« 1844-091127 ゼミな日 | Main | 1846-091129 あったかい写真 »

2009.11.29

1845-091128 スポットAFを常用

4142356152_e8658077fe
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

MacPeople 1月号が発売されました。

4141599765_791e8caefb
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

shioの連載「一語一絵」は74ページ。
写真は,GR Digital 3で撮影したものです。
どうぞご覧くださいませ。

4139776675_2d0bc2587a
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

さてGXR。
AFは「スポットAF」オンリーで使ってます。
前回,前々回のエントリーで掲載した写真もスポットAFで撮影したものです。
夜間の商店街ですが,この程度の明るさでも,迷うことなくシャキシャキとピントが合います。

4140590662_1a2a610a1b
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macroを使う場合,「マルチAF」だとカメラが迷うことが多いのは当然だと思います。
GR Digital 3などと比べてはるかに被写界深度(ピントが合う厚み)が薄いからです。
カメラはどのポイントにだって合わせられるけど,どれに合わせたらいいかまでカメラ自体が判断することなどできない。いずれのポイントも微妙に距離が異なる以上,迷いが生じるのは当然。カメラの気持ちになってみれば明らかです。
なので,こういった被写界深度の薄いレンズと比較的大きい撮像素子のセットを使う場合,マルチAFよりスポットAFが適切,と考えます。

4140614204_42d9ebd83c
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

また,「スポットAF」を使う理由は,shioの撮り方にもあります。
shioの写真の撮り方はいろいろなところに書いています。
たとえば「ASCII.jp:写真の点と枠|塩澤一洋の“Creating Reed, Creative Mass.──大公開時代の羅針盤”」
http://ascii.jp/elem/000/000/153/153247/

4140541964_da2bf1b095
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

「点を撮る」のです。
そのため,撮りたい点が予め定まっていて,その点を浮き彫りにしたいから,「1点(ひとつの合焦面)にピントを合わせてその他はボケる」という作画が可能なカメラ(システム)を使う。
そのフォーカスはもちろん1点で合わせる。
一眼レフでは,常に1つのフォーカスポイントのみを使います。
GXRでは,「スポットAF」を常用するのが道理です。

4139782751_4ec0cef14f
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

かようにGXRは,GR Digital 1/2/3と似たようなディメンションでありながら,一眼レフの作画感覚で扱えるカメラです。
ありがたい!!

4139780955_58f3fd9bce
GXR, GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

« 1844-091127 ゼミな日 | Main | 1846-091129 あったかい写真 »

Photography」カテゴリの記事

RICOH GXR」カテゴリの記事

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください