« 4226-151124 Apple PencilとmazecでiPad Proは完全手書き入力してます〈写真はiPhone 6s Plusでゴブランのお料理〉 | Main | 4228-151126 立って仕事する人のための新アプリ「現場ノート」〈写真はiPhone 6s Plus〉 »

2015.12.02

4227-151125 歩行の科学

IMG_1055 飯田橋のベッカーズで「ジビエバーガー」を食べたあと、裸足歩行の研究に協力するため、帝京平成大学の金子先生を訪ねました。 IMG_1057 京成電鉄の終着駅「ちはら台」を降り、改札口を出ると、周囲にお店はなく、KOBANがポツンと建っています。研究環境に近づいてるムード満点。 IMG_1059 shioは、2012年の8月29日以降、スキー場でスキーブーツを履くとき以外、100%、ビブラムファイブフィンガーズを履いて歩いています。すでに、1,200日近く、ビブラムファイブフィンガーズだけで歩いているのです。裸足歩行の研究サンプルとしてお役に立つかもしれないと考え、この協力を申し出ました。 IMG_1064 ラボに入り、着替えると、右足に電極を付け、全身32か所にマーカーを貼っていただきました。赤外線カメラの下をぐるぐると歩き続け、床のセンサーを踏んだときに圧力の大きさや方向が記録されます。 15分ほどで5回の計測がすべて完了。 IMG_1065 まだ時間があったので、歩き方の基本を教えていただきました。shioに関してコメントいただいたものは付記してあります。 - できるだけ筋力を使わずに歩くのが目標。脱力していれば、楽に長距離歩けます。 - 着地の瞬間、膝を抜く。(shioは膝が抜けていなかった) - 足で地面をつかまない、蹴り出さない。(shioは少し蹴り出していた) - 腰を後から押されているように前進する。 - 足の外側から着地するのが自然。 - 着地点は体の近く。体の真下よりほんのちょっと前あたりに前足部(土踏まずより前の平らな部分)で着地。 - 足首は90°をキープ。それより開かない。 - 最後は親指と第2指との間に重心が来て、抜く。(shioはそれより少し外側に重心が外れていた) - 親指と第2指との間が、膝から垂線。(shioの場合、少し膝が外。少し膝を閉じるとベター) - 足をできるだけ最後まで着地したまま体の後ろに残す。(shioは足を戻すのが少し早い) - 足の指は反るためにある。掴むのは木登りするときくらい。反ることで、硬くしたり柔らかくしたり、自在に操れるのが足の指のすばらしいところ。(shioは、親指の反り(親指を上に上げる)が自力で90°。強制で93°。一般人は自力で屈曲70°程度なので、shioの親指はかなりやわらかい) - shioは手の厚さが非常に厚い。 IMG_1072 その後、「もう一度計測してみましょうか」とおっしゃっていただいたので、再トライ。教わったことに意識を払いながら5回の計測が終ってみると、歩き方が改善されたことがデータからうかがわれます。膝も抜けるようになりました。裸足歩行のデータ収集に協力しに来たはずが、shioの方が大きな収穫をいただきました。金子先生、御教示、どうもありがとうございました。 手伝ってくださった学生さんたちは、毎日、朝夕30分ずつ、裸足でグラウンドを歩いているそうです。裸足で30分歩くと、不適切な歩き方ならすぐに足の裏にまめができるとのこと。そのまめの位置で、歩き方のどこが悪いか、判断できるそうです。 shioもグラウンドを裸足で歩いてみようかしら。まずは翌日から、日常使用のビブラムファイブフィンガーズを、最もソールの薄いモデル「[EL-X](http://www.barefootinc.jp/shopping/products/detail.php?product_id=145)」に替えました。毎日、考えながら歩くのが楽しいです。
裸足歩行の研究室、2。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

« 4226-151124 Apple PencilとmazecでiPad Proは完全手書き入力してます〈写真はiPhone 6s Plusでゴブランのお料理〉 | Main | 4228-151126 立って仕事する人のための新アプリ「現場ノート」〈写真はiPhone 6s Plus〉 »

Apple iPhone」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください