« 1906-100126 大伸ばし | Main | 1908-100128 写真のバックアップ »

2010.01.29

1907-100127 お茶セット

R0306101
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

研究室でおいしいお茶を手軽に飲みたい。

R0306105
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

別のフロアーに行けば「給茶器」はあるけど,はっきり言っておいしくない。
いままで味は我慢して,そのお茶をボトルに入れ,研究室に持ち帰って飲んでいたけれど,やっぱりちゃんとしたお茶を飲みたい。

R0306103
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

そこで色々考えた末,電気ケトルの導入決定。
twitterでつぶやいてみたら,複数の方々からアドヴァイスをいただきました。
みなさま,どうもありがとうございました。
そのうえで,Webと実物をよく観察した結果,T-falの製品を購入しました。

R0306113
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

幸い,ヨドバシカメラ吉祥寺店では,およそ一般的に流通している電気ケトルがほぼすべて陳列されていたため,手に持って比べること1時間以上。
すると,重要な事実が判明。
ほとんどのケトルは,取っ手の空間が小さすぎて,shioの手が入らない……。

R0306106
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

で,他の条件も加味すると,自動的に1モデルに決定。
「スティレア プラス 1L」です。
http://www.t-fal.co.jp/All+Products/Kettles/Stylea+Plus/Products/product+94/product+94.htm

R0306108
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

次はカップ。
スタバで,最も大きなventiサイズ(590ml)のステンレス製タンブラーを買いました。

R0306111
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

使ってみるとこれが大正解。

R0306333
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

茶こしで熱湯をかけて洗った烏龍茶の茶葉をタンブラーに移し,電気ケトルのお湯を注ぐ。
しばらくすると葉っぱが蓋の方まで広がります。
普通のカップでこれをやると,くちびるで葉っぱをよけながらお茶を飲むことになるけれど,このタンブラーなら,蓋が葉っぱを受け止めて,口にはお茶のみが届きます。
スバラシイ!!

R0306330
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

これで毎日,お手軽中国茶生活を楽しめます (^_^)

R0306332
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

« 1906-100126 大伸ばし | Main | 1908-100128 写真のバックアップ »

RICOH GXR」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください