Apple iPhone

2016.08.29

4496-160820 大切な「やったことリスト」のための #iDoneThis

IMG_6226

世の中、「To Do List(やることリスト)」は多いけれど、大切なのは、「やったことリスト」を伸ばすこと。そのために特化したサービスは少ない。

IMG_6224

スケジュール帳に書いたり、日記を書いたりする方法もありますが、やったことをささっと書き留めておく場所があるといい。そのために長年使っているサービス「iDoneThis(アイダンディス)」。

IMG_6228

有料と無料、2週類のアカウントがあります。

この度ver. 2.0がアナウンスされました。既存のユーザは9月14日までに自分のページにwebsiteからアクセスすれば、ver.2.0に移行されるそうです。

スティッカをいただいたので、MacBook(pink)に貼りました。

〈写真は成蹊大学近くのビストロ「ゴブラン」のランチをiPhone 6s Plusで〉

IMG_6246

2016.08.23

4488-160812 初めて一眼を買うご夫妻がシグマ #sdQuattro を選んだ理由は猫〈写真はiPhone 6s Plus〉

IMG_6149

吉祥寺「上海ガーデン」で美味しい薬膳中華料理を一緒に食べていた友人ご夫妻が、カメラを購入希望とのこと。

シグマに興味があるが、他も見て比較検討したいとのことで、ヨドバシカメラ吉祥寺店を3人で訪問。

IMG_6147

まず、シグマ「dp Quattro」シリーズの売り場で一通り、シグマのカメラをご説明。奥様はしきりに、dp Quattroの各モデルでshioのヒゲ面を撮影し、拡大してヒゲの写りをチェック。

そこへリコーの販売応援営業さんが登場し、すぐ横に並んで陳列されている「GR II」の良さを語る。「dp Quattro」シリーズよりコンパクトで高感度に強くていいですよ〜、と。

それを聞いた奥様は、早速「GR II」でもshioのヒゲ面を撮影。 拡大して髭の写りをチェック。

IMG_6148

リコーの方にお礼を言いつつ、「そういえば、シグマから出た新しいのはどうかしら?」と「sd Quattro」の売り場へ移動。真っ先にご主人がシャッターを切って一言。「撮った気がする〜〜」。それはshioも同感。sd Quattroの「撮った気がする感」、shioも好きです。

そして撮影した画像を確認して、背景のボケ方が気に入ったとのこと。それはレンズの明るさがF1.4と明るいから、F2.8の「dp Quattro」や「GR II」よりずっとボケるんです、などとご説明。その間に奥様、sd Quattroでまたshioのヒゲ面を撮影し、拡大してチェック。「わぁ、ヒゲ、よく写ってる!!」

IMG_6151

もともと大きいカメラには興味がなかったお二人でしたが、sd Quattroで撮影した「背景がぼける写真」がお気に召し、それには明るいレンズが必要ということで、他の一眼カメラや一眼レフカメラも見てみることに。

キヤノン、ニコン、ソニー、オリンパスなどの売り場を巡りながら、奥様は各社の一眼や一眼レフでshioの髭を撮影しては、拡大して確認を繰り返し。ひとしきり巡り歩いて、また富士フイルムの隣にあるsd Quattro売り場に戻ってきたお二人の感想は、「他の一眼ってずいぶんお高いのね」「sd Quattroは大きいと思ったけど、他の一眼に比べたら小さいね」と。

IMG_6152

そこへ奥様から研究成果のご報告。「シグマのカメラは、拡大してもヒゲがくっきり写ってるけど、他のカメラは拡大すると、ヒゲがにじんでる」。

売り場中のカメラでshioのヒゲを撮影して、そんなところを観察していたのですか!! 脱帽です。素晴らしい。そうなんです。シグマ以外のカメラはどれも、撮像素子の原理からして、各画素が赤青緑のうちの1色ずつしか取得していないため、その色情報を相互に補完しあって絵を作っている。だから拡大して細かく見るとすべてがにじんで見える。だから全体を見たときにも、いまいちシャキッとしていないのです。

その点、シグマのカメラは原理が全く異なる。3層構造のセンサーで各画素ごとに赤青緑すべてを取得するため、色情報を融通しあう必要がない。にじませる必要なし。にじませないので、くっきり、ありのまま写ります。細部を見ても全体を見てもシャキッと写る。特にヒゲとか髪の毛とか産毛とかを見れば、1本1本きちんと解像しているのがわかります。

IMG_6153

そんなことはご存知なかったはずの奥様がなんでshioのヒゲばかり写していたか。

「私、猫を撮りたいんです」。

なるほど〜〜〜。それならシグマのカメラが最適ですよ。猫の毛並みの輝きまで、綺麗に写ります。

「ただし、シグマのカメラは暗い場所には弱いですよ。いいんですか?」「暗い場所は今まで通りiPhoneで撮ればいいですから」。確かに。

IMG_6156

するとご主人から矢継ぎ早の質問。「キットレンズでいいですか?」「はい。背景をぼかした写真を撮りたいなら、この30mm F1.4 DG HSMがベストです」

「他に必要なものは何ですか? ストラップ?」「ストラップは入っていますので、あと必要なのはSDカードくらいですよ」

「何GBあればいいですか」「僕みたいにRAW+jpegで撮影すると、128GBで1400枚、64GBで700枚、なので32GBだと350枚くらい。jpegオンリーで撮影したらその数倍撮影できます」

「ということは1000枚以上いけますね」「はい余裕です。書き込み速度が速いのがいいから、ご予算が許すならSanDiskのExtreme Proがベストです。あと撮った画像をその場でiPhoneに取り込みたいでしょうから、AppleのLightning-SDカードカメラリーダーがあるといいですよ」

「ケースは?」「僕はカメラをケースに入れません。カバンに入れる時には適当な布に包んだり巾着に入れる程度です。ケースに入れるとそれだけでかさばりますよ」

IMG_6161

それを聞いたらご主人、もう店員さんに声をかけて、注文してレジへ直行。素早い!!

「sd Quattro / 30mm F1.4 DG HSM レンズキット」と「SanDisk Extreme Pro 32GB SDカード」をお買い上げ。

IMG_6164

各社のカメラにshioのヒゲ面を残したまま2階のカメラ売り場を後にし、1階のAppleコーナーに行って「Lightning-SDカードカメラリーダー」もご購入。

IMG_6165

そのままスターバックスに行って、開封し、説明しながら各種設定。

フラペチーノを撮影して画像を確認して、その高画質に驚くお二人。そう、単純にフラペチーノのプラスチック容器を撮影しただけでも、シグマだとその素材感がリアルに写るのです。

IMG_6166

撮っただけで感動できるカメラ。sd Quattro

きっとこれから色々撮影してご満足いただけるはずです。

IMG_6160

4487-160811 26日目の髭を剃りました〈写真はiPhone 6s Plus〉

IMG_6169

ギリシャに行く前から伸ばしていた髭。

26日目にして、剃りました。

上の写真は剃る前日の夜の姿。下は剃る直前に自宅で。

IMG_6179

さらに、2ヶ月半ぶりに髪も切ってすっきり。

すべてiPhone 6s Plusの背面カメラで自撮りです。

IMG_6230

2016.08.22

4486-160810 Tabioのカバーソックス(28cm)10足購入

IMG_6145

スキーブーツ以外、1年中100%履いている5本指シューズ「ビブラムファイブフィンガーズ」。素足で履くのが気持ちいいけど、履き続けると臭うので、ソックスが必要。

素足に近い「カバーソックス」がベストですが、過去数年間、どこを探しても5本指で28cmのサイズがない。

仕方なく、足首までとかふくらはぎまでの5本指ソックスを履いていました。ふとTabio の「靴下屋」さんに入ったら、28cmの5本指カバーソックスが発売されていました。4色のうち黒2足と紺1足の在庫を買い占め、さらに工場在庫を確認していただいて、あと7足、注文。

後日、入荷の連絡があり、めでたく計10足、購入しました。これで年中、素足感覚でいられます。

IMG_6183

2016.08.19

4481-160805 #sdQuattro にパワーグリップPG-41を常用〈写真はiPhone 6s Plus〉

IMG_6239

シグマ「sd Quattro」単体で5,000枚ほど撮影したので、次は「POWER GRIP:PG-41」を付けて使い込んでみよう。カメラは小さいほうがいい、と信じているので、パワーグリップをつけることには懐疑的でしたか、まずは実際に実験してみることが大切。

試してみたら、なんと。気に入りすぎて、常用です。最初から使えばよかった。とはいえ、単体での使い勝手を身に付けることが先決なので最初からつけることはいたしませんが、これ、本当に最初から使えばよかったと思うほど、メリット大きい。

カメラをバッグに入れて運搬するときはコンパクトにまとめたい。パワーグリップは外して適当な巾着に入れ、撮影体制になったらカメラに取り付けます。

IMG_6238

メリットはいくつかありますが、使ってすぐに実感するのが握りやすさ。手になじむ形状で、安定感が高くなります。sd Quattroはボディ単体でも握りやすいですが、パワーグリップをつけるとグリップの面積が増えるため、握り方の自由度が高まります。ブラさず、固定して撮影するために、この手になじむ握りやすさ、安定感は大きな効果をもたらします。

shioは基本的に一眼レフにはネックストラップをつけません。sd Quattroもストラップレス運用です。必要に応じて「BlackRapid」の各種ストラップを三脚穴に取り付けます。なので、歩くとき、カメラのグリップに右手の指をひっかけてプラ〜ンと持つことが多い。手ぶらにsd Quattroだけを持って移動するとき、いつもそのスタイルです。パワーグリップをつけると、このプラ〜ンも楽。親指から小指まで5本すべての指がかかるので、安心です。特に、カメラを斜めにして、グリップの角に中指をかけてぶら下げられるのもいい。

縦位置撮影のときに、縦持ちできるのも当然のメリット。親指AFもきちんとできるので、使いやすい。FUNCtionボタンに拡大表示を割り当てられるようになったら完璧でしょう。

バッテリは、カメラ本体に1本、パワーグリップに2本入ります。shioは原則として、本体に1本、パワーグリップの右スロットに1本入れて使っています。撮影枚数が倍、ないし3倍になるから安心です。

IMG_6240

2016.08.18

4479-160803 #かわるビジネスリュック と #とれるカメラバッグ に詰めた「第21回野尻小学生キャンプ」持ち物〈チアの写真は #sdQuattro〉

IMG_6221

第2回からボランティアで参加している野尻小学生キャンプ。東京YMCAが主催し70名程度の小学生を対象として6泊7日、野尻キャンプ場に滞在します。第21回の今年もshioは「フォトグラファ」としての参加です。

前日の夜、荷物のパッキング。機材は「かわるビジネスリュック」に収納。衣類、キャンプ用品、フルート、ブロックフレーテ(リコーダ)はスワニーのポケットバッグへ。

IMG_6047

まず、行きのバスで使わない機材を「とれるカメラバッグ」に収納。

  • シグマ dp1 Quattro
  • シグマ dp2 Quattro
  • シグマ dp3 Quattro
  • キヤノン EOS 6D
  • シグマ 24mm F1.4 DG HSM
  • リコー GR II
  • キヤノン iVIS mini X

これ全部収まる「とれるカメラバッグ」、すごい。

IMG_6049

その「とれるカメラバッグ」を、「かわるビジネスリュック」の下荷室の下部へ収納し、その上に下記のアイテムを乗せる。

  • リコー THETA S
  • オリンパス TG-850
  • ソニー FDRX3000R
  • sd Quattroのパワーグリップ
  • 充電器5種類
  • バッテリー

かわるビジネスリュック」の上荷室にはキャンプ場に向かう道中も使う機材を収納。

  • シグマ sd Quattro
  • シグマ 24mm F1.4 DG HSM
  • シグマ dp0 Quattro

かわるビジネスリュック」の表面ポケットには、キャンプのしおりや歌集など。上から入れるPCポケットにはMacBookとiPad Proを入れ、最上部に折りたたみ傘とタオルを乗せる。小物ポケットには各種のアダプタ類、ケーブル類、Pocket WiFi、ペン、測量野帳(コクヨ・セ-Y3・スケッチブック)など。

IMG_6050

これだけのアイテムがすっきり収まる一つの理由は、「かわるビジネスリュック」が直方体だから。荷物をブロックを積み上げるように隅々までかっちり入れると、空間に無駄がなく、多くのものが収まる。一般的なリュックはシェルが柔らかいため、きっちりと積み上げていく収納が苦手。積み上げていっても使っている間に崩れてしまう。

さて、収まったのはいいが、持てるのか。背負えるのか。縫い目が裂けたりしないのか。上部の取っ手を恐る恐る持ち上げてみると、すっと上がる。想定外に軽い。やはりこの「かわるビジネスリュック」、ただのリュックではない。リュックとして、「軽く感じる」という資質は絶大な価値がある。

そして背負ってみると、フィット感抜群。強度に対する懸念は杞憂でした。これだけ重い機材を詰め込んでも全く問題なし。素晴らしい。

これから使い込むのが楽しみ。顧問をしている成蹊大学応援指導部チアリーダー部のユニフォームを着たキティちゃんを付けて、カスタマイズしました。

IMG_5990

2016.08.17

4478-160802 吉祥寺「ボン グー ハンバーグ」で昼下がりの祥寺

IMG_5962

学生たちが誘ってくれたハンバーグ屋さんで「昼下がりの祥寺」。

7月に開店した新しいお店。「ボン グー ハンバーグ」。美味しい。

IMG_5951

昔から、お昼過ぎに吉祥寺に行くことを「昼下がりの祥寺」と言っているのだが、学生が映画「昼下がりの情事」を知らないという。

IMG_5958

「吉祥寺」の「祥寺」ですよ。

そもそもこの映画の原題は「Love in the Afternoon」。「情事」は名訳ですね。

IMG_5961

2016.08.16

4474-160729 「 #かわるビジネスリュック 」の実物、素晴らしい!! 〈写真はiPhone 6s Plus〉

IMG_5890

前回、帰国する機内で推測に基づいて書いた記事。

その後、7月27日深夜に帰国して、真っ先に #かわるビジネスリュック の公式サイトを熟読したツイート。

IMG_5901

その結果、「重いものは上」がリュックの基本だということを知らない学生が結構いることが判明。重いものはリュックの上の方に入れる方が、軽く感じますよ。下の方に入れると、後ろから引っ張られるようにな感じになって、より重く感じます。

IMG_5897

なので、そういうことを知らない人でも、ユーザが普通に使うだけで「重いものは上」が実現してしまうところがこの「かわるビジネスリュック」の素晴らしさ。

IMG_5902

上をメインに、下をサブに、という発想の転換です。

IMG_5922

まだ製品が届いていないくて実物を見ていないのに、推測でつぶやいておりました。

そしてとうとう29日に実物が配送された!! 送ってくださったいしたにまさきさん、 @kazu373 さん、 コグレマサト/(^o^)\さん、どうもありがとうございます!!

IMG_5913

研究室に集まった学生たちが順番に持ってみて、全員、第一声が「軽!!」。本当に軽いです。この手の製品で1kgを切っているっていうだけで、一見の価値あり。

IMG_5929

自分で背負ってみて最初に感動したのが胸ストラップ。上下にスライドして位置を調整できる。だから女性でもこのストラップを使えます。よくよく考えられたデザインが素晴らしい!!

IMG_5930

他にも工夫や配慮が満載。用途も多岐。

shioの場合、撮影機材を詰め込んで撮影に行ったり国内外に出張することになりそう。「かわるビジネスリュック」を持って出かける日が楽しみです。

IMG_5891

2016.07.30

4465-160720 ギリシャ出張持ち物

IMG_5653

  • SIGMA, sd Quattro
  • SIGMA, 24mm F1.4 DG HSM(SIGMA用)
  • SIGMA, dp0 Quattro
  • RICOH, GR II
  • RICOH, THETA S
  • OLYMPUS, TG-850
  • SONY, FDR-X3000R
  • BlackRapid, Shot(ブラック)(sd Quattroで使用)
  • バッテリ、本体内以外に10個(dp Quattro用5個、sd Quattro用3個、 GR II用2個)
  • sd Quattroとdp QuattroとGRII用のバッテリ充電器
  • Mac/iPhone/iPadのACアダプタに付属しているプラグ部分2個(sd Quattro用充電器とdp Quattro用充電器に接続して使用)

IMG_5714

IMG_5783

これらすべてをTimbuck 2のデイパックに収めて行きました。

IMG_5853

検討の結果、持参しなかったもの

  • Apple, iPad Pro:MacBookがあればいい。
  • SIGMA, dp1 Quattro:sd Quattroがあればいい。
  • Canon, EOS 6D + SIGMA, 24mm F1.4 DG HSM(Canon用):連日行われる夜のイベントの撮影に必要かとも考えたが、sd QuattroとGR IIで十分と判断。
  • Anker, PowerPort 4:USBポートで充電できる電源アダプタを2個持ったので必要ないと判断。

IMG_5669

2016.07.04

4445-160630 ワインレッドの「MacBook ジャケット」が似合う女性

IMG_5284

shioゼミ卒業生のさやかさんが、MacBookを買ったとのこと。

MacBook設定デートへ。

IMG_5286

まず、高田馬場「よし丸」にて美味しいラーメン。

そのあと、「R.O.STAR」へ。

IMG_5287

コーヒーが美味しい上、Wi-Fiも電源もあって、快適なお店。

以前いただいた半額チケットを使って、コーヒー50円。

IMG_5288

MacBookで「システム環境設定」を開いて説明しつつ、最適な設定に変更していく。

IMG_5291

最後に、バード電子製の「MacBook ジャケット」を装着。

IMG_5290

ワインレッド大好きなさやか。

IMG_5292

似合う!!

IMG_5295

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Apple Aperture | Apple iBooks Author | Apple iLife, iPhoto, iMovie, Garageband, iDVD, iTunes | Apple iPad | Apple iPhone | Apple iPod | Apple iWork, Pages, Keynote | Apple Leopard | Apple MacBook | Apple OS X Mountain Lion | Apple Watch | ARAYA Federal | BD-1 | Calligraphy | Canon EOS 5D Mark II | Canon EOS 6D | Canon EOS 7D | Canon EOS M2 | Canon PowerShot G7 | Car | Education | Facebook | First aid | Fountain pen | FUJIFILM X-M1 | Health | LYTRO ILLUM | Paris | PFU Scansnap | Photography | Podcasting | RICOH Caplio GX100 | RICOH Caplio R5 | RICOH CX1 | RICOH CX3 | RICOH CX4 | RICOH CX5 | RICOH G600 | RICOH GR Digital | RICOH GR[2013] | RICOH GR[2015] | RICOH GX200 | RICOH GXR | RICOH R10 | RICOH THETA | SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | SIGMA dp0 Quattro | SIGMA DP1 | SIGMA dp1 Quattro | SIGMA DP2 | SIGMA dp2 Quattro | SIGMA DP3 | SIGMA dp3 Quattro | SIGMA Lens | SIGMA sd Quattro | SIGMA SD1 | SIGMA SD15 | Square Format | Stanford | stationery・文房具 | twitter | Words & phrases | WorkFlowy | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | スポーツ | ニュース | ノート | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 育児 | 芸能・アイドル | 親指シフト | 講義 | 音楽

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください