« 4338-160315 高田馬場「よし丸」の3月限定「特豚らーめん」が美味しい!! #dp0Q | Main | 4340-160317 iPad Proは画面上のソフトキーボードとApple PencilでOK #dp0Q »

2016.03.21

4339-160316 iPhoneにMagic Keyboardで入力すれば目視距離を適正化できる #dp1Q #iPhone

DP1Q4286 今ではiPhone 6s Plusだけで仕事できる。以前ならMacが必要とされていた仕事まで含めて、ほとんどすべてできる。原稿執筆、ゲラの校正、授業、プレゼン、調査、各種の通信、写真の取り込み、編集、送信、etc. けれども、残念ながら長時間、続けていられない。その最大の理由は目からの距離。手に持って扱うiPhoneは、目からの距離が50cm程度。見続けるには近すぎる。また、視線の動きが少ないのも目が疲れる原因の一つ。 IMG_3148 それに対して、デスクトップ型のiMacは目からディスプレイまでの距離が約120cm。20年以上前から、ディスプレイはデスクの奥の棚に置いている。またノート型のMacBookを本体のキーボードで使う場合で約75cm、外部キーボードを腿の上に置いて使う場合で約90cm離れている。 DP1Q4285 そこでiPhone 6s Plusを長時間業務に使う際は、Apple「[Magic Keyboard - JIS](http://www.apple.com/jp/shop/product/MLA22J/A/magic-keyboard-jis)」をワイヤレス接続。iPhone 6s Plusをテーブルに置き、目からの距離は約90cmになる。キーボードを腿の上に置いて、楽にラップトップタイピングできます。 入力方法に親指シフトは使えずローマ字入力になってしまうのがshio的には残念ですが、ローマ字入力でよければ十分仕事に使えます。ただし依然として視線移動が小さいので意識的に周囲に眼球を動かす必要がある。 IMG_5948 さらに、control系の操作をほとんど受け付けてくれるのがありがたい(一部、できないものもあります)。control系の操作とは、controlキーを押しながら文字キーを押すことでカーソル移動などの操作をすることです。最近、聞かれることが多いので、またリストアップしておきます。 IMG_3147 【カーソル移動操作】 - control+F ── カーソルを次に(右に)移動(ForwardのF) - control+B ── カーソルをうしろに(左に)移動(BackwardのB) - control+N ── カーソルを次の行に移動(NextのN) - control+P ── カーソルを前の(上の)行に移動(PreviousのP) - control+D ── カーソルの次の(右の)文字を削除 - control+K ── カーソルより右側の文字列をすべて削除 - control+H ── カーソルのひとつ前の(左の)文字を削除(つまりdeleteキーと同じ) - control+T ── カーソルの前後の文字を入れ替える - control+A ── カーソルを行頭に移動 - control+E ── カーソルを行末に移動 【日本語入力の変換操作】 - control+N ── 変換=次の候補を出す(NextのN) - control+P ── 変換=ひとつ前の候補を出す(PreviousのP) - control+F ── 注目文節を右に移動(ForwardのF) - control+SまたはB ── 注目文節を左に移動(BackwardのB) - control+O ── 注目文節を伸ばす(たぶんOutのO) - control+I ── 注目文節を縮める(たぶんInのI) - control+J ── ひらがなに変換 - control+K ── カタカナに変換 - control+L ── 全角英数に変換 - control+; ── 半角英数に変換(半角カタカナをonにしている場合は半角カタカナ) - control+M ── 確定(returnキーと同じ) DP1Q4289

« 4338-160315 高田馬場「よし丸」の3月限定「特豚らーめん」が美味しい!! #dp0Q | Main | 4340-160317 iPad Proは画面上のソフトキーボードとApple PencilでOK #dp0Q »

Apple iPhone」カテゴリの記事

SIGMA dp1 Quattro」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください