« 1787-091001 測量野帳に万年筆のまとめ | Main | 1789-091003 昨日のゼミ »

2009.10.03

1788-091002 薪のような人に

SDIM3381
SIGMA DP2

shioゼミで夏合宿の文集「野尻本(のじぼん)」が完成!!
現役学生と卒業生のコラボ作品です。
ページをめくるたびに笑える楽しい本!!
shioゼミのみんな,どうもありがとうございました (^_^)

R3004142
GR Digital 3

野尻本にshioも1ページ書く,ということで,合宿最後の夜にキャンプファイヤーを囲んで語った話を,一言一句,そのまま掲載しました。
ここに転載しておきます。

R3003676
GR Digital 3

薪のような人になってほしい──キャンプファイヤーにて
塩澤一洋

今だから言いますが……,
ずっと言おうと思っていたんですけど……,
今だから言いますが,
「みなさん,お疲れさまでした」(笑い)
……という言葉が僕は嫌いなんですよ。(笑い)
普段あまり,なになにが嫌い,ということを言わないんですけど,この言葉は好きではないんです。

僕はみんなに,この薪のような人になってほしいんです。

自分を燃やして,周りを照らす。
自分を燃やして,周りを温める。
自分を燃やして,周りの人を燃やす。

薪1本では小さい火ですけれど,それが何本も何本も組み合わさることによって,大きな火,生まれますよね。そういう人になってほしいんです。

もちろん,テクニカルな意味でディベートから学ぶことは,ものすごくたくさんあったと思う。それは各々の試合の後で,ちょっとずつちょっとずつ僕も伝えたつもりです。でもね,そんなテクニカルなこととか,ディベート自体,あるいは人との議論で勝つとか,そういうことよりも何よりもね,みんなが仲間と一緒になって,自分のできること,自分で出せるチカラを出して,それを友と合わせて大きなチカラにする。それをやってほしいんです。

ディベートはただの素材です。
みんなに,この薪のような人になってほしい。

自分を燃やして,周りを照らす。
自分を燃やして,周りを温める。
自分を燃やして,周りの人を燃やす。

もしそういう人がいたら,周りのために自分を燃やしている人がいたら,かける言葉はひとつだと思うんです。
「ありがとう」
です。

いまみんなの話の中で,多くの人たちが,「ありがとうございました」って言ってくれて僕はとてもうれしい。やはり人は一人では生きられないので,さまざまな形で周りの人に常に感謝して,生きていく。逆に自分ができることはたくさんやって,周りを照らし,周りを温め,そして周りの人の心も燃やしていく。

ぜひ,そういう人になってください。
ありがとうございました。

R3004091
GR Digital 3

« 1787-091001 測量野帳に万年筆のまとめ | Main | 1789-091003 昨日のゼミ »

Education」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

SIGMA DP2」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1788-091002 薪のような人に:

« 1787-091001 測量野帳に万年筆のまとめ | Main | 1789-091003 昨日のゼミ »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください