« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.30

2052-100621 Safari5

R0010413
RICOH CX3

Safariが5にアップデイトされました。
すばらしいのは「リーダー」機能。

この機能に対応したページを開くと、アドレスバーの右端に「リーダー」というボタンが表示されます。
それをクリックすると、本文のみが中央に大きく表示され、超読みやすい。
さらに、複数ページに分割された記事も、1枚で表示されるので、下にスクロールしていくだけで読めます。
ありがたい。

未体験の方は、ascii.jpに掲載されている「ScanSnap+iPadが最強! 本気で始める紙のデジタル化」でお試しください (^_^)
http://ascii.jp/elem/000/000/529/529892/

R0010418
RICOH CX3

2051-100620 Snow Leopard 10.6.4

R0010336
RICOH CX3

6月16日、MacOS X 10.6(Snow Leopard)がバージョン10.6.4にアップデイトされました。

インストールしてさっそく"Mail"を起動すると、「letterbox」が非対応と出る。
そこでletterboxのサイトに行ってみると、すでに10.6.4対応版(0.24b7)がリリースされていました。
http://harnly.net/software/letterbox/
すばらしい!!

さっそくインストール。
"Mail"が横型表示で見やすくなるので愛用しています。
ありがたい!!

R0010337

2050-100619 センサーサイズによるボケの使い分け

R0010344
RICOH CX3

カメラに関してご質問を2ついただきました。

<質問>EOS 5D Mark IIと7Dを比べたとき,やはりフルサイズセンサー機の画質は大違いと思われますか?

画質の違いはほとんどないと思います。
shioが使っているキヤノン製一眼レフの場合、フルサイズの方が画素数が多いため密度が高く緻密ですが、個々の画素の画質そのものは似たようなものと感じますし、気にしません。

そんなことよりもshioは、描けるボケの強弱によってセンサーサイズを使い分けます。
ポートレイトなど強いボケ(被写界深度の浅い描写)が必要なときは大型のセンサーを、弱いボケ(被写界深度の深い描写)が必要なときは小型のセンサーを選ぶのです。

R0010339
RICOH CX3

センサーのサイズは対角線の長さで比較するとわかりやすいと思います。
そこで、各センサーサイズの対角線の長さを計算してみました。
カッコ内はセンサーの長辺×短辺。

・35mmフィルムフルサイズ:43.27mm(36×24mm)
・APS-H(キヤノン):34.42mm(28.7×19mm)
・APS-C(ソニー・ニコン・ペンタックス・リコー):28.35mm(23.6×15.7mm)
・APS-C(キヤノン):26.68mm(22.2×14.8mm)
・Foveon(シグマ):24.88mm(20.7×13.8mm)
・Four Thirds(オリンパス・パナソニック):21.64mm(17.3×13mm)
・1/1.7インチ:9.50mm(7.6×5.7mm)
・1/1.8インチ:8.94mm(7.18×5.32mm)
・1/2.5インチ:7.18mm(5.76×4.29mm)

これを見ると、「フルサイズ」は約43mm、「APS-Cサイズ」は約26〜28mm、一般的なコンパクトカメラの極小センサーは対角線10mm以下。
この差が、ボケの差、被写界深度の差。
描きたい意図によって道具を選ぶのです。

R0010348
RICOH CX3

<質問>レンズにプロテクトフィルターは付けていますか?

一切、使いません。
これについては以前から何度か書いております。

「1128-071218 露出と色に関するご質問」→http://shiology.com/shiology/2005/11/542051024__8652.html
「759-061120 カメラの手入れ」→http://shiology.com/shiology/2006/11/759061120__96dd.html
「1128-071218 露出と色に関するご質問」→http://shiology.com/shiology/2007/12/1128071218_050a.html

レンズにプロテクトフィルターは一切付けません。画質悪化を招くだけ。
各社の「高級な」フィルターを一通り使いましたが、shioには不要です。
レンズは常に裸。
フードはしっかり付けています。
レンズが汚れたら東レの「トレシー」で拭きます。

R0010345
RICOH CX3

2049-100618 ロボットフォーラム

R0312084
すべてRicoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1限・2限:民法4
・保証と連帯保証
・連帯保証と連帯債務

R0312093

4限・5限:shioゼミ
・詐害行為取消権

R0312102

夜、ロボットフォーラム。
いろんなロボットを拝見。
中でも5本足ロボットは大変面白い。
歩いたり走ったり飛んだり、愛嬌があります。
ロボット。夢があります。

R0312106

2010.06.27

2048-100617 「ScanSnap+iPadが最強!本気で始める紙のデジタル化」

R0311940
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ASCII.jpに、拙稿が掲載されました。

「ScanSnap+iPadが最強! 本気で始める紙のデジタル化」
http://ascii.jp/elem/000/000/529/529892/

私の論文をダウンロードして試していただけます。

どうぞご覧くださいませ (^_^)

R0311919
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2047-100616 FM西東京で番組収録

R0312047
すべてRicoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

西東京市にあるコミュニティーFM局「FM西東京」(84.2MHz)で番組収録しました。
番組は「伊藤幸久のHouse of the Sun」。
http://www.voiceblog.jp/h_sun/

毎月第1・2の土曜日の朝、「サタデー・モーニング・ブレイク」の中で、8:30~9:00放送されています。
今回の収録は、7月3日と10日の放送分です。

R0312034

事前に「何を語ればよろしいんですか?」とうかがったら、「塩澤さんの生き様を (^_^)」とのこと。

R0312054

shioが語るのは、3日放送分の前半と後半、10日放送分の前半と後半、それぞれ約8分ずつ4回。
パーソナリティーの伊藤幸久さんがうまく問いかけてくださったので、確かにshio人生の要点と生き方をうまい具合に語らせていただきました。

R0312055

電波での放送を聴ける地域は限られていますが、追って上記のブログでポッドキャストされるそうです。
配信が始まったらお知らせします。

R0312056

2046-100615 火曜日

R0311930
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1限:民法1

Q&A
・悪意、善意がわからない。
・騙された方も悪いというが、信頼した方を守ってくれないのですか?
・97条2項に、通知を発した後に死亡したときであっても効力は妨げられないとあるが、誰がその契約を引き継ぐのですか。
・96条は無効でなく取り消すことができるとあるのはなぜか?

講義
・99条代理
・通常の契約との比較
・代理の要件
・代理の効果
・代理はどういうときに使うか=代理制度があることによりできること。
・任意代理  
・法定代理
・行為能力とは
・顕名しなかった場合
・意思表示がない場合
・代理権がない場合=無権代理 
・101条1項の読み方

R0311929
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

4限:基礎演習(1年ゼミ)
・債権と債務の発生は同時か

R0311934
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

6限:リーガルリサーチ(ロースクール)
・判例を読むときの頭の使い方
・民法を通読する意味
・条文を読むときにやるべきこと
・契約の効力とは何か
・双務契約と片務契約
・債権の人生(債権生)
・第三者のためにする契約の具体例

R0311922
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2045-100614 Scrivener気に入った!!

IMG_4466
iPhone 3GS

以前より各方面から「いいよ」との情報をいただいていた「Scrivener」(スクリヴナ)。
http://www.literatureandlatte.com/scrivener.html

気に入りました。

「書く」環境において最も大切なのは安定性。
書いている途中で滞るとか、文字列の描画が不安定、なんてことがあると、安心して書いていられない。
不安感のない環境で書きたいのです。

いままでブログを書くのに MacJournal を使ってきた最大の理由は安定性。
2000を超えるエントリーを抱えていても、何ら問題が生じない。
そればかりか検索も万全。
さまざまなアプリを試してきたけれどMacJournalが最も気に入っていました。

IMG_4450
iPhone 3GS

そこへScrivener。
過去のブログの全エントリーを読み込んで書き始めてみる。
1行も書けば文字列描画の安定性は判断できる。
これはいける。
画面分割や全画面表示も使える。
検索もOK。

もしかしたら論文もこれで書けそうという手応えを得ています。
しばらく使い続けてみようと思います。

IMG_4449
iPhone 3GS

2044-100613 ゼミの授業参観をした経緯

R0311986
すべてRicoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

前々回のエントリーに、shioゼミで授業参観をしたことを書いたところ、どういう経緯でそれを実施することになったのか知りたいというご質問をいただきました。

R0311924

学生たちと話をしていて成り行きで……というのが実態。
学生の一人が家庭の会話で「ゼミは何がそんなに楽しいの?」とたずねられ「来てみればわかるよ」と答えたそうだし、「ぜひうちの親に先生と会ってほしい」と願っている学生もいて、そういう話が盛り上がって「先生、授業参観しましょうよ!!」というので「よし、やろう!!」と決まったのです。

R0311926

決まってしまえばトントン拍子。
6月12日土曜日に法学部の父母懇談会があるので、地方からいらっしゃる保護者のご都合を考えてその前日のゼミを参観日に決定。
shioゼミのイベントはすべて学生が企画し、学生が実施するので、授業参観を行うとなればその企画運営もすべて学生たちが行う。
保護者への案内状も彼らが作成して印刷。
当日の運営や、夕食会の予約などもすべて学生。

R0311932

当日、研究室でのお茶会、ゼミの参観、夕食会、そしてスタバでの二次会が終わった後、前述の学生親子の会話。
学生「ね? わかったでしょ?」
保護者「うん、よくわかった!!」

R0311939

shioゼミを半日体験してくださった保護者にも、ゼミの楽しさが伝わったようです。
みんな、ありがとう!!

R0311988

2010.06.23

2043-100612 法学部父母懇談会

R0311948

年に一度の成蹊大学法学部父母懇談会。
shioは今年度、法律学科主任(+教務委員長)なので、学部長らと共に出席しました。
300人以上の保護者の方々がご参加くださいました。

R0311950

学部、学科の説明を申し上げたあと、質疑応答。
面白いご質問もいただき、楽しく答えさせていただきました。
多くの方々のご来訪、心より感謝申し上げます。

R0311943

2042-100611 shioゼミ授業参観

R0311955
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1限・2限:民法4

・保証債務の性質
・保証契約の成立
・保証人の責任等
・保証人の要件
・保証債務の成立要件
・保証債務の効力
・保証債務の内容
・催告の抗弁
・検索の抗弁

R0311954
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

3限:shioゼミ学生の保護者の方々と研究室でコーヒー

R0311951
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

4限・5限:shioゼミ(授業参観)
債権が二重譲渡された場合に確定日付のある通知が同時に債務者に到達した場合。

ゼミ終了後、保護者の方々と学生共々、夕食会。
そのあと閉店までスタバでおしゃべり。

学生からの発案で学生が企画した「授業参観」。
shioゼミの楽しさを保護者の方々にも体感していただけたようです。
すばらしい!!

R0311956
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.06.20

2041-100610 非マック時間の価値

R0311684
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そういえば、MacPeople7月号が発売されています。

shioの連載「一語一絵」は「非Mac時間の価値」。
172ページです。
写真は、Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macroで撮影したもの。
アップルストア銀座の横です。

R0311683
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2040-100609 島田晴雄先生ご講演

IMG_8347
すべてEOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

島田晴雄著「日本の壊れる音がする」(朝日新聞出版)の出版記念講演・サイン会。

IMG_8245

島田晴雄先生には、慶應義塾大学経済学部在学中にゼミでお世話になりました。

IMG_8506

IMG_8562

IMG_8382

IMG_8411

IMG_8343

IMG_8721

2039-100608 火曜日

R0311750
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1限:民法1

Q&A
・錯誤と欺罔の関係
・因果関係とは?
・取り消しても取り消さなくてもいいのか。
・詐欺のとき、誰の承認もなく取消しできるか
・法律の改正は
・インターネット通販、返品できるか。
・93条本文と但書き、聞けば聞くほど、わからなくなる
・欺罔された結果した意思表示による契約では、騙された方に立証責任がある?
・703条、不当利得の場合、実際使ってしまって手元にもう無い場合、取り戻せるか。

◎講義◎
・96条1項=表意者の相手方が詐欺又は強迫した場合
・96条2項=第三者が詐欺を行った場合
・97条(隔地者に対する意思表示)
・98条=公示送達

*94条2項と96条3項は、後でやります。

R0311737
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

3限:会議

R0311760
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

4限:基礎演習(1年ゼミ)
・各国の民法体系

R0311744
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

6限:リーガルリサーチ(ロースクール)
Q&A
・裁判調査官解説への接し方は?
・リテラシーとは。
・メディアとは。
・判旨とは。
・「論点」の扱いについて。
・リーガルリサーチの最終回講義は?
・リーガルリサーチの講義は面白いが、わからないことが増えていくので不安になる

講義
・債権の効力とは
・契約の効力とは

R0311739
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2038-100607 30分で100枚

R0311798
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

朝、通勤中、成蹊大学のキャンパス内で、ドクダミの群生発見。
9:30から10:00までの30分でちょうど100枚、撮影しました。

R0311791
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

flickrでphotosetにしました。
http://www.flickr.com/photos/shio/sets/72157624313573608/

スライドショウはこちらです。
http://www.flickr.com/photos/shio/sets/72157624313573608/show/

R0311821
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.06.13

2037-100606 iPadでアウトライナー

R0311895
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iPadをクリエイティブに使うため、必須のアプリといえばアウトライナー。
文章を構造的に書いたり、アイディアや要点をまとめていくためのアプリ。

MacではTreeを愛用しています。
iPadでは何がいいだろう。

R0311896
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

Carbonfin Outlinerを使っています。
http://carbonfin.com/

R0311897
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

アウトライナーとして必要なことはちゃんとできる。
その上、書いた内容をWebと同期してくれるから、Macからはブラウザで開いてOPMLファイルを取得し、TreeやOmniOutlinerで開けます。
もちろん逆もOK。
すばらしい。

R0311898
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

デジタル書籍の閲覧機能が着目されるiPad。
shioは、「読む」より「書く」「創る」iPadとして使いたい。
iPadを生産的に。
Carbonfin OutlinerはiPadを思考のツールにしてくれます。

R0311899
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2036-100605 大塚茜さんコンサート

IMG_7985
すべてEOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

新宿にあるパウエルフルートのアーティストサロン“ドルチェ”で、大塚茜さんのコンサート。

IMG_8020

茜さんが企画するコンサートシリーズ「FLUTE SEASON」の第1回「SUMMER」。
フルートの大塚茜さんとピアノの石川悠子さんのデュオ・コンサート。

IMG_8045

満員!!

IMG_8072

表情豊かな美しい音。

IMG_8100

曲によってゴージャスだったり,軽妙だったり,重厚だったり,哀愁だったり。。。
幅の広い表現力が大変魅力的でした。

IMG_8104

体の底から楽器に吹き込まれる息。
どっしりとした安定感のある音。

IMG_8110

スケールもアルペジオも美しい。

IMG_8124

shioは「天井のフルート」の「冬」と「ヴェニスの謝肉祭」が好きでした。
ダブルタンギングをこともなげに続ける充実した音がステキ。

IMG_8155

また聴きに行きたいです。
茜さん、悠子さん、どうもありがとうございました。

IMG_8182

2035-100604 三井公一さん写真展「iの記憶」

R0311836
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

三井公一さんの写真展「iの記憶」

R0311838
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iPhoneで撮影した写真が、A3、そしてA0まで伸ばされています。
圧倒的な存在感。
油絵のような不思議な安定感があります。

R0311839
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

特に微妙なグラデーションや木々の小枝のような微細な描写がすばらしい。
少し離れて見ると、油絵のごとき立体感が、そういう部分から感じ取れる。
iPhoneのカメラは300万画素ですが、改めて写真は内容であって画素数ではないということを、思い知らせてくれます。

R0311840
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ぜひ新宿にある「エプサイト」で実物をご覧ください。
会期:2010年6月4日(金)~6月17日(木)10:30-18:00(最終日は15:00まで)
休館:日曜日
入場無料
http://www.epson.jp/epsite/event/gallery2/10/1012.htm

R0311841
Ricoh GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2034-100603 iPad1週間

R0316280
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

1限、2限:民法4
・詐害行為取消権における按分請求の可否
・分割債権、分割債務
・不可分債権、不可分債務
・連帯債務

R0316270
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

4限、5限:shioゼミ
・不当利得返還請求の可否
・判例研究の意義

R0316278
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

iPadを使って1週間。
その間、MacBookProは研究室のみで使い、一度も外に持ち出しませんでした。
研究室外ではiPadオンリー。
ゼミも研究会もスタバも移動中も、メールもWebもtwitterもブログも原稿も。
情報端末を使って日常的に行いたい多くのことはiPadでできます。
すばらしい。

R0316277
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

2010.06.08

2033-100602 iPadのサイズ感

R0316258
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

iPadを見せると「意外と大きい」という人と「意外と小さい」という人がいます。
それだけ絶妙なサイズなのでしょう。

R0316261
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

shioの場合,iPhoneの画面の対角線は,人差し指の長さ。
iPadの画面の対角線は,手を開いたときの親指から人差し指までの長さ。

R0316259
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

つまり,iPhoneはフィンガーサイズ,iPadはハンドサイズ。
指で操作するiPhoneと手で操作するiPad。
それぞれにふさわしいサイズで設計されています。

R0316262
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

2032-100601 2種類のiPad

R0316235
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

iPadを使っていると、周囲の人から「iPadって毎月お金払うんでしょ?」と質問を受けます。

R0316245
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

iPadには「iPad Wi-Fi」と「iPad Wi-Fi + 3G」の2種類があります。
前者は毎月の通信費用を支払う必要なく使えます。携帯電話会社と契約する必要もありません。無線LAN(Wi-Fi)の電波がある場所でのみネットに接続できます。
後者はWi-Fiのほか,ソフトバンクの携帯電話回線(3G回線)も使えるため,毎月2,910円をソフトバンクに支払うことで常時ネットに接続できます。
http://mb.softbank.jp/mb/ipad/

R0316239
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

shioが買ったのは前者「iPad Wi-Fi」です。
なので,お金を毎月支払う必要なし。
成蹊大学は,ゼミ教室,図書館,ロースクール内,キャンパス内の要所,そして私の研究室もすべて無線LAN(Wi-Fi)完備ですし,shioの自宅ももちろんWi-Fi。
なので「iPad Wi-Fi」で十分。
外出時はネットから離れたいし,それでも必要な情報はiPhoneで得られるので,iPadがネットにつながる必要はいまのところ感じていません。

R0316240
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

一方,生活環境にWi-Fiがない人は断然「iPad Wi-Fi +3G」がいいと思います。
いつでも簡単にネットとつながれる。
PCの起動を待ったり接続の作業をするといったわずらわしさゼロで,スイッチを入れたら即ネットの恩恵を享受できます。
こんなすばらしい環境が月々2,910円なら安い。

R0316238
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

PCはコンピューターの専門家が使うべきもの。
iPadは一般人のために作られた情報端末です。

R0316222
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

2031-100531 火曜日

R0316255
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

1限:民法1
Q&A
・中古デジタルカメラの売買と中に入っていた写真の取り扱い
・93条の表意者とは誰か。
・93条本文は例外なのになぜ最初に規定してあるのか
・93条で表意者がその真意を知らなかったことをどのように立証するのか
・555条の「これ」は何をさすのか。

R0316242
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

講義
・錯誤
・要素の錯誤
・動機の錯誤
・詐欺・強迫

R0316244
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

4限:基礎演習(1年ゼミ)
・物権と債権

R0316251
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

6限:リーガルリサーチ(ロースクール)
・権利外観法理の背後にある価値観
・「取引の安全」と思考停止
・信義則の意義
・ルールとは何か
・デジタル情報の特性と五感

R0316250
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

2010.06.06

2030-100530 iPadで快適タイピング

R0316206
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

iPadのソフトキーボード。
「タイピングしやすい」という人と「しにくい」という人がいます。
shioはとても気に入っています。

R0316207
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

触っただけで文字入力できるなんて革命的。
その感覚は「スラスラ」。
物理的なキーを押し下げたり底打ちするという抵抗がない。
単なる入力だけなら普通の物理的なキーボードよりも速いかもしれません。

R0316200
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

タイピング姿勢は大きく分けて2種類。

(1) 幽霊式
幽霊の手のように手首から先の力を抜いて,ブラーンと指がぶら下がる方式。
shioが小学5年生のときに自宅にあったタイプライターを練習した際,教則本に書いてありましたので,以来30年,このスタイルでタイピングしています。
ピアノの弾き方と同じスタイルですから,最も疲れにくく,手や手首に負担がかからないと思います。

R0316210
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

iPadのソフトキーボードがタイプライターや一般のリアルキーボードと異なるのは,ホームポジションに指を置けないこと。
指をiPad上に置いてしまうと文字が入力されてしまいます。
そこで,指は空中で待機する必要があります。
そのため,ホームポジションに固定することが難しい。
しばらく繰り返していれば自然と腕が位置を記憶して,空中から間違いなく各キーにタッチ(タップ)できるようになります。

しかしどうしても指の位置を固定したい場合は,親指をキーボード手前のタッチパネル外に置くといいと思います。
shioの場合だと,左親指はFとGの間あたり,右親指はHとJの間あたりから,それぞれタッチパネル外に垂線をおろした位置に親指を置くとちょうどいいです。
(shioは親指で固定することはしていませんが)

R0316205
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

(2) 手首固定式
iPadを机上に置き,その手前の机上に手首を置く方式です。
手首が固定されるため,各キーの相対的位置関係を指が記憶しやすいです。
特に爪を伸ばしている人はこの方式によってiPadを快適にタイプすることができると思います。
しかし,常に手首よりも上に各指を保持する必要がありますから,常に手の筋肉が緊張し,手がこわばったり,手首がくの字に曲がったままの状態が継続するため,手首に負担がかかる可能性があります。

R0316213
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

いずれの方式でも,しばらく練習すれば慣れて違和感なくタッチタイピング(ブラインドタッチ)できます。
iPadのソフトキーボード,気に入りました(^_^)

R0316203
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

2029-100529 出島関,断髪式

R0315994
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

出島関の断髪式に参列しました。

R0316002
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

11時開始。
しょっきりや相撲甚句、幕下の取組みのあと、断髪式。

R0316008
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

1999年に出島が曙を下した優勝決定戦の「中継」を,アナウンサーが再現。
「でーるーでーるーでーじーまっ!!」

R0316010
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

そのアナウンスを聞いているだけで,その相撲の映像が描き出され,出島が勝った興奮を味わう。
空気まで「場」を再現してしまうアナウンサーは偉大だと感じました。

R0316037
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

断髪式では330人の来賓(すべて男性)が次々と土俵に上がって出島関の髪にハサミを入れてゆきました。
長い長い儀式。
最後に親方の手によってまげがすべて切り取られるのを見ていたら、じわぁっ。

R0316047
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

大鳴戸親方の誕生です。

R0316060
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

2028-100528 iPad到来

R0315983
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

5月28日15:20,クロネコヤマトさんがiPadを届けてくださいました。
・iPad Wi-Fi 64GB
・カメラコネクターキット
・ドックコネクター・VGAアダプター
・ケース

R0315985
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

同時に届いた同僚の先生と一緒に開封して,スタッフたちとiPad談義。
研究室でMacと同期した後,吉祥寺駅前のマクドナルドでTさんとiPadを囲んで語りながらWi-Fiに接続。
その後自宅にもどり、結局朝の3:20まで使い続けました。
バッテリーは残量は余裕。

R0315982
GXR+RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC

この日のために60個ほどのアプリを既にダウンロードしてあったので,一通り試してみました。
いわゆる「情報端末」を使って普通にやりたいことはiPadですべてできる。
すばらしい。

R0311802
Ricoh GXR+RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC

« May 2010 | Main | July 2010 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください