« August 2014 | Main | October 2014 »

2014.09.29

3808-140922 iPhone 6 Plusで撮影して「共有フォトストリーム」でシェア

IMG_0155

iPhone 6 Plusのカメラで撮影する写真がとてもきれい。

総合的に考えて、ほぼ最高のカメラ。

IMG_0152

以下、カメラとしてのiPhoneのすばらしいポイントを挙げてみます。

  • 常時携行できる薄さ、軽さ
  • 長時間もつバッテリー(iPhone 6 Plusのみ)
  • 充電が容易
  • 撮影が簡単
  • 適度に十分な画質
  • 暗い場所でも低感度高画質で撮影できる光学式ブレ補正機能(iPhone 6 Plusのみ)
  • 扱いやすいファイルサイズ
  • 撮影後に何もせずともiCloud経由で写真が自分のMac/iPhone/iPadに転送されている簡便さと安心感
  • 撮影した画像を加工できる面白さと創造性
  • 周囲のiPhone/iPadユーザーにアカウントや電話番号などを交換することなく画像をAirDropですぐに送信できる簡便さ
  • iCloudの「共有フォトストリーム」に流すことによって、iCloudアカウントを知っている相手に即座にたくさんの写真を共有できる楽しさ
  • 撮影画像を即時にSNSなどでシェアできる速報性
  • 膨大な数の画像をためておける容量
  • 過去に撮影した画像を地図上に表示して閲覧できるわかりやすさ

IMG_0158

まだまだありそう。

もしこれでシャッター音を「マナーモード」に設定できたら真に最高のカメラです。iPhoneに限らず、日本の携帯電話に付いているカメラはどれも、撮影時にけたたましい擬似シャッター音が鳴るのが玉に瑕。音楽会とか卒業式など静粛な状況では撮影をはばかられます。本来、無音で撮影できるすばらしいカメラなのに、わざわざ無粋な人工音を付加する。本当にもったいない。

IMG_0153

その点を除けばiPhoneは総合的に見て、当代最高のカメラです。ひとつくらい欠点があっても仕方ない。

shioが講師のご依頼いただく写真講座でも、カメラとしてのiPhoneについてお話する機会が増えています。iPhoneの写真講座、好評です。

歴代iPhoneのうち、shio的ベストはiPhone 6 Plus。

IMG_0156

8月に1週間、ボランティアスタッフとして参加した東京YMCAの野尻小学生キャンプ。現在、その「評価会」が繰り返し行われています。今年のキャンプを多角的に評価し、次年度のキャンプをより良いものにするための重要なステップです。

その評価会で議論するリーダーたちをiPhone 6 Plusで撮影しました。画像はその場でリーダーたちに共有フォトストリーム経由でシェア。超簡単。

IMG_0159

このエントリーの写真、すべてiPhone 6 Plus。

暗くても手持ちでこんなにきれい!!

IMG_0149

2014.09.28

3807-140921 iPhone 6 Plusで「Lightning - SDカードカメラリーダー」を使えるようにしていただきたい

IMG_0141

iPhone 6 Plusで期待していたこと。それは、現在、iPadだけで使える「Lightning - SDカードカメラリーダー」が使えるかどうか。

デジタルカメラで撮影した画像をSDカードからiPadに直接一気に読み込むには、最高に重宝です。ぜひともiPhone 6 Plusでも使いたい。

IMG_0094

結果、使えませんでした。

Appleさま、ぜひともiPhone 6 Plusで使えるようにしていただきたい!!

IMG_0041

3806-140920 mazec革命

IMG_4836

9月18日の朝、iPadをiOS8にして以来、文字入力は「mazec」(マゼック)ばかり使っています。

IMG_4837

「7notes」、「MetaMoJi Note」、「MetaMoJi Share」というアプリの中だけで使えていた手書き入力環境が、「mazec」として独立し、iOS8のリリースに伴って、全アプリで使えるようになったのです。すばらしい!!

ひらがなと漢字を混ぜて書いてもちゃんと入力されるから、「交ぜ書き」OKなのでマゼック。

iPhone/iPadのiOS8で使えます。同社が開発した「Su-Pen」で書くとさらに快適。

IMG_4838

ペンで手書きした文章がちゃんとフォント文字になってメッセージで送れるってなんか新鮮。

キーボードをタイプしたりタップしたりせず、いままで紙に文字を書いていたのと同じ動作で文字を書けばiPhone/iPadを使える。すべてのアプリで手書き文字が認識されてそのまま入力できる。

デバイスが人に近づく。人に優しくなる。紙とペンの理想にまた一歩近づいた。より多くの人がデジタルの恩恵を楽しめる。

これは「mazec革命」だ!!

IMG_4835

3805-140919 iPhone 6 Plusをまっさらな状態で使い始めて快適

IMG_0006

9月19日、iPhone 6とiPhone 6 Plusが発売されました。2限の「民法1B発展講義」が終わって研究室に戻ったところ、12日の16:35にオンラインのApple Storeで購入した「iPhone 6 Plus(128GB・シルバー・SIMフリー)」(税込み107,784円)が届いていました。

その準備のため、朝、今まで使ってきたiPhone 5をMacにつなぎ、iTunesで「このコンピュータ」の「iPhoneのバックアップを暗号化」を選択してバックアップ。

IMG_0004

しかしバックアップを作成中、考えた。iPhone 6+はiPhone 5のバックアップを引き継がずにまっさらな状態で使い始めた方がいいのではないか。

  • ほとんどの情報はクラウドにあるからiPhone 5から引き継がなくていい。
  • iPhone 5から引き継いだとしても、各種重要なWebサービスには再ログイン(あるいは2段階認証)が必要だから手間は同じ。
  • それ以外の一般的なWi-FiとかWebサービスは、Mac/iPhone/iPadで一度使えば、IDとパスワードがiCloudに記録されていて、新しいiPhone 6 Plusにも降ってくるからいずれにしても入力不要。
  • iPhone 3GSの時代から引き継ぎ続けているiPhone 5の諸情報の中にはもはや不要なものもあるはずなので、ここで一旦クリアにしておく方が不具合も生じないはず。

IMG_0007

といったことを考慮して、iPhone5からの復元はせず、iPhone 6 Plusをまっさらなまま使い始めました。開封したiPhone 6 Plusを起動して、iCloudのアカウントを入力し、新しいiPhoneとして使用開始。

スケジュールとか住所録とかメイルとかSafariのブックマークとか、普段使う情報はもうiPhone 6 Plusに入っている。Appleのクラウドサービス「iCloud」から降ってくるのです。

EvernoteやGmailといった2段階認証を要する幾つかのパスワードなどを再設定したら、ほとんど従来通り。なにも困ってない。

IMG_0032

もう、古いiPhoneから情報を引き継ぎ必要はないと実感しました。

逆にiPhone3GS時代から引き継ぎ続けてきた膨大な数の不使用アプリを一挙に払拭できてスッキリ。29GBを占めていた写真とビデオもなくなってクリア。それらの写真もビデオも複数のMacに入っているし、flickrにもあるし、元のiPhone5にもまだ入っているのでiPhone 6 Plusに入れる必要ない。

日々使うアプリだけApp Storeから(過去に購入済みだからもちろん無料で)落としてきたところ、従来11ページあったホーム画面は4ページに収まりました。その結果、空き容量100GBという広大なワーキングスペイスを得ました。

IMG_0030

通信環境も無問題。

au版のiPhone5からSIMフリーのiPhone 6 PlusにSIMを移したら、完全に通信できてます。auサポートというアプリもちゃんと認証通りました。ありがたいことです。

MVNOへの移行を考えていましたがこのままauを使い続けることにします。ユーザー本位のサービスを提供しているKDDIに感謝。

IMG_0034

吉祥寺にて4G回線の速度計測してみたら、なんたる爆速。

【RBB TODAY 回線スピード測定 スマホ版】2014/09/20(土) 10:31:04 下り:68.44Mbps 上り:7.57Mbps 3G

IMG_0035

ここに掲載した写真はすべてiPhone 6 Plusで撮影したもの。

きれいすぎ。

IMG_0036

目の前にMacがあるのに、なぜかiPhone 6 Plusで作業しているほど快適。

MacBook Air 11インチ(88,000円)より高額な小型コンピューター。この新しいアトリエでますます楽しく作業します。

IMG_0003

2014.09.26

3804-140918 iOS8、便利だ〜(写真はGR)

GR017820

9月18日未明、iPhone/iPadのiOSの新バージョン、「iOS8」の配布が始まりました。朝起きてすぐ、iPhone5とiPad Airに適用。

GR017856

従来の「iOS7」と、見た目や操作性に変わりなし。素晴らしい‼︎ ユーザーが培ってきた使い勝手に変容を強いることなく機能の進化を図る、Apple流。ありがたい。

shio的に気に入ったところを挙げていきましょう。

GR017818

iOS8のメール、スワイプの機能割り当てができるようになりました。shioは、右向きスワイプに「アーカイブ」を設定。ワンアクションでメイルをアーカイブできます。ブラーボ‼︎

これにより、メイルのリスト表示で、左向きスワイプをしたらメイルを削除、右向きスワイプをしたらアーカイブでき、メイルをテンポよく受信箱から消していける。残っているメイルには返信などして、対応が終わったらアーカイブ。

従来は、iPhone/iPadでアーカイブするには数ステップ必要だったので、ワンアクションでアーカイブできるMacでのみアーカイブしていました(command+control+{A})。iOS8になった今、iPhone/iPadでメールを見た瞬間に(中身を見ずとも)削除かアーカイブできます。ポンポン、はかどる。快適。

GR017865

iOS8では、受信したメイルから新規連絡先を登録できます。メイル本文に書かれている各種の情報も自動的に取り込まれて、住所録に登録できます。便利。Macの同機能よりもより便利かもしれません。

GR017858

iOS8のテンキーボード。[や]の左右フリックで[「]と[」]を入力できるようになりました。もちろん他の括弧にも変換可能。素晴らしい。

GR017861

iOS8のテンキーボードでフリック入力する際、入力に対する反応が高速化しました。タップやフリックに対して瞬時に文字が入力されます。「キーボードかくあるべし」ともいえる即時レスポンス。shioの入力速度に遅れることがなくなりました。

いままで、長文を入力するときにはATOK Padを使っていました。テンキーボードのフリックに対するレスポンスが快速だからです。でも、iOS8のテンキーボードであれば、もうATOK Padに頼らなくてすみそうです。

ホーム画面からATOK Pad削除してみました。iOS7までの間、高レスポンスなテンキーボードを提供してくださったことに感謝しております。またiOSの日本語入力が不調になったら復活させます。

GR017864

iOS8のズーム機能、見やすく、使いやすくなりました。ありがたい。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」をON。

iPhoneのズーム機能、以前からプレゼンなどで使う機会があります。また、Webブラウザを使っているときに、スマホ用ページなのにピンチアウトしても拡大されない場合に使います(スマホ用ページなのに表示倍率を変えられないサイトが多いのが不思議)。

GR017862

画面を3本指でタップすると長方形のルーペが表示されます。これが見やすい。ルーペの下端を持って移動できるし、3本指で画面をドラッグすれば、ルーペを移動せずに表示内容を移動できます。また3本指で1.5タップ(ダブルタップして2度目は画面に指を付けたまま)して上下にドラッグすれば、拡大倍率を調整できます。

GR017866

iOS8の写真アプリ。写真の補正が簡単にできるようになりました。せっかく入れたInstaflashですが、ますます必要ない。iOS8の写真アプリ単体でできちゃう‼︎

GR017868

ほかにも便利がたくさん。ありがたい!!

写真はカンボジアのインド料理屋さん。

GR017867

いつもムンタージで食べているメニューをおしなべてオーダーしてみました。

  • サモサ
  • ライタ
  • ビリヤニ
  • ナーン
  • カプリナーン
  • パラク・パニール・カリー
  • バターチキン・カリー
  • ダル・カリー
  • キーマ・カリー
  • チャイ

GR017871

ああ、おいしかった^^

GR017876

2014.09.24

3803-140917 iPhoneに画像編集アプリ「Instaflash」を入れてみた(写真はGR)

GR018331

「Photoshop、持ってません」と言ったら、RICOH THETAのイベントでご一緒したアーティスト、シンヤBさん驚く。シンヤさんの作品はPhotoshopやその他の画像編集アプリを駆使しています。

色調を変化させたり、複数の画像を重ねたり、HDRにしたり。

GR018332

そのシンヤさんがイベントの開始前、Apple Store前で撮影したシータ画像をiPhoneに入れ、なにやら作業をしたあとふと顔を上げて「iPhoneだけでここまでできました。もうiPhoneだけで十分作品を作れますね」とおっしゃるので、拝見。

GR018333

なるほど、たしかにステキ。

その画像は、イベントの中で公開されました。

GR018334

イベントの終了後、シンヤさんに伺いました。

「それは何というアプリですか?」
「Instaflash Proです」→ https://itunes.apple.com/jp/app/instaflash-pro/id888701288
「ありました。あれっ? 今日は無料になってます!!」

GR018336

即インストール。通常は500円のアプリが、なぜか9月16日一日だけ、無料。

偶然、その日にそのアプリの話を聞いて、インストールできたshioは幸運でした。

GR018337

shioのポリシーは昔も今も「写真は撮影した瞬間完成品」。

GR018338

といっても、決して画像の加工を否定しているのではありません。画像を加工するしないにかかわらず、撮影時には、写真として独立の完成度を目指すべき、と考えているのです。以前にも書きましたが、shioは「写真を写す」ことに喜びを感じるので、撮影した写真を加工するより新たな1枚を撮影したい、という志向か強いだけ。

GR018339

Instaflash Pro以外にも、いままで幾多の画像編集アプリをインストールしましたが、ぜんぜん使いませんでした。これを機に、ときには加工してみるのもいいかも。

GR018343

いや、たぶんしないと思う^^

GR018341

2014.09.23

3802-140916 Apple Store 銀座でトークイベント「360度全天球画像を楽しもう」

IMG_4839

9月16日、Apple Store 銀座で、RICOH THETAの楽しい使い方についてトークイベントしました。

シンヤBさん(テンプル大学 アート学科上級准教授、写真家)との共演です。

IMG_4840

開始前にApple Storeの周囲を歩いていたら、iPhone 6の発売を待つ列の最後尾にシンヤさん発見!! 「シャレで並んでみました」というお茶目なシンヤさんと、まずはツーショットで自分撮りシータ。

シンヤさんとシータ^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

シンヤさんとスタバで打ち合わせしてから、Apple Store 3階のTheaterへ行って準備。

IMG_4846

19:00開始。二人をご紹介いただいた後、まずshioが基本の撮影スタイルをデモ。

GR018261

そのときに撮影したシータ画像がこちら。

9月16日、Apple Store 銀座で行ったイベント中にRICOH THETAで撮影した360度シータ画像^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

それをその場でiPad Airに表示してクルクル回したあとに、みんなが写ってる角度で止めてキャプチャーしたスクリーンショットがこれ(↓)。

Apple Store GinzaにてRicoh THETAで撮影、その場でiPad Airでキャプチャー

iPad Airの画面は、2,048 x 1,536ピクセルの解像度(264 ppi)。約314万画素の写真ができ上がります。

GR018249

そしてRICOH THETAで自分撮りするデモ(↓)。

シャッターボタンではない方を自分に向けるのがミソ。

GR018300

その他、RICOH THETAを自立させて、iPhone/iPadをリモコンとして撮影する方法などをお話したあと、シンヤさんにバトンタッチ。

シンヤさんは、RICOH THETAで撮影した画像をPhotoshopで加工したり複数の画像を重ねたりして、アート作品をお作りになっています。素のまま使っているshioとはまったく対極の使い方。

その作品は大変美しく、また面白い。RICOH THETAの可能性が大きく広がる多様な表現を楽しませていただきました。

GR018282

その後、会場のみなさんからのご質問にも答えながらシンヤさんとshioとでシータ対談。どれをとっても対照的な使い方をしているふたりなので、笑いの連続。

例えば「ISO感度はどうしているか」という質問に対してshioの答えは「ISO100固定」、シンヤさんは「ISO1600もよく使います」といった具合。

shioは、リモコンを使うときはISO100固定で撮影し、RICOH THETA単体で使うときはオートに任せる、という使い方です。

GR018281

短い時間でしたが、本当に楽しいイベントでした。シンヤさん、Apple Storeのみなさん、そしてリコーのみなさん、どうもありがとうございました!! そして何よりいらしてくださった方々に感謝申し上げます。少しでもみなさんのご参考になっていればうれしいです。

shioはいつものとおり、ビブラムファイブフィンガーズを履いていました^^(↓)

GR018294

翌日、「産経フォト」さんが記事を掲載してくださいました。感謝!!

最後に、Apple Storeを出ようとしたらシンヤさんの卒業生と遭遇して再会シータ(↓)。

シンヤさん、偶然の邂逅で記念シータ^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

2014.09.20

3801-140915 花小金井で泌尿器科を新規開設する「佐々木クリニック」を撮影

IMG_7010

東京都小平市大沼町で開業から35年続く耳鼻咽喉科「佐々木クリニック」に、10月2日、泌尿器科が併設されます。

IMG_7014

その新しい建物とクリニックの中を撮影しました。

DP2Q7876

  • 佐々木クリニック→ http://www.sasa-cli.com

  • 泌尿器科・小児泌尿器科

    • 小平市花小金井8-11-9
    • 042-344-3390
  • 耳鼻咽喉科・アレルギー科

    • 小平市花小金井8-10-26
    • 042-345-4866

IMG_6815

機材は下記。

IMG_6821

DP2Q7894

DP2Q7913

佐々木クリニック・泌尿器科・2 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

IMG_6840

RICOH THETAで建物を撮影するのは楽しい。

IMG_7102

これ以外の写真はこちらに公開しています。

DP2Q7878

shioが撮影したRICOH THETAの画像はこちらに公開しています。

IMG_7151

IMG_6851

2014.09.17

3800-140914 新型Su-Penゲット

IMG_4593

iPhone/iPadを使うときのshio的必需品「Su-Pen」。

特に、毎日使う「MetaMoJi Note」「MetaMoJi Share」で必須です。

IMG_4545

その最新モデル「Su-Pen T9モデル」が発表されて以来、発売を待ち望んでいました。

タートルガードというペン先保護機能が秀逸です。

東急ハンズで販売されているはずなので、大阪出張のおり、売り場に行ってみたら、ある!! すぐに写真(↓)を撮って、Facebookに報告。

買いました!!

IMG_4544

ペン先が隠れている状態。持ち歩くときにポケットの内側などでペン先が擦れることを防止します。キャップだとなくしてしまう可能性があるので、一体型の方がいい。

IMG_4436

ペン先をねじると筆記する部分が出てきます。大変軽量。書きやすい。

IMG_4435

翌日同じお店に行ったら、Su-Penの店頭在庫、消えていました。大人気^^

IMG_4643

3799-140913 iPhone6 Plusで「Lightning - SDカードカメラリーダー」が使えるか

DP2Q6833

iPhone6 Plusを購入したshio。

目下、最大の願いは、iPhone6 Plusで「Lightning - SDカードカメラリーダー」が使えて欲しい。

Lightning - SDカードカメラリーダーはiPhone5非対応

出先でiPad Airの用途として大きいのがカメラで撮影した画像の取り込みと共有。GRとかdp2 Quattroで撮影した写真を「Lightning - SDカードカメラリーダー」でiPad Airに読み込み、AirDropで周囲の人に送ったり、FacebookやTwitterに紹介したり。

それをぜひともiPhone6 Plusで行いたい。それさえできたら、カメラの写真読み込み目的だけならiPad Airを持ち歩かなくてすむ。iPad Airは講義の黒板として使うから、基本的に研究室に置いておける。

DP2Q6841

「Lightning - SDカードカメラリーダー」を使う便利は例えばこんな感じ。

GRのようにMac/iOSが対応しているRAWファイルは、JPEGと同時にiPad Airに読み込まれ、iCloud経由で自動的にMacのAperture3やiPhotoに転送されます。たとえばカンボジアで撮影して現場でiPad Airに読み込んだGRの写真(RAWとJPEG)は、iPad AirがWi-FiにつながったらiCloudに上がり、自宅のMacに自動的に転送されている。それをiPad Airでなく、iPhone6 Plusで行えたらうれしい。

DP2Q6840

dp2 Quattroのようなシグマのカメラに関しては、そのRAWにMac/iOSが対応していないので、JPEGだけが読み込まれて、iCloud経由で自動的にMacに転送されます。もし1枚で60MBもあるRAWが15MBあるJPEGとともに読み込まれてしまったらので、容量的に困る。だからMac/iOSはこのまま、シグマのカメラのRAWファイルに非対応であり続けて欲しいと願っております^^

DP2Q6852

というわけで「Lightning - SDカードカメラリーダー」をiPhone6 Plusでも使えるようになってほしい。

Appleの英断を期待しています。

DP2Q6844

3798-140912 iPhone6 Plus、SIMフリー、購入しました

GR017288

9月12日16時、iPhone6/iPhone6 Plusの予約や販売が開始されました。

GR017298

オンラインのApple Store、16時を過ぎてもなかなか開店しない。ようやく16:35ころつながって、さくっと購入できました。

  • iPhone 6 Plus 128GB シルバー, SIMフリー
  • ¥99,800(税込み¥107,784)
  • お届け予定日 9/19 : 通常配送

GR017312

以前から、「次はSIMフリーのiPhoneを買いたい」と考えていました。カンボジアに行く途上、ベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペンに行くフライトの中で、何人もの人がiPhoneのSIMカードの入れ替えを行っています。auのiPhone5を使っているshioは、それを眺めながら「いいなぁ……」。

ベトナムではベトナムの電話会社のSIMで使い、カンボジアではカンボジアの電話会社のSIMで使う。そのSIMだって、10ドルくらいのプリペイド。プノンペンの空港で税関を出るとずらっとならんでいるのが携帯電話屋さん。つまり空港を出る前にSIMを買って自分の電話に挿して使うのが普通の光景です。

GR017287

従来、SIMフリーなiPhoneは、新型iPhoneより後に発売されていました。でも今回は、携帯電話会社が売るiPhone6の予約開始と同時にSIMフリー機も発売。ありがたい。

迷うことなく購入です。現在iPhone5で使っているSIM、またはiPad Airで使っているSIMのいずれかをiPhone6 Plusで使う予定です。もしかしたらMVNO(mineo)にMNPするかもしれませんが、それは使ってみてから考えます。

【追記(2014年10月21日):mineoはiOS8に非対応とのアナウンスが出たため、mineoは使わず、従来のauのSIMを継続使用しています → http://support.mineo.jp/news/232/

GR017286

3797-140911 電話は保険

GR017263

shioはiPhoneの電話機能を使って通話する機会がほとんどありません。現在使っているiPhone5は、月間通話回数0〜1回。通話料は毎月0円とか60円とか。電話機能、ほぼ不要。

Mac/iPhone/iPadの相手と音声で会話するには、すべてFaceTimeオーディオを使います。キャリアを問わず全世界のMac/iPhone/iPadの相手と24時間通話料無料で話せます。そのうえ高音質。

GR017279

それ以外の相手への通話は「050plus」。固定電話への通話料8.64円/3分、携帯電話への通話料17.28円/1分。

だからiPhoneの電話機能、使う機会がないのです。FaceTimeや050plusはiPadでも使えますし。

GR017277

では電話機能はいらないか。日常的には本当に不要。

ただし、緊急時用に、警察、消防、海上保安庁への通話手段を確保しておくことは必要。つまり、緊急時のために普段から「電話」に料金を支払っておく必要があります。一種の保険です。050で緊急電話ができるようになって欲しいと願っています。

GR017280

なので、通話はほぼしないshioですが、iPhone6 Plusを買います。

SIMは現在iPhone5で使っているauのSIM、現在iPad Airで使っているSIM、またはau回線を使うMVNOであるmineoにMNPしてそのSIMを使おうと思います。

【追記(2014年10月21日):mineoはiOS8に非対応とのアナウンスが出たため、mineoは使わず、従来のauのSIMを継続使用しています → http://support.mineo.jp/news/232/

GR017309

最適サイズのiPhone6 Plusを使うのが楽しみです。

GR017269

3796- 140910 iPhone6 Plusはshio的iPad nano

GR017260

9月9日(日本時間9月10日)、AppleからiPhone6とiPhone6 Plusが発表されました。午前2時開始のWeb中継がAppleにしてはめずらしく途切れ途切れで見にくかったですが、4時までwatch。

GR017271

shioはiPhone6 Plusを購入することに決定。

  • バッテリーがiPhone6に比べて約1.6倍→安心して終日使えそう。
  • 光学ブレ補正搭載(iPhone6にはなし)→揺れが少なく見やすいビデオを撮影できそう。
  • 401ppiのディスプレイ(iPhone6は326ppi)→紙に書かれている文字により近い視認性。
  • 5.5インチの大画面→すべてが見やすい。
  • 1,920 x 1,080ピクセル解像度(207万ピクセル)→表示したRICOH THETA画像をより高解像度でキャプチャーできる。

というハードウェアの特徴だけでもiPhone6 Plusを選択する大きな理由。

GR017273

他にもshio的魅力ポイントがいくつか。

  • 本体サイズが長い→いまのiPhone5はポケットの中で横倒しになるので、そうならないサイズのiPhoneが欲しかった。
  • 手書き入力しやすいモニターの面積→iOS8でMetaMoJiがMazecをIMEとして提供する意向を表明しているので、画面は大きいほうがいい→http://metamoji.com/jp/?p=3586
  • 画面が大きくて解像度が高い→カメラで撮影するとき、フレイミングしやすくピントが見やすいはず。5.5インチ401ppiモニターの大画面高画質ファインダー付きカメラ!!
  • 一万円札とほとんど同じサイズ→片手オペレイション可能。shio愛用の測量野帳(コクヨ・セ-Y3・スケッチブック)よりちょっと細身の手ごろ感。

GR017272

そして最も重要なのは、両機の性格の相違。

iPhone6は、iPhone5が進化した電話機。あくまでもphone。smart(賢い)、phone(電話)。

一方、iPhone6 Plusは、Mac、iPadがダウンサイジングされたキャラクターを感じます。30年前からMacで行ってきたことの多くを、近年、iPadとiPhoneで行うようになりました。iPhone6 Plusでその比重がさらに上がります。

GR017276

だからiPhone6とは異なるUIを与えられているのでしょう。

より広い作業面積、長いバッテリー持続時間など、どれをとっても「作業」に耐える仕様に仕上がっています。smart phone(賢い電話)というカテゴリーを超えています。昔で言う「ハンドヘルド・コンピューター」でしょう。

GR017295

shioが欲しかったのは、まさにそれ。ポケットに入るiPad。いわば「iPad nano」です。

1年間使ったiPad miniは、ジャケットのポケットには入るけど、ズボンには入らない。冬場、ジャケットを着るときには手ぶら移動できるが、夏場はiPadだけを手に持ち歩く。あるいはiPadのためだけにかばんが必要。

手ブラーshioとしては、ズボンのポケットに入るできるだけ大きいサイズのiOSデバイスが欲しかった。

iPadのように使えるiPhone6 Plusで、年中手ぶらになれます。

GR017274

2014.09.15

3795-140909 10月15日、武蔵野五大学共同講演会2014で講演します(写真はGR)

GR017305

武蔵野五大学共同講演会2014で講演します。

みなさまどうぞいらしてくださいませ。

GR017310

ついでに再告知。

全天球画像を撮影するRICOH THETAで遊ぶトークショウ。

  • 「360°全天球」丸撮り写真を楽しもう@Apple Store銀座
    • 9月16日(火曜日)19:00-20:00
    • Apple Store 銀座 3F シアター
    • 申し込みページ→ https://theta360.com/ja/info/event_touchtry/2014-09-16/
    • 入場無料
    • 事前申し込みは必須ではありませんが、満席の場合は申し込み者が優先となるそうです。

みなさまのご来場、お待ちしております!!

GR017306

3794-140908 名刺を持ち歩かないために(写真はdp2 Quattro)

DP2Q6675

前回のエントリーに書いたように、いただいた名刺はその場でスキャン(または撮影)して返却します。

では自分の名刺をどうするか。

DP2Q6668

  1. iPhoneで表示:名刺の画像をiPhone/iPadに表示して相手に見せます。
  2. AirDropで送信:相手がiPhone/iPadの場合、その画像をAirDropで送信します。
  3. メイル/メッセージで送信:相手がiPhone/iPad以外の場合、相手からいただいた名刺に記載されているメイルアドレスにその画像を送信します。その時点で相手の基本的情報をiPhoneに入力してしまいます。
  4. 画面を撮影していただきます:相手がガラケーの場合、私のiPhoneの画面を撮影していただきます。
  5. 渡さない:相手がそういうデバイスを持っていない場合は、残念ながら名刺の情報を渡せません。それでいいと思います。

DP2Q6670

そのための準備。

  1. 大学の名刺はスキャン済みです。ScanSnapでスキャンして、その画像をiPhone/iPadのカメラロールに保存してあります。

  2. iPhone/iPadで名刺を作成してカメラロールに保存してあります。

DP2Q6667

iPad Airで名刺を作成するために、「BusinessCardDesigner」というアプリを使いました。

結構いい感じに仕上がりましたよ。

DP2Q6657

これで持ち歩くアイテムがまたひとつ減ります。名刺を持ち歩かない。紙無用。

shio的痩身術、一歩前進^^

DP2Q6655

3793-140907 「名刺は返す」が新しい(写真はiPhone5とGR)

IMG_4518 - バージョン 2

グランフロント大阪で行った2日間の講演にもScanSnap iX100を持参。

IMG_4525

お目にかかった方々からいただいた名刺をイベントの終了時にスキャンして、名刺の主に返却して回りました。名刺という紙片はすぐにスキャン(または撮影)してデータ化し、「ありがとうございました」と返却するのが今日的儀礼です。

IMG_4528

必要なのは紙ではなくて情報です。情報をいただいたら、できるだけ早くデータ化。「もらいっぱなしにせず、以後も検索して使います」という積極的な意思表示です。紙のまま保存していても、検索できないので、使う機会はまずありません。

データ化したら、紙は廃棄。紙で持っていて飲み屋に置き忘れたり紛失したら、それこそ無礼。データ化して、紙の名刺はきちんと廃棄すべきです。

IMG_4487

もしまだ相手が近くにいるうちにスキャンできれば、廃棄するのではなく相手に返却するのがいい。今回の大阪でも、名刺を切らしてしまった方がいましたが、shioがスキャンしてお返ししたら、その1枚を次の方との挨拶で渡していました。有限な資源である紙は、できるだけ何度も活用したほうがいい。

IMG_4504

そこでScanSnap iX100。名刺をいただいた現場でスキャンして、名刺を返却できます。

400gと軽量でコンパクト。バッテリーだけでも250枚スキャンできるから、出先で必要となるスキャンには十分。

IMG_4521

「とれるカメラバッグ」にはそのまま入るし、「ひらくPCバッグ」なら専用のパーティションプレートを使えばスッキリ収まります。

IMG_4508

名刺は返す。

GR003550

名刺に限らず、会議でいただく資料から街で配布されるちらしまで、shioは基本的にその場で返却しています。

紙無用。究極のペーパーレスでどこまで行けるか。長期実験中です^^

(最後から2枚目(↑)の写真のみ、参加された方のGRでshioが自分撮りツーショットしたもの。他の写真はすべてiPhone5で撮影)

IMG_4627

2014.09.14

3792-140906 知的生産のi技術

IMG_4629 

前日に引き続いて、グランフロント大阪でトークショウ。今回は「知的生産のi技術」と題して、21世紀の知的生産について語りました。

民族学博物館の小長谷有紀教授との対談形式。

IMG_4630

全体を通して、「知的生産の技術」を著した梅棹忠夫先生へのオマージュです。

最初に、小長谷先生から「梅棹忠夫の眼」と題して発話をしていただいたあと、shioが90分ほど語りました。そのトピックを挙げておきます。

IMG_4631

  • コクヨ:測量野帳(セ-Y3・スケッチブック)
  • 万年筆(ペリカン、セーラー)
  • PFU:ScanSnap
  • PFU:HHKB Professional JP
  • Apple:Mac
  • Apple:iPhone
  • Apple:iPad Air
  • Apple:iCloud
  • RICOH:GR
  • RICOH:THETA
  • SIGMA:dp2 Quattro
  • アウトライナー
  • Tree
  • 親指シフト(NICOLA配列)
  • フリック入力
  • 音声入力
  • MetaMoJi Note
  • MetaMoJi Share
  • Su-Pen
  • Evernote
  • タギング
  • 抽出

IMG_4619

休憩をはさんで対談。

梅棹先生が撮影した35,000枚から梅棹先生ご自身が選んだ50枚ほどの写真を小長谷先生がスクリーンに映してくださる。それを拝見しながらコメント。shioは梅棹先生の視点の変化を指摘しました。

IMG_4618

終了後は来場した方々も交えて懇親会。

21世紀の知的生産について、語り明かしました。

IMG_4640

みなさん、shioが持参した上記のさまざまなアイテムに興味津々。親指シフトを始めると決めた人もいて、成果の大きい大阪滞在でした。

お世話になったみなさま、どうもありがとうございました!!

IMG_4642

3791-140905 「スマホ学校」Vol.4で写真講座の講師をしました

IMG_4548

「スマホ学校」の第4回、「〜スマホこそ最高のデジカメ〜 スマホで始める究極の写真術」で講師をさせていただきました。

IMG_4549

スマートフォンのカメラ機能でいかに思い通りの写真を撮るか、という講座です。au、DoCoMo、Softbankが協賛しており、参加者のうちスマートフォンを持っていない人には貸し出しサービスがあります。

IMG_4555

グランフロント大阪にある「Cafe Lab」で開催。ワークショップの途中でホンモノのお料理が供され、それを被写体に使って撮影のレッスンをするという贅沢な企画。

IMG_4569

最初に「スマホこそ最高のデジカメ」といえる所以を3点、「究極の写真術」を実現するためのポイント3点をお伝えしたあと、実際の撮影。

IMG_4578

まず参加者のみなさん思い思いにお料理を撮影。その後、shioが撮影してご覧に入れました。shioが撮影するまでに行ういろいろな動作を、ゆっくり解説しながら撮影体勢まで徐々に進めていき、ようやくshio流の状況になったときにシャッターを切ると、「おぉっ!!」と会場から声が上がりました。

IMG_4591

それをみなさんに実践していただく。

次に、またそれをバージョンアップするステップを披露。また「おお!!」の声。

終了後、参加者の方々から、明らかに自分の写真が変わった実感を得た喜びのメッセージをたくさんいただきました。うれしいです。

IMG_4588

ご好評だったため、次回もまたshioが担当させていただくことになりました。お楽しみに〜〜^^

IMG_4608

3790-140904「iPhoneも入る財布」にshioが入れたものは

DP2Q7293

カンボジアから帰国した日、研究室に行ったら、SuperClassicから「iPhoneも入る財布」が届いていました。

おぉ!! またひとつ、アイディアの結晶が生み出されたのですね。すばらしい!!

革のいい匂い。しなやかな手触りもいい。ありがたく使わせていただきます。

DP2Q7290

一見して「いしたにスペシャル」なカラー。いしたにまさきさんが主宰するblog「みたいもん」と共通のカラーリングです。

数々の名作を世に出してきた「abrAsus」と、いしたにブランド「THINKING-HANDS」との共作。そのクオリティーと使い勝手のよさは折り紙付き。

他に「ブラウン×ベージュ」と「ブラック×グレー」があるそうです。ピンク大好きなshioには当然この「パープル×ピンク」がベスト。以後、毎日使わせていただいています。

DP2Q7292

以前いただいた「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」から紙幣と硬貨を出して「iPhoneも入る財布」にまとめました。(空いたマネークリップはドル財布、リエル財布に転用します)

カードの収納枚数は公称5枚。そこにshioは8枚入れてます。入ります。それ以外にiPhoneスリーブの裏にICカードを入れて、財布のままタッチ。

DP2Q7299

さて「iPhoneも入る」スリーブには何を入れましょうか。

まずは、iPhone5Sを入れてみました。

GR018181

さすが、ピッタリ収まります。

GR018182

iPhone5Sの他にお札と小銭も入っているとこんな感じ。

GR018183

iPhoneを取り出す際、底部をプッシュするようにできています。

GR018184

iPhone「も」入る、という名称のとおり、ここに何を入れるかが工夫のしどころ。とりあえず名刺を入れて撮影してみました。その他、時々使うけど必要なときに見当たらない、といったようなもの入れておくのによさそうです。例えばこんなものとか。

  • SDカード
  • iPhoneの充電ケーブル
  • Lightning-USBアダプタ
  • Lightning-SDカードアダプタ
  • SDカードリーダー
  • GR(カメラ)の予備バッテリー
  • 胃腸薬

GR018187

で、shioがいれたものは。。。

Su-Penです。下の写真はモデルナンバー「P201S-T9C」。斜めにも、真っすぐ入れても収まります。

iPhone/iPadとともに毎日毎日使うSu-Pen。バッグに入れたり、ズボンのポケットに付けたり、ジャケットのポケットに挿したり……。でも使おうとしたら「昨日のジャケットに挿しっぱなしだ!!」とか「今日のかばんには入っていない!!」とか、持っていなくて困ることたびたび。

財布に入れてしまえば、絶対に身に付けている。

かくしてshioは「iPhone(で使うSu-Pen)も入る財布」といたしました。いしたにさんと南さんに感謝!!

iPhoneも入る財布にSu-Pen

2014.09.13

3789-140903 dp2 QuattroのファームウェアとSIGMA Photo Pro 6がアップデイト(写真はdp2 Quattro)

DP2Q7411

9月3日、シグマから重要なリリースが2つ。

DP2Q7772

dp2 Quattroで撮影した写真は、基本的にJPEGのみを使っています。flickrに公開しているのはほぼすべてJPEG。

DP2Q7239

十分きれいです。ただ細部において、輝度が近くて色が異なる部分の解像度が低くなってしまう場合がありました。今回のファームウェアで、それが改善されたとのこと。

DP2Q7372

ありがたい。

ますます安心してJPEGだけで済ますことができます。

DP2Q7587

RAW現像アプリ、SIGMA Photo Pro 6.0.6の方も、解像度が向上しました。いままで現像した画像も、また現像し直してみたい。

DP2Q7387

こうして改善されていくプロダクツの成長を体感して一緒に喜べる幸せ。もし、「完璧な製品」だけしか世に出せない世の中だったら、企業は製品のリリースを躊躇する。ユーザーはなかなか新しい技術の恩恵を受けられない。そんな社会はつまらない。

DP2Q7396

改良されていくプロダクツの変化と成長を楽しみたい。そういう製品のリリースの仕方をよしとしてリリース後も製品の改善を続けていく企業をshioは応援します。

DP2Q7545

ゼミ合宿での撮影枚数。

  • シグマdp2 Quattro:623枚
  • キヤノンEOS6D+シグマ35mmF1.4DG HSM:78枚
  • リコーGR:9枚
  • RICOH THETA:11球

DP2Q7553

3788-140902 シックの刃を4か月ぶりに交換──カミソリでヒゲを剃るときにジェルは不使用(写真はdp2 Quattro)

DP2Q7244

今年2月にシック(Schick)の5枚刃を使い始めて7か月。

DP2Q7227

前回、替え刃を交換したのは5月。つまり前回は3か月使用して交換。

DP2Q7220

それから4か月が経過したので9月2日、交換しました。shioは野尻に滞在している間はヒゲを剃らないで、ゼミ合宿から帰宅して4日分のヒゲを剃ろうとしたとき、刃の抵抗が大きかったからです。

DP2Q7225

久しぶりに新品の剃り味、良好。

DP2Q7221

以前はヒゲを剃るときにシェイビング・ジェルを肌に塗っていました。

今年になってからまったく付けていません。

DP2Q7262

本来、刃というものは刃と平行に動かして対象物を割くもの。しかしカミソリは刃と直角方向に動かすため、刃物の理想的な使い方ではなく、ヒゲを引きちぎることになります。その抵抗を緩和するのがジェルやフォーム。滑りが良くなります。

DP2Q7325

しかし電動のカミソリは微妙に左右に振動します。刃と平行の動きが与えられることにより、肌が切れるほどではないけどヒゲは切れる。刃がヒゲを切って進むため、抵抗は小さい。だからジェルやフォームは不要。

DP2Q7617

お風呂やシャワーで身体を洗うとき、石鹸とかシャンプーなど洗浄用品を一切使わないshioは、肌に付ける唯一のケミカル製品がシェイビング・ジェルでした。電動のカミソリを使うことで、ジェルも付ける必要がなくなりました。

おかげで身体に異物を塗る機会ゼロ。快適な毎日です。

追記:ちなみに歯磨き粉も付けません。

DP2Q7499

3787-140901 ペンタックスK50なゼミ生にシグマ「30mmF1.4 DC HSM」を提案(写真はdp2 Quattro)

DP2Q7238

今回、ゼミ合宿参加者の中に、ペンタックスK50(ピンク)を持ってきた学生がいます。買ってまだ半年ほどとのこと。

shioゼミ合宿は、半分、写真合宿。キャンプ場内を「お写ん歩」しながら、写真撮影について語ります。

DP2Q7233

彼女、K50のピンクが大のお気に入り。

ピンク大好きなshioも共感。

ちょっと使わせていただいたところ、視野率100%で防水防滴、すばらしい!!

DP2Q7243

セットされているレンズは「smc PENTAX-DA L18-55mm F3.5-5.6AL WR」。ちょっと暗くて(F値が大きくて)もったいない。K50の高性能を生かすには、もっと明るい(F値の小さい)レンズも使ったらいい。

そこで、シグマ「30mmF1.4 DC HSM」を提案。

このレンズを付けてファインダーを覗いただけで、はるかに明るい別世界が開けますよ^^

IMG_4394

2014.09.12

3786-140831 shioゼミ合宿恒例カレーコンテストは僅差(写真はdp2 Quattroとシグマ35mmF1.4)

DP2Q7821

カンボジアから帰国した翌日、8月29日からshioゼミ合宿。

DP2Q7831

いつもと同じ、東京YMCA野尻キャンプ場です。

DP2Q7833

ヨット、カヌー、カヤック、アーチェリーと盛り沢山。卒業生も集まって、ワイワイ。

DP2Q7813

3日目の夕食は、恒例カレーコンテスト。

DP2Q7798

3つの班に分かれて、カレーのデキを競います。

DP2Q7802

写真、冒頭の4枚がC班。女性チーム。

DP2Q7797

次の4枚がB班。比較的若い世代の男性チーム。

DP2Q7845

そして写真末尾の4枚がA班。比較的年長の男性チーム。

DP2Q7812

A班のカレー。

IMG_6731

B班のカレー。

IMG_6737

C班のカレー。

IMG_6736

審査は、shioと院生で行いました。カレーとご飯を7:3で採点。

  • カレー:A班7点、B班5点、C班5点。
  • ご飯:A班1点、B班3点、C班3点。

DP2Q7841

A班のカレーは、感動的に美味しかったのです。なのにご飯はアルデンテ……。食べられないわけじゃないから1点。B班とC班のご飯は大変美味しかったしカレーも美味しかったけど、A班のカレーの完成度がダントツ。

ということは、合計すると全班同点。

DP2Q7805

すべての評価を加点法で考えるのがshio流。

本日のお料理には、他にも加点要素がありました。ポテトです。A班のポテトは銀紙に包んで薪の中に投入しただけあって、ホックホクお美味しさ。B班はスライスして油でソテー。C班はポテトなし。「カレーにじゃがいもを入れるなんて邪道」と公言しているshioを慮って、じゃがいもを他の班に譲渡したのです。

他の班は、受け取ったじゃがいもを工夫してお料理しました。その結果……、

  • ポテト:A班2点、B班1点、C班0点

DP2Q7803

というわけで、A班優勝!!

みんな、美味しいカレーをごちそうさまでした!!

また来年、楽しみにしています!!

DP2Q7804

3785-140830 「パーティション プレート ひらくPCバッグ アクセサリー for ScanSnap」でiX100が収まる!!

DP2Q6564 「とれるカメラバッグ」に入れてカンボジアに持参したPFU製モバイルスキャナー、「ScanSnap iX100」。

DP2Q6578

それを使って、学生たちが提出した書類をiPad AirにスキャンしてMetaMoJi Noteで書き込みしたのは既報のとおり。

DP2Q6592

その作業を目の前で見ていた同行の兵庫県立大学の先生から、帰国後、メッセージが届きました。

「今日、ScanSnapのEvernote版、届きました。早速、プレミアムに登録して、今回のカンボジア出張のノートブックを作り、名刺やチラシ等色々スキャンして、保存しました。便利で感動しました。」

DP2Q6587

ScanSnap Evernote Editionをお買いになったとのこと。もっとも簡単にScanSnapの利便性を仕事に取り入れるには、このモデルがベスト。

DP2Q6593

メッセージは続きました。

「更に、ScanSnapの便利さに感動して、塩澤先生がカンボジアにご持参されていたバッテリーで動くScanSnap iX100も注文しました。楽しみです。」

DP2Q6613

もはやScanSnap iX100は、shio的出張の必需品。「とれるカメラバッグ」に入れて持参します。

カンボジアから帰国したら、それをさらにスマートに持ち運べるアイテム(の試作品?)が届いていました。いしたにさん、南さん、お送りいただき、どうもありがとうございます!! ありがたく使わせていただきます。

GR018189

あの「ひらくPCバッグ」のパーティションです。横長のScanSnap iX100やS1100がすっきり収まります。なんとすばらしい!!

DP2Q6590

これで「ひらくPCバッグ」にiX100をすっきり収めて出張できます。次の出張が楽しみです^^

DP2Q6582

3784-140829 カンボジアにてGRとdp2 Quattroで美女ポートレイト

DP2Q7079

カンボジアで撮影した枚数。

  • リコーGR(GR016881〜8105):1225枚
  • シグマdp2 Quattro(DP2Q6310〜7209):900枚
  • iPhone5:340枚
  • リコー THETA:51球

DP2Q7184

数年にわたってカンボジアに滞在し立法作業などに携わっている日本の司法書士を撮影しました。成蹊大学文学部の卒業生です。

DP2Q7204

shioがカンボジアに行くと、いつもこの方から現地の法整備状況などを教えていただいています。そして美味しいお店も。

GR018008

レストランでお食事しながら法律の話をしつつ、GRとdp2 Quattroでポートレイト撮影。

どちらもすごく楽しい。

GR018000

お誕生日、おめでとうございます^^

GR017580

3783-140828 名古屋大学日本法教育研究センターの学生たちが日本語で法律論文を発表(写真はGR)

GR018162

カンボジアから帰国した日の夕刻、名古屋大学法政国際協力教育研究センター(CALE)がアジア4か国、5か所で運営する「日本法教育研究センター(CJL)」から成績優秀な3年生が集う夏期セミナーに参加しました。

GR018166

  • 名古屋大学法政国際協力教育研究センター(CALE)→ http://cale.law.nagoya-u.ac.jp/
  • 名古屋大学日本法教育研究センター(CJL)→ http://cjl.law.nagoya-u.ac.jp/
    • ウズベキスタン:タシケント国立法科大学
    • モンゴル:モンゴル国立大学法学部
    • ベトナム:ハノイ法科大学
    • ベトナム:ホーチミン市法科大学
    • カンボジア:王立法律経済大学

GR018167

shioは、カンボジアとハノイで講義をした経験があります。その教え子たちが来日して、日本語で書いた法律論文を日本語で報告する研究会です。

論文を読ませていただきましたが、どれも面白い。

報告は、流暢な日本語で原稿など見ずに語る。日本の学生たちにこそ見てほしい。日本語を学び始めて3年でここまで自由に自己表現できる。本当にすばらしい。

GR018168

研究会とその後の懇親会でshioは各学生のところに行き、順にコメントして回りました。本当に頼もしい学生たち。永く付き合っていきたいと思います。

掲載した写真はすべてリコー「GR」で自分撮りしたものです。2人でも6人でも「自撮り」OKです^^

GR018170

2014.09.11

3782-140827 プノンペンの「ラ・レジデンス」でフレンチを堪能(写真はGRとTHETA)

GR017946

カンボジアでの集中講義、最終日。

GR017951

最後の1コマと簡単な挨拶を終えた後、通訳のみなさんへのお礼を兼ねて、豪華なランチに行きました。

GR017957

「ラ・レジデンス」というフレンチレストラン。

GR017992

日本人のオーナーシェフのお料理を堪能できます。

GR017996

ランチは15ドルのコースと29ドルのコース。

GR017989

個室に通していただきました。

GR017993

みんなでいろいろ頼んで、互いにお味見。

GR017999

最高に美味しかった!!

GR017997

RICOH THETAでテーブルシータ。

プノンペンのフレンチレストラン「ラ・レジデンス」にてシータ^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

次回のプノンペンでもまた行きたいと思います。

GR018022

GR018029

GR018040

GR018033

GR018055

GR018043

GR018045

GR018042

GR018049

GR018046

GR018047

GR018064

GR018062

3781-140826 出張の必需品「ScanSnap iX100」でスキャンした書類にMetaMoJi Noteで書き込み(写真はGR)

GR018066

今回、カンボジア出張で持参して本当によかったと感じたのはPFUの「ScanSnap iX100」。

電源なしでも250枚スキャンできるバッテリー内蔵で、400gと軽量なモバイルスキャナーです。USB充電だから電源確保も容易。

いただいた名刺や紙の資料、チケット、地図、レシートなど、すべてスキャンして廃棄または返却。紙の書類は一切持ち帰らずにすみます。

なかでも重宝だったのは、27日午前中に行った最終回の講義で学生たちに書いてもらった書面(写真参照)。講義後、みなさんとともにランチに行き、お食事が出てくるまでの間に65枚をiPad Airにスキャン。その書面は、shioが講義したNUM(国立経営大学)に返却。

一方、iPad AirにスキャンしたPDFは、iPad Air上でMetaMoJi Noteに読み込み、空港まで行く車中、各ペーパーの要点を通訳さんに日本語で書き込んでいただきました。これでshioにも書いてあることがわかります。

カンボジアNUMでの講義後に提出されたペーパー例

コピーしないから荷物が増えない。紙の無駄もない。iPad AirにSu-Penで手書きするので車中でも安定して書き込める。

飛行場でフライトを待っている間に、通訳さんが車中で書いてくださった文字を小さくしたり整えたりして、読みやすく編集。そんなことができるのもMetaMoJi Noteならでは。

本当にすばらしい。

ScanSnap iX100、iPad、MetaMoJi Note。出張の必需品です。

GR018065

3780-140825 カンボジアにてGRで「自分撮り」ツーショット

GR018071

カンボジアでたくさんの人々に会いました。たくさんお世話になりました。感謝!!

GR018075

みなさんとリコー「GR」で自分撮り。

GR017060

ここに挙げた以外に、shioの講義に参加した学生たちともたくさん撮影したのですが、それはまたこんど。

GR018076

GRは自分撮りが簡単にできます。

GR017147

カメラを普通に構えた状態から縦方向に180度回転し、レンズを自分の方に向けます。カメラは上下逆になっています。

GR017182

カメラを右手で握り、シャッターボタンを右手親指の第1関節あたりで押します。

GR017874

3779-140824 かわせみ2の完成度がver. 2.0.2で高まる→親指シフト流に設定(写真はdp2 Quattro)

DP2Q6370

2014年8月4日、Mac用のIME「かわせみ2」がヴァージョンアップ。v2.0.2がリリースされました。

DP2Q6372

細かい点がたくさん改善されています。しばらく使ってみたところ、いままで違和感があった部分はすべて解消されていて、快適!!

これで完全に「ことえり」から「かわせみ2」に乗り換えです。

DP2Q6377

主な変更点のうち、shio的にありがたいのは下記の2点。

(1) 句読点変換のトリガーを、句点、ピリオド、読点、カンマをそれぞれ別々に設定できるように修正。

万歳!!

shioは、句点(。)、読点(、)、感嘆符(!)、疑問符(?)を入力したときにはかな漢字変換され、ピリオド(.)、カンマ(,)を入力したときには変換しないように設定。

その結果、親指シフトでは[P]に割り当てられている「,」と[Z]に割り当てられている「.」を、単語登録の「読み」に使うことができます。たとえば読み「く,はつめた」で「iPhone」を単語登録でき、日本語の文章を入力中に英数モードに変更せずに欧文商品名を入力できて便利です(実際には「く,はつめた」で「iPhone5」と「iPhone6 Plus」を登録しています)。

DP2Q6378

(2) 「変換済み文字の削除操作」を「末尾の文字を削除して全文節を確定する」にしているとき、変換済み文字列が1文字の場合deleteキーによる削除が正常に動作していない問題を修正。また、設定の名称を「全文節を確定して末尾を削除」に変更。

これもありがたい。ことえりと若干異なっていた挙動が修正されました。快適です。

DP2Q6379

Mac純正の「ことえり」は最高に賢くて大好きなのですが、単語登録がしにくなってしまったのが悲しい。shioは頻繁に単語登録するので、shift+control+[N]でいつでもさくっと単語登録できる以前の仕様の方が好きでした。

DP2Q6382

その点、「かわせみ2」はshift+control+[N]で単語登録できる。人名とか省略語とかをそのつど単語登録しながら文章を書いているshioにとっては、この機能が必須。

すべての動作が軽くて快適な「かわせみ2」をすべてのMacで利用します。

DP2Q6383

2014.09.10

3778-140823 カンボジア家庭料理に舌鼓(写真はGR)

GR017225

カンボジアにある名古屋大学日本法研究教育センターで講師をなさっているレイン先生のお宅にお招きいただきました。

GR017232

カンボジアの家庭料理を堪能。

GR017234

本当に美味しい。お店で食べるカンボジア料理より、ずっと優しい味。

GR017237

世界各地のお料理を食べられるプノンペン市内。でも滞在中、毎日カンボジア料理を選んで食べているし、今回以外もカンボジアに行ったらいつもカンボジア料理を味わう日々。それでもなお、レイン先生のお宅でいただくお料理は別格。本当に美味しい。

GR017239

カンボジアに行く主目的のひとつはこのお料理をいただくこと、と言っても過言でないくらい、好き。

GR017238

レイン先生、お義母様、どうもありがとうございます。ごちそうさまでした。

GR017240

またぜひ行きたい 「chez レイン」。

GR017243

デザートに、お庭でとれたマンゴー。美味し〜〜〜い^^

GR017244

3776-140821 滞在したホテル(サービス・アパートメント)「Bellevue」(写真はGR)

GR017002

今回、shioを招聘してくださったカンボジアのNUM(国立経営大学)の方で、滞在するホテルも手配してくださいました。

GR016931

Bellevue(ベルビュー)というサービス付きのアパートメントです。

GR016932

ベッドメイキングや清掃といったホテルのようなサービス付きのアパートメント。

大変居心地のいい部屋。広くて快適。

GR016933

shio的お気に入りポイントは、洗濯乾燥機が室内にあること。

GR016934

カンボジア滞在中はいつも、ホテルに戻ってから、汗を吸ったシャツを水洗いして乾かすのが日課。

洗濯乾燥機があれば、自分でジャブジャブ洗った後、脱水と乾燥を機械に任せることができます。ありがたい。

GR016935

せっかくの洗濯乾燥機ですが、初日と2日目、うまくスイッチが入りませんでした。モードを選択して開始ボタンを押すと、「カチッ」と音がするだけで始動しない。

GR016936

3日目、モードを選択した後、10秒ほど間を置いてから開始ボタンを押したら、すんなり始動。個体差なのか、カンボジア仕様なのか。ともかく、それ以降は毎日、大変便利に使わせていただきました。Bellevue、気に入りました!!

GR017928

3777-140822 カンボジアにてiPhone5で撮影したパノラマ特集

IMG_4200

iPhone5でパノラマ撮影したカンボジア。

IMG_4201

宿泊したホテル「Bellevue」の屋上から、プノンペンの市街。

IMG_4060

部屋のベランダからも。

IMG_4057

屋上にあるラウンジ。

IMG_4202

そのラウンジの中で。

IMG_4211

移動するクルマの助手席から。

IMG_4203

ランチ2ドルのカンボジア料理店にて。

IMG_4107

3775-140820 「カンボジア民法」の講義1日目(写真はdp2 Quattro)

DP2Q6323

今回の集中講義は、カンボジアの首都プノンペンにある国立経営大学(NUM, National University of Management)法学部。その正面入口が冒頭の写真。

日本の民法でなく、2011年12月に施行された「カンボジア民法」の集中講義です。いつものように講師謝礼を受け取っていないボランティアです。

DP2Q6351

講義は日本語で行い、クメール語に通訳していただきます。通訳は、数年前に2年ないし3年にわたり、カンボジア王立法律経済大学(RULE, Royal University of Law and Economics)で、日本民法に関するshioの講義を受けた経験がある卒業生たちです。

DP2Q6360

彼らは卒業後、日本に留学して名古屋大学大学院で修士号を取り博士課程に進んでいたり、カンボジアの省庁で日本人の専門家とともに立法作業にたずさわっていたりと、大活躍しています。講義中、通訳してくれる彼らの姿が頼もしくて、その成長が本当にうれしい。2002年以来続けてきてよかったと思います。

DP2Q6334

講義の進め方は日本でのshioの講義と同じ。shioが問いかけて、学生たちが思い思いに見解を発言する方式。いつものように原稿など一切ありません。学生たちとshioとのライブなやりとりがどんどん展開していく。それを的確に通訳する彼らは本当に素晴らしい。

DP2Q6336

対象は第2学年が終わったばかりの新3年生と第3学年が終わったばかりの新4年生。その他に卒業生や教員も受講しに来ています。ここの法学部では民法が2年生に配当されているので、受講者全員、カンボジア民法を学んだ経験がある人々です。

DP2Q6338

shioの講義はいつものように、民法の「体系」を会得して、民法を(そして他の法律も)「使えるようになる」ことを目的としています。したがって、すでに民法の知識がある人でも受講する価値を体感していただける。むしろ知識のある人ほど、面白がっていただけるのがshioの講義です。

DP2Q6339

shioがカンボジア民法を教えるのは18コマ。

  • 20日:午前2コマ・午後2コマ
  • 21日:午後2コマ(午前2コマは別の先生による民事訴訟法)
  • 22日:午前2コマ・午後2コマ
  • 23日:午前2コマ(土曜なので午後は講義なし)
  • 24日:日曜日なので講義なし。今回の滞在で唯一のオフ日。
  • 25日:午後2コマ(午前2コマは別の先生による民事訴訟法)
  • 26日:午後2コマ(午前2コマは別の先生による民事訴訟法)
  • 27日:午前2コマ

DP2Q6340

2014.09.07

3774-140819 カンボジア10日間の荷物は機内持ち込みバッグのみ

IMG_4007

8月19日から10日間、カンボジア。

IMG_1994

荷物はいつものように、機内持ち込みサイズのスワニー「ポケットバッグ(L)」(旧型)、1個のみ。

IMG_4008

IMG_4010

この上半分には、カメラなどの機材が入った「とれるカメラバッグ」を収めているので、衣類など日用品は下半分。

IMG_4012

ここ数年、海外でも国内でも、飛行機で預け入れるスーツケースを持参することはなくなりました。以前、預け入れるスーツケースを持っていたときも片側に荷物が入っていなかったので、荷物の総量は変わっていません。

GR016885

小さいバッグだけなら移動が軽快。預け入れ荷物がないと速やかに空港から抜け出せます。この快適を知ってしまうと、預け入れ荷物はもう持ちたくない。

GR016888

現地で活動するときは、「とれるカメラバッグ」のみを使います。スワニーはホテルに残置。

GR016943

「とれるカメラバッグ」の中身は以下のとおり。

GR016946

GR016948

GR016950

以上、すべてが「とれるカメラバッグ」に収まる。素晴らしい収納力。

GR016951

次は、着ていく衣類(ジャケット1枚を含む)以外に、スワニーに入れている衣類。

  • シャツ6枚
  • ふんどし4枚
  • 腹巻4枚
  • 靴下4足
  • ズボン2本
  • キャップ

GR016953

スワニーの外ポケットには、カメラの充電器や折りたたみ傘、移動中に読む本などを入れています。

GR016955

このスワニー、ハンドルがわずかに湾曲しているいるため、押して歩くときの安定感が極めて高い。

GR016958

4輪で自立するので、手には重量がかからない。

軽く動かせて楽チンなキャスターバッグです。

GR016957

2014.09.03

3773-140818 レンタカーで燃費は12.5km/lでした(写真はGR)

GR016846

九州旅行ではトヨタレンタカーでウィッシュを借りました。

GR016848

長崎空港→武雄→佐世保→武雄→長崎→熊本→福岡空港という行程。

GR016847

福岡空港で返却するとき、Odometerを見たら、惜しい!!

IMG_3941

40lで、平均燃費は12.5km/lでした。

写真は、太宰府天満宮、参道のスターバックスをGRで。

GR016856

3772-140817 ヨット部のイベントに参加(写真はdp2 Quattro、GR、RICOH THETA、TG-850)

DP2Q6229

顧問をしている成蹊大学ヨット部のイベント「ファミリーデイ」に参加しました。

DP2Q6237

八景島マリーナ。快晴。

DP2Q6262

部員の家族や友人などに日ごろの感謝を込めて、ヨットの楽しさを体感していただくための企画です。

DP2Q6271

中学1年以来、ヨットは野尻湖で乗るばかりのshioが海でセイリングするのはほとんどここだけ(といっても船は大好きなので、1級小型船舶操縦士免許を持っています)。

P8170299

セイリングのあとはバーベキュー。部員が美味しく焼いてくれました。

P8170342

全員で校歌斉唱。

美女8人で写シータ^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

気持ちのいい1日でした。参加してくださった方々、そして部員のみんな、どうもありがとうございました!!

GR016875

3771-140816 9月16日19時からRICOH THETAのトークイベントを行います(写真はGR)

GR016323

以前、shiologyで告知した下記イベント。

正式リリースが出ました。

GR016327

GR016325

入場無料です。事前申し込みは必須ではありませんが、満席の場合は申し込み者が優先となるそうです。

みなさま、どうぞお越しくださいませ!!

GR016328

3770-140815 9月5日と6日、グランフロント大阪で講演します(写真はGR)

GR016309

9月の上旬、グランフロント大阪で行う2つのトークショウに招いていただきました。

GR016324

スマホ学校 Vol.4 〜スマホこそ最高のデジカメ!〜 スマホで始める究極の写真術

スマホのカメラをしゃぶりつくす写真術を語ります。初心者向けの講座です。人物やお料理をshioがどのように撮影しているか。実際に出来立てのお料理を参加者とともに撮影しながら伝授いたします。

GR016326

梅棹忠夫の眼──写真にみるその視点とは──21世紀の「知的生産の技術」Vol.04 ナレッジキャピタル「超」学校シリーズ

名著「知的生産の技術」をお書きになった民族学者、梅棹忠夫先生に敬意を表し、先生がお撮りになった写真を拝見しながら、21世紀の知的生産の技術について考察していきます。月刊MacPeople誌に9月号まで連載していた「知的生産のMac術」のリアル版ともいうべきトークショウです。

GR016307

2014.09.02

3769-140814 スカイマーク、気に入った!!

IMG_3946

福岡からの帰路、初めてスカイマークに乗りました。飛行中、Wi-Fiが無料で使えます。なんて素晴らしいのでしょう。大変気に入りました。

iPhone/iPadをフライトモードにしたまま、Wi-FiをONにすればOK。普通にFacebookを見たり書き込んだりできました。ありがたい。

IMG_1985

その他にも快適ポイントがたくさん。

  • 飛行中、無料でWi-Fi利用可能。
  • シートが広い。
  • 前のシートとの間隔も広い。
  • シートバックの頭の部分が前にせり出していないので、シートを起こした状態でも自然な体勢で楽。
  • シートに電源コンセントあり。
  • シートの座面下からレッグレストが出る。
  • 座面が若干前にせり出すタイプのリクライニングなので、後ろの座席に対する気兼ねが少ない。
  • テーブルは肘掛けから出すタイプなので、前席のリクライニング影響なくテーブルを使える。
  • シート前にテレビ画面なし。代わりに飛行情報をWi-Fiで配信。Mac/iPhone/iPadで見られる。
  • 飲食物の無料サービスなし。代わりに飲食物の機内販売あり。

IMG_1986

本当に素晴らしい。乗り物のサービスはこうあるべき、と思う。新幹線に乗ったら自動的に全席、飲食物をサービスされるなんてことない。食べたい人、飲みたい人が買えばいいし、あらかじめ買って乗ればいい。飛行機でもそうあってほしい。スカイマークはそれを実現している。すばらしい。

飛行機の機内ってWi-Fiさえあれば快適。スカイマークよりも運賃が遥かに高い他社も、エコノミークラスは飲み物や食べ物をオプションにして、無料のWi-Fiを提供すればいいのに。

今後、スカイマークが就航している路線ではスカイマークを選択したいと思います。

IMG_1987

3768-140813 伊万里の陶芸家、山﨑伸悟さんの工房にて作品をdp2 Quattroで撮影

DP2Q5919

伊万里の陶芸家、山﨑伸悟さんを訪ねました。

DP2Q5951

shioが中学1年以来10年以上にわたって参加していた「野尻学荘」という東京YMCAが主催する中高生男子対象のキャンプで、shioより数年先輩です。

GR016507

武雄で宿泊した朝、山﨑さんが伊万里に住んでいることを思い出し、彼に「いま、武雄にいます」とメッセージを送ってみました。すると、「15時までは予定がないのでぜひ来てください」とのありがたい返信。

DP2Q5943

ステキな工房にお邪魔しました。

GR016422

朝に突然連絡してお昼前に8人で押しかけた我々に、山﨑さんは、小皿に絵付けを体験できるよう準備していてくださいました。ありがたい。

GR016470

みんな楽しく筆でお皿に絵柄を描く。それぞれ個性が出て面白い。

GR016504

工房の中に、作品撮影用の簡単なセットがあったので、横においてあった彼の作品を3点ほど、dp2 Quattroで撮影させていただきました。

DP2Q5928

明るさはISO800でぎりぎり。いつものように手持ちです。

DP2Q5925

緻密な絵とその発色、漆の質感、忠実に描写されています。

DP2Q5917

山﨑伸悟さんが主宰する「今里 青柳窯 Ima-ri」のFacebookページはこちらです。

GR016510

« August 2014 | Main | October 2014 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください