« 4315-160221 ヨット部65周年記念祝賀会でフルート〈写真はシグマ「dp0 Quattro」〉 | Main | 4317-160223 「ひらくPCバッグ mini」の絶妙なサイズ感にシグマ「dp Quattro」が4台収まる »

2016.03.06

4316-160222 ビブラムファイブフィンガーズ10周年記念ショップ

IMG_2598 2009年からヨットで履き、2012年8月29日以降は、スキー場以外で100%履いている5本指靴「[ビブラムファイブフィンガーズ](http://www.barefootinc.jp/)」。 IMG_2593 その誕生10周年を記念して、Pop-up Shop(期間限定の実店舗)が開催されました。普段は[少数の専門店](http://www.barefootinc.jp/shoplist/)のほかは[オンラインショップ](http://www.barefootinc.jp/shopping/)での販売が主ですので、全モデル、全色、全サイズ、試し履きして買える実店舗はありがたい。 IMG_2590 だいたい3ヶ月ごとに原宿で開催されるこの実店舗。今回は、10周年記念ということで、特別開催です。なので、たぶん次回は通常通り3月末に開催されると思います。 毎回足を運んで何かしら買っているshioは今回も訪れ、1足買いました。「[KSO EVO](http://www.barefootinc.jp/shopping/products/detail.php?product_id=289) 」のBlack(M45)です。ソウルが2mm。ソウルがもっとも薄いモデルです。 IMG_2596 5本指、という姿形から躊躇していたshioの周囲の人々も、このショップを訪れます。一度足を入れてみると、「アハッ」。少し歩いてみれば、その心地よさのとりこになり、毎日履くようになります。裸足に近いのですから、気持ちよくて当たり前です。 足全体を覆う形で何千年も前に作られたままの形の「靴」。現代の技術で、ようやく指の形に成形し、生産できるようになって生まれた5本指シューズ。幅広、甲高の日本人には特にピッタリ合います。かかとが上がっていないから、自然と姿勢も良くなります。 shioも、旧来の「靴」で4E、5Eなど、最も幅広いモデルを履いても窮屈(窮靴)でした。いつも靴擦れに悩まされていましたし、小指は内側に曲がり、靴の外側にはみ出していました。幅が広いだけでなく甲が高いので、長く歩くと甲が擦れて赤くなっていました。 そんな「窮靴」な「靴」は「苦痛」でしかありません。2009年にビブラムファイブフィンガーズに出会って初めて、ビーチサンダル以外で苦痛でない履物を履く快適を知りました。それ以来、多様なデザインやカラーが発売されて、とうとう2012年8月に3足買って、完全に常用するに至りました。毎日スーツでビブラムファイブフィンガーズです。旧来の「靴」はすべて捨てました。もう履く機会はありませんから。 IMG_2594 新しいものはいつも奇異。奇抜。その中の多くはすぐに廃れる。あるものは改良が続けられ、進化し、やがてそれが普及して当たり前になる日がやってくる。たいがい途中で、オリジナルを真似したニセモノが現れて、市場の拡大を加速する(実際、ビブラムファイブフィンガーズも偽物があるそうです)。 試してみる好奇心、トライする勇気、真価を見抜く感受性。新規なものを身につけて生活していると、周囲の人と社会の感性が透けて見えます。面白い。 IMG_2588

« 4315-160221 ヨット部65周年記念祝賀会でフルート〈写真はシグマ「dp0 Quattro」〉 | Main | 4317-160223 「ひらくPCバッグ mini」の絶妙なサイズ感にシグマ「dp Quattro」が4台収まる »

Apple iPhone」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください