« 2705-120408 Tweet ATOKをiPadで | Main | 2707-120410 「サイボウズLive」インタビュー記事掲載 »

2012.04.15

2706-120409 SD1の写真をその場でiPadへ!!

SDIM4980
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

発売と同時に買って以来ほとんど使っていなかった「Apple iPad Camera Connection Kit」(以下、「AiCCK」と略します)。
http://store.apple.com/jp/product/MC531ZM/A

SIGMA SD1の写真を撮影直後にiPadで見るのに良さそう。
とくに、新iPadの高解像度なRetinaディスプレイでSD1の絵を見るのは格別なはず。

SDIM4990
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

それを実現するにあたってSD1の写真を直接iPad読み込む方法は2つ。

(1) SD1をUSBケープルでAiCCKに直接接続
(2) AiCCKにメモリーカードリーダーを接続し、SD1のCFカードを挿入

(1)が簡単です。
でも現場では、カメラの電源はできるだけ温存したいので、できれば(2)が望ましい。

SDIM4986
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

以前、手持ちのメモリーカードリーダーをiPadにつないだところ、消費電力が大きすぎて使えないという表示がでていました。そのままあきらめていたのですが、これを機会に、AiCCKで使えるメモリーカードリーダーを本気で探してみることにしました。

ヨドバシカメラに行って、もっとも消費電力が小さいメモリーカードリーダーを見つけるため店頭の製品をすべて調べる。
すると、サンワサプライ「ADR-ML10P」が消費電流が最小でした。
動作時100mA、スタンバイ時30mA。
これならいけそう。
それを買ってiPadに接続したところ、問題なくCFカードの写真が読み込まれました。
すばらしい!!

SDIM4989
SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

SD1で撮影した写真をiPadで鑑賞する手順は下記の通りです。

(1) SD1をRAW+JPEGに設定(いままでRAWのみで撮影していましたが、今後はJPEGでも同時記録します)。
(2) 撮影後、CFカードを取り出し、iPad+AiCCK+「ADR-ML10P」に挿す。
(3) カード内の写真が表示されるので「すべてを読み込む」をタップすると、JPEGのみが読み込まれる。iPadはSD1のRAWに対応していないため、ありがたいことにRAWファイルを無視してくれる。
(4) 読み込みが終わったら、「読み込み完了 接続中のカメラから読み込んだ写真を削除しますか?」と表示されるので、「削除」と「残す」のうち「削除」をタップ。すると、CFカード内のJPEGのみが削除されます(RAWファイルはそのまま残ります)。
(5) iPadで鑑賞、iPhotoで編集、そしてiPadからFacebookなどにアップもできます。すばらしい。

カードにはRAWファイルのみが残るので、あとでMacにそれを取り込んでSigma Photo Pro 5で現像するのはいままでどおり。

いままでSIGMA SD1の写真は現像するまでのタイムラグがあって、現場で見せ合ったりWebに出したりできなかったけど、これならOK。

こんなステキな方法、もっと早く思いつくべきでした^^

SDIM4995

SIGMA SD1 + 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

« 2705-120408 Tweet ATOKをiPadで | Main | 2707-120410 「サイボウズLive」インタビュー記事掲載 »

Apple iPad」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

SIGMA SD1」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください