« 1468-081116 音の温度 | Main | 1470-081118 講義な日 »

2008.11.21

1469-081117 クリップの厚み

R2021083
Ricoh GR Digital 2007

測量野帳をshioから買って使い始めたTさん。
そのご指摘で、測量野帳と三菱PIN03の相性について書き忘れていたことを思い出しました。

R2021089
Ricoh GR Digital 2007

なぜ、shioが測量野帳のペンとして三菱PIN03を選んだか。
いままでshiologyでいくつか書いてきましたが、まとめておきます。

R2021077
Ricoh GR Digital 2007

・顔料インクのミリペンであること
万年筆大好きなshioだけど、さまざまな状況で使う測量野帳には、水分に強い顔料インクが適しています。

・書きやすさ
ミリペンのペン先が堅くて堅すぎず、書きやすい。耐久性も十分。

・発色の良さ
青の発色がいい。そして赤の発色も、使っていたら気に入りました。黒の発色はこってり黒々。

・持ちやすさ
表面がつや消しになっています。なので、多少手に汗をかいてきても滑りません。

・キャップの短さ
万年筆でもマーカーでもミリペンでも、shioはキャップを片手で脱着します。なので、片手での扱いやすさは大切。

・価格
希望小売価格105円です。プロユースなので、低廉な価格は重要。

R2021038
Ricoh GR Digital 2007

しかし、こういったペンとしての本質とは違う部分にも魅力があるのです。
それはクリップが薄いこと。

R2021069
Ricoh GR Digital 2007

最近のペンは、どれもクリップが厚い。
厚いだけでなく、無駄に盛り上がっています。
さらにバネまで入っていて、本当に「クリップ」になっているものさえあります。
たいがいその部分にペンの名称が印刷されている。
胸のポケットに挿したときに宣伝になることを意図しているかのよう。

R2021080
Ricoh GR Digital 2007

でも、shioはペンを測量野帳の表紙に挿したい。
だから、表紙の内側に挟まることになるクリップ部分は、でっきる限り薄い方がいい。
三菱PIN03はその点において、最高に相性がいいのです。
測量野帳とも、shioとも (^_^)

R2021065
Ricoh GR Digital 2007

« 1468-081116 音の温度 | Main | 1470-081118 講義な日 »

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

stationery・文房具」カテゴリの記事

ノート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/43185805

Listed below are links to weblogs that reference 1469-081117 クリップの厚み:

« 1468-081116 音の温度 | Main | 1470-081118 講義な日 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください