SIGMA 24mm F1.4 DG HSM

2016.03.21

4337-160314 flickrにアップロードした写真が30万枚を超えました #EOS6D #SIGMA #24mmF14DGHSM

flickr300K+

flickrにアップロードした写真が30万枚を超えていることに気づきました(上のスクリーンショットの右上に表示されています)。容量にして2.26TB。

数えてみると、ちょうど30万枚目は下の写真。2016年3月7日にshioゼミ卒コンで撮影したもの。

2004年にflickrを使い始めて以来、12年目で30万枚です。当初2006年の暮れまではflickrに月間2GBの上限があったので、月に数百枚しかアップロードできませんでしたから、その分をざっと差し引くと、単純計算で毎年平均32,000枚。1日平均87枚くらい。

実際は、年々撮影枚数が漸増しており、近年は毎年4万枚以上撮影しています。1日112枚くらいです。

flickrの存続を心から願っております。

IMG_7044 (300,000th photo on my flickr)

2016.03.16

4329-160306 写真初心者は明るい単焦点レンズを使うといい〈写真のレンズはシグマ24mmF1.4 DG HSM〉

IMG_6940

EOS 6Dにキヤノン「EF50mm F1.8 STM」オンリーで使っているshioゼミ女子。元々同じ「50mmF1.8」の旧モデルを使っていましたが、最近発売された新型に買い換えたもの。「そろそろもうちょっと広角も欲しい。明るくて軽い方がいい」というので、一緒に検討しました。

レンズはまず明るさで選ぶ。F値が小さい方が明るい。F1.4、F1.8、F2、F2.8でそれぞれ候補は次の通り。

次。最大倍率が大きく、最短撮影距離が小さい方がいい。この中で最大倍率が最も大きいEF35mm F2 IS USMに決定。結構寄れるから被写体を最も大きく写すことができて楽しいはず。

IMG_7033

shioゼミ学生は基本的に明るい単焦点レンズ(ズームしないレンズ)で写真を始めます。彼女のように「50mmF1.8」あるいは「50mmF1.4」あたりがいい。まずひとつの単焦点レンズ(画角)で10,000枚。明るさのメリットと画角の作画センスを身につけながら、その画角による絵作りに習熟していく。

するとその画角の中で工夫して撮影する力がついてくる。創造性が膨らむ。画角が身につくから、ファインダを覗かなくてもそのレンズでどの位置で撮影するとどんな絵が写せるか、想像できるようになる。そしてその画角の限界もわかってくる。そのうえで、次のレンズを選べる。

ズームレンズを買わない、使わないことで写真のセンスが磨かれます。初心者がF値の大きい(F3.5以上の)ズームレンズを使うと、小さいF値の面白さと作画の可能性を味わえないばかりか、レンズが暗くてシャッタースピードが下がりブレやすく、感度が上がって画質が低下するので、汚い写真を量産してしまいます。写真の面白さを味わえないまま「自分はセンスがない」とか思い込む。写真はセンスではなく練習です。場数です。

IMG_6912

明るい(F値の小さい)単焦点レンズで撮る写真は別世界。背景をぼかして被写体を浮き上がらせた絵を簡単に写せる。シャッタースピードが上がるからブレにくく、感度が下がって高画質。レンズもズームレンズより小さくて軽い。初心者には暗いズームレンズではなく、明るい単焦点レンズで写真の楽しさを味わっていただきたい。

単焦点(非ズーム)の「明るいレンズ」とは、一眼レフ用ならF2以下。コンパクトカメラならF2.8以下。明るく(F値が小さく)なればなるほど、背景をボカして被写体を浮き上がらせることができる一方、レンズは重くなり、口径は大きくなる。だからF値が小さいほどいい、ということではなくて、カメラのサイズや用途とのバランスが大切です。

IMG_6895

shioが使っている一眼レフ用の単焦点(非ズーム)レンズはすべてシグマ製のF1.4。可能な限り絞り開放で写し、くっきりピントとふんわりボケが楽しめます。

IMG_6904

ズームレンズでも、シグマはF2やF1.8といった明るい製品を出しており、shioも使います。明るいうえに、ズームレンズにありがちな像の歪みが少なく、真っ直ぐなものが真っ直ぐ写る高性能ズームレンズだからです。

IMG_6861

ここに掲載した写真は、すべてSIGMA 24mm F1.4 DG HSMをキヤノンEOS 6Dで撮影したもの。

1枚目はF2.0、2枚目はF1.6。3枚目以降はF1.4(絞り開放)です。

IMG_6882

2015.09.19

4147-150906 ラグビー撮影のカメラ購入相談<続編>〈写真のレンズはSIGMA, 24mm F1.4 DG HSM | Art〉

IMG_0604

先日、ラグビー撮影に適した初心者向けのカメラ機材購入のご相談に対するshioの考え方を書きました。

IMG_0606

結局お買いになったのは下記3点。

当初、予算が10万円程度ということでしたので、上記リンクの機種を提案したのですが、その後、どうせ買うならと、手持ちの古い機材を売却して、資金を捻出したそうです。

IMG_0608

これ以上ないほどのベストな機材。

あとは練習あるのみ。機材を生かすのは訓練です。たくさんたくさん撮影すれば、やがて息子さんの好プレイをカッコよく写せることでしょう。

IMG_0610

その他のカテゴリー

Apple Aperture | Apple iBooks Author | Apple iLife, iPhoto, iMovie, Garageband, iDVD, iTunes | Apple iPad | Apple iPhone | Apple iPod | Apple iWork, Pages, Keynote | Apple Leopard | Apple MacBook | Apple OS X Mountain Lion | Apple Watch | ARAYA Federal | BD-1 | Calligraphy | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | Canon EOS 7D | Canon EOS M2 | Canon PowerShot G7 | Car | Education | Facebook | First aid | Fountain pen | FUJIFILM X-M1 | Health | LYTRO ILLUM | Paris | PFU Scansnap | Photography | Podcasting | RICOH Caplio GX100 | RICOH Caplio R5 | RICOH CX1 | RICOH CX3 | RICOH CX4 | RICOH CX5 | RICOH G600 | RICOH GR Digital | RICOH GR[2013] | RICOH GR[2015] | RICOH GX200 | RICOH GXR | RICOH R10 | RICOH THETA | SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | SIGMA dp0 Quattro | SIGMA DP1 | SIGMA dp1 Quattro | SIGMA DP2 | SIGMA dp2 Quattro | SIGMA DP3 | SIGMA dp3 Quattro | SIGMA Lens | SIGMA SD1 | SIGMA SD15 | Square Format | Stanford | stationery・文房具 | twitter | Words & phrases | WorkFlowy | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | スポーツ | ニュース | ノート | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 育児 | 芸能・アイドル | 親指シフト | 講義 | 音楽

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください