« 4254-151222 親指シフトとローマ字入力は併用、両立できます | Main | 4256-151224 クリスマスパーティ〈レンズはシグマ「35mm F1.4 DG HSM」〉 »

2015.12.30

4255-151223 Macで親指シフト(Orzレイアウト)の導入方法(2015年12月23日版)

IMG_1468 同僚がヨドバシカメラ吉祥寺店でMacBookを購入。その足でshioの研究室に来て、各種設定。といってもiCloudのアカウントを入力すれば、スケジュール、メッセージ、ブックマーク、iPhoneで撮影した大量の写真などが、すべてMacに降ってくるので、特段、設定すべきものはない。 その他、Evernote、Dropboxのアカウントを入れれば、いままでの環境がすべて再現され、すぐに業務を継続できる。クラウド時代、楽になったものです。 IMG_1467 最後に親指シフトの導入設定をしました。 1. [Karabiner](https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja)をインストール。 2. [Orzレイアウト](http://www.orz-layout.com)をダウンロード。 3. Karabinerの「Preferences」で「Misc & Uninstall」にある「Open private.xml」を押す。 4. 開いたフォルダに、2. でダウンロードしたファイルのうち「orz」フォルダと「private.xml」を移動 5. Karabinerの「Change Key」で「ReloadXML」をクリックしたら1段目に表示される「親指シフト Orzレイアウト」の左端の「▶︎」を押して「▼」にし、下記14項目にチェックを入れる。 1. (1番目)<親指シフト ローマ字モード>左シフト=スペース、右シフト=かな 2. (9番目)「:」キー 3. (11番目)英数モード 右キー配置を下のように変更 4. (12番目)6→¥(option+¥→\\) 5. (14番目)英数モード センターキー変更 6. (15番目)日本語モードでのShiftとの英数入力を下記のように変更 7. (16番目)日本語モードでのShift 英数字 センターキー変更 8. (17番目)commandキー for finder with Orz 9. (18番目)ことえり CONTROLキー with Orz 10. (24番目)[改行] Control+M to Return with Orz 11. (25番目)control+H to BS 12. (26番目)Control+D to Forward Delete 13. (28番目)Control+PNBF to Up/Down/Left/Right 14. (29番目)Control+AE to Command+Left/Right 6. もういちど「ReloadXML」をクリック 7. [Seil](https://pqrs.org/osx/karabiner/seil.html.ja)をインストールして設定(「For Japanese」にある3項目すべてにチェックを入れる)。 Seilは入れなくてもいいのですが、現時点のMac(OS X 10.11.2)だと入れた方がライブ変換の際、画面表示が早くなるように感じるので、入れています。 IMG_1471 設定が終わったら、早速練習開始。親指シフトは全く初めての彼とその奥様。一緒に[ホームポジションだけで入力可能な例文](http://www.monochrome-photo.info/?p=19064)から始めて、ひたすら入力すること4時間。 「親指シフト習得の掟」を守ってひたすらタイピングを続ける。 + [3256-131010 【親指シフト】習得の掟7つに](http://shiology.com/shiology/2013/10/3256-131010-7-8.html) 彼が「終わった〜!!」と言うので、何が終わったのかと思ったら、すべての配列を記憶したとのこと。ランダムにひらがなを言ってみると即答する。確かにすべて記憶したらしい。すごい!! GS002738 年末年始は、親指シフト(など新しい入力方法)を習得する良い機会です。shioの経験では、親指シフトを始めて3日でとりあえず実用に耐える速度になり、1週間でローマ字入力と遜色ない速度になります。その1週間を確保できるのが年末年始。shioの場合、18日目にはMacのモニタのフチに貼っていた親指シフトキー配列表を剥がす程度に完全習得しました。つまり、その時点で閾値を超えていたということだと思います。 快速、快適、楽チン日本語入力方法である「親指シフト」を身につけたい人は、年末年始が絶好の機会だと思います。完全に身につくまでは親指シフトだけ。絶対にローマ字入力しない。その他、上記の「掟」に忠実に。 「閾値を越えるまでは一意専心、短期集中」。スキルを身につける鉄則です。 GS002741

« 4254-151222 親指シフトとローマ字入力は併用、両立できます | Main | 4256-151224 クリスマスパーティ〈レンズはシグマ「35mm F1.4 DG HSM」〉 »

Apple iPhone」カテゴリの記事

親指シフト」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください