« 3689-140527 シグマ「50mm F1.4 DG HSM」でビストロ「ゴブラン」のランチを撮影 | Main | 3691-140529 MacPeople7月号にビブラムファイブフィンガーズ。写真は大岡山「佐とう」の懐石料理をシグマ「50mm F1.4 DG HSM」で »

2014.06.11

3690-140528 SnapLiteで工夫が面白い!!

GR014591 5月28日、PFU製「SnapLite」、発売されました。 発売前に想像で書いた2つのエントリーはこちらです。 - 3683-140521 究極のスキャナ「SnapLite」でキレイにスナップする3つのコツ→ - 3684-140522 SnapLiteでA4サイズより小さい原稿をきれいにスキャン(スナップ)するには→ GR014585 届いて、開封して、さまざまなものをスナップしてみる。面白い!! 工夫のしがいがある、楽しいツールです。 GR014592 いろいろ実験してみました。 結論。手間をかけずに各種の素材を直接iPhoneに取り込むにはベストなソリューション。とても良く考えて作られています。 - 普段はデスクライトとして利用。デスクでもベッドサイドでもリビングでもOK。白色と暖色、選べる2色の灯り。 - 書類や素材をiPhoneに取り込むツールとしてSnapLiteを使う唯一の準備は、iPhoneで「SnapLite」アプリを起動してSnapLiteの上に置くこと。他に何もやることがないから、究極にシンプル、簡単。 - レーザーガイドが照射されるから、原稿を置く位置が明確。 - 名刺やレシートなどは、8枚まで、バラバラに置いて、1度で取り込みOK。iPhoneではちゃんと各々、切り出される。 - A4サイズより小さい原稿は、置く位置をかさ上げしてiPhoneに近づけてあげると画質が向上する。 - A3サイズまでの大きい原稿は、「合成モード」を使って2度に分けて取り込むと、iPhoneアプリが自動的につなげてくれる。 - 取り込むものは紙のような平面だけでなく、立体物もOK。工作とか折り紙の作品、植物の成長記録、料理の手順なども簡単にiPhoneに取り込める。 GR014801 たとえばこうしてバジルをスナップ。 GR014802 毎回同じ位置でスナップして成長を記録するのもいい。 IMG_3101 B5サイズの学会誌の表紙をスナップするとこんな感じ。500枚のコピー用紙の束を下に置いて、かさ上げしています。 SnapLiteからカメラロールに保存されたそのまま無修正の画像です。このように自動的に必要部分だけが切り出されます。 IMG_3154 オジギソウの観察日記にも(これも無修正)。 IMG_3103 キレイにスナップするには、以前書いた「3つのコツ」が大切です。 再掲します。 1. iPhoneのレンズをきれいに拭きましょう。東レのトレシーで拭くのがベストですが、なければ綿のシャツとかでもOK(ティッシュは木材が原料だからNG)。持ち歩いて使うiPhoneのレンズは結構汚れています。ともかくレンズをピカピカに拭きましょう。これが最も重要なコツです。 2. SnapLiteの上にiPhoneを置くとき、まっすぐに置きましょう。まっすぐって大切です。画質だけでなく、自動切り出し機能の認識制度にも影響します。 3. できるだけSnapLiteを使う場所を明るくしましょう。単体でも十分明るいライトですが、より明るい方がよりきれいです。部屋の照明があるなら点灯し、窓があるなら昼間はカーテンを開けましょう。 GR014580

« 3689-140527 シグマ「50mm F1.4 DG HSM」でビストロ「ゴブラン」のランチを撮影 | Main | 3691-140529 MacPeople7月号にビブラムファイブフィンガーズ。写真は大岡山「佐とう」の懐石料理をシグマ「50mm F1.4 DG HSM」で »

Apple iPhone」カテゴリの記事

RICOH GR[2013]」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください