« 4067-150618 リコー「GR II」発表──超万能カメラ「GR」の存在意義〈写真はGR〉 | Main | 4069-150620 シグマ「新製品体感イベント」にてdp1 Quattroで撮影 »

2015.06.29

4068-150619 久しぶりにSENSIのビーサンを購入

IMG_0821

いまでこそshioといえばビブラムファイブフィンガーズですが、 ビブラムファイブフィンガーズを常用するようになった2012年8月以前は、shioといえばビーサンでした。ビーサン、ビーチサンダルです。英語ではもともと「thongs(サン)」ですが最近は「flip-flops(フリップフラップ)」の方が適切でしょうか。

街でビーサン。研究室でビーサン。登山もビーサン。雪渓を登るのもビーサン。

足には裸足がベスト。何も履いていないのがベスト。それに最も近い履物はビーサン。足の裏を怪我しないために、フラットな面が1枚あればいいから。

現在では、鼻緒の存在を意識しなくていい本当に素足感覚の5本指シューズ「ビブラムファイブフィンガーズ」の方が快適。ビーサンよりビブラムファイブフィンガーズの方が見た目も靴に近いので、スーツなどに合わせる普段履きにもベター。

指が自由に動き、全面フラット。それが快適な履物の基本です。

IMG_0818

shioが過去、最も好きだったビーサンは、イタリア製SENSIの二層構造のモデル。履いていた当時、1988年のロスオリンピックでアメリカ水泳チームの公式ビーサンでした。ソウルが二階建てなので、間から水がはけて、滑らない。ソウルが完全にフラットなので歩きやすい。かかとがせり上がっていないから、歩いても走っても立っていても快適。数年間、ビーサンはこればかり履いていました。

その後、日本では手に入らなかったので、長年、他のビーサンを履いてきましたが、残念ながらSENSI以上のビーサンには出会えていません。最近、またAmazonで売られているのを発見。ビブラムファイブフィンガーズしか履かなくなったshioですが、SENSIもビブラムファイブフィンガーズもフラットなソウルの履きやすさは共通。そこで1足、購入しました。今回は、二層構造になっていないモデル。

偶然か必然か、Vibramもイタリア、SENSIもイタリア。shioが好きな履物はイタリアン。

IMG_0782

« 4067-150618 リコー「GR II」発表──超万能カメラ「GR」の存在意義〈写真はGR〉 | Main | 4069-150620 シグマ「新製品体感イベント」にてdp1 Quattroで撮影 »

Apple iPhone」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください