« 2432-110709 三ツ矢堂製麺 | Main | 2434-110711 HHKB Professional JPをデュアルキーボードで »

2011.07.19

2433-110710 寄れるが価値

SDIM1831
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

レンズの最短撮影距離は短い方がいい。
被写体にぐぐっと近づけるので、絵作りの自由度が高まるから。

「レンズはどれを買ったらいいですか?」という質問を受けます。
答えは簡単。
「寄れるレンズ」、つまり最短撮影距離が短いレンズ、です。
そしてできれば明るい(F値が小さい)方がいい。

SDIM1829

シグマの50mmレンズ(SD1では75mm相当)の最短撮影距離はこんな感じ。
50mm F1.4 EX DG HSMは45cm。
17-50mm F2.8 EX DC OS HSMは28cm。
MACRO 50mm F2.8 EX DGは18.8cm。

SDIM1830
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

この数値、一眼レフの場合、ボディーの中にあるセンサー表面(あるいはフィルム面)から被写体までの距離です。
従って、実際に使うときのレンズから被写体までの距離は、上記の数値よりはるかに短くなります。

ちなみにコンパクトカメラの場合は、レンズの先端から被写体までの距離。

SDIM1827
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

シグマのレンズには「寄れる」レンズが多い。
shioのSD1の「原則レンズ」も、最短撮影距離18cmの24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROなのです。レンズが被写体に触れんばかりに近寄ることができます。
「2415-110622 SD1のshio的「原則レンズ」は24mmF1.8」→http://shiology.com/shiology/2011/06/2415-110622-sd1.html

またコンパクトカメラで断然「寄れる」のはリコー。
最短撮影距離1cmといった接写ができます。

だからシグマとリコーが好き^^

SDIM1825
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

« 2432-110709 三ツ矢堂製麺 | Main | 2434-110711 HHKB Professional JPをデュアルキーボードで »

SIGMA SD1」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください