« December 2013 | Main | February 2014 »

2014.01.30

3566-140128 富士フイルム「X-T1」がすばらしい!!

IMG_1083

富士フイルム本社で行われた「X-T1」の発表会に出席しました。2月15日発売予定の新型ミラーレス一眼カメラです。

発表会後に会場でしばらく試撮。EVFの見え方がいい。EVFに遅れがないため、被写体の動きに追従し、両目を開いて(片方の目では被写体を直視して)撮影していても違和感なし。

絞り開放F1.2でモデルさんを撮影し、最大まで拡大して観察。ピントの合った部分の高解像度と周囲のボケが美しい。

一方、写真はレンズ。カメラよりもレンズが大切、という視点で昨年9月にレンズから各社を比較したとき、(レンズ交換式)ミラーレス一眼カメラでshio的に「使えるレンズ」が揃っているのが富士フイルム。

それに加えて、今回、「XF56mmF1.2 R」も発表されました。84mm相当、F1.2の明るさ。いわゆるポートレイトレンズ。34.5mm相当と52.5mm相当をF1.4で、84mm相当をF1.2で用意しており、それ以外のレンズも上記リンクにあるように、フジは本当に素晴らしいレンズラインナップです。言うことなし。

この「X-T1」はそれらのレンズを生かせる資質を持っている。

結論。shioがミラーレス一眼カメラをいま1台買うとしたら「X-T1」。実際に使ってみて、本当の評価(机上の評価でなく)をしたい。

DSCF1574

実際に使いたい理由は、すべてオートで撮影してフィルムのような透明感のある高画質を得られるから。でもそれだけではない。このX-T1は、自分で操作したい、ダイヤルを回したい、と思わせる操作系を持っているのが大きな魅力なのです。

写真の露出(撮影する明るさ)は3つの要素で決まります。

  1. 絞り(F値。撮影時にレンズが光を取り込む円形の開口部の面積)
  2. シャッタースピード(シャッターが開いて露光している時間の長さ)
  3. ISO感度(取得した光の情報をどのくらい増幅するか)

X-T1はその3要素をアナログダイヤルで見事に直接操作できる。それが「自分で使いたい」と感じさせる最大の魅力。カメラのアフォーダンスがびんびん響いてくるのです。

それらの諸要素をカメラに任せて自動にしたい場合は、それぞれのダイヤル位置を「A」(オート)にするだけでいい。わかりやすい。

DSCF1577

X-T1は、写真の本質に迫るダイレクトな操作体系が実現しているのです。1980年代にカメラが電子化する前は、すべてのカメラはこのようなダイヤル式の直接操作でした。でも電子化して以来、ダイヤルに目盛りはなくなり、ボタン式を採用するものもあり、X-T1のようなダイレクトな操作を実現しているカメラは極めて少なく、貴重な存在です。やはり、素早い操作にはダイレクト感が大切。

また、X-T1の各ダイヤルを「A」にしてオートで使うとき、カメラが決めた値より明るく、または暗くしたい場合に、「露出補正」するダイヤルは右側に置かれている。これもまた、直接操作できます。

DSCF1578

ダイヤル操作を全面的に復活させた結果、現代の一眼レフカメラや一眼カメラにはおしなべて付いているP、A、S、Mといった「撮影モード」ダイヤルが、X-T1には付いていません。いらないのです。上記の3要素(絞り、シャッタースピード、ISO感度)を、各々オートに設定できるから、撮影モードが不要。素晴らしい。

ISO感度を設定した上で絞りとシャッタースピードをオートにすればいわゆるPモードだし、絞りをオートにすればSモード(シャッタースピード優先)、シャッタースピードをオートにすればAモード(絞り優先)。

「モード」という概念がいらない。だからモードダイヤルがない。それがダイレクト感の源泉。X-T1の魅力の象徴です。だから使いたい。

DSCF1579

サイズもいい感じ。

幅×高さ×奥行き・重量(バッテリーとメモリーカード込み/ボディのみ)

  • FUJIFILM X-T1:129.0×89.8×46.7mm(最薄部33.4mm)・約440g/約390g
  • Olympus E-M1:130.4×93.5×63.1mm・約497g/約443g
  • Nikon New FM2:142.5×90.0×60.0mm・540g(ボディのみ)

shioが長年使っていたフィルムカメラ「Nikon New FM2」よりも小さく薄く軽い。

このサイズで手に入る高性能、魅力的。

X-T1の発売が待ち遠しいです!!

DSCF1580

2014.01.29

3565-140127 成蹊大学「民法1B」期末試験問題

IMG_0938

1月28日、成蹊大学「民法1B」の期末試験を実施しました。いつものようにその問題を公開します。「過去問はみんなのもの」ですから。

IMG_1071

成蹊大学法学部「民法IB」試験問題

試験科目:民法IB
担当者名:塩澤一洋
試験時間:60分
参考図書:指定六法、セレクト六法

以下の問に答えなさい。解答にあたって必要な条文については条文の番号を必ず括弧書きで併記すること(文言の解釈が必要な場合を除き、条文そのものを引用する必要はない)。

問1 以下の説明が正しいと考える場合は「○」、正しいとは言えないと考える場合は「×」を付け、いずれの場合もその理由を述べなさい。答案用紙の表面に各々6行ずつ記述してください。

⑴いわゆる「信義則」とは、意思と異なる表示をしてはならないという原則をいう。

⑵民法上、いわゆる「私的自治の原則」を規定したと解釈できる条文は複数存在する。

⑶麻薬の売買を目的とする契約は公序良俗に反するため成立しない。

⑷A所有の家屋αをBに売却した場合、αの登記名義をBに移転した瞬間にαの所有権もBに移転する。

⑸「民法IB」の講義は面白かった。

問2 DがCを騙したことによりCが所有する土地βがDに売却され、さらにDからEに転売されたが、詐欺に気づいたCはCD間の売買契約を取り消したとする。Eがβの所有権を確定的に得られるか否かについて、(1) DE間の売買契約の後にCの取消しがなされた場合、(2) DE間の売買契約より前にCの取消しがなされた場合に分けて論じなさい。答案用紙の裏面に記述してください。

IMG_1070

2014.01.28

3564-140126 電子メールは即アーカイブします

GR012260

メイルは即「アーカイブ」。2006年以降、shioのメイル・マネジメントの基本です。メイルの扱い方が話題になっていたので、shioの方法を記しておきます。

GR012259

電子メイルが連絡手段のメインでなくなって久しい。Mac/iPhone/iPadの「メッセージ(iMessage)」、ChatWork、Facebookのメッセージが現在の三大連絡手段。大学の業務とか編集者とのやり取りはサイボウズLive。

メイルに使う時間はどんどん減っています。メイルには重要な連絡が少なく、ほとんどは広告的なものばかり。スパムは一切受信していないけど、日経新聞の記事リストとか、各社からのプレスリリースとか、新製品やキャンペインの案内とか。

その中に、大学の事務関係の連絡や普段は連絡を取らない相手からのメイルが含まれている。数は少ないけど、重要度は高い。

GR012261

長年、メイルのマネジメントとして「アーカイブ」を使ってきました。shiologyを見ると、2006年から、「アーカイブ」を中心にメイルを扱ってきています。現在は、Mac標準の「Mail」とiPhone/iPadの「メール」で同期されている個々のメイルをすべて「アーカイブ」によって片付けています。

GR012262

アーカイブしてしまえば、各メイルは受信箱から消えます。削除しているのではなくて、「アーカイブ」という名のメイルボックスに移動しているだけ。だから、アーカイブしたメイルに返信した新たなメイルが届いたら自動的にスレッドとして表示してくれます。なので躊躇なくアーカイブします。

  • 上記のように企業から来るメイルはほとんど読まずに(というかタイトルだけ見て)アーカイブ。
  • 業務に関わるメイルは、自分が返信したらアーカイブ。
  • あとは、自分がアクションする必要のあるものだけが受信箱に残ります。それをタスクリスト的に使い、自分がやり終えたらアーカイブ。

GR012263

メイルをアーカイブするのは簡単です。まずMacの場合。

  1. メイルを選択。
  2. command+control+A。

これだけ。だから次々アーカイブしてしまう。さよなら、メイルたち。

ツールバーをカスタマイズして「アーカイブ」ボタンも表示していますが、ほとんど使う機会はありません。上記、キーボードショートカットが便利だから。

GR012258

iPhone/iPadの場合

  1. 「メール」のリスト画面の右上にある「編集」をタップ
  2. アーカイブしたいメイルを次々とタップして選択していく。
  3. 画面下の「移動」をタップ。
  4. 「アーカイブ」をタップ。

以上です。iPhone/iPadの場合、個々のメイルを左にスワイプして、「その他」をタップし、「メッセージを移動…」から「アーカイブ」を選ぶこともできます。本当は削除と同様の簡単な操作(たとえば右にスワイプするとか)でアーカイブできたらいいのに、と思いますが、まぁよし。

GR012265

メイルを扱う時間は非常に少なくて済む。そもそもメイルアプリを見る頻度が極端に下がっており、業務や生活の中でメイルの重要性が低くなっているのです。ネットワーク上を流れる間に誰からでも読まれてしまうメイルという仕組みが連絡のメインだった時代は終焉を迎えています。

GR012266

2014.01.27

3563-140125 shioゼミ卒業生の写真家に伝えた海外撮影の心得

GR012206

普段ニコン「D4」を使っているshioゼミ卒業生の写真家が、リコー「GR」を購入しました。撮影の仕事で初めてベトナムに行くといって、相談を受けたおり、下記のような話をしたところ、D4は持参せず、GRだけですべて撮影すると決めたのです。shioが彼女に伝えた話の要点を挙げておきましょう。

GR012219

  • 一眼レフを海外に持っていくとしたら理由は3つ。

    1. カメラの評価など、そのカメラ自体で撮影することが目的な場合。
    2. とても暗い場所で撮影することが予想される場合。
    3. ポートレイトやカーレースなど、一眼レフでなければ撮影できない被写体の撮影が目的の場合。
  • それ以外は、大きくて重い一眼レフは足手まとい。海外ではカメラらしいカメラは狙われるので絶対に人目につかないようにする必要がある。カフェのテーブルに置いたまま離れるなどもってのほか。盗んでくださいと言っているようなもの。だから大きくて重くて目立つ一眼レフやレンズは、管理コストが極めて大きく足手まとい。したがってshioは、基本的に持っていかない。

GR012229

  • 高価な一眼レフよりもGRの方が優れている点がたくさんあります。例を2つ挙げましょう。
  • そのひとつは「Mモード時のワンプッシュ露出設定」機能。これに慣れてしまうと、一眼レフを使っているときでも、なんで一眼レフにはあの機能がないんだ!!と不便を感じるほど。

  • 「Mモード時のワンプッシュ露出設定」機能とは、Mモードのとき、ズームボタンを1回押すだけで適正露出になるよう、絞り、シャッタースピードを自動調整してくれる機能です。これがなければ、撮影対象の明るさが変わるたびに、ダイヤルを回したりADJレバーを倒して、絞りやシャッタースピードを変える必要があります。明るさが少し変わった程度だったらいいのですが、たとえばカンボジアで暗い市場の中と炎天下の路上を出たり入ったりするたびに大幅に値を変更するのは即写性を損ないますから現実的ではありません。GRだと、ズームボタンをワンプッシュするだけで、被写体の明るさ付近まで、絞りとシャッタースピードを自動変更してくれますので、気持ちよくMモードを使うことができるのです。Pモードと異なり、一旦Mモードで値をセットしてしまえば、自分で変更するまでは勝手に露出値が変わってしまうことがないので、逆光だろうと斜光だろうと関係なく、その場に必要な露出一定のまま撮影を続けることができて安心です。

  • その「Mモード時のワンプッシュ露出設定」機能については、3種類の露出決定方式を選択できます。

    1. 絞り優先:絞り値を固定してシャッタースピードを調整
    2. シャッター優先:シャッタースピードを固定して絞り値を調整
    3. プログラム:絞り値、シャッタースピードの両方を調整

GR012223

  • GRが一眼レフよりも優れているもうひとつの点。shioはMモード以外にAvモードを多用し、常時F2.8にセットしていますが、周囲の明るさがどんな状況になっても、何も設定値を変更する必要がありません。下記のごとく状況に応じてGRがすべて自動的に値を調節してくれるからです。
  • 周囲が明るくなった場合、F2.8のまま、まずシャッタースピードが上がっていき、限界まで上がると、次にNDフィルターが自動的に入ってF2.8を維持し、それでもなお明るくて露出を下げる必要があるときは、自動的に絞りを絞って(F値を上げて)くれます。
  • 一方、周囲が暗くなっていくと、シャッタースピードが下がっていき、下限として設定したスピード(shioの場合は1/80秒)を下回る必要があるほど暗い場合はシャッタースピードは1/80秒を維持したままISO感度を上げ始めます。そしてISO感度の上限として設定した値(shioの場合はISO8000)を上回る必要があるほどくらい場合は初めてシャッタースピードを下げます。
  • それらをすべて自動で行ってくれるので、撮影者は周囲の明るさを意識することなく、ただ黙々と被写体に集中して、絵作りのこと、フレイミング、シャッターチャンスといった写真の本質を意識して撮影すればいい。ちゃんと写す、という部分についてはGRがよしなに計らってくれる。

GR012248

  • したがって、海外の街などをスナップするカメラとして、GRがベストなのです。もちろん国内で日常の撮影にも同じことが言えますが、特に海外ではGRのインテリジェンスが発揮されるのです。
  • Pモードだけでなく、上記のように、使えるAvモード、使えるTvモード、使えるMモードが完備している。
  • 小さくて軽くて軽快で、警戒を要せず、ポケットに入り、撮りたいときにさっと出してさっと撮影してさっとしまえる。
  • 細かい露出値の設定なんて何も必要としないから、カメラとにらめっこして値を上下させるといった無駄な時間がないし、周囲の状況に対する注意がおろそかになることもない。
  • 究極のスナップカメラ。
  • そのうえ、28mmだけでなく、35mmクロップモード、47mmクロップモードもちゃんと使える。ワンプッシュで切り替わるから、ズームレンズより安心。
  • もしもっと広角が必要なら、21mmワイコンを用意すればいい。この小さいカメラで、4つの画角を自在に撮影できる。海外の街などを取材する仕事には、GRがベスト!!

GR012238

D4を持参しないことを少々不安に思っていた彼女は、shioの話を聞きながら上記の各機能を自分のGRに設定して、その場で試写し、「GRだけでいける!!」と自信を持ちました。

その後一緒にヨドバシカメラに行って予備バッテリーを2つ購入。そこで、SDカードはどうしようかしら、との相談。彼女は16GBのSDカードをたくさん持っているそうなので、それを大量に持参すればOKという結論に達しました。滞在中の撮影済み写真の扱いに関しては、下記のように説明しました。

GR012253

  • 帰国して、納品するまで、撮影した写真のデータはSDカードから消去しないのが鉄則。
  • だから、撮影予定枚数をすべて保存できる枚数以上のSDカードを持参する。
  • 渡航先では、毎日、撮影後、ホテルに帰ったら、SDカードからMacにすべての写真データを吸い上げる。
  • でもSDカードからは消去しない。SDカードとMacとに二重保存して持ち帰る。
  • もし、ホテルのネット環境が良ければ、その場でRAW現像してすべてflickrにアップロードしてしまう(ただしそれができるほどの回線速度があることは東南アジアでは稀)。
  • もし、iPadも持参しているなら、JPEGをiPadにも保存。これで三重に保存したことになる。iPadは、現地で同行スタッフと写真を確認するときなどにも使える。iPadに写真を保存する方法は、Eye-Fi Mobiカードを使ってワイヤレスで飛ばしてもいいし、Lightning-SDアダプタを使って、SDカードから直接iPadに読み込んでもいい。読み込む枚数やそれを行う状況によって選択。shioの場合は、だいたいランチとか休憩のために入ったカフェなどでオーダーしたお料理が届くまでの間に、SDカードからiPadにコピーし、ランチを食べながら同行のスタッフとともに写真の確認をする。
  • 移動中とか飛行機に搭乗するときは、最も重要な撮影済みファイルの入ったSDカードは着ている服のポケットにしまう。万が一、飛行機から脱出する場合にも、一緒に持ちだせるから。
  • MacとiPadは別々のバッグに入れ、盗難のリスクを分散する。
  • 以前はUSBハードディスクにもバックアップしていましたが、最近はSDカード、Mac、iPadで済ませています。

GR012255

こんな感じです。ベトナムでのお仕事、楽しんで来てくださいね!!(彼女はすでにベトナムにいます)

GR012256

2014.01.25

3562-140124 学生たちが作成した「著作権法」期末試験問題案

GR011661

著作権法の講義、最終回が終り、学生が作成した期末試験問題案が提出されました。100問を超えたので、お約束通りここに公開します。

法律語の使い方が不適切なものや、このままでは問題として成り立たないものも含まれていますが、提出されたものをそのまま掲載します(提出順。ただし、根本的に間違っている問題案は取り除いてあります)。試験問題として採用する際には、問題として成り立つよう改変します。

採用するのは「いい問題」です。お伝えしてあるとおり、「いい問題」とは、100人が回答したら100通りの異なる回答が出る問題です。

では試験当日、お楽しみに!!

GR011660

  • 著作権法1条には同法の目的が定められており、その中に「文化的所産の公正な利用に留意しつつ」との文言がある。これを具現化する著作権法の規定を1つ以上例示するとともに、何故そのような規定であるといえるのか説明しなさい。(3年、M.M)
  • 地図は、一般的に創作性を認め得る余地が少ないといわれている。そのようにいわれる理由を明らかにした上で、どのようにして地図の創作性を判断すべきであると考えるか述べなさい。(3年、M.M)
  • ビデオゲーム「パックマン」が「映画の著作物」に該当するか否か、その理由も含めて論じなさい。なお、「パックマン」は、記憶装置にプログラムとデータが格納されており、コンピューターの中央処理装置がプログラムとデータを読み出して、ディスプレイに影像を表示し、また、スピーカーからは音楽および効果音を発するビデオゲームである。(3年、M.M)
  • あるゲームソフトが「映画の著作物」に該当し、かつ頒布権が認められることを前提として、その複製物の頒布権の効力は、当該複製物がいったん適法に譲渡された場合、それを再譲渡する行為にも及ぶか否か、その理由も含めて論じなさい。(3年、M.M)
  • 小学生に対して説明するつもりで、著作権法とは何か、何のためにあるのかを述べなさい。(3年、M.M)
  • 有体物でない財物の例をあげよ。(3年、S.S)
  • 財産とは何か。(3年、S.S)
  • 貨幣の価値は絶対的なものか。自由に論ぜよ。(3年、S.S)
  • 民法86条(無記名債権)にあてはまる例をあげよ。(3年、S.S)
  • 2条1項の著作物の定義にあてはまらないもの、すなわち事実を表しているにすぎないものの例をあげよ。(3年、S.S)
  • 新聞は著作物か。(3年、S.S)
  • 訃報は著作物か。結論と理由を述べよ。(3年、S.S)
  • 新聞記事のうち、著作物であるものの例をあげよ。(3年、S.S)
  • 著作物の例をあげよ。(3年、S.S)
  • ジョン・ケイジ作曲「4'33」が著作物であると仮定した場合、どのような思想、感情を読み取ることができるか。(3年、S.S)
  • あなたは自分の著作物が他人に勝手に使われたらどう思うか。(3年、S.S)
  • もし著作権が存在しなかったら、どのような世の中になるか。(3年、S.S)
  • あなたが今までで「著作権が存在する意味」を感じたエピソードをあげよ。(3年、S.S)
  • ボットのツイートは著作物か。著作物であれば、著作者はだれか。(3年、A.T)
  • 参加者60人の宴会で、カラオケを行った。このとき、歌う行為は著作物の利用か、使用か。(3年、A.T)
  • 論文を作成する際にAさんの論文を利用するには、Aさんの許諾が必要か? (3年 R.B)
  • ある有名な曲を自分たちで演奏できるようにアレンジして、非営利目的の音楽イベントで無償で演奏した場合は、著作権侵害にあたるか? (3年 R.B)
  • 新聞の記事は著作物であるか。理由も合わせて述べよ。(4年.T.N)
  • 著作権法の講義を受ける前と受けた後の著作権(法)に対するイメージの違いを述べよ。(4年.T.N)
  • 著作権法における「頒布権」とは何か(4年、Y.T)
  • 自主制作で映画をつくった。その映画のエンディングに有名バンドの楽曲を使用した。そうしたところその映画がコンペティションにて、楽曲賞を受賞し、賞金を得た。この場合に著作権にはどのような問題が生じるか。(3年・ST)
  • Aさんがある本を購入した場合、Aさんとその本の筆者はどのような権利の主張ができ、Aさんと筆者が権利の侵害を主張できるときはどんな行為があったときで、保護している客体と主体を踏まえて答えなさい(3年,S.M)
  • 夏休みの旅行先の地図をコピーし、友人数人にメールで送信することは許されるか。仮に友人ではなく、多数の人が見れるブログなどで公表した場合は許されるか。(3年,S.M)
  • 家の近所で映画の撮影ロケをしていたのを目撃し、その一部を録画し、その映画が公開される前にブログなどに載せたとき、どのような問題が考えられるか。もし、ブログなどに載せずに自分のパソコンに保存しただけでも、問題が起きるか(3年,S.M)
  • すでに亡くなった有名人の写真をブログに載せることは可能か(3年,S.M)
  • 3Dプリンターで作られたものに著作権は働くかどうか。又、部品ごとにパーツを作成した場合について論じなさい。(3年,S.M)
  • ある公表された著作物を公正な慣行に合致し、かつ正当な範囲内で引用した時に、結果的に著作物のすべてを引用した。この場合、引用となるか複製となるか論じなさい。(3年,S.M)
  • 講義内で出てきた、ジョン・ケージ作曲の「4分33秒」は無音の音楽である。この曲は、音楽の著作物にあたるか?(3年 M.K)
  • 塩澤先生の講義は「映画の著作物」に該当するか。定義をあげて答えなさい。(3年 M.K)
  • ロボット機械によってランダムに作成された音楽は、著作物に該当するか。(3年 M.K)
  • ゲームソフトが、映画の著作物に該当するか考えた上で、ゲームソフトの中古品販売は、著作権法上許されるのか答えよ。(3年 M.K)
  • 著作物の「利用」と「使用」の違いについて、具体例をあげて述べよ。(3年 M.K)
  • 駅等に配置されている、証明写真ボックスにて撮影された証明写真は、著作物に該当するか答えよ。(3年 M.K)
  • 著作権法の目的である「文化の発展」とは、具体的にどのようになることか。「発展」と「発達」の違いについて述べつつ答えよ。(3年 M.K)
  • 「思想又は感情を創作的に表現したもの」ではないものについて、具体例を3つあげよ。(3年 M.K)
  • 著作権は、著作権法30条により制限されることがある。それはなぜか?(3年 M.K)
  • 書店にて、客が書物を携帯で撮影することは許されるのか答えよ。(3年 M.K)
  • 図書館の書物を、利用者が複製することは許されるのか答えよ。(3年 M.K)
  • 寺でお坊さんがお経を読む行為は、著作物の「利用」に該当するか。該当しない場合は、著作物の何に該当するか答えよ。(3年 M.K)
  • 著作権がこの世の中に存在しなかった場合、どのような世界になるか答えなさい。(4年.T.M)
  • この授業で学んだことを答えなさい。(4年.T.M)
  • 自分が著作権を得る方法を答えなさい。(4年T.M)
  • 著作権にまつわる体験談を答えなさい。(例:自分が考えたはずのフレーズを、他の人が発表し、その人の手柄になってしまった。)(4年.T.M)
  • これは著作権に反していない?と思う疑問を答えなさい。及び、それに対する自分の考えも答えなさい。(例:お笑い芸人のギャグを使って、上司が笑いを取っていた。これは、私的使用目的なので、著作権法に反しない。)(4年.T.M)
  • 本講義の目的は小学生にも著作権法とは何かを説明出来る様になることである。そこで著作権法とは何かをあなたなりに簡潔に小学生でも分かる様に説明しなさい。(4年、M.M)
  • あなたが著作権法の中で最も気になる条文をあげ、その良い点、また逆に問題点を述べなさい。(4年、M.M)
  • 本屋に置かれる商品の写真を撮り、私的利用することは所有権の侵害にあたり違反であることは講義で学んだ。では本屋が自身の店で扱う商品の写真を撮影し、ブログ、SNS等に載せた場合これは法律に違反するか?あなたの考えを述べなさい。(4年、M.M)
  • 現在、著作権の保護期間は著作者の生存中および死後50年であるが、この期間についてどう考えるか。不当と考える場合は望ましい期間は何年か、理由とともに述べよ。(3年、K.K)
  • もし著作権が存在しない(認められない)世界があれば、文化はどうなっていると考えるか。(3年、K.K)
  • 日本における著作権法の運用について、どう考えるか。(3年、K.K)
  • あなたが朝起きると、著作権法の存在がなくなった世界にいました。周りの人に著作権法を制定する必要性を伝えなければなりません。あなたはどう力説しますか。(3年.S.T)
  • 小学校五年生になる自分の子どもが、他人の書いた作文を無断で書き写し、自分が書いたことにして、市の作文コンクールに応募しました。その子がしたことを注意するために、あなたはどう説明しますか。著作権法が掲げる理念と絡めて答えなさい。(3年.S.T)
  • 塩澤先生が授業中に述べていた冗談(ギャグ)のうち、あなたがクスリときたものを一つ挙げなさい。(3年.S.T)
  • 塩澤先生が講義内で特に力を入れていたと思う条文を述べ、なぜ先生がその条文に力を入れていたかあなたなりの考えを書きなさい(3年.Y.H)
  • ある国では、著作法を作ることになりました。そして、著作権法の目的として、文化の発展というものを掲げ、その目的の達成を図るためにはどのようにしていけばよいかという議論が起こりました。最終的に、「著作権法は公正な利用を重視すべきだ」派と「著作権法は著作者等の権利の保護を重視すべきだ」派に分かれてしまいました。あなたもこの論議に立ち会っていましたが、この二つはバランスが大事だと思っています。そこで、日本の著作権法を基に、その議論をしている人たちが納得するような説明をしてください。(3年.Y.H)
  • 著作権法第30条に「私的使用のための複製」と規定されているが、なぜ私的「利用」のための複製と書いてはいけないのか説明しなさい。(4年,Y.T)
  • デジタルコンテンツを著作権で保護する場合の問題点をあげなさい。(4年,Y.T)
  • ハードディスク内蔵型録音機器について、1.レコーダーを購入する時点から、2.録画予約、3.録画、4.鑑賞、5.DVDへ焼き増し、6.友達へ無料で貸し出しという流れがあった場合、1~6のどの段階から著作権法に反するか。またその理由を述べなさい。(4年,Y.T)
  • 問題1 あるドラマがネット(IPマルチキャスト)を介して再放送された。これは、著作権法上の放送にあたるか行為か。問題2 1の答えを踏まえて、著作権法上の通信と放送の分野の連携にどういった解決案、提案をもたらすべきか。
  • 多くの人が訪れるカフェの店内にガンダムの模型が飾ってあった。このように市販のフィギュアやプラモデルを店内に展示する行為は著作権の侵害になるか。(3年,T.K)
  • 著作権法の存在意義を自由に論じてください。(3年、RK)
  • 著作権があなたに帰属する著作物を一つ挙げ、なぜそれが著作物と言えるかを説明してください。(3年、RK)
  • レンタル屋さんでDVDを借りる行為は、著作権侵害にあたりますか。(3年、RK)
  • テレビ番組を録画し,見られなかった友人にダビングしてあげる行為について著作権違反になるのか、理由もふまえて述べよ。(3年.H.M)
  • 芸能人と一緒に写真を撮ったものを焼き増しして友達数人に配るという行為は著作権法違反になるのか、理由もふまえて述べよ。(3年.H.M)
  • 教師が、職員会で教育問題を紹介するために、新聞のコピーを配布する行為は著作権違反になるのか、理由を述べよ。(3年.H.M)
  • 音楽会の練習のため、それぞれのパートごとに楽譜をコピーして、児童に配布する行為は著作権違反になるのか、理由もふまえて述べよ。(3年.H.M)
  • ロックバンドAは自分たちの楽曲に「オマージュ」として、影響を受け尊敬するバンドBの楽曲の有名なフレーズを流用した。その時間はわずか5秒ほどではあるが、ファンなら誰でも笑ってしまうほど分かり易いものであった。 このAの行為は著作権の侵害に値するか。さまざまな状況・ケースを考慮し論ぜよ。 ただしAとBは一切面識はないものとする。(3年、Y.T)
  • 「ゲーム実況」(自分の好きなテレビゲームをプレイしながら、その映像をインターネットの動画サイトで配信すること)は、著作権の侵害に値するか。(3年、Y.T)
  • 大手レーベルに所属するロックバンドAは新曲を発売した。しかしその曲のリフ(楽曲の中で繰り返し演奏される特徴的な短いフレーズ)はバンドBの楽曲のものと非常に似たものであった。しかしAはその楽曲はおろかバンドBの存在すら知らなかった。このAの行為は著作権の侵害に値するか。ただしその二つの楽曲はリフ以外では全く異なる性質のものとする。(3年、Y.T)
  • 著作権法第28条の内容を、身近な例で具体的に説明せよ(3.E・I)
  • 著作権法を学ぶ前に、あなたは著作権法に対してどのようなイメージを抱いていましたか。また、それは著作権法を学んでどのように変わりましたか(又は変わりませんでしたか)(学びのタイミングはこの授業でなくても構いません)(3.E・I)
  • 著作権を侵害する方法を、1つ具体的に考えて書きなさい(3.E・I)
  • あなたの好きな【著作隣接権を有する者】を書きなさい(3.E・I)
  • 保護を受けない著作物の例を挙げなさい(3.E・I)
  • 職務著作の例を挙げなさい(3.E・I)
  • 著作者に専属し、譲渡することができない権利を全て挙げなさい(3.E・I)
  • 著作権法第30条【私的使用のための複製】の具体例をあげよ(3.E・I)
  • あなたが今日、ここに来るまでに出会った著作物の中で印象的なものを一つ書きなさい。また、その著作物が第10条における【何の著作物】かも述べること(3.E・I)
  • 下のスペースを使い、著作者になってください(3.E・I)
  • 著作権法はあなたにとって、自身を【制限するもの】ですか、それとも【守るもの】ですか(3.E・I)
  • スローガンは言語の著作物といえるか?(3年、M.N)
  • フィギュアスケートの演技は著作物といえるか?(3年、M.N)
  • あるアニメキャラクターや漫画のキャラクターを使った小説・漫画を同人誌に載せることは、著作権上の問題となるか?(3年、M.N)
  • お店のBGMとして音楽CDを流すのは著作権上の問題となるか?(3年、M.N)
  • 替え歌を歌っている動画をネットで配信するのは著作権上の問題となるか?(3年、M.N)
  • パロディー作品を作ることは著作権上の問題となるか?(3年、M.N)
  • あなたは書店の店員です。ある日勤務中、本の内容をiPhoneで撮影している客がいました。そこであなたは「本の撮影はやめてください」と言いました。しかしお客さんは「著作権法上なんの問題もない」と言ってきました。著作権の授業を受けたあなたはそこで何と言い返しますか?(4年,M,K)
  • 著作権において、無体物の利用が許されているものを答えよ。(3年 Y.S)
  • 「〜は著作物ですか?」という質問において、どう答えるのがふさわしいか。また、著作物かどうかを判断することにおいて、何を判断基準にすればよいか。(3年 Y.S)
  • 著作権はどうあるべきか。制限を厳しくすることによるメリットとデメリットを答えよ。(3年 Y.S)
  • 試験終了後にこの問題用紙を持ち帰って複製し、アルバイト先の学習塾で授業に使用した場合は著作権の侵害にあたるか。またその場合の著作権者は誰か。(3年.Y.K)
  • 歌手Aは1993年に大手音楽会社Sと契約し、翌年アルバムをだし全米デビューを果たした。しかしAは1997年に事故で亡くなった。その10年後インターネット動画サイトでAがデビュー前にライブハウスでの活動が録音された音源をアップロードする者が現れた。音源にはアルバムに収録された曲も多数あった。現在著作権の管理はSがしており、Sはこのアップロードが著作権の侵害だと主張している。 このアップロードは著作権の侵害にあたるか? (Y.K)
  • 入場料が500円かかる学祭があり、中では様々な催し物があります。その中で、学生がアーティストのコピーバンドを組んだライブが四号館であり、観覧は無料となっています。この場合、著作権法上問題はあるか。その理由も述べよ。(4年 Y.Y)
  • 著作権とは○○である。この○○にあなたが思った言葉を入れ、そう考えた理由も述べよ。(4年 Y.Y)
  • 欲しいブランドのTシャツがあるが、高くて買えないので、自分で似たようなTシャツを作ることにした。このTシャツを用いた、著作権法上の違法な使い方と適法な使い方をそれぞれ述べよ。(4年 Y.Y)
  • 塩澤先生が自分のブログに我々の考えた問題をそのまま全て貼り付けているが、これは著作権の侵害に当たるのかどうか述べなさい。(4年 Y.Y)
  • 現在の著作権法上において問題であると思う点を述べなさい。(4年 Y.Y)
  • 著作権法の存在意義は何か。(3年K.H)
  • 利用と使用の違いは何か。(3年K.H)
  • あるライブで、あるバンドXが某有名バントYの曲を演奏していた。そのライブ会場へ入場するには1000円でワンドリンク注文しなくてはならないという条件がある。バンドXは著作権侵害しているか。(3年K.H)

GR011662

2014.01.24

3561-140123 GRのファームウェアアップデイトにみるリコーの魅力

GR011928

いつも肌身離さず使っている至高のカメラ「GR」。ファームウェアがver. 3.00にアップデイトされました。

魅力的な新機能が盛りだくさん!!

GR011914

  • [撮影設定]の[エフェクト]に、[かすか]が追加されます。→おもしろい!! ほんのりと色気の残ったモノクロ写真。どんなエフェクトを設定していてもRAW+JPEGで撮影していれば、RAWの方はフルカラーなので安心。
  • [キーカスタム設定]に、[AFLフォーカス設定]が追加されます。AFボタンを利用したときの動作を[マルチAF][スポットAF][ピンポイントAF]から選択できます。→待ってました!! そりゃ当然、ピンポイントAFにします。
  • [セットアップ]メニューに[周辺光量]が追加され、[オリジナル][ノーマル]から選択できます。[オリジナル]を選択すると、銀塩GRと同程度の周辺光量で撮影できます。→銀塩GR1sからのGRistなshioとしては、ここは「オリジナル」で、周辺光量落ちを楽しみたい!!
  • [セットアップ]メニューに、[フォルダ名設定]が追加されます。[連番][撮影日]から選択できます。→へぇ。試しに「撮影日」にしてみる。
  • [セットアップ]メニューの[ISO感度ステップ設定]が[1/3EV]に設定されている場合、[切り替えシャッタースピード]の設定値が1/3EVステップになります。→1/3に設定しているので、切り替えシャッタースピードは1/80秒にセット。
  • [再生設定]メニューの[RAW現像]に、[アスペクト比]が追加されます。3:2で撮影されたRAW画像を現像する際に、アスペクト比を[3:2][4:3][1:1]から選択できます。→カメラ内RAW現像、ほとんど使っていないけど、やってみる。

GR011924

こうして、不定期にファームウェアをアップデイトして、新機能を追加してくれるのがGRの重要な魅力のひとつ。レンズ、センサー、ボディといったハードウェアが高品質なので最初に購入する価格は高めだが、その後、カメラを買い替えることなく、こうして新機能を楽しめる。カメラを愛し写真を愛するメーカーだからこそのサービス。

GR011916

カメラのような製品は、「売りっぱなし」ではなく、「売ってから」が大切。

「商品を売りたい会社」は、商品の販売がゴール。「文化を提供したい会社」は、商品の販売がスタート。

日々、リコー製のカメラも複写機も使っていて、リコーは明らかに後者、つまり売ったあとを大切にして文化を提供しようとしている会社だと感じます。そういう会社の製品を使いたい。そういう会社を応援したい。これからもワクワクさせてくれるはずだから。

GR011932

3560-140122 デジカメ講座第2回に持参したバッグの中身

IMG_1064

1月23日は「初めてのデジカメ講座──写真って面白い!!」の第2回。

前回、一眼レフカメラ(EOS6D+シグマ35mmF1.4)、一眼カメラ(富士フイルムX-M1)、シグマDP1 Merrill、GRと、大から小まで揃えて持参した結果、受講者の興味はコンパクトカメラのみだとわかったので、今回はGRだけ持参。ただし、iPhone/iPadはカメラとして使ってご覧に入れようと思っています。

そこで、非常に身軽な荷物になりました。それがこの写真。

バッグの中身を公開します。

IMG_0764

3559-140121 Share AnytimeのシェアノートはAirDropでもシェアできる

GR012097

研究室で他の先生方と打ち合わせ中、Share Anytimeでノートを共有することになりました。一緒に図を描きながら話したいから。シェアノートを作成して配布する方法はいくつかあります。メイルで送信、Twitter、Facebook、アプリケーションに送る。

目の前の先生方に送るなら、AirDropがいい。ネットにつながっていない場所でも、目の前の相手に送信できます。AirDropを使ったところ、1人の先生のiPadに、どうやってもAirDropが表示されない(他の先生にはなんの問題もなく送信終了。簡単)

いろいろ設定を探ってみたけど、AirDropのオンオフなんてない(と知っていたけど、表示されないとなると探してしまう。やっぱり、ない)。

GR012100

で、Webを見て気づいた。

AirDropの対応機種

  • iPhone 5 以降
  • iPad Air
  • iPad 第4世代
  • iPad mini
  • iPod touch 第5世代以降

GR012102

つまり、お尻のコネクタがLightning(細いタイプ)な機種だけAirDrop対応ということですね。

ああ、その先生のiPadは第3世代でした!!

GR012103

2014.01.23

3558-140120 親指シフト(orzレイアウト)をApple Wireless Keyboard (JIS)でも

GR012069

Macで親指シフトを「orzレイアウト」に変更して以来、MacBook Air 11インチ、同13インチ、MacBook Pro Retina 15インチ、同13インチのキーボードと、「HHKB Professional JP」および「HHKB Lite 2 for Mac」では超快適を味わっています。でも考えてみたら、Apple純正の「Apple Wireless Keyboard (JIS)」の使い心地は未検証でした。

GR012066

そもそも2011年4月1日に親指シフトを教えていただいたその日、ヨドバシカメラに買いに行き、親指シフトを身に付ける間、ずっと使っていたのがApple Wireless Keyboard (JIS)。親指シフト始めた当日のblogはこちら。

当時shioが使っていたMacはすべてUSキーボードだったので、親指シフトするためには外付けのJISキーボードが必要だったのです。その後、すべてJISキーボード付きのMacに買い替えてしまったので、Mac本体のJISキーボードとHHKB Professional JPでしか親指シフトしていません。orzレイアウトになっても同じ。

はたしてApple Wireless Keyboard (JIS)でorzレイアウトは使いやすいのか。

GR012093

ここ数日、MacBook Air 11インチとともにApple Wireless Keyboard (JIS)を持ち歩いて、それを実践しています。薄くて軽いので、持ち歩くにはHHKB Professional JPより軽快。

そして肝心の打ち心地は抜群です。orzレイアウトになったことで右手が1列右にずれるため、ほぼ左右対称に手を置くことになり、本来のホームポジションより安定度が高まっています。これはいい!!

GR012091

ちなみに「orzレイアウト」の「orz」とは「Oyayubi Right Zurashi」の略だそうです。すばらしい。

このレイアウトのおかげで、一般的なJISキーボードでもまったく自然に、親指シフトの体勢が確立します。特別なキーボードは不要です。親指が内側に巻き込まれることもない。至極快適です。普通のJISキーボードが完全に親指シフトに最適化されます。MacでもWindowsでも、このorzレイアウトを使うことで、親指シフトにする物理的障害はまったくなくなったといっていいでしょう。

実際、shioの周りには、親指シフト始める人が増えています。shioゼミには卒論をすべて親指シフトで書くことによって親指シフトを練習している学生もいる。

特にロースクールの院生たちは、日常的に文章を書く分量が非常に多いため、ローマ字入力と比べて倍近い効率で日本語を書くことができる親指シフトの福音は絶大です(もし、日常的に書く文章の量が多くないというロースクール生がいたら猛省した方がいい)。ロースクールの院生は、論文の訓練のためのみならず、司法試験合格後の仕事を考えても、親指シフトできるようになっておいた方がいいはず。

快速、快適、楽チンな日本語タイピング、親指シフトをorzレイアウトでぜひ!!

GR012095

2014.01.22

3557-140119 測量野帳に手書きで連載原稿1本完成

GR012084

1988年にMacを使い始めて以来25年間、文章はMacで書くのが当たり前。気づけば人生で、手書き作文していた期間よりデジタル作文の期間の方が倍以上になっていました。

文章を書くにはMac/iPhone/iPadが必須という身体になっています。試しに、連載原稿1本分をすべて測量野帳に万年筆で書いてみました。

書けた^^

GR012085

書き終わってみて、面白いことに気づきました。文章の作成と推敲とを並行して行っているのです。

確か昔、手書き作文していたときは、いったんすべて書いてしまって、あとから推敲していたはず。デジタル作文に慣れた頭がマルチタスク的に、並行に働いているのでしょう。

GR012086

なぜ連載原稿1本分を手書きしてみようと思いついたかというと、ここ1年以上、iPadでNote Anytimeを使ってきて、その実用性を信頼しているから。特に最近、いろいろなシーンでノートを取る際、Macは使わず、Note Anytimeに手書きすることが圧倒的に増えました。

いや、はっきり言ってMacで親指シフトでタイピングした方が絶対に速いのに、Macでノートを取る機会は激減。ほぼすべてのノートを、Note Anytimeに手書きで書いているのです。

GR012088

MacではなくiPad AirのNote Anytimeでノートを取る最大の理由は壁。

Macのモニターを開くと、相手との間に壁を作ってしまう。物理的な壁が心の壁になる。相手から見ると、その壁の向こうで何をしているのかわからない。どのような文章を書いているのかいないのか、はたまたYouTubeを見ているのか、わからない。

その不安感が心の壁を形成します。それを避けたい、と常々思っていました。

GR012083

でもデジタルに書きたい。

そのニーズにマッチするのが、iPadとNote Anytimeなのです。

Note Anytimeに「2013野帳」、「2014野帳」というノートを作ってあります。そこに、測量野帳と同様の使い方で、ノートを書いていっています。楽しい!!

GR012087

3556-140118 今年もセンター試験終了

GR012062

今年も大学入試センター試験が終了しました。

思いは昨年とまったく同じ。なので、昨年書いた記事をリンクしておきます。

朝、研究室から出た瞬間、腕時計をしていないことに気づきました。本当は、大変気に入っている電波時計を使うはずなのに、自宅に置いてきてしまったのです。2012年1月に「プロマスター SKY-エコ・ドライブ電波時計 PMV65-2271」を購入したときのblogはこちら。

すぐに研究室に戻り、別の腕時計をはめて出かけました。

GR007967

その腕時計は、GRモデル。

GRの発売を記念したモデルです。大型の針がクッキリしていて見やすい。いつも研究室で充電台に乗せてあり、講義や会議等で必要なときに持参しています。もちろんGR関連のイベントにも付けていきます。

電話で時報を聞いてみると、1秒進んでいたので、それだけ補正して持参しました。進んでいる分には補正は簡単。竜頭を引いて戻すだけ。

この時計が研究室にあってよかった!!

GR012063

2014.01.20

3355-140117 2014年度の教科書として『法学六法'14』を指定します

GR012053

学生のときから六法(法令集)といえば岩波書店。教員になって以降も、すべてのクラス(講義・ゼミ)で岩波書店の六法を教科書指定してきました。それ以外の六法は使いたくないし、いわんや学者が書いた書物は一切教科書として使わない。学生が読むべきは法令の条文であって学者が書いた文章ではありませんから。

その名六法「基本六法」と「セレクト六法」が2013年版で廃盤となってしまった今、教科書として指定できるクオリティーの六法がない!! 岩波書店以外の出版社から出版されている六法は、どれも学生が使うには問題がある。

GR012052

とはいえ、2014年度からの教科書として指定する六法が必要。

熟慮の末、信山社の『法学六法 ’14』に決めました。

1,000円。横組。薄さ11mm。薄い!! 軽い!!

GR012051

この六法にも欠点はありますが、他よりいい。その点については改善要望を出しています。以前出した要望はちゃんと翌年版に反映されたので、この要望もいつか反映されることを祈りつつ。

2014年度のシラバスにはすべてのクラスでこれを教科書指定します。講義に必ず持参してくださいね。

GR012057

3354-140116 「はじめてのデジカメ講座──写真って面白い!!」第1回

GR011991

60歳以上の方々を対象とした「はじめてのデジカメ講座──写真って面白い!!」の第1回を行いました。

参加者リストによると最高齢は88歳。しかし、実際にお集まりになった方々はみなさんお若くて、見回しても、88歳の方がどなたかわからないほど。

GR011992

shioの自己紹介を少ししたあと、早速講座開始。カメラの持ち方、ホールディングを50分ほど実践して身につけていただいたあと、写真を写す考え方をお話ししてから公園に行って実写。

shioはコンパクトカメラから一眼レフまで、いろいろなカメラを持参しましたが、やはり参加者全員「デジカメ」すなわちコンパクトカメラをお持ちで、「一眼レフカメラ」にも「一眼カメラ」にもまったく興味はなさそう。なので、次回からはshioもGRのみで参加することにします。

GR011993

その一方、みなさんが非常に興味をお持ちになったものが2つありました。

ひとつはBlackRapidのストラップ。

みなさん、すぐにでも買いそうな勢い。shioは数種類を使っていますが、1本買うなら「メトロ」です。

GR011999

もうひとつ、みなさんがすごく興味を示されたのはMacBook Air 11インチ。

いままでWindowsでの写真の整理に苦労してきたが、shioのMacBook Air 11インチが大量の写真をあまりにも高速にスクロールしたり見せたりスライドショウできることに驚いて、「それが欲しい」とのこと。どなたもMacをご存じなかったため、Macならもはや「整理」など必要ないというところをご覧に入れました。「もっとMacのことを知りたい」とのリクエストなので、来週の第2回はMacのご説明から始めると約束して、会を閉じました。こちらもすぐにでも買いに行きそうな勢いでした。Apple Storeの場所をお伝えしたので、来週までに何人かは訪れることでしょう。

次回も楽しみです。

GR011996

さて今回shioが持参した機材リスト。

  • リコー GR
  • リコー THETA
  • シグマ DP1Merrill
  • フジフィルム X-M1+「XF23mmF1.4R」
  • キヤノン EOS6D + シグマ「35mm F1.4 DG HSM」
  • BlackRapid「メトロ」
  • MacBook Air 11インチ
  • iPad Air
  • iPhone5
  • Su-Pen
  • Lightning - VGAアダプタ
  • Lightning - SDカードアダプタ
  • MiniDisplay Port - VGAアダプタ
  • これらすべてが1つの「とれるカメラバッグ」に収まりました。

GR012020

3353-140115 シグマから「50mm F1.4 DG HSM」発表!!

IMG_7584

SFCで5限後、学生たちと「まるたか」でお夕食。

どれも美味しいのだけど、「クエのあら煮」が絶品!!

IMG_7620

普段は小さいカメラばかり持ち歩いていますが、この日は一眼レフを持参していたので、それでお料理と学生たちを撮影しました。

IMG_7610

カメラはCanon「EOS 6D」。

IMG_7621

レンズはSIGMA「35mm F1.4 DG HSM」。すべて絞り開放F1.4で撮影しています。

何度撮影しても感動する高画質。このレンズ最高です。

シグマが誇る「Artライン」シリーズの1本目のレンズ。

IMG_7608

1月7日、その「Artライン」シリーズの2本目のレンズとして、新製品「50mm F1.4 DG HSM」が発表されました。

IMG_7622

この驚異的な高画質が、50mmレンズでやってくる。

50mm大好きなshioとしては待ち望んでいた一品。

50mmは「標準レンズ」と呼ばれるくらい、レンズの基本。オールマイティーなレンズです。50mm1本あれば、なんだって撮影できる。

IMG_7614

最短撮影距離も、センサー面から40cmとのこと。普通の50mmレンズとしては十分寄れます。

IMG_7624

価格、発売日未定とのこと。ああ、早く使いたい!!

IMG_7627

3352-140114 レアもの信玄餅

IMG_0925

shioゼミの卒業生夫婦からいただいた20個入りの信玄餅を研究室で食べていて、ふとおかしいことに気づきました。残り全部を確認してみたら、やはりこの1個だけ、おかしい。上の写真です。

ちょっとレアな信玄餅^^

下の写真は頂き物のハッピーターン。カマンベールチーズ、木苺、キャラメル、抹茶、紫芋。全部食べた結果、抹茶味が好みでした。

IMG_0926

2014.01.15

3351-140113 金沢大学の先生がshioの講義を参観にいらっしゃいました

GR011973

金沢大学法学部の東川先生(ご専門は英米法)がshioの講義を参観にいらしてくださいました。FD(Faculty Development)委員会の活動の一環とのこと。

ご参観いただいたのは、shioがいつものようにiPad Airとプロジェクターによる「デジタル黒板」を使って行う著作権法の講義と、ゼミです。使っているアプリはShare Anytime、スタイラスペンはSu-Pen。

先生ご自身、長年のMacユーザーだそうで、話が早い。デジタル黒板についても仕組みをすぐにご理解いただきました。そのほか、shioの講義の進め方、学生との対話の仕方、発問と応対、オピニオンペーパーなど、shioの工夫をいろいろとご覧いただきました。特に、shioが講義中に学生に対して発問したあと学生から挙手して発言が出るまで辛抱強く待っている点にご興味をもたれたようです。

講義を作るのは学生、講義を進めるのも学生。教室は学生たちがトレイニングをする空間であり、shioはそのコーチです。だから、実際に学生たちが頭と手と口を動かすのを待つ。shioが進めてしまったら学生たちは面白いはずがありません。自分でやるから面白い。

学生たちが考える間、shioが待っていれば、ちゃんと学生たちはいろいろと興味深い意見を言います。その意見はshioの想像を遥かに超えるバラエティーを持っていますから、shioの狭隘な了見で学生たちの豊かな発想の芽を摘んでしまったら学生たちに失礼です。

15年以上の教員経験の中で、講義中に発言する学生のさまざまな意見を聞いていましたが、毎回、全く新しい視点や見解に出会います。それがshioにとっても一緒に参加している学生たちにとっても、大変新鮮で貴重なのです。

一方、ゼミはいつものように19:30頃まで続きました。ちょうど英米法に関する論点も出てきたため、先生も議論にご参加くださいました。shioゼミは、shioがほとんどコミットしなくても自律的に議論が進んでいきます。講義よりもさらに、学生たちの発想や相互作用が活きています。ですから、議論がどのような方向に展開していっても基本的にshioは口を出しません。議論が膠着したり、彼らから助けを求めてきたりしたときに、初めて、全く異なる視点などを提示します。それまでは黙って見守るのがshioの役割です。

終了後、東川先生とゴブランで語りました。

写真はそのお料理をGRで撮影したJPEGです。ISO8000でもこんなにきれい。

GR011972

2014.01.12

3350-140112 測量野帳用の本革ケース

GR011890

新年、shioゼミ卒業生のmasaが研究室に来ました。うれしい!!

GR011895

彼が持っていたのはshioも愛用する「測量野帳(コクヨ・セ-Y3・スケッチブック)」を入れる専用本革ケース。これはいい!!

GR011891

仕事用とプライベイト用、2冊並行して使っているそうです。なるほど!!

GR011894

3349-140111 ことえりで「ひらがな」が消えたら

GR011865

ことえりの入力メニューに「ひらがな」が表示されなくなり、「英字」のみになってしまった場合の対処方法。

簡単に直りました。ありがたい!!

GR011884

2014.01.11

3348-140110 iPadのキーボードを画面最下部で左右分割する方法

DP1M1707

iPhone/iPadの日本語入力は、テンキーでフリック入力しています。長文を入力する場合はSu-Penを使用。指の場合は、中指をメインに、濁点などを入力する左下のキーのみ人差し指を使います。親指はiPhone/iPadのフチに固定して、ホームポジションを維持します。

iPadでテンキー入力をする場合、キーボードを左右に分割することが必要です。左右に分割するとキーボードが最下部から上方に浮いてしまうのが難点。キーボードは常時、最下部にあってほしい。

DP1M1706

ずっとそう願いながら使ってきましたが、何となくそのことをtweetしてみたら、なんとすでに最下部に置いたままキーボードを左右に分割することができると教えていただきました。ありがたい!!

DP1M1698

やり方は簡単。

  1. 画面最下部で結合した状態のキーボードを英語キーボードに変更する。
  2. 2本の指でキーボードを左右に分割するようスワイプする。
  3. キーボードを日本語キーボードに変更する。

これだけ。出典はこちら。

ご教示いただきまして、どうもありがとうございました!!

DP1M1696

2014.01.09

3347-140109 GRのJPEGは素晴らしい

GR011956

いつもRAWファイルのみを取得しているGR。

撮影した写真を被写体の学生にその場で送信するため、Eye-Fi Mobiカードを使っているGRからiPad AirにWi-Fiで送り、その画質を見てみると、なんだかすごくきれい。ISO6400とは思えないきれいさ。

もしや、GRのJPEGってきれいなのでは?

と思って、RAWとJPEG両方をAperture3に取り込んで、見比べてみたら、やはり。

JPEG、きれいです。高感度での画質の好感度アップ^^

RAWのパラメーターを調整して画質を出すより、このJPEGをそのまま使う方がいい。

今後は使い分けます。

ここに掲載した写真はどちらもJPEGです。

GR011957

3346-140108 たかまつななさんとSFCの学食にて

GR011897

ワラチャンで優勝したピン芸人、たかまつななさん(@nanatakamatsuとSFCの学食で語りました。

放映された彼女のネタを拝見しましたが、清々しく笑える面白さ。

とてもまじめに芸についてよく考えていらっしゃいます。すばらしい。

応援しています!!

GR011896

3345-140107 30インチのモニター導入

GR011839

研究室でゼミをする際、iPad Airの画面を大きいモニターに映した「デジタル黒板」を使います。いままでiPad Airの画面をApple TV経由でAppleのシネマディスプレイに映していましたが、23インチは少々小さい。

GR011840

そこで30インチ程度のモニターを探してみました。研究室でゼミするのにちょうどいいサイズ。

GR011841

→ デル デジタルハイエンドシリーズU3014 LED搭載30インチモニタhttp://accessories.apj.dell.com/sna/productdetail.aspx?c=jp&cs=jpbsd1&l=ja&sku=210-41432

GR011842

現行のMacBook AirやMacBook Proが外部表示できる最大解像度2560x1600です。

GR011844

年末に発注したものが年明けに届きました。MacBook Air 11インチのThunderboltポートからHDMIでこのモニターに接続し、Wi-Fi経由でiPad Airの画面を投影してみたら、ばっちりきれい。常設環境としてApple TVをHDMI接続しました。これでshioだけでなくゼミをする学生たちのMac/iPhone/iPadの画面を、いつでもリアルタイムかつワイヤレスで映し出すことができます。ゼミの環境としてベスト。

GR011846

すべてのゼミ教室で、プロジェクターとともにこの環境が欲しい!!

GR011847

3344-140106 多摩美と政策研究大学院のシラバス登録完了

GR011731

2014年度の講義に向けてシラバスを書く時期。

とりあえず、2つ、Webに登録しました。

  • 政策研究大学院大学「民法」
  • 多摩美術大学「情報と社会」

あとは成蹊大学の分がたくさんある。慶應義塾大学SFCの講義は秋学期なので、夏に作成します。

GR011767

3343-140105 AirPrintはWi-Fiで接続するという当たり前のこと

GR011528

ブラザーのプリンタ「MFC-J4510N」を研究室の有線LANに接続。

しかし、iPad Airから印刷しようと思ったけどできない。それもそのはず。「Air Print」なのですから「Air」、つまりWi-Fi(無線)で接続する必要があります。

GR011527

Wi-Fiで接続しなおして無事にプリントできました。超簡単。

Apple、素晴らしい!!

GR011529

3342-140104 フジフイルム「X-M1」×「XF23mmF1.4R」でお正月のお料理

DSCF1561

お正月のお料理を、フジフイルム「X-M1」×「XF23mmF1.4R」で撮影しました。

DSCF1562

DSCF1563

DSCF1564

DSCF1565

DSCF1567

3341-140103 1泊旅行の荷物

GR011737

友人と1泊旅行に行くにあたり、荷造りして気づきました。shioの持ち物はカメラとiPad Airだけ。

GR011738

バッグは「とれるカメラバッグ」のライトグレー。その中身のリスト。

「とれるカメラバッグ」にシグマ3台フジ1台

いままで、DP1 Merrill/DP2 Merrill/DP3 Merrillには各々ストラップを付けて使ってきましたが、思い切って外しました。すっきり。

GR011739

代わりにBlackRapid。やはりこのスタイルの方が断然カメラを扱いやすいです。BlackRapidのうち、「メトロ」を使おうと思ったら研究室に置きっぱなしだったので、自宅にあったRS-W1Bを持参しました。

GR011740

その他、ズボンのベルトに、

GR011741

ポケットに、

GR011742

荷物は以上。 軽快です。

GR011743

考えてみると、「とれるカメラバッグ」の中にカメラが4台、腰に2台、そしてiPad AirとiPhone5で、計8台のカメラを持っていってる。

GR011744

少し多いかもしれない。でももしこれがレンズ8本だったら、旅行や撮影でそのくらい持ち歩いている人はたくさんいます。

GR011745

shioの場合、レンズをたくさん持つより、カメラを複数持つ方が好き。

GR011746

今回持参したカメラを換算焦点距離でリストアップするとこんな感じ。

  • 28mm F2.8(GR・DP1 Merrill)
  • 33mm F2.4(iPhone5・iPad Air)
  • 35mm F1.4(X-M1+XF23mmF1.4R)
  • 45mm F2.8(DP2 Merrill)
  • 75mm F2.8(DP3 Merrill)
  • (RICOH THETAの換算焦点距離はどう表したらいいかわからない)

GR011747

実際、このリストとおなじ焦点距離の交換レンズを数本持つのと、今回の荷物とでは、大差ないと思います。

GR011748

カメラ1台でレンズ数本持った場合、その唯一のカメラが故障したら以後の撮影は不可能になりますが、カメラが複数ならどれかが故障しても撮影を続行できます。shioは、この体制が好きです。

GR011749

3340-140102 月曜始まりのカレンダーが好き

GR011700

年末年始、カレンダーをいただく機会が多いです。ありがたいのですが、すべて日曜始まり。

shioの好みは月曜始まり。月曜から金曜までの5日間と、土日の週末2日間をそれぞれセットで見たい。

GR011703

ついでに言うと、国民の祝日を土日に隣接させたいなら、月曜に寄せるより、金曜に寄せる方が好ましい。月曜が週の始まりという感覚からすると、最初に休むより4日仕事して金土日が3連休になる方がお得な感じがします。

などといっても、成蹊大学は国民の祝日をほとんど授業日に充てているので大差ありませんね^^

GR011706

3339-140101 SV600でスキャンしたリアル書き初めとNote Anytimeに書いたデジタル書き初め

20140107081129

新年、明けました。

今年も「楽笑、楽笑」かつ「人生、アドリブ」で参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真上はリアルな筆と墨で書き初めした半紙をScanSnap SV600でスキャンした画像、写真下はiPad Air上のNote AnytimeにSu-Penで書いた書き初めです。

IMG_0686

2014.01.04

3338-131231 MacPeople2月号に「RICOH THETAで写真観が変わる」

IMG_0858

MacPeople 2014年2月号が発売されました。

shioの連載は「RICOH THETAで写真観が変わる」。184-185ページです。

IMG_0859

そしてもう一つ。特集記事の中でRICOH THETAについてコメントも書いています。119ページです。

どうぞご覧くださいませ。

IMG_0857

3337-131230 FUJIFILM X-M1のファイル番号を修正

DSCF1512

FUJIFILM X-M1のファイル番号がいつの間にかリセットされて以来、ずれたまま撮影していました。あとからAperture3で直せばいいから。

でも累積撮影枚数がわかりにくいし、ずれているのは気持ち悪い。

修正することにしました。

GRと同じ方法でできるかな?

  1. 一旦「コマNo.」を「新規」に変更。
  2. SDカードをフォーマット
  3. そのSDカードをカメラから抜き、Macで正しいファイル番号に変更。
  4. カメラの「コマNo.」を「連番」に戻す。
  5. SDカードをカメラに戻す。
  6. 撮影。

これで復旧していました(というか、Macで修正した番号の次の番号が振られました)。わーい^^

DSCF1514

3336-131229 希少銘菓ゲット

IMG_0780

「銘菓 遥かな尾瀬」。

IMG_0841

こういうお土産的お菓子の中ではshio的にはピカイチにおいしい。

IMG_0811

希少なものらしい。ようやく購入しました^^

IMG_0852

Posted from Drift Writer on my iPad

3335-131228 クレープが美味

IMG_0824

クレープがおいしすぎて、3日間、食べ続けました^^

GR011835

IMG_0707

IMG_0718

IMG_0829

3334-131227 朝から温泉

IMG_0807

17時温泉、18時夕食、20時就寝、4:45起床、5時温泉、7:30朝食。

GR011834

そして昼間はスキー三昧^^

IMG_0821

3333-131226 コクヨ「ハサミ エアロフィット サクサ」のグルーレスタイプがすばらしい!!

IMG_0626

コクヨ「ハサミ エアロフィット サクサ」のグルーレスタイプ。

400円。段ボールもガムテープも軽い力でサクサク切れる。ハサミの先端でも切れ味抜群。ノリもベタつかない。素晴らしい!!

自宅に持ち帰って自宅用とし、研究室用にはピンクを購入^^

そしてフラットクリンチなステイプラーも従来のものより軽く握るだけで止まるし、この両面テープも素晴らしい。

コクヨさん、だ〜〜い好き^^

IMG_0624

3332-131225 「TD-M1」の発売が楽しみ

GR011759

大好きなタイムドメインスピーカー。研究室も自宅もメインのスピーカーはタイムドメイン(サブはタンノイ)。その新製品が発表されました。

GR011761

ツボ。まさにこういうのが欲しかった。

GR011763

発売されたら即買います。

GR011764

3331-131224 HipChatを使い始めました。

GR011797

ChatWorkが落ちていたので、HipChatを使い始めました。

  • 5名までのグループなら何個チャットルームを作っても無料。
  • 容量無制限。ファイルをシェアするのが楽。
  • 無料アカウントでも全文検索できる。
  • 究極までシンプル
  • 反応が速い。
  • 見やすい。
  • iPhone/iPadアプリが安定している。
  • Macも専用アプリが快適(ブラウザでも使えるけど専用アプリがいい)。

GR011800

3330-131223 サイボウズLiveの無料枠が300人に拡大

GR011543

ゼミに、業務に、重宝している「サイボウズLive」。

その無料利用枠が200人から300人に拡大されました。すばらしい!!

どうやらYahoo!グループのサービス終了に伴ってサイボウズLiveに移行するユーザーに対応するためのようです。もう、電子メイルなんて使う時代じゃないから、メーリングリストなんていらないよね、というのがYahoo!グループ終了のメッセージだし、実際、shioの周囲ではもう実際に稼働しているメーリングリストはほぼない。サイボウズLiveやChatWorkの方が使いやすい。

だから、この利用枠の拡大、大歓迎です!!

GR011568

3329-131222 1日の結婚式撮影のうち1,678枚はすべてシグマ35mmF1.4

IMG_6532

結婚式を撮影しました。

IMG_6542

機材と各撮影枚数は下記のとおり。

  • キヤノンEOS 6D+シグマ35mmF1.4 DG HSM→1,678枚。このレンズ、最高!!
  • キヤノンEOS 5D mark 2+EF16-35mmF2.8→305枚(すべて16mm)
  • リコーGR→13枚
  • リコーTHETA→7ショット
  • Apple iPhone5→4枚

  • MacBook Pro Retina 13インチ

  • iPad Air

IMG_6639

そして重要なのがBlackRapid。

EOS 6Dを右側に、EOS 5Dm2を左側にそれぞれ提げて走り回りました。

IMG_6662

それらすべての機材を収めて持参したのが「ひらくPCバッグ」。

GR011818

BlackRapidを「ひらくPCバッグ」に収める際、BlackRapidの先端に着いている金具は、下の写真のように、「ひらくPCバッグ」の右端のポケットに収めます。

GR011820

GRとRICOH THETAは腰のベルトに付けています。

IMG_6709

カメラは「撮影したい」と思った瞬間に手元にあることが大切。だからGRとRICOH THETAは腰。一眼レフはBlackRapidなのです。

IMG_6761

とってもステキな結婚式でした。

IMG_7048

お幸せに!!

GR011819

3328-131221 結婚式の招待状もScanSnapしてEvernoteに

GR011569

「友人の結婚式の招待状が行方不明なので詳細を教えて欲しい」と知人から連絡。

はいはい、私もとっくのとおに捨てちゃいましたよ。

Evernoteで結婚する友人名を検索して、中身や封筒などすべてをスキャンしたPDFを表示し、Evernoteの共有リンクをコピーしてメッセージで送信。

情報はScanSnapでスキャンしてデジタル化しておくに限ります^^

GR011570

3327-131220 「ノートは横」なプリンター「ブラザー MFC-J4510N」

IMG_0643

ブラザー製のプリンターを購入しました。

IMG_0644

Macを使い始めた1988年以来25年間、各社のプリンターを使ってきました。shio的にもっとも気に入っているのは昔も今もHP。その次がCANON。EPSONは顔料インクを使う写真専用のみ。

今年は、いままで一度も買ったことのないbrotherを選択。なんといっても、A4用紙が横向きに出てくるというオンリーワンな価値があるから。もちろん文字印刷用に顔料ブラックインクを搭載する基本は押さえている。

IMG_0623

shioは紙を横向きに使うのが好き。ノートも横向き。

そのココロは以前、何度か書いています。

IMG_0628

講演などで資料の提出が必要なときも、横向きに作成します。だから、プリンターだって横向きに紙が出てきて欲しい。横向きなら紙送りが少ない分、プリント時間が短縮できる。

そしてメリットがもう一つあります。手差しではありますが、A3用紙をプリントできる。普段はA3判を使うことはないけど、たまーに必要です。特に、紙を横向きで使うshioとしては、A3横で作成した大きな書類をプリントできるのはありがたい。

IMG_0632

「NEOシリーズ」の3機種のうち、真ん中のモデルを選択しました。

新しいプリンター、楽しみ。

問題は、shioの場合、プリントする機会が非常に少ないこと^^

IMG_0638

2014.01.03

3326-131219 FUJIFILM X-M1でHappy Birthday

DSCF1508

Gobelins(ゴブラン)の看板娘のお誕生日会。

DSCF1492

Happy Birthday!!

DSCF1493

撮影はすべてFUJIFILM X-M1XF23mmF1.4 Rです。

DSCF1491

AFをロックして撮影しています。

DSCF1498

flickrに新しいタグが追加されました。

DSCF1500

でも従来型のHTMLの方がいいかな。

DSCF1516

というわけで、従来のHTMLで貼っています。

DSCF1503

3325-131218 リコー「シータ」で「こうくう写真」

DSCF1453

shioゼミの1年生でお食事会。

DSCF1451

おいしいインド料理を堪能。

DSCF1475

「THETAは広いところより狭い場所で撮影するのが面白いよ」と説明すると、ひとりの学生が「なら口に入れてみたら?」と提案。

DSCF1459

おお、それは面白い!!

DSCF1469

RICOH THETAで「こうくう写真」。そう、「口腔写真」です^^

口の中から外界を覗き見る写シータ4人目。結構きれいな歯ータ^ ^ - Spherical Image - RICOH THETA

3324-131217 RICOH THETA用のケースをパッケージごとScanSnap SV600でスキャン

IMG_0568

ScanSnap SV600は、厚さ3cmまでのモノをスキャンできます。

IMG_0569

届いた商品のパッケージをスキャンしてみました。

IMG_0570

きれいにスキャンできます。

IMG_0571

スキャンした結果がこちら。

20131212090444

表と裏。

20131212090801

さて、この商品、RICOH THETAにぴったりなのです。

IMG_0573

カラビナから、付属しているクリップに変更。ベルトクリップとして使うためです。

IMG_0574

RICOH THETAを入れるとまさにおあつらえ向き。

IMG_0585

RICOH THETAは「ボ撮ルンです」を付けたまま、使っています。

IMG_0586

3323-131216 TRONのクリスマスディナーをシグマSD1で

SDIM7219

シグマSD1+17-50mm F2.8 EX DC OS HSMで撮影した、六本木にある「キッチン TRON」のクリスマスディナー。

SDIM7205

撮影はライティングなし。レフ板も何も使っていません。お客様が座るそのテーブルで、お客様が目の前にする料理そのまま、撮影しています。撮影にも偽装なし^^

SDIM7202

SIGMA Photo Pro 5.5.3でパラメーターすべてゼロのまま現像してjpegに書き出したものをAperture3に読み込んでflickrにアップロードしています。

SDIM7211

3322-131215 チラシ効果か

IMG_0554

研究室棟のメイル室に行ったら、ScanSnapが3台、届いていました。

どなたか別の先生がお買いになったものです。

IMG_0578

先日、ScanSnapをshioがどのように使っているかについて、PFUさんがチラシを作ってくださいました。

それを成蹊大学の全教員のメイルボックスに入れたことによる「チラシ効果」かもしれません^^

IMG_0555

3321-131214 北京大学の先生方と研究会&懇親会

GR011639

北京大学の先生方との研究会。

そのあと懇親会。

GR011640

GR011641

GR011642

GR011643

GR011645

GR011647

GR011648

GR011649

GR011655

GR011657

GR011658

3320-131213 RICOH THETAで自分が拍手する瞬間の撮影に成功

GR011592

先日の「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」の発表イベント。

RICOH THETAが6本、集まりました。「6人のシータさん」という風情。

男前の斎賀和彦先生をバックに、記念撮影。中央がshioのTHETAさん。

iPad AirをリモコンにしてそのTHETAで撮影する際、拍手をしている瞬間のshioの撮影に成功しました^^

シータで自分が拍手している瞬間の撮影に成功シータ^ ^ #abrasus - Spherical Image - RICOH THETA

3319-131212 たかまつななさん、U-20ワラチャン優勝!!

GR011605

慶應義塾大学SFCの学生、たかまつななさんが「ワラチャン」で優勝しました。

そして同じくSFCの学生、伊藤颯(ドラッパ)さんが準優勝。

快挙!!

おめでとうございます!!

GR011541

3318-131211 「とれるカメラバッグ」のライトグレーはストラップもいい感じ

GR011610

「とれるカメラバッグ」の新色「ライトグレー」が発売されました。

GR011606

「とれるカメラバッグ」が便利なのはもう言うまでもない。いままで何度も書いてきました。どんな撮影に行くのもこれひとつですむし、バッグ自体も中のカメラも扱いやすい。

GR011607

GR011612

新発売のライトグレー。気分もライトになります。

ストラップを触ったら、あれっ? 

GR011613

やはり素材が変わっていました。

長さの調節がしやすくなっている。調整する際のノイズが小さくなり、摩擦が減ってすっと動く。なのに、止めたい位置でぴたっと止まる。これはいい。この1点だけでも、新ヴァージョンを使う大きな理由です。

GR011617

下の写真。

右が従来のブラックのストラップ、そして左が新しいライトグレーのストラップ。織りが細かくなっています。こういう改良、うれしいです!!

IMG_0870

同じく、カラビナなどを通せるループも新素材に変更されてて、カラビナを通しやすいです。

GR011615

さて、どう使い分けるか。

ひとつは色。結婚式などにはブラックを、お写んぽにはライトグレーを。

GR011619

でも実際に使ってみると、内容で分けています。いままで、ブラックひとつに必要な機材を入れ替えながら使っていましたが、2つの「とれるカメラバッグ」があるいま、使い分けは下記のとおり。

  • ブラック:シグマSD1/キヤノンEOS 6D/EOS 5Dm2やレンズ
  • ライトグレー:シグマDP1 Merrill/DP2 Merrill/DP3 Merrill/FUJIFILM X-M1

GR011620

クルマで行く旅行には、2つとも持って出かけます。

GR011622

2014.01.02

3317-131210 Note Anytimeがver. 2.0で大進化

IMG_0604

PFU本社・工場を見学するための金沢出張は、「手ぶら」で行きました。ポケットに入れて持参した全持ち物リスト。

  • スーツの内ポケット

    • 万年筆:話をうかがいながらメモを取る。
    • 測量野帳(コクヨ・セ-Y3・スケッチブック):同上。メモはNote Anytimeを開いたiPad AirにSu-Penで書くのが基本だけど、最後はアナログ。どんな状況でも安心して使えます。書いたものは研究室に戻ってからScanSnap SV600でスキャン。
    • 名刺:今や名刺はFacebookで検索する文字列を教える道具でしかない^^
  • ジャケットのポケット

    • Su-Pen(パズドラ タッチペン):iPad Airに手書き文字を書く際の必需品。フリック入力もこれ。
    • iPhone5:なくても困らないけど一応持参。実際iPad Airの方が圧倒的に使用時間が長い。
  • コートのポケット

    • QuietComfort 20i:航空機内の必需品。
    • Lightning - VGA アダプタ:PFU本社でプレゼンする際、iPad Airの画面を映写するために使用。
    • GR用バッテリー1個:充電器は持参せず、予備バッテリー1個持参。
    • Micro USB充電ケーブルとLightningアダプタ:これ1本でiPhone5、iPad Air、RICOH THETAを充電できます。
    • iPad AirのACアダプタ:12WのACアダプターは充電速度が速い。
    • 折畳み傘:傘は持参したくなかったけど、雨だったのでしかたなく、コートの内ポケットに入れて行きました。
  • ベルト

    • リコー「GR」:純正ケースに入れて腰のベルトに付けています。
    • リコー「THETA」:同じく腰ベルトに装着。
    • ボ撮ルンです:RICOH THETAに常時接続
  • ズボン

    • 財布:「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」をいただく前だったので長財布。
    • 鍵:同上
    • iPad Air:ズボンの背中側に挿しています。

IMG_0615

冒頭の持ち物写真の作成に使ったのはNote AnytimeとSu-Pen。

本社や工場でいろいろな説明をうかがいながら、メモを書くのもNote AnytimeとSu-Pen。

そのNote Anytimeが大幅に進化してver. 2.0になりました。なんといってもうれしいのは、万年筆モードが搭載されたこと。グラデイションを設定して、自分の好みのインク色を作れます。測量野帳と万年筆を使う機会が減って行く^^

IMG_0547

2014.01.01

3316-131209 軽い「薄いマネークリップ」と細い「小さい小銭入れ」で財布なし生活快適

GR011573

財布の存在は悩みの種でした。

カードを入れた2つ折り財布は、分厚い。ヒップが膨らむ。長財布は薄いけど、ヒップのポケットから顔を出す。落とさないか、スられないか、いつも微妙に意識を払ってる。札入れと小銭入れに分けることも考えたけど、持ち物がひとつ増えるのは避けたい。

GR011574

その微妙な意識から解放されたくて、9ヶ月間、財布なし生活をしたこともありました。

いまはまたABALLIの加藤光也さんが作った素晴らしい長財布を使っています。

GR011583

GR011596

12月9日、バリューイノベーションさんからご招待いただいた新製品発表イベントに参加しました。なんでもお財布の新製品を出すとのこと。

あの名作「薄い財布」を世に出した会社の新作なので期待大。

GR011597

場所は「豚組 しゃぶ庵」。客員教授をしている政策研究大学院の目の前にあるので、院生の皆さんとランチバイキングに頻繁に行くお店。でも実は夜のしゃぶしゃぶを食べに行くのは初めて。

GR011598

しゃぶしゃぶ、おいしい。50人ほどの招待客のみなさんは席を移動しながら社交していらっしゃいましたが、shioは、正面に座った斎賀和彦先生と語りながら、食べ続けました。

最後の麺までおいしい。ごちそうさまでした!!

GR011599

発表された新製品は3つ。

6人のTHETAさんが集合シータ^ ^ - Spherical Image - RICOH THETA

おみやげに、「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」をいただきました。うれしい!!

shioは迷わずブルーを選択。美しい。

IMG_0551

早速使って感動。長年の悩みが雲散霧消しました。なんと素晴らしい!!

「薄いマネークリップ」にはお札とカード類が入ります。マネークリップといっても金属ではない。本革、それも表面をガラス加工してあって、艶やかな光沢が美しい。abrAsusのために特別にしつらえた牛革です。

お札は折らずに出し入れできる。5枚までのカードが入る。財布として十分です。これだけ持って歩けば生活に十分。薄くて軽い。ポケットの中で「薄い」のが重宝なのだけど、それにも増して「軽い」ことの価値は大きい。

小銭入れが付いていない札入れとかマネークリップを使う理由は軽さ。小銭の重量でポケットがゆがみ、服がゆがみ、スタイルがゆがむ。それを避けるためには小銭を持ちたくない。

「薄いマネークリップ」のスマートさは「軽さ」にあり。即、使い始めました。

GR011601

この軽い「薄いマネークリップ」を使うことによって追い出された小銭はどこに行くのか。

従来なら、「小銭入れ」を別に持つ必要がありました。でも持ち物がひとつ増えるのは避けたい。今回発表された製品がすばらしいのは、ちゃんとその問題を解決していること。

それが「小さい小銭入れ」。小銭はキーホルダーとまとめてしまう、というアイディア。なるほど!!

キーホルダーは確実に持ち歩く。そして重量がある。そこに小銭をまとめてしまえば、重量感のある物が1ヶ所に集約されて快適。細いから、ポケットに縦に入れてすっきり。キーホルダーは元々細長いものだから、その形状に小銭を集約しても、従来のキーホルダーと体積的に大差ない。

IMG_0589

以来、この軽い「薄いマネークリップ」と細い「小さい小銭入れ」をセットで常用しております。もうこれ以上のソリューションは存在しないだろうと感じるほど、shioの生活にマッチしていて、ありがたすぎ。

日常の金銭支払いが、すべてSuicaとクレジットカードに統一される日が来るまで(当分来ないだろうけど)、この2つのアイテムが、紙幣と貨幣とのおつきあいを快適にしてくれます。その価値はものすごく高い。

文字通り「バリューイノベーション」。最高です!!

IMG_0590

3315-131208 PFUの「考える工場」

GR011248

本社に続いて見学させていただいた株式会社PFUの工場は、隅々までインテリジェントでした。

GR011249

インテリジェントな要素を挙げるとこんな感じ。

  • なんと、1,200種類のモデルを受注に合わせていつでも1台から製造できる!!
  • KIOSK端末のようなProDeS製品もスキャナーも、同一工場で生産することで、年間を通して負荷を平準化。
  • 似ている製品を同一工程で生産する混流製造ライン。
  • ICTによるいろいろ見える化。
  • 組み立てアシストシステムにより、製造ミスゼロ!!
  • 各工程の配置とか、部品から完成品までのモノとヒトの動線とかがよくよく考えられて設計されている。
  • 必要に応じて柔軟に変更。

GR011260

そして、なによりそこで働く方々みなさんがインテリジェント。知恵を出し合って、常に改善が進んで行く。

GR011251

「考える工場」と呼びたい。

説明を聞けば聞くほど、工場内を見れば見るほど、「叡知」を感じました。PFU社の歴史50年間に考え続けた結晶です。そして今も考え続けている。素晴らしいと思いました。これからも素晴らしい製品を生み出されることでしょう。楽しみです。

ScanSnap iX500の組立工程をシータ^^ #pfutour - Spherical Image - RICOH THETA

この工場、この人々が生み出したScanSnapがますます賢く見えます。

ScanSnap→ http://scansnap.fujitsu.com/jp/

2004年にMac版のドライバーがリリースされて以来、ScanSnapなしでの生活はもう考えられない。手にした紙はすべてScanSnapに置き、スキャンするのが当たり前のワークフローです。

情報は(コンフィデンシャルなもの以外)すべてScanSnapでデジタルに統一し、Macに、Evernoteに集約する。紙で受け取った情報がScanSnapによって自分の外部脳に取り込まれ、研究に、教育に、業務に、家事に、検索して利用する。その情報が思考の素材になる。

1978年の「16bitパーソナルコンピュータ PFC-15」の上でシータ^^ - Spherical Image - RICOH THETA

つまりScanSnapこそ「考える工場」。粛々と紙の情報からデジタル情報を生産してくれる工場。人間の仕事はその情報を使って考えること。

「考える工場」で生み出された「考える工場」は、デジタル化が進む現代人の生活に、不可欠な存在です。ScanSnapを作ってくださっているインテリジェントなみなさんに感謝しながら、これからも日々、ありがたく使わせていただきます。

GR011287

« December 2013 | Main | February 2014 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください