« 3315-131208 PFUの「考える工場」 | Main | 3317-131210 Note Anytimeがver. 2.0で大進化 »

2014.01.01

3316-131209 軽い「薄いマネークリップ」と細い「小さい小銭入れ」で財布なし生活快適

GR011573 財布の存在は悩みの種でした。 カードを入れた2つ折り財布は、分厚い。ヒップが膨らむ。長財布は薄いけど、ヒップのポケットから顔を出す。落とさないか、スられないか、いつも微妙に意識を払ってる。札入れと小銭入れに分けることも考えたけど、持ち物がひとつ増えるのは避けたい。 GR011574 その微妙な意識から解放されたくて、9ヶ月間、財布なし生活をしたこともありました。 いまはまたABALLIの加藤光也さんが作った素晴らしい長財布を使っています。 GR011583 - 2935-121123 財布は必要だろうか→ - 2570-111125 ABALLIの新作「Men's Wallet【Slim】」→ - 2955-121213 スーツ、ビブラム、アイパッド→ - 3190-130804 お財布ケータイ化しているiPhone5を更新→ - 3204-130818 カードケースからお財布へ→ GR011596 12月9日、バリューイノベーションさんからご招待いただいた新製品発表イベントに参加しました。なんでもお財布の新製品を出すとのこと。 あの名作「薄い財布」を世に出した会社の新作なので期待大。 - 薄い財布→ GR011597 場所は「豚組 しゃぶ庵」。客員教授をしている政策研究大学院の目の前にあるので、院生の皆さんとランチバイキングに頻繁に行くお店。でも実は夜のしゃぶしゃぶを食べに行くのは初めて。 - 豚組 しゃぶ庵→ GR011598 しゃぶしゃぶ、おいしい。50人ほどの招待客のみなさんは席を移動しながら社交していらっしゃいましたが、shioは、正面に座った斎賀和彦先生と語りながら、食べ続けました。 最後の麺までおいしい。ごちそうさまでした!! GR011599 発表された新製品は3つ。 - 薄いマネークリップ→ - 小さい小銭入れ→ - 薄い財布 abrAsus Classic edition→
6人のTHETAさんが集合シータ^ ^ - Spherical Image - RICOH THETA
おみやげに、「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」をいただきました。うれしい!! shioは迷わずブルーを選択。美しい。 IMG_0551 早速使って感動。長年の悩みが雲散霧消しました。なんと素晴らしい!! 「薄いマネークリップ」にはお札とカード類が入ります。マネークリップといっても金属ではない。本革、それも表面をガラス加工してあって、艶やかな光沢が美しい。abrAsusのために特別にしつらえた牛革です。 お札は折らずに出し入れできる。5枚までのカードが入る。財布として十分です。これだけ持って歩けば生活に十分。薄くて軽い。ポケットの中で「薄い」のが重宝なのだけど、それにも増して「軽い」ことの価値は大きい。 小銭入れが付いていない札入れとかマネークリップを使う理由は軽さ。小銭の重量でポケットがゆがみ、服がゆがみ、スタイルがゆがむ。それを避けるためには小銭を持ちたくない。 「薄いマネークリップ」のスマートさは「軽さ」にあり。即、使い始めました。 GR011601 この軽い「薄いマネークリップ」を使うことによって追い出された小銭はどこに行くのか。 従来なら、「小銭入れ」を別に持つ必要がありました。でも持ち物がひとつ増えるのは避けたい。今回発表された製品がすばらしいのは、ちゃんとその問題を解決していること。 それが「小さい小銭入れ」。小銭はキーホルダーとまとめてしまう、というアイディア。なるほど!! キーホルダーは確実に持ち歩く。そして重量がある。そこに小銭をまとめてしまえば、重量感のある物が1ヶ所に集約されて快適。細いから、ポケットに縦に入れてすっきり。キーホルダーは元々細長いものだから、その形状に小銭を集約しても、従来のキーホルダーと体積的に大差ない。 IMG_0589 以来、この軽い「薄いマネークリップ」と細い「小さい小銭入れ」をセットで常用しております。もうこれ以上のソリューションは存在しないだろうと感じるほど、shioの生活にマッチしていて、ありがたすぎ。 日常の金銭支払いが、すべてSuicaとクレジットカードに統一される日が来るまで(当分来ないだろうけど)、この2つのアイテムが、紙幣と貨幣とのおつきあいを快適にしてくれます。その価値はものすごく高い。 文字通り「バリューイノベーション」。最高です!! IMG_0590

« 3315-131208 PFUの「考える工場」 | Main | 3317-131210 Note Anytimeがver. 2.0で大進化 »

Apple iPhone」カテゴリの記事

RICOH GR[2013]」カテゴリの記事

RICOH THETA」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください