« 1396-080905 Aperture2日本語モード | Main | 1398-080907 デジタルの時間軸 »

2008.09.11

1397-080906 氷冷式

IMG_6542
EOS 40D / EF28mm F1.8

MacBook Airをいかに冷やすか。
大量の写真を一度にRAW現像したり、flickrにアップロードしたりすると、CPUがフル稼働する状態が継続するため、MacBook Airが非常に熱くなります。コンピューターは熱に弱いので、挙動も不安定になりうる。

R0010354
Ricoh G600

そんなときの対応策。
(1) MacBook Airを置く位置を換えながら使う。
図書館のように広くて冷たいテーブルで使っているときに実行しています。

R0010366
Ricoh G600

(2) 金属の板を敷く。
手近にクッキーの大きな空き缶などがあれば、それに載せるだけで表面積が増え、ちょっとは冷却効果が期待できます。

R0010300
Ricoh G600

(3) 古くなったPowerBookやMacBook Proの上に載せる。
ときどき下のPowerBookをひっくり返します。

R0010333
Ricoh G600

(4) 市販の、MacBook Air用の冷却台を用いる。
冷却効果がかなり期待できるのだと思いますが、shioは持っていないので実験できません。

R0010363
Ricoh G600

(5) shioがよく使うのは保冷剤。
ケーキとかを買うと付けてくれるジェル状のアレです。
研究室の冷凍庫には保冷剤がたっくさん入っているので、それをMacBook Airの底とか手前とかに置きます。

IMG_6561
Happy Birthday!!

結露しないように短時間で位置を変えていく必要がありますが、これは効果てきめん。
あっという間に冷えます。
そしてずーっとヒンヤリ、気持ちいい (^_^)

IMG_6612

実は、上記の(1)~(3)だと、厳密にはMacBook Airが金属板などに接触しておらず、間に空気の層があるため、そんなに冷却効果は高くありません。ないよりはいい、という程度。

IMG_6671

その点、保冷剤はMacBook Airの筐体に直接接触。

IMG_6667

結露にさえきちんと注意すれば、快適快適 (^_^)

IMG_6672

« 1396-080905 Aperture2日本語モード | Main | 1398-080907 デジタルの時間軸 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Apple MacBook」カテゴリの記事

RICOH G600」カテゴリの記事

Comments

私も保冷剤をタオルやハンカチにくるんで使っています!
夏場は必須ですね。大きい保冷剤が2つあると、とっかえひっかえ使えるので便利です。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1397-080906 氷冷式:

« 1396-080905 Aperture2日本語モード | Main | 1398-080907 デジタルの時間軸 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください