« 1334-080702 Safariの操作性 | Main | 1336-080704 全方向 »

2008.07.03

1335-080703 口と手と

R2015875
GR Digital 2007。以下、空の写真はすべてアンダーめに撮って、Aperture2でコントラストを上げています。見た目の色に近いのはGR Digital 2007。

昨日のshioゼミ(1年生)で語ったこと。
学びの基本。

SDIM1012
SIGMA DP1

条文を読む時は、声を出して読む。
条文を読んだら、ノートに書き写す。
条文をノートに書き写す時は、漫然と一字一字写すのではなく、フレーズごとに記憶してその記憶に基づいて書く。
句読点などもすべて精確に書く。

SDIM1016
SIGMA DP1

条文を読む手順はまだまだこの先があるのだけれど、少なくともここまでは、小学校で国語学習の方法として身に付いているはず。あるいは、中学の英語学習で実践しているはず。

SDIM1018
SIGMA DP1

shioは、中高6年間に出てきた英文はすべてノートに1行おきに書き写していました。
すべて、なんどもなんども声に出して読みました。
おかげで当時、中学3年間の英語の教科書は、頭の中でページをめくれるほど記憶していました。

R2015872
GR Digital 2007

そういう「学びの基本」は、その対象が国語だろうと英語だろうと法律語だろうと同じ。
shioは条文を解釈する時、いまでも必ず声に出して読みますし、「写条」しています。
そのことは以前、書きました。
「266:041231 写条と音読と筆写と黙読と……」
http://shiology.com/shiology/2005/01/266041231_.html

SDIM1010
SIGMA DP1

いわんや、法律を初めて学ぶ学生たち。
何度も何度も声に出して読むべきです。
何度も何度も自分の手で書くべきです。
解釈はそれから始まります。

shioの講義では、300人が出席している大教室の講義であろうとゼミだろうと、重要な条文は全員で声を合わせて読んでいます。
たぶん、そんなことをしている法学部の講義はあまりないと思います。
小学校みたい?
だから必要なのです。
学びの基本ですから。

SDIM0953
SIGMA DP1

自分の口を動かし耳で聴き、手を動かして目で見る。
そういう能動的作業によって、記憶と思考のエンジンがかかります。
それが、深く長い法解釈への入り口だと思います。

R1021242
GR Digital 2005 透き通ってる!!

« 1334-080702 Safariの操作性 | Main | 1336-080704 全方向 »

学問・資格」カテゴリの記事

Education」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

SIGMA DP1」カテゴリの記事

ノート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1335-080703 口と手と:

« 1334-080702 Safariの操作性 | Main | 1336-080704 全方向 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください