« March 2012 | Main | May 2012 »

2012.04.30

2724-120427 縦型カレンダー for iPhone

R4006354
GR DIGITAL 4

前々回に書いた「3ヶ月カレンダー for iPad」と同じ作者の作品、「縦型カレンダー for iPhone」。
http://tategatacalendar.seesaa.net/

iPhoneで、1ヶ月のスケジュールを縦覧できます。
すばらしい!!

追記:上記サイトでは「公開停止中」と書かれていますが、すでに公開されています。

R4006355
GR DIGITAL 4

2012.04.29

2723-120426 iPhoneアプリ「カード類」でお財布をスリムに

R4006334
GR DIGITAL 4

教えていただいたアプリでもうひとつ気に入っているのは「カード類」。
http://itunes.apple.com/jp/app/kado-lei/id409674297?mt=8

財布を膨らませている諸種のカードの表裏をiPhoneカメラで撮影して、カード状に閲覧できる。

おかげさまで、ほとんど使わない診察券などを持ち歩く必要がなく、財布が薄く軽くなります。
友人が自転車を盗まれて防犯登録番号を探し出すのに苦労したとFacebookに書いていたので、自転車に貼ってある番号のシールも撮影しておきました。

ありがたい!!

R4006337
GR DIGITAL 4

2722-120425 「3ヶ月カレンダー for iPad」が便利

R4006449
GR DIGITAL 4

財務省の教え子たちとお食事したら、その一人がiPhone/iPadをバリバリ使いこなしている。
面白いアプリをいろいろと教えていただきました。
ありがたい!!

iPadアプリ「3ヶ月カレンダー for iPad」が便利!!
http://unitac.seesaa.net/article/198533049.html

3ヶ月のスケジュールをひとつの画面で見渡せます。
shioが気に入っているのは、「2ヶ月分+1日分」という表示。
全体を見渡しながらディテイルを見たり、予定を入れたりするのに重宝です。

このアプリは、インストールすると即座にiPhone/iPadのカレンダーの内容が反映されます。
つまり標準のカレンダーと常時同期され、併用できるということ。
ふたつのアプリがあると、必要に応じて見たいインターフェイスでスケジュールを眺めることができます。
便利!!

R4006453
GR DIGITAL 4

2012.04.28

2721-120424 親指シフトの設定を変更

R4006483
GR DIGITAL 4

昨年4月1日にMacで親指シフトを始めて1年以上たちました。
もちろんこの1年間、一切、ローマ字入力していません。
ローマ字入力で日本語を入力するメリットはゼロですから。

R4006491
GR DIGITAL 4

下記の記事で設定の詳細を書いていますが、最近ちょっとだけ変更しました。

【2595-111220 Macの親指シフト化方法(かなモード編)】→http://shiology.com/shiology/2011/12/2595-111220-mac.html

R4006492
GR DIGITAL 4

従来、この記事の中で、

(3) お好みで、
EISUU x 2 to EISUU(単発での英数キーは無視する)
KANA x 2 to KANA(単発でのかなはキーは無視する)
にもチェック。(shioはチェックを入れています)

と書いていましたが、その必要はないことに気づきました。
先日からチェックを外していますが、まったく問題ありません。

なんでいままでチェックを入れていたんだろう。
謎〜^^

R4006493
GR DIGITAL 4

2720-120423 誕生日

R4006431
GR DIGITAL 4

Facebookなどで多くのみなさんから誕生日を祝うお言葉をいただきました。
とってもうれしいです。
どうもありがとうございました。

Gobelinsで原稿を書いていたら、お隣のテープルのお客様と仲良くなり、shioが誕生日と知って、大好物の「ヌガーグラッセ」をごちそうしてくださいました。感謝!!

R4006442
GR DIGITAL 4

2719-120422 学生の成績は教員の成績

R4006446
GR DIGITAL 4

民法2の講義で学生が提出したオピニオンペーパーの中に、昨年度、別の教員が担当する「民法1」で前期も後期も「F」評価だったので民法が苦手です、というメッセージがありました。講義にはちゃんと出席していたとのこと。

学生の成績は教員の成績です。
試験の成績が芳しくなければ、それは教え方が悪かった証拠。
教員の責任です。

民法2で、民法の面白さをshioがたっぷりお伝えします。
きっと民法を好きになりますよ^^

R4006445
GR DIGITAL 4

2718-120421 shioゼミOB会

R4006428
GR DIGITAL 4

4月21日、著作権法学会。
立法論の必要性を確認する一日でした。

R4006392
GR DIGITAL 4

shioゼミの学生・卒業生たちが盛大に誕生日を祝ってくださいました。
みんな、どうもありがとうございました!!
3つのケーキのろうそくを、一発で消火^^

R4006400
GR DIGITAL 4

2012.04.27

2717-120420 Cyclemeterを使い始めました

R4006324
GR DIGITAL 4

サイクリングのログをとるiPhoneアプリを探していて、「Cyclemeter」を見つけました。
http://www.abvio.com/cyclemeter/

速度、経過時間などとともに、経路が地図上に表示されます。
いい感じ^^

R4006327
GR DIGITAL 4

2716-120419 Hario V60 ドリッパー購入

R4006320
GR DIGITAL 4

コーヒーメイカーで淹れるより、手でドリップした方が圧倒的においしい。
そうtwitter(とFacebook)に書いたら、耳よりな情報をたくさん教えていただきました。
ありがたいことです。

R4006321
GR DIGITAL 4

その中で、「HARIO V60」で淹れるとまた一段とおいしい、と教えていただいたため、早速Webで調べました。
セラミック製の「V60透過ドリッパー02セラミックW(VDC-02W)」がよさそう。
http://www.hario.co.jp/shop/products_spec.php?product=VDC-02W

すぐにAmazonで購入。
研究室に届いたドリッパーで淹れてみると、確かに自宅のドリッパーとはひと味違う感じ。

コーヒーひとつも淹れ方によって全然変わる。
楽しいです^^

R4006322
GR DIGITAL 4

1・2限「民法2」
・岩波の六法と有斐閣の六法の相違。
・小学生に説明できることは、その事柄を理解しているかどうかはかるひとつの尺度。
・555条の位置
・総則の意味
・民法の構成
・契約のグランドデザイン
・「無人島に行ったらどうする?」
・契約の全体像
・条文の読み方

R4006323
GR DIGITAL 4

2012.04.23

2715-120418 neu.annotate PDF+が気に入った

R4006329
GR DIGITAL 4

iPadで「neu.annotate PDF+」を使い始めました。
http://itunes.apple.com/jp/app/neu.annotate-pdf/id478313705?mt=8

PDFの上に描く感覚がナチュラルで気に入りました。
ピンクパープルで引くマーカーの色合いが好き。

スキャンした25ページのPDFを閲覧していたら落ちてしまいましたが、落ちたのはその1回だけで、あとは快適に使っています。
いまのところ、書き込みながらiPadでPDFを見る環境としては、ベストと感じます。

R4006330
GR DIGITAL 4

2714-120417 民法1、第一回

SDIM5198
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2012年4月17日、「民法1」の講義、第1回です。

毎年4月、初回の講義が好き。
特に「民法1」は、法学部に入りたての新入生を法律学の世界に誘う大切な時間。

SDIM5202
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

shioの話が進むにつれて、学生たちの目が爛々と輝いていくのがうれしい。
学生たちの期待感が高まっていきます。

終了後、その日の「クエスチョン」とともに学生たちからのメッセージが書かれたオピニオンペーパーを読むと、彼らの前向きな気持ちがびんびん伝わってきます。

SDIM5212
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

民法って面白い!!
その真実を1年かけて、伝えます!!

SDIM5213
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2713-120416 Aperture3のプロジェクトをカメラごとに


R4006306
GR DIGITAL 4

Aperture 3のプロジェクトを、カメラごとにしました。

初代のApertureが発売されて以来、日常の写真は月ごとのプロジェクトに入れてきました(ひとつのイベントでたくさん撮影した場合は単独のプロジェクトです)。撮影した順に時系列に写真が並ぶので、行動の記憶と一致していて見やすいのが利点です。カメラごとに閲覧したいときはスマートアルバムを活用します。

R4006295
GR DIGITAL 4

しかし、iCloudで実現された「フォトストリーム」によって、直近の1,000枚の写真は常に時系列で閲覧できるようになりました。複数のMacで写真を読み込んでも、iPhone/iPadで撮影した写真も、すべてひとつのフォトストリームとして扱われます。日々の写真を時系列で見たい、というニーズは、フォトストリームでほとんど満たされます。

この環境に慣れた結果、撮影直後の写真さえ時系列で見られればよく、それ以前の写真はむしろ撮影したカメラごとに扱う機会がほとんどだと気づきました。記憶の中でも、「いつ撮った写真か」よりも「どのカメラで撮影したか」という情報のほうが鮮明だからです。

であるならば、最初にカメラから写真を読み込む際のプロジェクトをカメラごととする方が合理的。
日にちをキーにして写真を見る場合は、スマートアルバムを活用すればいい。

R4006296
GR DIGITAL 4

3月2日、カンボジア滞在初日にこれに気づき、変えました。
カンボジア滞在中、5台のカメラで撮影した結果、予想以上に扱いやすいことがわかりましたし、以後もこの運用でいい感じ。

現状、shio的にベストです。

R4006309
GR DIGITAL 4

2012.04.21

2712-120415 「MapFan for iPhone」がiPadにも対応していた

SDIM5162
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

ARAYA Federalに乗り始めてからというもの、iPhone/iPadの地図アプリ、サイクリング支援アプリが楽しいです。
【2700-120403 ARAYA Federal 2012が気に入った!!】→http://shiology.com/shiology/2012/04/2700-120403-ara.html

なかでも「MapFan for iPhone」は素晴らしい。
「MapFan for iPhone」→http://www.mapfan.com/mobile/iphone/

それが昨年11月からiPadに対応していたことに先日気づきました。
すごい!!
クルマに搭載されているカーナビをiPadに替えてしまいたいくらい。

SDIM5164
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

カーナビでできることは大概できます。
縦画面、横画面、どちらもOK。

交差点では車線の図が表示されて、直進ライン、右折ラインなども一目瞭然。
もちろん音声案内もきちんとしてくれます。

iPad/iPhoneに標準の「マップ」と異なり、地図情報をすべてアプリに内蔵しているので、逐一Webから地図をダウンロードしないため、山間部などのように電波が入らない場所でもちゃんと使えます。
これで2,300円って素晴らしすぎる!!

SDIM5167
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

ともかくこのアプリ、重宝。
それだけでなく、使っていて楽しいのです。
地図を持って旅に出るワクワク感を日常にもたらしてくれる、ステキなアプリです。

SDIM5169
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2012.04.19

2711-120414 「iDoneThis」がビジュアル化された

SDIM5126
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

シンプルで気に入っている「iDoneThis」。
トップページ→https://idonethis.com/
無料のパーソナル版→https://idonethis.com/accounts/register/personal/

「やったことリスト」を簡単に記録し続けるためのクラウドサービスです。
毎日、決まった時刻に届くメイルに、その日やったことを1行に1件ずつ書いて返信するだけ。
自分の一日を振り返る貴重な時を持つきっかけを与えてくれます。

記載した「やったことリスト」はブラウザでカレンダー状に閲覧できます。
それが今回、よりビジュアルに見られるようになりました。
面白いです。

世の中、「ToDo(やることリスト)」に関しては多種多様なアプリやサービスがありますが、「やったことリスト」はなかなかない。

やったことリストには、自分の人生が投影される。
ありがたいサービスです!!

SDIM5188
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2710-120413 サイボウズLiveを使ってゼミが始動

SDIM5024
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

今年のshioゼミの初回。
サイボウズLiveが大活躍です。
https://cybozulive.com/

みんなが自己紹介やオリエンテイションをしている間に、shioが学生たちをサイボウズLiveのshioゼミグループに登録。
すると目の前にいる学生たちが、各自のメイルアドレス、電話番号などの情報を次々に書き込んでいきます。

いままでだったら、連絡先を共有するだけでも結構な手間がかかっていましたが、グループウェアがあればほんの数分のうちに全員の連絡先が一カ所に集約されます。すばらしきスピード感です。
すぐに班分けのメンバー表が書き込まれ、班ごとのグループが作成されました。

その後、次回のゼミで扱う判例の判決年月日や民集(最高裁判所民事判例集)の巻数、ページ数などが次々に書き込まれ、民集の原本をPDFにしてアップ。さらにお食事会の企画でお店の候補を募ったり、OB会の打ち合わせをしたり。

新年度のゼミ、開始早々、サイボウズLive、大活躍です!!
感謝‼

SDIM5035
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2709-120412 EvernoteとATOK Padを中核に

SDIM5011
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

Mac、iPad、iPhoneで書きかけの文章を同期する環境、大切です。
たとえばこのblog。
思いついたことをMacで書いたり、その続きをiPadで書いたり、iPhoneで確認して修正したり。

常時、これら3つのデバイスで(現実にはさらにMacは複数)安定的に同期してくれる環境が必須です。
やはり、Evernoteがベスト。
Evernoteに「ATOK Pad」というノートブックを作り、書きかけの文章はすべてここに置き、ATOK Padでもこれを同期しています。

こうすると、Evernoteを核として、iPad/iPhoneではEvernoteだけでなくATOK Padや7notesでも書ける。
blogの原稿は、書き終わったらiPadの「DPad HTML Editor」で投稿します。
http://itunes.apple.com/jp/app/dpad-html-editor/id402656222?mt=8

書き終わった文章はMacで別のノートブックに移動。
するとATOK Padからも消えて快適。

最近、この環境が気に入っています^^

SDIM5002
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

1限・2限:「民法2」の講義

SDIM5012
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2708-120411 前期の講義開始

SDIM5001
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

4月11日、2012年度の講義が始まりました。

1限・2限:政策研究大学院大学で「民法」の講義
4限・5限:財務省研修所で「民事法」の講義

SDIM4997
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2012.04.16

2707-120410 「サイボウズLive」インタビュー記事掲載

SDIM4993
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

「サイボウズLive」の使い方について取材を受けた記事が掲載されました。

「サイボウズLiveで創造性を発揮、大学に“脱メール”を――成蹊大学 塩澤一洋教授」
http://magazine.cybozulive.com/2012/04/kazuhiro_shiozawa.html

なお、初出時の記述に細かい誤りが散見されましたので、修正をお願いし、公開2日後に修正版が公開されました。

SDIM5098
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2012.04.15

2706-120409 SD1の写真をその場でiPadへ!!

SDIM4980
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

発売と同時に買って以来ほとんど使っていなかった「Apple iPad Camera Connection Kit」(以下、「AiCCK」と略します)。
http://store.apple.com/jp/product/MC531ZM/A

SIGMA SD1の写真を撮影直後にiPadで見るのに良さそう。
とくに、新iPadの高解像度なRetinaディスプレイでSD1の絵を見るのは格別なはず。

SDIM4990
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

それを実現するにあたってSD1の写真を直接iPad読み込む方法は2つ。

(1) SD1をUSBケープルでAiCCKに直接接続
(2) AiCCKにメモリーカードリーダーを接続し、SD1のCFカードを挿入

(1)が簡単です。
でも現場では、カメラの電源はできるだけ温存したいので、できれば(2)が望ましい。

SDIM4986
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

以前、手持ちのメモリーカードリーダーをiPadにつないだところ、消費電力が大きすぎて使えないという表示がでていました。そのままあきらめていたのですが、これを機会に、AiCCKで使えるメモリーカードリーダーを本気で探してみることにしました。

ヨドバシカメラに行って、もっとも消費電力が小さいメモリーカードリーダーを見つけるため店頭の製品をすべて調べる。
すると、サンワサプライ「ADR-ML10P」が消費電流が最小でした。
動作時100mA、スタンバイ時30mA。
これならいけそう。
それを買ってiPadに接続したところ、問題なくCFカードの写真が読み込まれました。
すばらしい!!

SDIM4989
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

SD1で撮影した写真をiPadで鑑賞する手順は下記の通りです。

(1) SD1をRAW+JPEGに設定(いままでRAWのみで撮影していましたが、今後はJPEGでも同時記録します)。
(2) 撮影後、CFカードを取り出し、iPad+AiCCK+「ADR-ML10P」に挿す。
(3) カード内の写真が表示されるので「すべてを読み込む」をタップすると、JPEGのみが読み込まれる。iPadはSD1のRAWに対応していないため、ありがたいことにRAWファイルを無視してくれる。
(4) 読み込みが終わったら、「読み込み完了 接続中のカメラから読み込んだ写真を削除しますか?」と表示されるので、「削除」と「残す」のうち「削除」をタップ。すると、CFカード内のJPEGのみが削除されます(RAWファイルはそのまま残ります)。
(5) iPadで鑑賞、iPhotoで編集、そしてiPadからFacebookなどにアップもできます。すばらしい。

カードにはRAWファイルのみが残るので、あとでMacにそれを取り込んでSigma Photo Pro 5で現像するのはいままでどおり。

いままでSIGMA SD1の写真は現像するまでのタイムラグがあって、現場で見せ合ったりWebに出したりできなかったけど、これならOK。

こんなステキな方法、もっと早く思いつくべきでした^^

SDIM4995

SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2012.04.14

2705-120408 Tweet ATOKをiPadで

R0331176
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

iPhone用のtwitterクライアントアプリ「Tweet ATOK」をiPadで使っています。
iPhone用アプリなので、iPadでは2倍に拡大。

Tweet ATOKはフリック入力の反応が速くて好きなのですが、それをさらにiPadの大きい画面でフリック入力すると、5本の指をフルに使えて快適なのです。音声入力が使えない場所でのtweetに使っています。

R0331177
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

希望は2つ。
・半角カタカナを一切表示しないようにする設定を追加していただきたい。
・できれば変換精度の改善。本当はことえりくらいまで賢くなってほしいけど、そこまででなくてもいいのでもうちょっとよくなったらグンと使いやすくなる。

せっかく文字入力時の反応が速くてすばらしいので、ぜひともこの2点を改善していただきたいと思います。

R0331178
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2704-120407 江ノ島散策

SDIM4808
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

江ノ島を散策してきました。
「生シラス丼」が最高^^

SDIM4804
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

2703-120406 A16はレンズ6本分!!

R0331181
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」
リコーGXR用の最新のレンズユニット「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gxr/unit6.html
ローパスフィルターが入っていないので、画質くっきり。
ズームレンズですが、「ステップズーム」に設定すると、24mm、28mm、35mm、50mm、70mm、85mmの各焦点距離で使えます。つまり、単焦点レンズ6本分。
だから、基本的にズームレンズを使わないshioも、このユニットは使います。

レンズ6本分として使えて、実売価格は5万数千円。
1本1万円もしない。
安い^^

R0331192
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2702-120405 個人連絡はメッセージ、業務連絡はサイボウズLive

R0331171
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

メイルアプリの重要性が下がっていっています。
個人的な連絡が「Skype」と(Macの)「メッセージ」に集約され、業務上の連絡はサイボウズLiveに集約されつつあるからです。

R0331188
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

メイルアプリに届く「電子メイル」は玉石混淆です。
・業務上の重要な案件
・さまざまな会議や会合の案内
・複数の相手と意見交換のやり取りがなんども行き来している途中のメイル
・新規の仕事の依頼
・親しい友人からの連絡
・何年も会っていない知人からのうれしい連絡
・いろいろなリマインド
・メイルマガジンのたぐい
・Facebookやtwitterへの書き込み通知

ざっと挙げるとこんなところでしょうか。
ここ数年はいわゆる「スパムメイル」こそ目にする機会はほぼゼロですが、それ以外の多種多様なメイルは、それぞれ重要性に大きな差があります。それらをすべてひとつの「メイルアプリ」で扱うのは不便。大切なメイルが埋もれるし、やり取りの経緯が見えにくくなります。

R0331194
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

そこで「メッセージ」と「サイボウズLive」。
Macの「メッセージ」アプリを使えば、iPhone/iPad/Macの「メッセージ」(iMessage)やその他メッセージングサービスと直接文字で会話できます。
http://www.apple.com/jp/macosx/mountain-lion/messages-beta/

数年前までMacで頻繁に利用していた「iChat」が「メッセージ」に統合されて、iOS機器のiMessageとも共通にやり取りできるようになりました。そのため、従来は学生などとの連絡を基本的にメイルで行っていたshioも、いまは「メッセージ」がメインになっています。

また「Skype」ではFacebookのメッセージも共通で扱えます。
http://www.skype.com/intl/ja/home/

こうして個人間の連絡はほぼすべて「メッセージ」と「Skype」に集約されつつあります。

R0331187
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

一方、業務上の連絡は「サイボウズLive」。
https://cybozulive.com/

従来の「グループウェア」の枠を超えたグループウェアです。
従来のグループウェアだと、自分が所属する組織内の連絡はそのグループウェアでまかなえますが、組織外の人との連絡はメイルを使わざるを得ませんでした。しかし「サイボウズLive」であれば、組織の枠を超えたグループでの共同作業でグループウェアの利便性を活かせます。
現在、shioが関わる多くの業務がサイボウズLiveに集約され、仕事の情報が一元化されています。

相対的に、メイルソフトの重要性が下がっています。
すくなくとも日常的に付き合いのある人や業務上の連絡には、もうメイルは必要ありません。
玉石混淆のメイルソフトですべてをまかなうより、「メッセージ」、「Skype」、「サイボウズLive」を使う。
重要な相手とのコミュニケイションに、ノイズの入り込む余地がなくなります。

ノイズのない環境は気持ちいい。

R0331185
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2012.04.12

2701-120404 Macのワープロ

R0330169
GXR+A16

友人から「文書作成にはどのソフトをお使いですか?」という質問を受けましたので、ここにまとめておきます。

R0330151
GXR+A16

「テキストエディット」
Macに標準で入っているアプリ。段組や脚注を必要としない書類ならたいがいこれで作れます。

「Pages」→http://www.apple.com/jp/iwork/pages/
MacのワープロといえばPages。Mac App Storeで1,700円です。

「iText Express」→http://homepage.mac.com/lightway/iText.html
テキストエディットを高機能にしたアプリ。Mac App Storeで無償で配布されています。段組も脚注も縦書きもできる、優れものです。

「Jedit」→http://www.artman21.com/jp/jedit_x/
超定番のエディタ。文字列を扱う際に必要なことはたいがいできます。

「Tree」→http://www.topoftree.jp/tree/
大好きなアウトライナー。文章を構造的に組み立てていく必須のアプリ。大学院のゼミでは標準書類として使っています。

「Evernote」→http://www.evernote.com/
便利すぎて、もっとも使用頻度が高いです。

「Scrivener」→http://www.literatureandlatte.com/scrivener.php
以前はなんでもこれで書いていましたが、現在はEvernoteにその座を譲っています。

「egword Universal 2」(番外編)
すでに開発が終了してしまいましたが、依然として最高に優れたワープロソフト。きれいな文字組を全自動でしてくれるところが大好きです。

R0330130
GXR+A16

2012.04.11

2700-120403 ARAYA Federal 2012が気に入った!!

SDIM4774
SIGMA SD1

「ARAYA Federal, 2012」を買いました。
http://www.araya-kk.co.jp/bicycle/2012/15_FED/index.htm

IMG_5502
iPhone4

「ランドナー」と呼ばれるカテゴリーの自転車です。
スピードを追求するのではなく、長距離をゆったりサイクリングするのに適しています。

SDIM4776
SIGMA SD1

2月に、成蹊大学近くにある旅自転車専門店「velo craft」の店頭で見て、一目惚れ。
http://www.c-w-s.co.jp/velocraft/

shioが中高生の頃に一世を風靡したブリジストン「ロードマン」の進化型に見えたからです。

shioにとっての魅力は……。
・ドロップハンドルの水平部分にもブレーキレバーが付いている。
・泥よけが標準装備。
・シフトレバーがフレームについている。
・ホイールが26インチなので、全国どこでも修理パーツが手に入りやすい。
・基本的にパーツはシマノ製。
・チェーンカバーが付いている。
・ほぼホリゾンタルの細いフレーム。

SDIM4777
SIGMA SD1

12年記念として買いました。
「2697-120331 12年×3の感慨」→http://shiology.com/shiology/2012/04/2697-120331-123.html

実際に走ってみると、驚くほど静粛。
路面と接する音以外、無音。
滑るように進みます。
いい自転車はみんなそうなのだろうけど、その滑らかな乗り心地に、乗るたび、感動を覚えます。

このクオリティーで49,800円は本当にお買い得でした。
BD-1とFederal、自転車に乗るのがますます楽しくなります!!

SDIM4781
SIGMA SD1

2012.04.07

2699-120402 ペリカン・イエローデモンストレーター

IMG_5620
iPhone4

shioゼミの卒業生とSkypeで話していたら、万年筆の話題に。
話しながら、ペリカンの情報をWebで見たら、黄色い透明な万年筆に一目惚れ。
「ペリカン万年筆 M205 DUO イエローデモンストレーター(ハイライターインク付)」

IMG_5618
iPhone4

イエローの蛍光ペンとして使えるインクがセットされています。
届いたパッケージがおしゃれ。
書いてみると、本当に蛍光イエロー!!
すばらしい!!

IMG_5619
iPhone4

2012.04.05

2698-120401 成蹊桜祭り

R4006071
GR DIGITAL 4

例年どおり、4月の第一日曜日に成蹊桜祭が催されました。
卒業生が主役。
バンドが奏でる楽曲も、なつかしい。
子どもたちも十分に楽しめるお祭りです。

R4006082
GR DIGITAL 4

shioゼミの卒業生たちも集まって、研究室で久しぶりに語りました。
楽しい!!

11月の「欅祭」と並んで、卒業生と会える機会があるのは幸せなことです。
来てくださったみなさん、どうもありがとうございました!!

R4006100
GR DIGITAL 4

2012.04.04

2697-120331 12年×3の感慨

R0330125
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2012年3月31日はshioにとってちょっと区切りの日。
2000年4月1日に成蹊大学に着任して、ちょうど12年なのです。

桐朋で12年(小学校・中学校・高校)。
慶應で12年(経済学部・法学部・修士課程・博士課程)。
成蹊で12年(法学部専任講師・助教授・准教授・教授)。

R0330127
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

12年記念です。
個人的に、とても感慨深いのです。

4月1日からは、成蹊での生活が最も長くなります。
ステキな同僚とステキな学生たちとの学園生活、幸せです。
成蹊学園のみなさん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

R0330128
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2696-120330 FacebookとSkypeのメッセージが連携してる

R0329794
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

アメリカからSkypeで連絡があったため、久しぶりにSkypeを使ったところ、FacebookメッセージとSkypeのメッセージが連携していることに気付きました。
これはすばらしい。

R0329795
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

「脱メイル」、つまりメイルを減らしてメッセージを活用しようとしているshioは、Facebookメッセージを使う頻度も高くなっています。それがSkypeのインターフェイスでもシームレスに使えるのは、とても便利です。

R0329797
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

FacebookとSkype、それぞれいいところがあります。

Facebookのメッセージは、ブラウザで使うと、書き込むスペイスが小さい。
一方、Skypeでは書き込む欄を自在に広げることができます。

Facebookのメッセージは履歴を大きい画面で見ようとすると「スレッド全体を見る」する必要がありますが、Skypeでは元々大きい画面で見られます。SkypeならFacebookの他の書き込みが目に入ることもないし、MacでSkypeをフルスクリーン表示にしていれば、画面スッキリ。

R0329799
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

一方、Skypeは(以前と仕様が変わっていなければ)相手がログインしていないとメッセージを送れませんが、Facebookは相手がログインしていなくてもメッセージを送れます。

何よりうれしいのは、Facebookメッセージを受けるだけの目的でブラウザにFacebookを開いておく必要がなくなること。Facebookを見たいわけではないけどメッセージは受けたい、という状況のときに、Skypeさえ開いておけばメッセージがちゃんと届きます。

R0329800
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2つが連携することで、両者のいいとこ取りして使うことができる。
すばらしい!!

R0329801
GXR+「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

2012.04.03

2695-120329 popsetって便利かも

R4005929
GR DIGITAL 4

iPhoneアプリ「popset」を入れてみました。
http://popset.com/

写真を超シンプルに仲間と共有するアプリ。
複数の写真を一気にFacebookにアップできるのも便利です。

R4005933
GR DIGITAL 4

2694-120328 foursquareを使ってみた

R4005946
GR DIGITAL 4

アカウントを作ってから長らくそのままになっていたfoursquareを使ってみました。

おいしいうどん屋さんに行ったところ、その店はGoogle Mapでは検索されない。すると同行した大学院生が「foursqureでは見つかりましたよ」と教えてくれたからです。foursqureでなら見つかる場所がある、ということなら使ってみたい。

久しぶりにログインすると、「130件の承認待ちリクエストがあります」と表示されました。
承認しようとそのリストを見てみると、実名でない人も結構いるんですね。

自分の居場所を公言するシステムで偽名を使う意味はよく分からない。
なので、実名と思われる人のみ承認しました^^

R4005950
GR DIGITAL 4

« March 2012 | Main | May 2012 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください