« 3886-141209 LYTRO ILLUMのハンズオンイベントでトークしました | Main | 3888-141211 「LYTRO ILLUM(ライトロ・イルム)」のFocus Spreadがすごい‼ »

2014.12.17

3887-141210 iPhone/iPadは「2本指フリック」で長文高速入力

IMG_2805 SFCの学生から「先生はiPhoneで長い文章も書くんですか?」と質問を受けました。 IMG_2806 書きます。 現在、shioが書く文章はほとんどEvernoteに置いており、Mac/iPhone/iPad、いずれでも編集の継続が可能。以前は、基本的にMacで書いて必要に応じてiPadでも続きを書くとか、iPadでEvernoteにアイディアを書き留めておいて、それを見ながらMacで本文を書く、という使い方をしていました。 IMG_2807 いまではこのブログも、ほとんどiPhone 6 Plusで書いています。論文のような長文も、ときにはiPhone/iPadのEvernoteで書きます。 集中的・構造的にサラサラ書くときやTreeを使うときはMacですが、思いついた時にちょこちょこ書くのはiPhone 6 Plus。とくにメイルやメッセージなどの短文はiPhone/iPadでパッと書いて返信します。 IMG_2808 1990年代以来つねに持ち歩いていたMacを持ち歩かなくなりました。iPhone 6 Plusだけで原稿を書けるようになったからです。普段、持ち歩いている情報デバイスはiPhone 6 Plusだけ。十分仕事できます。 IMG_2810 iPhone 6 Plusで長文を書ける最大の理由は、「2本指フリック入力」をしているから。 IMG_2811 Macだと親指シフトですべてのかなを完全に「1音1打鍵」で入力できます。 iPhone/iPadの日本語入力で「フリック入力」を使う場合、ほとんど「1音1フリック」が実現します。ただし、濁音と小文字(っ・ゃ・ゅ・ょ)は「1音2フリック」、半濁音は「1音3フリック」。 IMG_2809 「1音2フリック」「1音3フリック」となる文字は「2本指フリック」を使うことによって、指の動きを最小限にとどめることができます。中指を主体としてフリックしながら、左下の「濁音・小文字キー」のタップに人差し指を使うのです。 「2本指フリック」でiPhone/iPadでも長文を高速に書けます。詳しくは、下記の記事をご覧ください。 - 3839-141023 「2本指フリック入力」の方法→ IMG_2812

« 3886-141209 LYTRO ILLUMのハンズオンイベントでトークしました | Main | 3888-141211 「LYTRO ILLUM(ライトロ・イルム)」のFocus Spreadがすごい‼ »

Apple iPhone」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください