表しています。人と人とのMedium、仲だち、媒介となっているのです。「Medium」は「きずな」です。 きずなを築く。これこそが、もともとblogを書く目的です。Mediumによって、従来のblogシステム以上にその目的が実現されます。ありがたい。 SDQ_5666 そこで、[shiology.com](http://shiology.com/)の続きを、Medium上で「[shiology.net](https://shiology.net/)」に書くことにしました。すでに、No.4501以降の記事を書き始めています。 Mediumは表示が美しい。レイアウトが美しい。文章や写真の見せ方が美しい。ただ読むだけでなく、ハイライトやコメントができます。Safariなどのブラウザで読む以外に、iPhone/iPad/Android用のアプリがあり、読みやすい、書きやすいだけでなく、新着通知を受けることもできます。 従来の[shiology.com](http://shiology.com/)は、更新頻度を落とし、通し番号を振らずに、他所に書いた原稿を転載する目的で使う予定です。もちろん、[shiology.com](http://shiology.com/)に記事を掲載したら、 [shiology.net](https://shiology.net/)で紹介してリンクを張ります。 新生「[shiology.net](https://shiology.net/)」をどうぞよろしくお願い申し上げます。 〈写真はシグマ「sd Quattro」です〉 SDQ_5907

2016.08.30

4499-160823 写真は相手とのコミュニケイションを写す

SDQ_5426 twitterでいただいたご質問に回答いたしました。 写真には被写体と撮影者とのコミュニケイションが写ります。被写体が人物でも生物でも、動物でも静物でも、同じ。だから目でコンタクトし、表情で話しかけ、言葉で対話して、信頼関係を築いてから写す。 写真とは、撮影者の心を写すから「写心」。相手との信頼関係を写すから「写信」。そして相手への感謝を写すから「謝心」。相手の存在あっての表現手段ですから、常に謝心。 写すとき いつも相手に ありがとう 〈写真は、シグマ「sd Quattro」で大好物のお蕎麦やさんにて「ありがとう」〉 SDQ_5423

2016.08.29

4498-160822 パーティ料理を #sdQuattro で撮影

SDQ_5429 なんでも「sd Quattro」で撮影したい。 パーティ料理を撮影しました。美味しかった!! SDQ_5430 SDQ_5435 SDQ_5440 SDQ_5455 SDQ_5443 SDQ_5444 SDQ_5448 SDQ_5453 SDQ_5442

4497-160821 荻窪「 #旅人の木 」のラーメンを #sdQuattro で撮影

SDQ_5399 荻窪でラーメンといえば「旅人の木」。 - [旅人の木 基本情報](http://blog.livedoor.jp/tabibitonoki2004/archives/cat_50189779.html) - [旅人の木 メニュ](http://blog.livedoor.jp/tabibitonoki2004/archives/cat_50189738.html) - [旅人の木 店主の日記](http://blog.livedoor.jp/tabibitonoki2004/) 久しぶりに訪れて、シグマ「sd Quattro」で撮影しました。上が「醤油ラーメン」、下が「油そば」。 バランスが取れた自然な美味しさ。化学調味料(化調)不使用だから後味もさっぱり。本当に美味しい。 写真はテーブルで普通に手持ちで撮影。シグマ「sd Quattro」の描写力、素晴らしい。 SDQ_5402

2016.08.27

4494-160818 PFU「 #HHKB Professional BT」を常用する理由〈写真は #sdQuattro 〉

SDQ_5382 PFU製の好感触キーボード「[Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨](http://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/detail_hhkb-pro-bt-jp.html)」を4月以来、MacBookとともに常用しています。 - [4366-160412 あのHHKBがワイヤレスになってさらに使いやすい](http://shiology.com/shiology/2016/04/4366-160412-hhk.html) - [4422-160607 PFU「HHKB Professional BT」を無刻印化して「SHIO」仕様完成](http://shiology.com/shiology/2016/06/4422-160607-pfu.html) - [4427-160612 委員会にはMacBookとHHKB Professional BTを持参してラップトップタイピング #dp2Q](http://shiology.com/shiology/2016/06/4427-160612-mac.html) - [4369-160415 HHKBは改造不要でそのまま親指シフトキーボードになります](http://shiology.com/shiology/2016/05/4369-160415-hhk.html) 発売された今年4月当初、キー入力に対して文字の表示が若干遅れる時があると感じていたのですが、いつの間にか解消しています。きっと、MacのOSか、親指シフト化する「Karabiner」のバージョンアップによって、細かいバグが修正されたのでしょう。 現在、キー入力に対する表示の遅延ゼロ。有線のHHKBを使う時と全く同様のレスポンスで普通に使えます。 だから快適、快適、超快適。なめらか〜な打ち心地。スラスラ、ヌラヌラ、ツラツラ書けます。気持ちい〜い。 SDQ_5373 MacBook本体のキーボードもいい感じですが、HHKB Professional BTを使うには訳がある。「HHKB Professional BT」をラップトップ(モモの上)に置き、テーブルに置いたMacBookの画面のみを見ながらタイピングするのです。手の位置がお腹の前あたりに来るので、肩や肘が前に出ることなく体側(たいそく)に沿い、胸が開き、肩や腕に負担がなく、快適です。もちろんキーボード自体に視線を落とすことは一切ありません。 これをshioは「ラップトップタイピング」と呼んでいます。楽チンです。 - [2015-100515 ラップトップタイピング](http://shiology.com/shiology/2010/05/2015-100515-df9.html) - [4191-151020 Apple「Magic Keyboard」で超快適ラップトップタイピング](http://shiology.com/shiology/2015/11/4191-151020-app.html) 10年以上前からケーブル付きのHHKBでラップトップタイピングを実践していますが、ケーブルがあるとないとでは大違い。ケーブルがあると、あくまでもテーブル上のMacを「リモートコントロール」している感覚。ケーブルがなくなると、キーボードが身体の一部になったかのよう。キーボードが自分側に来て、あたかも「ウェアラブル・デバイス」のような一体感を味わえます。 同じことは、Appleの「Magic Keyboard」でもできますが、やはり、HHKBの好感触が好き。キーが指に吸い付いてくるような指との一体感が、なおさら「ウェアラブル」感を増幅します。一体感が上がるとtypo(ミスタイプ)が減ります。指で喋っているような、そんな感覚です。ともかく、気持ちよくて、楽チンなんです。 SDQ_5383

2016.08.23

4492-160816 吉祥寺の絶品イタリアン「BUCA」の美味しさを #sdQuattro で写す

SDQ_5284 吉祥寺の美味しいイタリアン「[BUCA](http://www.buca.jp/)」。駅の西の端から2ブロックという好立地でありながら、ビルの2階で静かな隠れ家的佇まい。 SDQ_5295 「[BUCA](http://www.buca.jp/)」のお料理もシグマ「[sd Quattro](http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/)」で写したい。ISO100で撮影するにはお店の暗さがネックかもしれないけれど、sd Quattroの画質のためならいろんな工夫で乗り切れるはず。 SDQ_5297 明るさを測ってみたら、F1.4のレンズなら、ISO100で1/30秒のシャッタースピード。手持ち撮影可能です。 一応、一脚を持参したけど、なくても大丈夫そう。 SDQ_5308 いつものように店内の明かりのみ。自分でライティングはしない。その場の明るさ、ありのままの光を、演出なしで写す。普通の人が普通に訪れて目に入るお料理、店内をそのまま写したいから、特別なことは一切しない。 SDQ_5318 テーブルについて、「かわるビジネスリュック」から取り出した[sd Quattro](http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/)に[パワーグリップ PG-41](http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/accessories/)をつけ、一脚に据えたら準備OK。 SDQ_5343 前菜からメインまで、次々と運ばれてくるお料理を、おしゃべりしながら撮影しては味わうという贅沢。 SDQ_5346 どれもこれも美味しすぎ。撮影、楽しすぎ。 SDQ_5354 デザートも4品、いただきました。 SDQ_5357 人数が多いと、いろいろ楽しめるのがいい。 SDQ_5364 BUCA、ごちそうさまでした!! SDQ_5367

4491-160815 成蹊ビール「宇(いえ)は大なり」が美味しい〈写真は #sdQuattro 〉

SDQ_4719 成蹊ワインが美味しいのは知っていたけれど、成蹊ビールは未体験でした。 SDQ_4718 海外からお客様がいらっしゃったので、ご一緒に成蹊大学近くのビストロ「[ゴブラン](https://www.facebook.com/Gobelins.kichijoji)」へ。 飲み物メニュを見たら「成蹊ビール 宇(いえ)は大なり」がある。これは試しに飲んでみましょう、と注文。 SDQ_4726 おお、美味しい!! 芳醇な香りと味わい!! SDQ_4733 気に入りました。フルーティーでビターな刺激がお料理の美味しさを引き立てます。 SDQ_4737 そのあとは、定番の成蹊ワインとともに、お料理に舌鼓。 SDQ_4738 お客様にもご満足頂いて、[ゴブラン](https://www.facebook.com/Gobelins.kichijoji)、ありがたい!! SDQ_4739 本気で美味しいお料理をいただきながらの法律談義。教育談義。 楽しい!! SDQ_4741

4490-160814 成蹊大学チアリーダー部”Delphis”夏の発表会を #sdQuattro で撮影

IMG_6221 顧問をしている成蹊大学應援指導部チアリーダー部「夏の発表会」を撮影しました。 今までなら撮影機材は、リコー「GR II」かキヤノン「EOS 6D」。でも今年はもちろんシグマ「[sd Quattro](http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/)」ですよ。 SDQ_5164 演技すべて[sd Quattro](http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/)のみで撮影しました。 “Delphis”と”Bubbles”の演技、合わせて280枚。 SDQ_5165 初めて連写機能も使ってみました。想像以上に高速で連写できてびっくり。 SDQ_5181 Delphisの演技、素晴らしくてかっこよくて美しい!! SDQ_5254 そしてBubblesの演技、キレがあってスピード感があって感動!! SDQ_5250

4489-160813 ブッティ4周忌〈写真は #sdQuattro 〉

SDQ_4967 尊敬する飯忍さん(ブッティ)が亡くなって4年目の命日。親交のあった方々がお宅に集まって、思い出語り。 奥様が作ってくださったり参加者が持ち寄ったお料理を美味しくいただいた後、ブッティが作った100曲以上のキャンプソングを次々と歌う。shioはピアノで伴奏したりヴァイオリンを弾いたり。 すべて譜面はないので伴奏は適当。みなさんが歌い始めた調に合せて弾いたり、shioが知らない曲もみなさんの歌を聞きながら適当に伴奏。こういう伴奏は耳と頭を使うから楽しい。 ブッティの歌をまとめて歌うと、ブッティの温かさと愛情が伝わってくる。素敵です。そしていつも感謝してます。ブッティ、どうもありがとう!! SDQ_4993

2016.08.22

4485-160809 第21回野尻小学生キャンプの総撮影枚数〈写真は #sdQuattro 〉

SDQ_4705 8月3日から9日まで6泊7日、フォトグラファとしてボランティアで参加した第21回野尻小学生キャンプ。 SDQ_4345 その撮影枚数は計6,282枚、ムービー82本。内訳は下記の通り。 静止画 - キヤノン EOS 6D :3,495枚 - シグマ dp0 Quattro:1,349枚 - シグマ sd Quattro:986枚 - オリンパス TG-850:358枚 - Apple iPhone 6s Plus:67枚 - シグマ dp1 Quattro:22枚 - シグマ dp3 Quattro:4枚 - RICOH THETA S:1枚 SDQ_4704 動画 - ソニー FDR-X3000R:77本 - キヤノン iVIS mini X:3本 - キヤノン EOS 6D:1本 - RICOH THETA S:1本 SDQ_4710 使い分けはすでに書いた通りです。 - → [4480-160804 持参機材とその使い分け](http://shiology.com/shiology/2016/08/4480-160804-dp0.html) SDQ_4357

より以前の記事一覧

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください