« January 2010 | Main | March 2010 »

2010.02.28

1937-100226 MacPeople4月号発売

R0304140
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

MacPeople4月号が発売されました。
shioの連載「一語一絵」は178ページです (^_^)

R0304132
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1936-100225 Treeが気に入った!!

R0304208
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

アウトライナー(アウトラインプロセッサー)は必需品。
いままでいろいろ使ってきました。
ここ数年はOmniOutliner。

R0304212
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

OmniOutlinerには欠点がひとつあります。
日本語を入力しているとき,一文字入力するごとに下線が再描画されるので,高速でタイプしているとチラチラするんです。

そこで,別のアウトライナーを探しました。
候補はOpalとTree。
幾多の検証の結果,Treeが気に入った!!
http://www.topoftree.jp/tree/

快適です(^_^)

R0304204
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.26

1935-100224 医学と芸術展

R0304136
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

六本木ヒルズの森美術館で行われている「医学と芸術展」。
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html

会期終了(2月28日)間近です。
ぜひ見たかったので,時間を作って行ってきました。
ダビンチの素描,黒田清輝の1888年の模写がみどころ (^_^)

R0304129
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1934-100223 RICOH CX3

IMG_4775
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

研究室にshioを撮影にいらしたSさん。
RICOH CX3を構えてニッコリ (^_^)

shioがCX3で撮影した写真はこちら。
http://shiology.com/shiology/2010/02/1929-100218-9f1.html

R0306934
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1933-100222 ショップチャンネル

R0304099
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ショップチャンネルで,アーユルチェアーの使用感についてのコメントを録画しました。
アーユルチェアーを販売する番組で使われるそうです (^_^)

R0304084
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

shioが超愛用しているアーユルチェアーはこちら。
http://www.ayur-chair.com/

R0304083
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1932-100221 枯林忌

R0304050
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

成蹊学園を創立された中村春二(はるじ)先生の命日は「枯林忌」として偲びます。

R0304051
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1931-100220 洞峰公園

R0304066
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

JAXAに行く途中に通りかかった洞峰公園で3枚撮影。

R0304068
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0304064
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0304067
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1930-100219 初JAXA

R0304073
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

初めて,つくばのJAXA(宇宙航空研究開発機構)へ。
極秘ミッションです(ウソ)。

R0304074
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

つくば駅からJAXAまでお写んぽしました。

R0304075
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

宇宙なお仕事をいろいろ拝見。
shioもちょっとお役に立てればうれしいです (^_^)

R0304072
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1929-100218 画質向上

R0010067
RICOH CX3

RICOH CX3は軽快。
サクサク撮れる。

R0010068
RICOH CX3

画質が大きく向上しました。
細部までクッキリしてます。

R0010072
RICOH CX3

GR Digital 3に搭載されたノイズリダクションのアルゴリズムを採用したことによるのかもしれません。
これはうれしい!!

R0010057
RICOH CX3

そのうえ,裏面照射型CMOSセンサーのおかげで高感度での画質も向上しているので,GR Digital 3と併用しても遜色ない感じ。
使エルカメラです!! (^_^)

R0010074
RICOH CX3

2010.02.25

1928-100217 新宿でタイ料理

R0304031
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

特定非営利活動法人日本カンボジア法律家の会の総会。

R0304040
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そのあと,タイ料理に行きました。

R0304032
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

大好き (^_^)

R0304033
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0304042
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0304045
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0304047
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0304049
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.24

1927-100216 日経ビジネスアソシエ

R0304030
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

日経ビジネスアソシエ「3月2日号」(2月16日発売)。
特集は「決定版ノート術」。

22ページに,shioの測量野帳術が掲載されています。

本文中に「マッキントッシュ」が出てきますが,もちろん「Mac」のことです。
草稿を拝見したときに指摘したのですが,反映されませんでした(^_^)

みなさんのノート術が面白く参考になる特集です。

R0306935
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1926-100215 ろうそく頼り

R0306940
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

成蹊大学前のCuFu。

R0306949
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

夜,お料理をいただくテーブルは相当暗い。

R0306946
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

横に置いたろうそくの明かりで撮れるGXRはありがたい(^_^)

R0306947
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1925-100214 法学部入試

R0306869
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

例年,成蹊大学法学部の入試はバレンタインデーに行われます(^_^)

R0306870
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306871
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306872
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306950
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306938
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

IMG_4027
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

IMG_4021
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

IMG_4029
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1924-100213 鉄板焼き

R0306899
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

鉄板焼き。
美味(^_^)

R0306905
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306893
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306915
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306916
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306917
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

R0306921
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1923-100212 後光

R0010084
RICOH CX3

パスポートの申請で立川へ。
駅の真上なので便利だし,他の窓口よりすいてるから。

R0010081
RICOH CX3

それにしても最近の即席写真ボックスは速くてきれい。
ちゃんと背後からもフラッシュが光る。
すばらしい!!

R0010085
RICOH CX3

1922-100211 iChatで遠隔操作

R0010048
RICOH CX3

恩師S先生からMacのご質問。
そこで,iChatを立ち上げていただいて,shioのiChatから画面共有。
S先生のiMacの画面がそっくりそのままshioのMacBookProに表示され,100%遠隔操作できます。
iChatなので音声通話も通じているから,「このアイコンをクリックして……」なんてしゃべりながらshioが操作をすれば,それがすべてS先生に聞こえて,見える。
Macの遠隔サポートは,遠隔操作で超簡単(^_^)

R0010047
RICOH CX3

2010.02.16

1921-100210 Aperture3発売

R0306923
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

Aperture3が発売されました。
Aperture2から大幅に進化してます。
細かい使い勝手がたくさんたくさん改良されている。
写真家が何をしたいかをよくよく考えて作られていると感じます。
また,Aperture2に比べて,ルーティーンワークの手数が減りました。
日々の作業工程が少なくなるのはありがたいことです。

R0306891
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

たとえばメモリーカードからの読み込み。
従来は,メモリーカードないにある写真のサムネイルがすべて表示されていたけれど,Aperture3では未読み込みのファイルのみが表示される。
また,RAWとJPEGがある場合に,どちらを読み込むか,両方読み込むとするとどちらをマスターとするかなどを細かく指定できます。
読み込み時に自動的にEXIFに書き込む項目も,予めセットしておける。
shioは以前からコピーライト情報を書き込んでいたけれど,いちいちそれを指示する必要がなくなりました。

R0306922
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そしてすべての動作が速くなっています。
Aperture2だって十分に速かったのだけど,Aperture3はもっと速い。
すばらしい。

R0306892
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

標準価格19,800円。
Aperture2からのアップグレード版は9,800円。
こんな進化してこの価格は安い!!
アップル,ありがとう!!
さっそく2パッケージ購入しました (^_^)

IMG_4766
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

1920-100209 リチウムポリマー電池

IMG_4737
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

iPhoneで原稿を書き続けたりすると,バッテリーがきびしい。
そこで,補助バッテリーを購入しました。
コンセントに直接挿して本体を充電でき,USBケーブルでiPhoneを接続して充電できます。
新宿のヨドバシカメラで見つけました。
これで外出先でも安心して使い続けられます (^_^)

IMG_4767
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

1919-100208 ステレオタイプその後

R0306816
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

USB接続した2台のキーボードを並べて左右の手でタイピングする手法,「ステレオタイプ」。
「1916-100205 ステレオタイプ」→http://shiology.com/shiology/2010/02/1916-100205-61f.html

IMG_4725
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

もちろん「ステレオタイプ」とは本来,「固定観念」のこと。
鉛版(ステロ版)で印刷すると同じものが何枚も印刷できるのが語源かな?
shioは,「キーボードは1個」という「ステレオタイプ(固定観念)」を捨てたらキーボード2個の同時使用で幸せになれた。そのうえタイピング・キーボードを左右で使うので,「ステレオタイプ」と呼んじゃおう,という遊び心によるネイミングをしたわけです。

R0306820
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

これに慣れると,キーボード1個に両手を乗せる一般的なタイピングスタイルが,とても窮屈に感じます。
肩が前に出て,肩甲骨が開くので,背中にも負担がかかる。
「ステレオタイプ」なら,両手が肩幅に開いているため,胸を張った状態で気持ちよくタイピングできる。
背中も腕も楽。
上半身が快適です。

R0306695
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

欠点は,shiftなどのコンビネーションキーを,文字キーと同じキーボードで押し込む必要があること。
つまりたとえば左キーボードのshiftを押しながら右キーボードの文字キーを押してもshiftは効かない。
そこで,片手でshiftやcommandキーと文字キーを押すように練習しています。

R0306696
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そうなってくると,MacBookPro13インチを使っているときも,できればステレオタイプで打ちたい。
アップルワイヤレスキーボードを併用することにしました。
右手でMacBookProのキーボード,左手でワイヤレスキーボード。
ちゃんと打鍵した順に入力されます。

R0306861
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

なんか楽しい(^_^)

R3006276
GR Digital 3

2010.02.13

1918-100207 キャラ探し

R0306094
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iPadが出て以来,「あら探し」記事を目にする。
何事も,マイナス面ではなくプラス面を見いだして,その可能性について語る方が,前向きで夢があると思います。
その方がお互い気持ちいい。

R0306096
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そこで,「あら探し」の反対語って何だろうと考えました。
あら探し,いら探し,うら探し,えら探し……と五十音を順に,濁音,半濁音,そして,ぴゅら探し,ぴょら探しまで,ぜーーんぶ声に出してみました。

R0306095
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

その結果,「キャラ探し」が音的にも意味的にも一番きれい。
というわけで,プラス面を探すことを「キャラ探し」と勝手に呼ぶことにします (^_^)

R0306093
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.12

1917-100206 パンフレット用撮影

IMG_4720
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

法学部パンフレットのために教員も撮影。

R0306712
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.09

1916-100205 ステレオタイプ

R0306275
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ふと思いついた。
キーボードの二刀流ってどうだろう。

R0306320
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

やってみた。
できた (^_^)
これはスゴい!!

R0306311
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

発端はタイピング姿勢。
例によっていつものようにアーユルチェアーに座ってタイピングを続けていると,腰も背中も肩も首も極めて自然な体勢になって快適。
すると,腕の位置だけ不自然であることに違和感。
ひとつのキーボードを打つために左右の手をお腹の前に持ってくると,胸をすぼめることになる。
せっかくいい姿勢で座ることができているにもかかわらず,1台のキーボードが猫背の原因を作り出しているではないか。

R0306268
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

アーユルチェアーに座ることによって腰から頭まで,すべてまっすぐ。
ならば左右の腕も寄せるのではなく,まっすぐな位置でタイプしたい。
すなわち,体の横でブラーンとぶら下げた状態から自然に前に出した位置でタイピングできたら理想的。
どうしたら実現できるだろう。

R0306234
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そこでHappy Hacking Keyboard Professionalを2台,USB接続し,並べて置いてみた。
その前に座り,左右の腕をまっすぐ垂らした状態からそのまま前に出してみる。
なんとすばらしい!!
ぴったり,左右のホームポジションに手が乗った。

R0306270
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

試しに打ってみた。
感動。
胸を張った状態で気持ちよく打てる。

R0306243
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

もちろん,タイピングに支障なし。
2台のキーボードそれぞれから高速に入力しても,取りこぼしなし。

R0306862
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ただし,shiftキーなどを押しながら文字キーを打つ場合には,左右別々のキーボードでは不可能なので,工夫が必要。
片手で打ってもいいし,左右どちらも普通のキーボードなので,そのときだけどちらかに手を寄せればいい。
ピアノを弾くことを考えれば,その程度の手の動きは当たり前。
かえって,同じ腕の位置が長時間継続しないから,楽かもしれない。

従来のキーボード1個に比べて変更が必要なのはその程度。
その変更よりも,腕の位置が自然で,手首を不自然に曲げる必要がなく,両手が自由に動いてピアノを弾くがごとく快適に打鍵できるメリットは大きい。

R0306267
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

すばらしすぎる。
何でもっと早く思いつかなかったんだろう。

これって,キーボードが左右にあるから「ステレオキーボード」か。
いや,これぞ「ステレオタイプ」だな (^_^)

R0306286
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1915-100204 タンブラー茶道

R0306622
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

最近のマイブームは,shio流「タンブラー茶道」。

R0306616
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

タンブラーで中国茶を飲みます。
烏龍茶,鉄観音,普洱茶……。

R3006256
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

電気ケトルとタンブラーを買ったことは「1907-100127 お茶セット」に書きました。
http://shiology.com/shiology/2010/01/1907-100127-715.html

R0306623
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

スターバックスのventiサイズのタンブラー。
中国茶を飲むには本当にちょうどいい。
いわば急須兼茶碗。

R0306615
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

タンブラーに茶葉を入れ,電気ケトルで沸騰したお湯を少し注いで洗茶し(お湯を捨て),さらに上までお湯を注いで出来上がり。
このタンブラー,保温性が極めて高いため,研究室で飲んでいる間は,フタは開けっ放し。
会議などに持参するときはフタを閉めます。

R0306624
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そして,半分くらいまで飲んだら,再度沸騰したお湯を上まで注ぎます。
当初は全部飲み切ってから2煎目のお湯を入れていたけれど,それだと1杯目と2杯目の味の差が大きい。
半分まで減ったところでお湯を足すと,味も温度もちょうどいい感じ。

R0306620
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

タンブラー茶道,手軽においしく楽しいです (^_^)

R0306629
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.07

1914-100203 ピント合わせの手順

R0306613
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

GXRユーザーにお会いすると,ほとんど同じ質問を受けます。
「MFモードはどのように使うのですか?」

R0306609
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

最も多いのは,AF後のMF。
前提としての設定が2点。
・Fn.1またはFn.2に「AF/MF」を割り当てる。
・AFは「スポットAF」。

R0306599
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

手順はこんな感じです。
(1) 被写体のピントを合わせたい部分にAFスポットを向けて,シャッターボタンを半押しします。
(2) ピントが合ったら,Fn.1を押して,MFモードに替えます。これによって,ピント位置がロックされます。
(3) あとは,シャッターチャンスにシャッターボタンを押すだけ。被写体までの距離が不変である限り,何枚でも撮影できます。
(4) 被写体までの距離が変化した場合の対応は3つ。

a. 自分が被写体と一緒に移動して距離を一定に保つ。
b. MFモードのまま,ピントリングを回してピントを合わせる。
c. Fn.1を押してAFモードに切り替え,(1)からやりなおし。

R0306611
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.05

1913-100202 Snow Leopard

R0306380
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

多摩動物公園へ行きました。
サンフランシスコ動物園は広いと思ったけど,多摩動物公園も広かった (^_^)

R0306384
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

Snow Leopardさんにも会えてよかった (^_^)

R0306527
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

1912-100201 法学部パンフレット

IMG_4631
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

成蹊大学法学部パンフレットのために学生を撮影。
この後順次,学生と教員を撮影していきます。

IMG_4600
EOS 5D Mark II, EF50mm F1.2L USM

2010.02.04

1911-100131 「タッチ」タイピング

R0306222
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iPadでうれしいことはたくさんあります。
本当の「タッチ」タイピングができるのもそのひとつ。

R0306220
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

カチャカチャいわないキーボードに期待していると「1905-100125 無音なキーボード」で書きましたが,
http://shiology.com/shiology/2010/01/1905-100125-88b.html
iPadのキーボードはまさにそれ。
期待大です。

R0306225
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ただし,本当に「タッチ」タイピングできるのだろうか。
一般的な「タッチタイピング」をするときは,ホームポジションのキーに8〜10本の指を置いておく状態から必要な指を動かしてタイピングします。
でも,iPadのヴァーチャルキーボードでは,指を接触させておくことができない(と推測します)。
ということは,常に,すべての指を浮かした状態で待機し,入力する指のみをキーに「タッチ」する必要がありそうです。

R0306221
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そこで,実際にやってみています。
いまこの瞬間も実験中です。
つまり,いつも使っているMacBook ProのキーボードやHappy Hacking Keyboard Professionalを使って,指をすべて空中に浮かした状態からタイプする指のみキーに接して(キーを押し込んで)タイプしつづける,ということが可能かを実験しているのです。
もちろん,いつものとおり,目は画面を注視したまま,キーボードは一切見ていません。

R0306359
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

その結果,何ら問題なし。
まったく大丈夫。
いつもと同じスピードで,ちゃんと目的のキーを打てます。

R0306360
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iPadで本当の「タッチ」タイピング。
チャタリングから解放された無音キーボード。
早く実際に使いたいです (^_^)

R0306357
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

2010.02.01

1910-100130 iPadの創造力

R0306131
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

「私なんかこれでいいのよね (^_^)」
iPadを紹介する映像を見た義母(妻の母)の一言。
http://www.apple.com/jp/ipad/

R0306127
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そのとおり。
彼女は長年「iBook G4」を使い続けている。
問題なく作動しているけど,さすがにもうボロボロ。
そろそろ替え時かと考え始めていたところにiPad。
確かに彼女の用途にドンピシャリです。
よくわかっていらっしゃる (^_^)

R0306152
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

shio的にはiWorkがど真ん中。
http://www.apple.com/jp/ipad/app-store/

R0306126
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

Pages(ワープロ),Numbers(表計算),Keynote(プレゼン)。
これさえあれば仕事できる。
なかでもKeynoteがすばらしい。
プレゼン用のスライド作成以外に,いろんな使い方を思いつきます。
その効果たるや,想像がふくらんで,乱舞しそう (^_^)

R0306151
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iWorkは「創る」ためのアプリです。
情報を「使う」ための環境とともに,「創る」ための環境をしっかり用意してくれる。
だからアップル,好き (^_^)

R0306144
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

iPad。
創造の気持ちを指先からダイレクトに伝えられる。
すばらしい!!

R0306155
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

« January 2010 | Main | March 2010 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください