« 1827-091110 感動のレンズシャッター機 | Main | 1829-091112 一目ぼれ »

2009.11.12

1828-091111 GXRとMAMIYA7の共通点

R3005602
GR Digital 3

shioが今まで使ったカメラのうち,最も好きなのは「MAMIYA7」。
幅6cmのブローニーフィルムを長さ7cmで使う,「6×7」フォーマットのカメラです。
現在はその後継機,「MAMIYA7 II」が売られています。
http://www.mamiya.co.jp/products/mamiya72/index.html
65mm(32mm相当)と80mm(40mm相当)の2本のレンズとともに使っていました。

R3005601
GR Digital 3

MAMIYA7は,昨日リコーから発表されたGXRと同じ,レンズシャッターです。
したがって,シャッターを切ったときのメカブレがほぼゼロ。
おかげで,6×7という大きいフォーマットのカメラにもかかわらず,片手撮影も可能です。たとえばカンボジアで多くの荷物を持って歩いているときでも,撮りたい情景に出会ったら右手でさくっと撮影できました。
シャッター音も限りなく小さい。
大好きなカメラシステムです。

R3005611
GR Digital 3

そして,このシステムが安心な点がもうひとつあります。
それはレンズシャッターが,ボディーではなくレンズについていること(「レンズ」シャッターなので当たり前ですが)。

R3005603
GR Digital 3

長期で旅行に出ているとき,カメラの故障は致命的です。
もちろんそのためにバックアップの機材をいろいろと持って行くわけですが,機材はできれば少ないほうがいい。
その点,MAMIYA7のレンズを2本持っているということは,その1本のレンズシャッターにトラブルが発生しても,レンズさえ交換すればまた撮り続けられるということです。
幸い,MAMIYA7の2本のレンズはどちらも1度も故障したことはありませんが,カメラで最も壊れやすいシャッターを二重に持参しているという「安心感」は絶大です。

R3005618
GR Digital 3

リコーから発表されたGXR。
レンズシャッターですから,システムとしてはMAMIYA7と同じ。
つまり,万が一旅先でレンズシャッターが壊れたとしても,レンズを交換すれば撮影を継続できる。
GXRの誕生は,MAMIYA7の安心感がデジタルになって戻ってきたようなうれしさです。

R3005621
GR Digital 3

« 1827-091110 感動のレンズシャッター機 | Main | 1829-091112 一目ぼれ »

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

RICOH GXR」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1828-091111 GXRとMAMIYA7の共通点:

« 1827-091110 感動のレンズシャッター機 | Main | 1829-091112 一目ぼれ »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください