« 4383-160429 成蹊大学のO型連休は「カレンダーどおりじゃない」 #iPhone6sPlus | Main | 4385-160501 Apple Watchの革バンドを脱臭 »

2016.05.09

4384-160430 日本語入力における「親指シフト」と「JISかな」について #dp0Q #dp1Q

DP1Q4976 「親指シフト」と「JISかな」についてtwitterでご質問をいただきました。 世の中、shioより詳しい人がたくさんいらっしゃるし、そもそもshioは「親指シフト」を常用しており、「JISかな入力」は未経験。なのでこのご質問に回答する適性はありませんが、わかる範囲で書きます。 DP1Q4979 「JISかな」の特徴 - かながキーボードの4段に配列されている - 濁音、半濁音は2打鍵で入力 - 小文字(ぁぃぅぇぉっゃゅょ)はshiftキーを押しながら入力 - 数字を入力する際には英数モードに切り替え - ほぼ全てのPC/Macに標準装備 - iPhone/iPadの外付けキーボードでもOK DP1Q4980 「親指シフト」の特徴 - かながキーボード3段に配列されている - 濁音、半濁音は1打鍵で入力 - 小文字(ぁぃぅぇぉっゃゅょ)は1打鍵で入力 - すべてのかなを1打鍵で入力可能なのでJISかな配列より1割程打鍵数が少なく済む。 - かな入力モードのまま数字や記号も入力できる - MacでもWindows PCでも親指シフト用の無償アプリを入れて使う - 一般的なJISかな配列のキーボードで親指シフトもできる DP0Q4397 親指シフトは楽なんです。言行一致。1音1打鍵。正確には1かな1打鍵。頭にある日本語の音と打鍵動作、打鍵音が一致しているから、リズミカル。打鍵数もローマ字入力の57%、JISかな入力の9割程度で済む。 楽だから速い。楽だから間違いが少ない。楽だから疲れない。 日本語を書くには今の所ベストな入力方式だと思います。 DP0Q4394

« 4383-160429 成蹊大学のO型連休は「カレンダーどおりじゃない」 #iPhone6sPlus | Main | 4385-160501 Apple Watchの革バンドを脱臭 »

SIGMA dp1 Quattro」カテゴリの記事

SIGMA dp0 Quattro」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください