« 1301-080530 日本語環境に | Main | 1303-080601 「show and tell」の文化 »

2008.06.04

1302-080531 夜分に失礼します

SDIM0725
SIGMA DP1

最近、学生から「夜分に失礼いたします」という書き出しのメールを受けることがあります。

SDIM0701
SIGMA DP1

メールは時間を問わず送っていいものです。
受信側が受信のタイミングをコントロールできる通信形態だからです。
したがって、「夜分に失礼いたします」などという挨拶は不要。

SDIM0723
SIGMA DP1

たとえば携帯で受信している場合であれば、受信したくないときには電源を切るとか、音を切るとか、電波をオフにするなど、受信側がコントロールできます。コンピューターで受信している場合もしかり。

SDIM0708
SIGMA DP1

相手の状況を考慮せずに送信できるのがメールのメリットです。
shioがアメリカで生活していた頃、夜中におびただしい数のメールが日本から届いていました。その時間、日本は昼間。すなわち、日本の人々は、アメリカにいるshioが夜中かどうかなんて考える必要なく、自分の都合に合わせて送信できます。それがメールのいいところ。相手が世界中のどこにいて、何をしているかなんて考えずに送ることができるのがメールです。

SDIM0721
SIGMA DP1

したがって、電子メールの送信が「夜分に失礼」なはずはない。
送りたいときに送ればいいのです。
それをいつどのように読むか(読まないか)は、受信者の自由ですから。

SDIM0718
SIGMA DP1

« 1301-080530 日本語環境に | Main | 1303-080601 「show and tell」の文化 »

SIGMA DP1」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/41424738

Listed below are links to weblogs that reference 1302-080531 夜分に失礼します:

« 1301-080530 日本語環境に | Main | 1303-080601 「show and tell」の文化 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください