« 1247-080406 桜祭り | Main | 1249-080408 新学期 »

2008.04.16

1248-080407 ScanSnap for Mac

SDIM0152
Sigma DP1

愛用のスキャンスナップに、とうとうMac専用版が出ました。
http://scansnap.fujitsu.com/jp/mac/

R2014141
GR Digital 2007

Scansnapについてはshiologyで何度も書いていますが、仕事に不可欠のツールのひとつです。
紙のドキュメントを超簡単にPDFにできます。
従来のバージョンでもMac用のドライバを無償ダウンロードしてインストールすれば、Macで普通に使えますが、オフィシャルにMac版が出たのはうれしい。

SDIM0156
Sigma DP1

MacOS XにはPDF作成機能が標準で含まれています。
したがって、いずれのアプリケーションで作った書類もそのままPDFに変換することができます。「印刷」(または「プリント」)メニューから「PDFを作成」を選べばOK。その速度も超速いです。ワープロで作った100ページの文書をPDFにするのもほんの数秒。もちろん、画像ファイルをPDFにすることも、MacOS Xの機能として可能です。OS標準の機能だから、アドビのアクロバットは必要ありません。

SDIM0142
Sigma DP1

このスキャンスナップは、「紙→PDF」を一気に、それも高速に実現するところがすばらしい。
いったん画像ファイルとしてスキャンしたあとにそれをPDFに変換するのではなく、
紙の束をスキャンスナップに置く→スキャンボタンを押す
という操作だけで、その書類がPDFとして保存されるのです。
超便利。
スタンフォードで得たたくさんの資料を、スキャンスナップのおかげで、すべてPDFとして持ち帰ることができました。
紙束ゼロ。
ありがたい!!

SDIM0151
Sigma DP1

« 1247-080406 桜祭り | Main | 1249-080408 新学期 »

PFU Scansnap」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

SIGMA DP1」カテゴリの記事

Comments

初めて失礼します。いつもいい情報や写真を見させて頂いております。
さて、このポストを見てSnapscanに興味を感じていますが、一つ分からない事が!
文書をPDFとして読み込んだ後、文書内の検索やSpotliteを利用した検索は可能ですかね?

わたしはS510を愛用していますが、WinモードでScanし、文字認識後、PDFをMacモードへ移動し活用しています。
Scanデータの上に認識できた範囲の文字データを半透明?に乗せてくれるのでWinXPは今だに手放せません。
で、MacではSpotlightやSpotInsideで検索が可能になり、面倒ではありますがS510を重宝しています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1248-080407 ScanSnap for Mac:

« 1247-080406 桜祭り | Main | 1249-080408 新学期 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください