« 1369-080806 表紙 | Main | 1371-080808 執筆環境 »

2008.08.09

1370-080807 万年筆のために

SDIM1533
SIGMA DP1

引き続き「超リングノート」の話。

SDIM1524
SIGMA DP1

shioの「超リングノート」に表紙を付けない実質的な理由は他にもあります。
常に紙束の厚みが一定であること。

R2017275
GR Digital 2007

shioはノートに万年筆で書きます。
万年筆は、50枚くらいの紙束の上で書くのが、もっとも書き心地がいい。

SDIM1518
SIGMA DP1

その点、一般的なリングノートだと、たいがい裏表紙が厚いボール紙になっています。
すると、ページが進むにつれて、ボール紙より上にある紙の枚数が減っていきます。

SDIM1514
SIGMA DP1

そこに万年筆で筆記していると、次第に「底浅感」がつのってきます。
「底浅感」はやがて「底突感」に変わり、万年筆の快適な筆記を阻害します。

SDIM1513
SIGMA DP1

超リングノートに表紙を付けてしまったら、同じことになる。
だから、表紙は付けません。

SDIM1525
SIGMA DP1

かたい表紙がなければ、何枚目を書いているときも、必ず50枚の上で書いている状態を保てます。
従って、shio的「超リングノート」は表紙を付けないのがミソなのです。

SDIM1534
SIGMA DP1

ちなみに、研究室のデスクの上には、切りっぱなしの牛革を全面にしいています。
紙一枚の書面に万年筆で書く際に、上記同様の快適を得るためです。

R2017279
GR Digital 2007

shioの万年筆好きは、このページ右側の「Site Search (shiologyサイト内検索)」に「万年筆」を入れて、バックナンバーをご覧くださいませ (^_^)

R2017278
GR Digital 2007

« 1369-080806 表紙 | Main | 1371-080808 執筆環境 »

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

SIGMA DP1」カテゴリの記事

stationery・文房具」カテゴリの記事

ノート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/42110488

Listed below are links to weblogs that reference 1370-080807 万年筆のために:

« 1369-080806 表紙 | Main | 1371-080808 執筆環境 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください