« December 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.30

1168-080128 著作権法期末試験

R2006463
GR Digital 2007

「紅一点」!!

本日(1月28日)は、著作権法の期末試験が実施されました。
試験問題を公開します。

R2006461
GR Digital 2007

成蹊大学法学部「著作権法」試験問題

試験科目:著作権法
担当者名:塩澤一洋
試験時間:60分
参考図書:指定六法・知的財産条文集等・著作権法条文のWebからのコピー

以下の各問に答えなさい。必要な条文に関しては条文の番号を併記すること(文言の解釈が必要な場合を除き、条文そのものを引用する必要はない)。

(1) 最近インターネットを使うようになった小学4年生の姪Aが、とあるサイトで著作権法というものを知ったが、説明が難しくてどのような法律なのかわからなかった。そこで、法学部の学生であるあなたに、著作権法とはなにかという問いかけをした。あなたは小学生にもわかるように、できるだけ平易な言葉を使い、著作権法の意義やその内容について教えてあげてください。

(2) 以下の中から著作物ではないものを選び、理由を述べなさい。
 【CD、楽譜、shioの講義、DVD、口笛、ICレコーダー、コンパクト六法】

(3) 昨年12月18日、文化庁長官の諮問機関である文化審議会著作権分科会に設けられた私的録音録画小委員会にて、「著作権者に無許可で動画や音楽をアップロードしたサイトからのダウンロードを、著作権法30条で認められた『私的使用』の範囲から外し、違法サイトと知ってダウンロードした場合は違法とする」という方向性がまとめられました。果たして、これは著作権法の究極の目的である「文化の発展に寄与」することになるのでしょうか。

(4) 著作権法はある枠組みの例外にあたる法律である。その枠組みとは何かについて、著作権法の必要性を踏まえて述べよ。

R2006465
GR Digital 2007

このうち、(1)、(3)、(4)は、人によって解答がまちまちになる問題。

一方(2)は簡単な基本問題。
著作物でないものは、CD、楽譜、DVD、口笛、ICレコーダー、コンパクト六法ですね(つまり著作物なのは「shioの講義」のみ)。みんなよくできてました (^_^)

R2006468
GR Digital 2007

このうち、CD、楽譜、DVD、ICレコーダーはいずれも有体物ですから、無体物たる著作物であるはずがありません。
「口笛」は「口」が人体の一部なので「有体物」と評価するのは正確ではありませんが、少なくとも「思想又は感情を創作的に表現したもの」には該当せず、たとえば「トランペット」というのと同様、一種の楽器です。ただし「口笛」を「口によって笛のように奏でることにより表現される楽曲」などと定義した場合には、著作物と言い得ます。また「コンパクト六法」に関しては、書名ではなくその書籍の内容を指称すると限定したうえでそれを編集著作物と認定することは可能です。

R2006466
GR Digital 2007

1167-080127 真価

R2006356
GR Digital 2007

自宅のCDをiTunesに読み込む作業は少しずつ進んでおります。
現在、266アルバムを読み込んで、ライブラリーのサイズは、164.60GB。
多数のCDを次々とiTunesに読み込んでいくのは、単調・単調な作業かと思っていたら全く逆でした。
やることは結構ある。

R2006357
GR Digital 2007

まずクリーニング。
数年間、本棚に並んだまま開けることのなかったCDたち。
汚れているものや小さくカビが生えているものもあり。
汚れの程度に従って、クリーニングの方法もいろいろ。
(1) レンズ用のブロアーで吹いてホコリを飛ばす。
(2) 東レのトレシーで拭く。
(3) 食器洗い洗剤を付けたスポンジで洗う。

R2006358
GR Digital 2007

とくに(3)が必要なものが2割くらいある。
そのたびに席を立って、水道でジャバジャバ洗います。
でもこうしてきちんとしたデータを取得すれば、CDにおさめられた音楽情報をあますことなく再生できる。CDを直接再生するより、データの取りこぼしが少ないはず。iTunesやiPodは、音楽データを圧縮して持ち歩く便もあるけれど、圧縮せずに元のデータを十全に生かす、という使い方もできる。ありがたい!! もしかしたらこれが、iTunes(with 大容量のハードディスク)の真価なのかもしれません。

R2006360
GR Digital 2007

それから読み込み時の作業としては、Gracenoteから取得される曲名やアーティストなどのデータの補正。
データベースに入っていないものは入力。
意外と補正が必要なものが多い。
たとえば、「アーティスト」に作曲者名が入っていたり、いまどき半角カタカナが使われていたり、欧米のアルバムなのに日本語で情報が入っていたり、ウムラウトなどが省略されていたり。

R2006361
GR Digital 2007

読み込みながら、次々といろんなCDを聞き直すと、新発見の連続。
たとえば、カンボジアで買った2枚のCDがことのほかいい音で、音楽もいい。歌は絶妙にうまい。聴いているとカンボジアのレストランや孤児院が思い出されました。ほとんどクメール語で書いてあるジャケットを見たら、レコーディングはカリフォルニアで行われたと英語で書いてありました。納得。

R2006362
GR Digital 2007

それにしてもタイムドメインのスピーカーを設置して、本当によかった。
楽器が「そこ」で鳴っていると感じる。
いままでshioの乏しい経験では、スピーカーって音が自分の方に迫ってくるものでした。その迫力がスピーカーの良さだと思っていました。でも、タイムドメインのスピーカーは違う。なんというか、そこで弾いている人、歌っている人を指差すことができる感じ。

R2006363
GR Digital 2007

そのほか、以前も書いたとおり、音程感がすごくいい。特に低音の音程感。
たとえばジャズのコントラバスがベースを刻んでいるとき、1オクターブ上がるか下がるか明解。
バッハの無伴奏チェロ組曲とか、ハイドンのDivertimentoなんて、ゾクゾクものです。

R2006365
GR Digital 2007

もうひとつつないでいるタンノイのスピーカーで聴くと、チェロが低音に行くに従って音量が小さくなっていく。でも、タイムドメインで聴くと、ぜんぜん逆。不っ思議ぃ。タンノイの方が値段は倍以上だし、スピーカー自体の大きさときたら、体積比10倍以上(計算したわけではないから、厳密にはもっとかも)なのに、低音の量感、質感は、タイムドメインの方が明らかに豊かで、チェロそのものの響きが聞こえる。

音が迫ってくるスピーカーとはまったく異なる「迫力」を感じます。
shio的には自然な感じ。
レコーディングされた演奏の真価を堪能している感覚です。

R2006367
GR Digital 2007

新しいタイムドメインのスピーカー「MXSP-4000.TD」が発売されました。
http://www.timedomain.co.jp/product/mxsp4000_news.html
iPodを置いてそのまま再生できるだけでなく、ライン入力もある。
圧縮音源を聴きやすくする「コンフォートプレイモード」というものを搭載しているらしい。興味津々 (^_^)

R2006370
GR Digital 2007, 26日でなくなってしまったおうどん屋さん。20年近く通ったので、名残惜しくて、店内をあちこち撮影。

2008.01.29

1166-080126 家族法1期末試験

R1021077
GR Digital 2005

本日、「家族法1」の期末試験。
問題を公開します。

R1021074
GR Digital 2005

成蹊大学法学部「家族法Ⅰ」試験問題

試験科目:家族法Ⅰ
担当者名:塩澤一洋
試験時間:60分
参考図書:指定六法


以下の問いに答えなさい。解答にあたって必要な条文については条文の番号を併記すること(文言の解釈が必要な場合を除き、条文そのものを引用する必要はない)。


問1 以下の説明が正しいと考える場合は「○」、正しいとは言えないと考える場合は「×」を付け、その理由を述べなさい。答案用紙の表面に各々5行ずつ記述してください。

⑴民法第一編総則は、家族法(第四編および第五編)とは関係がない。

⑵内縁(事実婚)には婚姻とまったく同等の効力が認められる。

⑶詐欺による離婚の取消しの効果は遡及する。

⑷妊娠が判明してから出産前に婚姻した場合、生まれてくる子は非嫡出子である。

⑸意思自治の原則に基づき、誰でも自由に特別養子をし、またそれを離縁することができる。

⑹「家族法I」の講義は面白かった。


問2 いわゆる夫婦別姓について下記の問いに答えなさい。答案用紙の裏面に記述してください。

⑴現行民法において夫婦別姓はどのように扱われているか。

⑵現行民法において夫婦別姓で生活するためにはどのような方法があるか。

⑶現行民法において夫婦別姓で生活する場合、どんなことが問題となるか。それを回避するためにはどのような方策があるか。

⑷夫婦別姓を検討するにあたり、現行民法の規定と憲法とはどのような関係があるか。

⑸夫婦別姓を制度的に実現したい場合、あなたなら民法規定をどのように変えるか。改正試案を作り、必要があればその趣旨を簡単に説明しなさい。

⑹夫婦別姓問題に関するあなたの法的見解を述べなさい。

R2006529
GR Digital 2007

354人受験。
shioが試験監督を担当した教室で受験した244人は、試験時間60分が終了するまで、ひとりも途中退出せず、全員解答を続けました(もうひとつの部屋は途中退出したのは110人中3人)。試験開始から30分経過すると、解答が終わった者は答案を提出して退室することが認められています。でもshioの試験では毎回、ほぼ誰も途中退出しません。それがshioはとてもうれしい。みなさん、真剣に解答してくださって、どうもありがとうございました。

R2006517
GR Digital 2007

採点は、いつも言っているとおり「加点法」です。
間違っている部分とか筋の通らない部分を減点することは一切ありません。
いいところだけ、加点していきます。
だからshioの試験に「満点」は存在しません。
また唯一の「正解」というものも存在しません。ロジックが通っていればすべて正解。そのうえ結論の妥当性が高ければなおすばらしい。

R2006378
GR Digital 2007

プラスをプラスに評価する。
それが教師としてのshioのポリシーです。

R2006531
GR Digital 2007

1165-080125 お手軽ポートレート

R2006389
GR Digital 2007

GR Digital 2007をMF(マニュアルフォーカス)にして撮影。
距離は目測。
MFモードにし、距離を1mと30cmの間くらいに設定してから、被写体に向けて適当に撮ります。ピントが厳密に合っているか、などということは考えず、表情を捉えるタイミングを大切に撮影。
MFモードなら、シャッターのタイムラグもほぼゼロなので、撮りたい瞬間が撮れます。

下の写真は、ゼミの会計作業のために研究室に来たshioゼミ4年生。
研究室前の廊下で撮影。レフ板なし、補助ライティングなし、フラッシュなし、小細工なし。
いつものshioの写真同様、カメラとレンズだけで撮ってます。
後ろの壁の上の方に窓枠の影が映ったので、その分だけcropし、若干フレアが入ったので、Apertureでコントラストを上げました。
お手軽ポートレート、楽しいです (^_^)

IMG_1403
EOS40D / EF-S 60mm F2.8, cropped

1164-080124 歪曲補正

R0113539r1
GX100, 19mm, lens distortion adjusted by SILKYPIX Developer Studio 3.0

RAW現像ソフト、「SILKYPIX Developer Studio 3.0」。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/

R0113539
こちらが補正前のオリジナル

ほとんどjpegで撮影しているshioは、RAW現像ソフトは持っているだけで利用する頻度はきわめて低い。
でも、使い道がありました。

R0113545r1
GX100, 19mm, lens distortion adjusted by SILKYPIX Developer Studio 3.0

GX100に19mm ワイコンを付けて教室の写真を撮ったら、レンズの歪曲が目立つ。
そんなときにSILKYPIX。
jpegで撮ってもちゃんと補正できます。
便利 (^_^)

なお写真はshioが担当する「家族法1」の講義中。
学生たちには撮影と掲載の了解を得ております。
みんな下を向いているのは、その場で問いかけた問題を検討するために該当条文を探しているから (^_^)

R0113545
こちらが補正前のオリジナル

2008.01.28

1163-080123 40mm

R2006417
GR Digital 2007

GR Digital 2007用に発売されている40mmテレコンバージョンレンズ「GT-1」。
ようやくゲットしました。

R2006412
GR Digital 2007

夜、新宿の弁護士事務所でNPOの理事会。

R2006413
GR Digital 2007

雨の中、新宿を歩きながら、40mmを付けたGR Digital 2007で撮影。

R2006415
GR Digital 2007

雨ですが、傘はなし。
コートのフードをかぶり、カメラは両手でホールド。

R2006410
GR Digital 2007

GR Digitalは防水カメラではありません。
でも、ワイコンとかテレコンを付けていると、レンズ銅鏡の繰り出し部分に雨滴が入りにくいから、ちょっと大胆になれる。

R2006421
GR Digital 2007

最近、GR Digital 2007は純正ネックストラップを外した状態。
でもこういうときのために、バッグには三脚穴に留める方式のネックストラップを入れてあります。
それを付け、ピーンと張って手ブレ抑制。

R2006422
GR Digital 2007

40mmでスクエア。
いい!!

R2006425
GR Digital 2007

この「標準感」がいい。
スクエアフォーマットだと、40mmで十分、「標準レンズ」っぽい。

R2006427
GR Digital 2007

解像度も解像感も十分。
「地下鉄の……造って……」という看板表面がハニカムなのも、バッチリ写ってる。

R2006432
GR Digital 2007

GR Digitalで28mm。
それにワイコンとテレコンで、21mmと40mmというバラエティー。
ステキな世界です (^_^)

R2006433
GR Digital 2007

2008.01.26

1162-080122 貢献

IMG_1341
EOS 40D / EF28mm F1.8

ひとつ前のエントリーで、学生が作成した試験問題案を掲載したところ、ポジティブな反響をいただいております。どうもありがとうございます。

IMG_1330
EOS 40D / EF28mm F1.8

このような方式で著作権法の期末試験問題を作成するのは、2005年1月に続いて2度目です。
前回分はこちらに掲載しております。
http://shiology.com/shiology/2005/01/281050115_.html

IMG_1329
EOS 40D / EF28mm F1.8

このときは「著作権法」の講義が半期4単位であったため、毎週2コマ180分で行っていました。しかし、今年度は半期2単位、毎週1コマ90分の講義ですので、内容は単純に半分になっております。その結果、問題のバラエティーも前回よりも少ない印象です。また当時と今とは著作権法的にホットなトピックが異なるので、内容も違います。

IMG_1324
EOS 40D / EF28mm F1.8

さて、このように期末試験問題案を学生から募集することにはさまざまな意図とメリットがあります。

IMG_1331
EOS 40D / EF28mm F1.8

まず、第1回目の講義で、「期末試験問題は学生たちに作っていただく」ことをアナウンスします。それによって学生たちは、毎回毎回、「問題探し」をしながら講義を聴くことになります。自然と「問題意識」が養われます。

IMG_1325
EOS 40D / EF28mm F1.8

学生たちが大学に入るまで、小学校から大学受験にいたる学校生活においては、常に「問題」が与えられてきました。とくに大学受験では与えられた「問題」に対して適切な「唯一の答え」(あるいは「予定された答え」)を迅速かつ効率的に見つけ出すことが求められます。

IMG_1346
EOS 40D / EF28mm F1.8

しかし社会は必ずしもそうではない。
たとえば製品を製造する工場の歩留まりを下げている原因がラインのどこにあるかを突き止めるには、多くの検証を要します。またコード(プログラム)にひそむバグを見つけ出すにも多くの労力を必要とします。歩留まりが低いとか、プログラムが正常に作動しない、といった「現象」は誰の目にも明らかであっても、その原因たる「問題」、解決すべき具体的な「問題」は簡単に判明しないことが多い。すなわち「問題」は与えられるのではなく、見つけ出すものなのです。「現象」という結果を観察することによって、その原因たる「問題」の所在を明らかにすること。これが学生時代に身につけるべき大切な能力の一つです。

IMG_1327
EOS 40D / EF28mm F1.8

「問題発見」ができるようになるためには、常日頃の心がけによる問題意識の醸成が肝要です。
そのために大学では、ゼミで、「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」を問い続ける。そして講義でも漫然と受動的に情報を享受するのではなく、自ら問を発し続ける姿勢が望ましいと考えます。そのような積極的態度で講義に参加してもらえるように、shioはさまざまな方策を講じています。学生が期末試験問題を作る、というのもそのひとつです。

IMG_1342
EOS 40D / EF28mm F1.8

では、どんな問題を作るか。
実際に問題作成を学生たちに依頼するにあたり、「いい問題」とは何かを説明します。
「いい問題」を作った人には、成績も加点します。

IMG_1344
EOS 40D / EF28mm F1.8

「問題」さえ見つかればその解決方法を複数考えることができます。一つの問題に対して「答え」は無限にあるからです。「唯一の答え」なるものが存在する場合もありますが、少なくとも法律学においてはほとんどの場合、答えは無限にあります(だからたとえば一つの事件でも地裁、高裁、最高裁と、裁判をするたびに判決が異なる)。

IMG_1326
EOS 40D / EF28mm F1.8

従って「いい問題」の基準の一つは、答えのバラエティーが豊富なことです。
答えが一つに定まるような問題は、「知識」を問うばかり。今の世の中、情報源は無数にありますから、知識なんて簡単に得られます。知識の有無、知識の多寡を問うことに大きな価値はありません。

IMG_1340
EOS 40D / EF28mm F1.8

大切なのは、それらの知識、情報に基づいて、どのような判断をするか、どのような「知恵」を出すか、です。
そこにはその人の価値観が反映されます。
従って、「いい問題」は、解答する人の価値観に基づいてその人なりの知恵を表現できるような問題です。

IMG_1343
EOS 40D / EF28mm F1.8

学生に問題を作ってもらうメリットは講義のクオリティーにも現れます。
学生たちは自分が理解した範囲で問題を作るでしょう。ということは、shioは、学生たちが問題を作れるほど理解できるように講義をする必要があります。こうして学生たちが作った問題案のリストは、shioの講義にたいする評価でもあるわけです。

IMG_1338
EOS 40D / EF28mm F1.8

大学は、コミュニティーです。
コミュニティーとは、ひとりひとりの貢献を積み重ねて成り立つものです。
ゼミはもちろん、講義においても、ひとりひとりが自分にできる貢献を見つけ、実践する。
在学中にそれを継続することによって、次第に自分らしい貢献のスタイルを磨き、やがて卒業した後に社会のさまざまなコミュニティーにおいてその人らしい貢献ができるように成長する場。それが大学です。

学生による問題作りは、そんな大学における貢献のアカデミックな要素の一つだと思います。

IMG_1337
EOS 40D / EF28mm F1.8

今回の写真は、成蹊大学の第2学生食堂。
ヘルシーなバイキング。
1グラム=1円という至極合理的なシステムです (^_^)
そのうえ、その日の「ぴたり賞」の重さに盛りつけた人は、無料!!

R2006380
GR Digital 2007

2008.01.23

1161-080121 学生が作った著作権法の期末試験問題案

R2006355
GR Digital 2007

以下は、shioが担当する「著作権法」を受講する学生たちが作った期末試験問題案です。
不完全なものや問題にならないものもありますが、それらも含めて掲載します。
来週の期末試験には、この中からいくつかの問題を、適切な問題となるように最低限の補正を加えて出題します。
なお、既存の著作物からの複製はないと信じていますが、もしお気づきの点がありましたら、ご連絡をいただければ幸いです。

R2006374
GR Digital 2007

・著作物の要件の1つである“創作的に”とはどういうことか具体的に説明しなさい。(H.M. 3年)

・著作権者は著作者と何が違うのが説明しなさい。(H.M. 3年)

・Aは2008年に書いた小説がベストセラーになった。その後Aは2018年に死亡。この著作権の存続期間は何年間か。(H.M. 3年)

・「著作者人格権」は譲渡や相続はできないが、「著作権」は譲渡が可能である。著作者が死亡した場合、「著作者人格権」は著作権法上どうなるか? また「著作者人格権」を守るために遺族は何ができるか。(3年 飯田 匠)

・デザイン書体は著作権法第10条1項4号で示されている「美術の著作物」に当たるか。(A.A/3年)

・二次的著作物について、具体例をあげて説明しなさい。また問題点についても論じなさい。(A.A/3年)

・二次的著作物と同一保持権との関係について論じなさい。(A.A/3年)

・新聞は著作物か。(A.A/3年)

・デザイン等を加えて見やすく工夫された時刻表は著作物か。(A.A/3年)

・判例集は著作物か。また、著作権の対象となるか。(A.A/3年)

・推理小説のトリックは著作権法で保護されるか。(A.A/3年)

・写真の撮影に際して、撮影場所やカメラアングルについて注文した編集者がいる場合、その編集者と実際に写真を撮ったカメラマンのどちらに帰属するか。(A.A/3年)

・複製権と翻案権の違いを説明せよ。(A.A/3年)

・個々の情報が著作物でないデータベースは著作物に当たるか。(A.A/3年)

・演劇は著作物に当たるか。また、どのような権利によって保護されるか。(A.A/3年)

・共同著作物と結合著作物の違いを具体例を挙げて説明せよ。 (A.A/3年)

・成蹊大学法学部准教授Yの講義を受講する学生Xは、期末試験の問題を作成する課題が出された。Xは、Yから参考にするよう指定された本に掲載されていた例題をそのまま引用し、提出した。その後、Yは引用に気付かず、Xの提出した問題文をそのまま期末試験の問題に採用した。この場合のX及びYの法的責任を論ぜよ。(鳥本宗一郎 3年)

・図鑑、辞書、取り扱い説明書は著作物か。それぞれ論ぜよ。(村田賢志 3年)

・短文のラブレターが著作物になりにくい理由を簡潔に述べよ。(H.K 3年)

・塩澤先生の講義は著作物か。(H.K 3年)

・著作権法はある枠組みの例外にあたる法律である。その枠組みとは何かについて、著作権法の必要性を踏まえて述べよ。(K.T.3年)

・「著作権」という言葉の意味を自由に述べよ。(K.T.3年)

・著作権法と特許法の違いを、「発展」という単語を用いて述べよ。(K.T.3年)

・A先生の「童話『桃太郎』朗読」の授業はA先生がひたすら『桃太郎』を朗読する授業である。A先生の授業は著作物か。shio先生の「著作権法」の授業と比較しながら述べよ。(K.T.3年)

・青空文庫について説明せよ。(K.T.3年)

・shio先生は冬休みにミュージカル『ライオンキング』を観に行きました。俳優さんによる演技や台詞、歌はその日もすばらしいものでshio先生も満足!! 帰りにCDも購入しました。会場には日本での『ライオンキング』を手がけた実演家もゲストとして来ていました。さて、shio先生が体験した出来事の中で著作権に関るものを挙げ、それぞれについて自由に述べよ。(K.T.3年)

・今あなたが解いているこのテストの問題、そしてあなたが書いている答案はそれぞれ著作物か?(K.T.3年)

・「著作権」の意義をできるだけ詳しく説明してください。(T.H3年)

・「盗作(パクり)」と「影響を受けた」は区別できるか。(T.H.3年)

・思想又は感情を創作的に表現したものが偶然誰かが表現していたものと同じだったとき、どんな問題が生じるか。(T.H.3年)

・著作者と著作権者の異動について説明せよ。(T.H.3年)

・著作権法と工業所有権法の違いについて、目的の違いに触れながら述べなさい(Y・O, 4年)

・Aさんは、Bさんの描いた絵があまりにも上手だったため、デジカメで写真を撮り、自身のブログに載せ、勝手にタイトルまで付けた。問題点を論ぜよ。(Y・O, 4年)

・料理人Aさんは誰もが考えつかない驚くような料理を完成させました。これにAさんは名前をつけました。『鯛のソテーとオレンジソース・運命の出会い~初恋の味~』さてこの料理のタイトルは著作物でしょうか?(H.T 3年)

・以下の中から著作物ではないものを選び、理由を述べなさい。
【CD、楽譜、shioの講義、DVD、口笛、ICレコーダー、コンパクト六法】 (H.T 3年)

・著作者の権利である「著作者人格権」と「著作権」は、著作物が創作された時点で「自動的」に付与されるものであるのに、権利内容を考える上ではそれぞれ別のものとして捉えられているのはなぜか。(S.T. 3年)

・知的財産法制における「発達」と「発展」の違いを説明しなさい。(T,T 3年)

・著作物の客体は有体物か無体物か。具体例を挙げながら説明しなさい。(T,T 3年)

・今回、問題を学生が考えてきて、それを塩澤先生に送り試験問題とする形態となっているが、学生が、何かの問題集をそのまま複製して送り、その問題が試験問題に採用され使われた場合、著作権の侵害となるか。侵害となる場合、侵害をしているのは誰か。理由も含めて述べよ。(R.S 3年)

・松坂大輔選手のオリジナル変化球、「ジャイロボール」は著作物か。(R.T 三年生)

・唯一の作品「?!」(2010年創作)で一大ベストセラーとなった作家のA氏は、2050年に肝不全で死亡した。未来の医学技術で死者の蘇生が可能となった時にA氏が蘇生できるよう、彼の遺体は熱烈なファンの希望と支援により死後すぐに冷凍保存されることになった。そしてA氏の死から52年後、ついに医学の水準は死者をも蘇らせるまでに達し、2102年に彼は再び生き返った。ちなみにA氏に遺族は無かった。A氏の作品は2050年の彼の死亡時までA氏が著作権者であり、現行(2008年現在)の著作権法の条文が2101年においても全く同じものとすると、彼が復活する2年前(2100年)に彼の作品に対する著作権は消滅していることになる。さて、A氏が復活したことを理由に、もう一度彼に著作権を付与するべきだろうか?著作権法の目的を説明した上で、自由に論じなさい。(3年 井本嵩)

・著作物の要件をすべて挙げ、できる限り多くの著作物を書け。(S.O 4年)

・どのような行為が著作権法49条に該当するか。(S.O 4年)

・有名なおもちゃ会社である甲会社は、老若男女を問わず親しんでもらえるような新しいキャラクターを作る事を計画した。社内で公募したところ、数十種類のキャラクターの案が出た。それらのキャラクターの中から、会議で甲社員乙のデザインした黄色の鳥のキャラクター、「X」が新キャラクターとして採用される事が決定した。Xは独創的で、乙が万人に好まれるよう苦心した物である。
(1)本件事案において、Xは著作物か。また著作者は誰で、著作権は誰に帰属するか。
(2)その後、甲社は会社の資金不足から、丙社にこのキャラクターの権利を、27条・28条の権利を含めてすべて売却した。そして、丙社はこのキャラクターの色を、インパクトが足りないという理由で黄色からピンク色に変更した。これに対し、甲社は、このキャラクターは男女を問わず、万人に親しめるようにという意図のもと黄色にしたのであるから、勝手に色を変えないよう丙社に求めた。甲社の請求は認められるか。(北野 隼 3年)

・「著作権」の三段階の意義を説明しなさい。(T.S.4年)

・31条の「図書館等における複製」において、複製するのは誰か。また利用者が図書館においてコピーをとることができるのはなぜか、説明しなさい。(T.S.4年)

・大学の試験問題は著作物と言えるか。また、著作物であった場合、著作権者は誰になるか。(N.K. 四年)

・ノンフィクションの本で、内容のほとんどが他からの引用であった場合、それは作者の著作物であるといえるか。(N.K. 四年)

・著作権法の中で、あなたが最も改正して欲しいと思う条文を一つ挙げ、新しい条文を書いたうえ、その理由を示しなさい。(N.K. 四年)

・変名が全く同じ人が三人いて、その誰もが一つの著作物の著作権を主張している場合、どのようにして著作者を特定するか。(N.K. 四年)

・著作権法と工業所有権法の相違について書きなさい。(N.K. 四年)

・著作権法の立法目的を説明したうえ、誰のどのような利益を守るための法律か、論じなさい。(K.Y 3年)

・4歳の子供が描いた絵は著作物となりうるか。理由とともに論じなさい。(K.Y 3年)

・映画館における映画の盗撮行為にはどのような法的問題があるか論じなさい。(K.Y 3年)

・電車の時刻表や料金表は著作物か。具体的に説明しなさい。(K.Y 3年)

・2条で定義があるのにも関わらず、10条で例示されているのはなぜか、説明しなさい。(K.Y 3年)

・文化の発展と産業の発達を比べ、著作権法の目的を特許法の目的と関連させながら述べよ。(M.S.3年)

・料理のメニュー表や料理のタイトルが著作物であるためにはどのようなものであることが必要か。(M.S.3年)

・インターネットの出現によって著作権法がつかさどる世界はどのような方向に向かっているか、それは著作権法の法目的にそぐうのか、具体的に論じなさい。(M.S.3年)

・インターネットの発達により、さまざまな情報を誰でも容易に触れることが可能になり、著作権・著作権侵害が身近に感じることができる今のこの社会で、あなたは著作権・著作権侵害についてどのように考えていますか?将来的な展望なども踏まえ自由に述べなさい。(K.N、3年)

・現在の日本の著作権の保護期間について長いと思いますか、短いと思いますか、ちょうど良いと思いますか?立場を示し理由を具体的に述べなさい。(K.N、3年)

・現在の著作権法をあなたが改善するとしたら、どの部分をどのように改善したらよりよくなると思いますか?講義を踏まえて具体的に述べなさい。(K.N、3年)

・世界的に有名なタトゥーのアーティストであるAは恋人であるBの全身に独創的で見事なタトゥーをほどこし、「おまえは私の著作物だからもう私と別れることはできない。その証拠に…」と言い鏡を見せた。丁寧なことにAの背中には“Copyright © 2008, A, All rights reserved”と掘り込まれている。あなたがBなら著作権に関してはなんと反論するか。(T,F)

・著作権法に「著作権法」以外にぴったりな名称をつけて下さい(理由も付して)。(T,F 3年)

・太郎は、有名歌手「成蹊花子」のアルバム「ABC」(作詞作曲:成蹊花子)をCDレンタル店から借り、パソコンを使いそのうちの3曲をを1枚のCDに焼いた。そのCDに「成蹊花子~TARO'S BEST~」というタイトルをつけ、仲の良い友人ヨシオにプレゼントした。太郎の行動は、成蹊花子の著作権を侵害しているか。またその理由も答えよ。(3年 S.A)

・図書館の本を複製できるのは誰?(Y.K 4年)

・著作物は有体物か無体物か?(Y.K 4年)

・編集著作物の例を挙げよ。(Y.K 4年)

・Xは、塩澤先生のブログにあった写真が素敵だったので、許可を得ることや、利用を塩澤先生に伝えることをせずに自身のブログに載せた。その際、撮影者等の情報は一切載せておらず、誰が撮影した等の文面もない。この場合、Xの行為は著作権法的にどのような問題を有するか。(T.Y 3年)

・二次的著作物を作成する際、その作成者は、原著作物の著作者の著作者人格権及び著作権と、どのような関わりを持つか答えなさい。(T.Y 3年)

・最近インターネットを使うようになった小学4年生の姪Aが、とあるサイトで著作権法というものを知ったが、説明が難しくてどのような法律なのかわからなかった。そこで、法学部の学生であるあなたに、著作権法とはなにかという問いかけをした。あなたは小学生にもわかるように、できるだけ平易な言葉を使い、著作権法の意義やその内容について教えてあげてください。(T.Y 3年)

・S先生は著作権法の授業で、受講生から期末試験の問題案を募った。すると、寄せられた中に良い問題案が何題かあったので、S先生はそのうちの数題を選び、勝手に所々修正を加え、それを著作権法の期末試験問題として授業課に提出した。S先生は著作権を侵害したと言えるか?また、その期末試験問題はS先生の著作物にあたるか?<F.M.3年>

・AさんとBくんはライオンキングを観に行きました。Bくんは家で帰ってもライオンキングを見たいために、録画をし始めました。Aさんは「著作権法に違反するよ。」と言い、録画をとめました。さて、この会話は正しいでしょうか?正しい場合、正しくない場合それぞれ理由を述べながら回答せよ。(K.T)

・特許法には「発明を奨励する」という文言があるが、著作権法には「奨励」という文言が無いのはなぜか。(K・S 4年)

・コンピュータが作ったものは著作物であるといえるか。(K・S 4年)

・著作権の発生が登録制になった場合に従来の著作権と比べどのようなメリットとデメリットがあるかを述べたうえで、どちらが好ましいと考えるか。(K・S 4年)

・著作権は相対的排他的独占権と位置づけることができるが、その根拠を条文の中から探し、論述せよ。(S.S. 3年)

・「発達」、「表現の自由」、「マスコミ」、「(特許法など)工業所有権法」、「発展」、「産業」、「奨励(インセンティブ)」、「憲法」、「多様性」、「パブリックドメイン」、「文化」の11語の中から5語以上用いて著作権法の法目的について論ぜよ。(T.H 4年)

・卒業論文を書くために六法全書の著作権法の一部をコピーしたが、教授がその内容を絶賛してくれたため、嬉しくなって、卒業論文と六法のコピーを大量にコピーし、無償で特定かつ多数の同じ部活の学生に配布した。ここでの問題点を関連する条文をあげながら具体的に論ぜよ。(T.H 4年)

・店のオーナーが自作の創作料理に自分で「世界にひとつ、わたしの思想感情を創作的に表現したじっくりコトコト煮込んだスープ!!」という名前をつけ、メニューに載せた。この創作料理、およびその名前は著作物と言えるか吟味せよ。(T.H 4年)

・youtubeで「中国 パクリ 遊園地」と検索すると中国の国営の遊園地が明らかに著作権侵害を侵していると誰もがわかるような映像が出てくるように、今日著作権侵害は世界的に問題となっている。ならばもっと著作権保護を強めればよいと安易に考えがちだが必ずしもそうとはいえない。それはなぜか。(T.H 4年)

・家庭内で「仕事」のために使う場合のコピーは、「私的使用のための複製」(30条)に該当しますか?(M・H 3年)

・DVDやデジタル放送のコピープロテクトと著作権法30条の組み合わせが使用者にもたらす影響について説明しなさい。(T.K. 3年)

・著作者と著作権者の違いを具体例をまじえながら説明せよ。 (T・T 3年)

・日本も加盟しているベルヌ条約・万国著作権条約の特徴や内容を述べ、かつ、この2つの条約にどのような関係があるか述べよ。(T・T 3年)

・昨年12月18日、文化庁長官の諮問機関である文化審議会著作権分科会に設けられた私的録音録画小委員会にて、「著作権者に無許可で動画や音楽をアップロードしたサイトからのダウンロードを、著作権法30条で認められた『私的使用』の範囲から外し、違法サイトと知ってダウンロードした場合は違法とする」という方向性がまとめられました。果たして、これは著作権法の究極の目的である「文化の発展に寄与」することになるのでしょうか。(T.U. 3年)

・「成蹊大学で行われた試験で停電が起きた。」この文章に自分なりの文章を加えて、著作権が認められる文章にしなさい。(3年 Y.S)

・著作物の具体的な例を挙げ、なぜそれが著作物と言えるか理由を答えなさい。(K.H 4年)

・幼稚園のおゆうぎ会で、ドラえもんの劇をやることになりました。著作権法上、誰のどのような許諾が必要となるか、またはならないか、述べなさい。<F.M. 3年>

・ポケット六法やコンパクト六法をコピーして友人に配った場合、著作権侵害にあたるか?<F.M. 3年>

・あの人気漫画「ドラえもん」が大好きなAとBは、その作風や主人公等の性格、名前を真似て、ドジな主人公「ドジえもん」と天才「ちび太」が共に様々に起きる苦難に立ち向かっていく「ドジえもん」という漫画を創作した。
 「ドジえもん」はその斬新さから一躍人気になり、その人気にのってAとBは「ドジえもん」の3D(立体的な画像を利用)ゲームソフトを制作したが、当初から大病を患っていたAはゲームソフト完成後に死亡し、結局そのゲームソフトは販売されなかった。それから60年の月日が経ち、Bは自分の孫を連れ地元の中古ゲームソフト店に行ったところ、AとBが作った「ドジえもん」のゲームソフトが売られていた。そんな事実を知らなかったBは激怒し、倒れてしまった。
以上の事例より、著作権法上著作権侵害に該当しそうなものを挙げ、著作権侵害に該当するものはその根拠と救済方法、該当しないものはその理由を論ぜよ。(猪原佳奈3年)

・後期に「言語と文化」のドイツ語圏の授業を履修していた太郎は、授業でグリム童話を習い影響を受け、グリム兄弟のように旅に出ることにした。旅先で古くから伝わる民話や伝説を聞いた太郎は、その話しを多少変更したりしながらも書き写した。以上のように、太郎が民話や伝説を書き写した場合、そこに著作権は発生するか。著作権が発生しないとした場合、それをもとに太郎が本を作成したとき、どうしたら著作物にあたるか。(猪原佳奈・3年)

・法律が大好きなAは自分の本の中で、ある論点で通説をあげそれに対する自説を書くことにした。この際、Aが気をつけるべきことを挙げよ。(猪原佳奈・3年)

・ここは、成蹊大学。今学期もテスト期間が近づいて、レポート提出の詳細が出ました。小澤君、福田君、小池さん、麻生君、小泉君の5人が、レポート作成に追われています。5人がそれぞれ以下の手法でレポート作成した場合、著作権侵害に該当するでしょうか。該当する場合、該当しない場合、それぞれの理由を条文に基づいて答えなさい。
(小澤君の場合)小澤君は、大変怠け者でレポートも後回しにしていました。気づけば、提出期限前日。さすがの小澤君も焦って、レポートを作成することにしました。そこで、小澤君は知識も時間もないので、成蹊大学の教授のウェブサイトから使えそうな部分を引用することにしました。おかげで、何とか期限に間に合い、小澤君は一安心しました。後日、教授に「先生のウェブサイトの一部使わせてもらいました」と報告しました。
(福田君の場合)福田君は、大変勤勉であり特に文学に興味を持っています。レポートを作成するに当たって、福田君は愛読していた太宰治の『走れメロス』や芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の一文を引用することにしました。納得のいくレポートを作成することができ、福田君は満足そうです。
(小池さんの場合)小池さんは、かわいいもの好きで、まめな性格です。レポートも早い段階から取り掛かり、早々と仕上げました。提出期限まで、まだまだあります。そこで小池さんは、レポートについて内容は当然、見栄えも良くしようと思いつき、ディズニーのキャラクターをコピーし挿入して可愛くレイアウトを決めました。最後に、情報の出所を参考文献として明記し、完成させました。小池さんは可愛いレポートが完成したのが嬉しく、友達に自慢して回りました。
(麻生君の場合)麻生君は、レポートの課題について悩んでいました。しかしなかなか答えが出せず、友達に相談しました。友達は麻生君のために、「これ使っていいよ」と、自分の完成したレポートを貸してくれました。麻生君は友達のレポートを参考に考えを練りましたが、結局それでも答えが出せず、あげくの果てにまるまるそのレポートをコピーして、名前だけ変更し提出しました。麻生君は友達に感謝しました。
(小泉君の場合)小泉君は、レポートの課題について悩んでいました。そこで、ゼミの教授に相談したところ、「それなら、この本がいいよ」と藤原正彦の『国家の品格』という本を紹介してくれました。小泉君は早速本を買い、読みました。するとレポートの答えに適する考え方が多く載っているいたので、小泉君はこれを引用することにしました。その際、あまりに良いことが書かれていたため、共感し、熱くなりのめり込んでしまい、さも自分の意見のように本の考え方を引用しました。最後に、出所を表記し完成させました。ゼミの教授には、本当に良かったという感想を散々話しました。(荻原泰邦 3年)

・職務著作の規定の特徴について、職務発明との相違に触れながら論じなさい。(M.N 3)

・あなたは日本の著作権法の保護期間についてどう思いますか。著作権法の目的をふまえ、無方式主義、パブリックドメインに言及しながら意見を述べよ。(M.N 3年)

・著作物の要件について詳しく述べなさい。(A.T 3年)

・ミュージカル「オペラ座の怪人」は著作物か? その理由を述べなさい。(A.T 3年)

・現代社会で起こっている著作権侵害の例を三つ挙げなさい。そして、そのような侵害を防ぐための、あなたが考える対策を述べなさい。(A.T 3年)

・ボブは東京で飲食店を開くことにした。そして、メニュー表を作る際、そのメニュー表を著作物にしたいと考えた。ボブはどのようなメニュー表を作れば良いか。(Y.Y. 3年)

・著作権法が無くなったとします。その場合、私たちの生活のプラスになると思いますか、マイナスになると思いますか。理由と共に述べなさい。(Y.Y. 3年)

・2008年1月21日、画家であるAさんは美術館に出掛け、Bさんの「朝」という作品を見て衝撃を受けた。家に帰ったAさんは、衝撃を忘れないうちに1枚の絵を描き上げたが、その絵はBさんの「朝」に酷似したものとなった。AさんはBさんの著作権を侵害しているか。また、Bさんが1950年に亡くなっていた場合はどうか。(Y.Y. 3年)

・現在インターネットの著作権侵害問題に対して、権利を強化すべきとする主張と権利を緩めるべきとする主張がある。あなたはどのように考えるか。それぞれの利点、欠点をあげながら述べなさい。(田中留為・3年)

・著作権と異なり著作者人格権には著作者の死後、明確な保護期間規定がない。著作権法の目的を踏まえた上で以下の問いに答えよ。
(1) 著作者人格権は著作者の死後保護されるか根拠を提示しつつ述べよ。また、保護されるとすればそれはどの程度の期間が相当か、あなたの考えを述べよ。
(2) 著作者の死後の公表権の行使などを想定した、遺言による著作人格権の行使は可能か、あなたの考えを述べよ。(H.S 政治学科三年)

R2006375
GR Digital 2007

2008.01.20

1160-080119 MacJournal 5

IMG_1309
すべてEOS 40D / EF28mm F1.8

Mariner Softwareからメール。
MacJournal 5がリリースされたとのこと。
http://www.marinersoftware.com/sitepage.php?page=85

IMG_1303

shiologyはMacJournalで書いています。
非常に気に入っています。

IMG_1305

でも、shioが日常的に使うソフトのうち、MacJournalだけがドロワー式。
ドキュメントの横に引き出しが出てきて、各種の情報を表示する方式です。MacOS X 10.4 Tigerでこの表示方式が採用されたのに呼応して、各種のアプリケーションソフトでも同様のインターフェイスが取り入れられました。MacJournalもそのひとつ。

しかしMacOS X 10.5 Leopardではドロワーが使われなくなりました。代わって「サイドバー」が採用され、そのほかたとえばiCalでは、従来のドロワーに表示されていた情報はポップアップで表示されるように変更されています。日常的に使うMacJournalもサイドバー式になったらいいなあと思っていました。

IMG_1308

MacJournal 5のリリースを伝えるメールを読むと、「Totally redesigned and built for Leopard」と書いてある。
ということは!!
案の定、サイドバー式になっていました。
すぐにダウンロード購入。
アップグレード版で19.95ドル。

IMG_1313

いまMacJournal5でこれを書いています。
“Mail”と似たインターフェイスで使いやすいです。
もちろん全画面表示も健在。
blog以外にも、さまざまな文章作成に使います。

IMG_1311

今日のお料理写真は前々回に引き続き成蹊大学の学食。
こんどは第1学生食堂です。
定食や麺類が食べられます (^_^)

IMG_1314

1159-080118 iPod touchが完成

R2006001
GR Digital 2007

iPod touchのバージョンが1.13になりました。
旧来のユーザーも2,480円支払うと、Mail、マップ、天気、メモ、株価のアプリ、ウィジェットが入り、ホーム画面をカスタマイズしたりWebクリップを作成できるようになります (^_^)
http://www.apple.com/jp/ipodtouch/

IMG_1296

即購入。

IMG_1295

なにより“Mail”がありがたい!!
gmailでメールを読み書きするより快速、快適。
オフラインで使える。これを待っていました。
メモ機能もあるけれど、“Mail”に書いて自分宛に送る方が、迅速にMacに転送できます。

R2005996
GR Digital 2007

これでiPod touchはとりあえず「完成」したような感じがします。
「使える」道具になりました。
もちろん今後の成長も楽しみです。

R2005997
GR Digital 2007

MacBook Airの発表を見ながら(そして前々回のエントリーを書きながら)思ったこと。
「iPod touch」って「iPod air」だなあ (^_^)

R2006015
GR Digital 2007

2008.01.18

1158-080117 shio的必須ソフト

R2005993
GR Digital 2007

午前中、shioゼミOB、来訪。
お昼、撮影。
午後、公務。
夕方、仕事。
夜、原稿仕上げ。

R2005987
GR Digital 2007

MacBook Airのハードディスクは80GB。
いままで、ハードディスクの容量は年々拡大の一途でした。だから、新しいMacを買ったら従来使っていたMacよりもハードディスクの容量が大きいのが当然だったので、既存のMacから環境をそのまま移行できました。Macに付属する環境移行ツールで、ソフトもデータも設定も、超簡単に100%移行できます。

R2005989
GR Digital 2007

でもMacBook AirのHDDは80GB。SSDは64GB。
現在使っているMacのハードディスクが80GB(64GB)より大きい場合、そこにいっぱいいっぱいのデータが入っていると、MacBook Airの80GBにはすべてを移すことはできません。
MacBook Airには環境移行はせず、まったく新たに使い始めるのがよさそう。

R2005992
GR Digital 2007

そんなときでも既存のMacで.macを使っていれば、Macを使う基本的な情報はすべて自動的に入力されます。
住所録、カレンダーに書き込んだ予定、Safariのブックマーク、メールのアカウントや分類ルール、ノート、ことえりのユーザー辞書、各種のパスワード、Macの環境設定。これらすべて、新しいMacの.macアカウントを設定すれば、自動的にシンクロしてくれます。だから、買ってきたMacをすぐに仕事に利用できます。ありがたい!!

R2005995
GR Digital 2007

この中でも、ことえりのユーザー辞書が自動的にシンクロされる機能が好き。
複数のMacを並行して使っていると、ユーザー辞書がまちまちになってしまいますが、.macのおかげで、1台のMacで辞書登録した単語はほかのMacにも反映される。本当にありがたい。

IMG_1279
ここから4枚は成蹊大学の第3学生食堂(丼もの屋さん)のメニュー。

さて環境移行をしないとすると、アプリケーションソフトも必要なものだけを入れることになります。ハードディスクが80GBのMacBook Airに入れたい「shio的必須アプリ」は何だろう。すべてのMacに最初から入っているSafari、Mail、iLife'08(iPhoto, iTunes, iMovie, iDVD, iWeb, GarageBand)など以外に、shioの生活に必要なソフトを挙げてみます。

IMG_1284

アップル製品
・Aperture(普通はiPhotoで十分。でもルーペを使いたいからこれが好き)
・iWork'08 (Pages, Keynote, Numbersのセットがこんなに安くていいんだろうか、と思う)

それ以外の製品
・egword Universal 2(大好き!! 原稿執筆、書類作成、すべてこれ。そろそろ新バージョンが出るのかしら?)
・FileMaker Pro 9(以前はデータベース開発に使ったけれど、最近はメンテナンス業務が多い。個人的にはBentoに移行か)
・Firefox(無償。Safariと両方立ち上げて使います)
・Jedit X(超定番エディタ。毎日のようにほんの一瞬だけ使うソフト)
・kotonoko(無償。昔の電子ブック版の辞書を読むのに必要)
・LogoVIsta辞典ブラウザ(ロゴヴィスタの辞書を買うと付属しています)
・MacJournal(shiologyはこれで書いています)
・Microsoft Office 2008 for Mac(最新!!)
・OmniGraffle Professional(図を描くのはこれ)
・OmniOutliner Professional(アウトラインプロセッサーは必需品)
・ScanSnap Manager(無償。ScanSnapは仕事に必須)
・Skype(無償。世界と通話。実は国内通話にも安くて便利)
・SILKYPIX Deveroper Studio 3.0(GR DigitalのRAWを現像するときに使います)
・TwitterPod(無償。drikinさんに感謝!!)
・Yojimbo(クリッピングに愛用)

IMG_1292

shioのMacのアプリケーションフォルダには現在221個以上のソフトが入っています。
そのうち、Macに標準で付属するソフトを除くと、shioの仕事と生活に必要なソフトはたったこれだけでした。意外と少ない。これなら大量の写真を扱う容量も確保できそう (^_^)

IMG_1291

1157-080116 Air

R2005963
GR Digital 2007

作業、会議、作業、会議……な毎日。
この時期、大学は繁忙期です。

R2005965
GR Digital 2007

さてMacBook Air。
http://www.apple.com/jp/macbookair/

クール。スマート。カッコいい。
とりあえず、読み「mば」で「MacBook Air」をことえりに単語登録。
略すと「MBA」ですから (^_^)

R2005967
GR Digital 2007

ネイミング。「Air」。

アップルの「Air」には「無線・ワイヤレス」という含意があります。
無線LANのターミナルは「AirPort」(日本では商標の関係から「AirMac」になってます)。「AirMac Express」、「AirMac Extreme」はこの系列。
それからAirMac Expressで使える「AirTunes」。無線LAN経由で音楽を聴けます。これもAir。すごーく便利。shioも発売当初から愛用しておりまして、すでにAirMac Expressは3台購入しています(1台は既に故障により廃棄)。

R2005968
GR Digital 2007

このようにアップルにおける「Air」は、無線接続、無線通信を意味しています。
従って、「MacBook Air」というネイミングには、「無線でどうぞ!!」というメッセージが込められているのです。

R2005969
GR Digital 2007

「There's something in the air.」という今回のキャッチコピー。
その意味は、「ほら、空中にあるでしょ、あれが」ってこと。「あれ」は、LAN接続やBluetooth接続からコンテンツまで含めた各種のリソース。つまり「空中にあるリソースを使いましょう!!」、「無線を使おう!!」、あるいは「ワイヤレスで行こう!!」といった感じでしょうか。

R2005974
GR Digital 2007

軽い。
これならいつも持ち歩くにも負担が軽い。
ちゃんとフルサイズのキーボード、13.3インチのモニター。これを縮小しなくてありがたい。どんなに軽くしようとも、キーボードはフルサイズ。アップルのこだわり。写真を扱うにはモニターも大きい方がいい。

R2005978
GR Digital 2007

薄い。
書類用の透明なクリアフォルダーも「ケース」になりそうなほど。
シェル型の筐体は剛性確保のためでしょうか。
鞄の中でかさばらないのがありがたい。
A4版(あるいはレターサイズ)の書類などと一緒に鞄に入れるのだから、キーボードやモニターを小さくして筐体の面積が小さくするより、A4サイズのほうが整合的。

R2005977
GR Digital 2007

ポートはUSBひとつ、外部ディスプレー用micro DVIポートひとつ。それにヘッドフォン端子。
これで十分。
だって「Air」ですから (^_^)

R2005985
GR Digital 2007

2008.01.17

1156-080115 頭を下げる

R2005950
GR Digital 2007

サンフランシスコで行われたSteve Jobs氏のKeynote Speech。
去年までは会場で感動を体感することができたけれど、今年は日本からオンラインにて拝見。
http://www.apple.com/quicktime/qtv/keynote/

R2005942
GR Digital 2007

最も印象に残ったのは、Jobs氏が軽く頭を下げたところ。
Intel CEOと握手するとき。

一般的に握手は、背中を伸ばして相手をまっすぐ見ながらするけれど、この握手は違った。彼は軽く頭を下げていました。普通よりも小さいCPUを特別に作ってほしいというJobs氏からの依頼をインテルは実現してくれた。それが本当にありがたい。その心から感謝の気持ちが表れているように感じました。彼がこういう気持ちを持って多くのコンテンツ会社に接してきたことが、これまでの音楽、映画、テレビドラマなどのiTunes Storeでの配信を実現させたのだと思います。
すばらしき人。

R2005943
GR Digital 2007

ついでに。
大谷和利さんの新刊、『iPodをつくった男──スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス』(アスキー新書・724円)の37ページと、アスキー新書の1月「新刊のご案内」のしおりに、shioが撮影した写真が使われています。書店でご覧くださいませ。

R2005947
GR Digital 2007

Keynote Speechの話に戻って。
今回発表された中でも大きな進歩だと思ったのは、「iTunes Digital Copy」。
http://www.apple.com/jp/news/2008/jan/16fox.html

DVDを買ったら、それをMacやPCに読み込める。
それによって、MacやiPodやApple TVで鑑賞できる。
読み込めるのは1回だけとはいえ、大きな大きな一歩です!!

R2005944
GR Digital 2007

2008.01.16

1155-080114 お料理撮影のコツ

R2005903
GR Digital 2007

「1149-080108 L字型USBケーブル」に掲載したうどんの写真に対してsnicさんからコメントをいただきました。
http://shiology.com/shiology/2008/01/1149080108_lusb_e3ee.html

R2005936
GR Digital 2007

「はじめまして。
いつもお料理の写真がすごくおいしそうに
撮れていますね、
なにかコツとかあるんでしょうか?」

R2005905
GR Digital 2007

このほかにもお料理の写真のコツを教えてほしいとのメッセージをいただいております。
shioの料理写真、演出も小細工も一切なし。サーブされたテーブルの上にあるお料理を、まったくそのまま撮っております。だから「コツ」と言えるようなものは思いつかないです……。

R2005907
GR Digital 2007

あえて言えば、以前、人物撮影について書いたものと同じ。
「733-060911 表紙にshio写真!!」
http://shiology.com/shiology/2006/09/734060911_shio_f589.html

R2005908
GR Digital 2007

これをお料理に読み替えれば以下のような感じになります。

(1) 「おいしそう!!」「食べたい!!」と思いながら撮る。
つまり、おいしそうじゃなければ撮らない (^_^)

(2) お料理との対話。
「おいしそうだねー」、「いまから食べるよー」って (^_^)

(3) お料理の「キラキラ」を見つける。
おいしいお料理ってキラキラしてますよね。

(4) お料理を360度から観察する。
お料理の「顔」を見つけるのです。で、その顔をどの方向から撮るかを考える。正面から撮るか、横顔を撮るか、見上げるように撮るか、見下ろすように撮るか、etc.

(5) お料理の「目」を撮る。
そしてその顔の中にある「目」を撮ります。

IMG_0431
EOS 40D / EF28mm F1.8

いつも書いておりますように、shioの写真は「点」を撮っております。
その「点」が「目」。
写そうと思っている被写体、お料理の「目」を見つけて撮るのです。
「目移り」しないで1点に集中。
マクロモードにし、その点にピントを合わせ、撮ります。
あ、「コツ」といえるものがあるとすれば、明るめに撮る、というのが「コツ」 (^_^)

IMG_0430
EOS 40D / EF28mm F1.8

1154-080113 タイムドメインスピーカーのリスト

R2005846
GR Digital 2007

タイムドメインに興味があるという方々からメッセージをいただいております。
残念ながらshioはオーディオには疎いので、詳しいことは存じません。
とりあえず、タイムドメイン理論によるスピーカーのうち、iPodやテレビのヘッドフォン端子などに直接接続して楽しめるタイプを価格順にリストアップしてみました(なおスピーカー単体のものはEclipseから数種類出ています)。

R2005863
GR Digital 2007

・TIME DOMAIN mini:18,900円
http://timedomain.co.jp/product/mini.html

・TIME DOMAIN light:18,900円
http://timedomain.co.jp/product/light.html

・BauXar Marty101:29,400円
http://www.bauxar.com/Marty101/

・Eclipse TD307PAII:63,000円
http://www.eclipse-td.com/products/td307paii/

・BauXar Jupity301:71,400円
http://www.bauxar.com/Jupity301/

・Eclipse TD508PAII:117,600円
http://www.eclipse-td.com/products/td508paii/

・TIME DOMAIN Yoshii9:315,000円
http://timedomain.co.jp/product/yoshii9.html

R2005832
GR Digital 2007

こうして見ると、値段のバラエティーも必要十分。
どれでもタイムドメインのクリアな音が楽しめるはず。

shioはTD508IIをスピーカー単体で導入しましたが、ほかの機種も聴き比べてみたくなります。とくにそれぞれ専用のアンプと組み合わせたときの音がどうなるのか、興味津々。
とはいえ、shioはオーディオで聴くより生音の方が断然好き。
だから、もしお金があったら楽器を買います (^_^)

R2005812
GR Digital 2007

2008.01.15

1153-080112 再読み込み

R2005698
GR Digital 2007

iTunesに読み込むとき、以前はAAC(192kbps)にしていました。
一昨年、タイムドメインを知ってからは、無圧縮(AIFF)で読み込んでいます。
タイムドメインのスピーカーだと、圧縮音源と無圧縮音源の差が歴然だから。
ハードディスクの値段も下がってきているので容量もそんなに気にする必要なし。
そこで、昔AACで読み込んだ自宅のCDを無圧縮(AIFF)でiTunesに読み込みなおしています。

R2005681
GR Digital 2007

500枚ほどのCDがあるので、平均1枚600MBとすると、無圧縮でリッピングした場合の容量はトータルで300GB。なのでとりあえず500GBの外付けハードディスクで十分。

R2005680
GR Digital 2007

iTunesライブラリーは新規に作成。
いままでのライブラリーに足していくと、圧縮音源と無圧縮音源が混在してしまいます。そこでAIFFだけで構成されるライブラリーを新たに作りました。

R2005676
GR Digital 2007

ちなみにMacとオーディオは下記のようにつないでいます。
Mac→MDデッキ→アンプ→スピーカー。
MacとMDデッキは光ケーブルでデジタル接続しています。MDデッキをDA変換に使っているのです。こうすれば、Macの音をデジタルで取り出しているので、ノイズの混入を抑止できるはず。

R2005671
GR Digital 2007

昨晩は、ロースクールの院生5人と大戸屋で夕食。
そのあとヨドバシカメラでそれぞれお買い物。
Cは自宅にiMac24インチを導入したので、それとiPod Hi-Fiを接続する音声ケーブルを購入。やっぱりデジタル接続です。その方がピュアな音を再生できるはず (^_^)

R2005673
GR Digital 2007

2008.01.13

1152-080111 原音スピーカー

R2005594
GR Digital 2007

感動!!
スピーカーの音。

R2005592
GR Digital 2007

すでに何十回も聴いているアルバムを聴いたら、いままで意識していなかった音が聞こえた。
いつも聴いているヴァイオリンの曲なのに、ぞくっとした。
コントラバスのピチカート、音程がはっきりクッキリわかる。
コンガを叩く手が見える。
タップダンスを踊っている床の材質まで、見える。

R2005591
GR Digital 2007

さらに驚いたのは、何十回も聴いたピアノの左手のアルペジオの中にいままで聞こえてい(ると思ってい)た音が、実は弾いていないと気づいたこと。

R2005590
GR Digital 2007

すごい!!

音の解像度が高い。
ひとつひとつの音の輪郭が鮮明。
ヴォーカルが生々しい。目の前にその人がいるみたい。
演奏者やヴォーカルまでの距離がわかる。
レコーディングしている部屋の広さを感じる。
低音も一つ一つが明瞭なため、しっかり耳に届く。
強調されていない低音部の量感が、ゆったりと自然。
レコーディングされた音そのものが届けられている感じ。
そのリアリティー。
「原音スピーカー」と呼びたい。

R2005588
GR Digital 2007

それはタイムドメイン(Timedomain)理論に基づくスピーカー。
http://timedomain.co.jp/

それを開発した由井啓之さんのインタビューはこちら。
その音にビル・ゲイツ氏も驚愕したとのこと。
http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?__m=1&p=000725

いくつかあるうち、shioがゲットしたのは、「ECLIPSE TD508II ホワイト」。
http://www.eclipse-td.com/j06_td508II/index.html

R2005587
GR Digital 2007

これで、3年以上にわたってためたヨドバシカメラのポイントはすっかり使い切りました。
一緒に500円/mのケーブルを3m×2本買って、被膜を剥き、つなぎました。幸い現在使っているアンプにはスピーカーを2セットつなげられるので、いま使っているタンノイと切り替えて音の違いを楽しめます。

R2005586
GR Digital 2007

ことの発端は、スタンフォードにいたときに、音響学者のHirokoさんにタイムドメイン・ミニの音を聴かせていただいたこと。以来、日本に帰ったらタイムドメインのスピーカーを使おうと決めていました。

R2005585
GR Digital 2007

タイムドメイン社の、「タイムドメイン・ミニ」か「タイムドメイン・ライト」にしようかと思ったけれど、どちらもアンプ内蔵型。すでにあるオーディオにつなぐにはスピーカー単体がいい。さらに、タイムドメインのことをshiologyに書いたときに、昔イクリプスのスピーカーを扱っていたというMさんがコメントをくださって、イクリプスを薦めてくださいました。そこで、設置する場所の奥行きも考えた末、TD508IIにしました。

R2005583
GR Digital 2007

その音のリアリティーに心酔したshioは、いませっせと自宅にあるCDをiTunesに再リッピングをしています。もちろん、無圧縮、AIFFで (^_^)

R2005582
GR Digital 2007

2008.01.12

1151-080110 かどっこちゃんドリル

R2005552
GR Digital 2007

写真上達のための練習方法を教えてほしいとのご質問を頻繁に受けます。

R2005478
GR Digital 2007

「1138-071228 表現と思考」でご紹介した「50枚ドリル」はそのひとつ。
http://shiology.com/shiology/2007/12/1138071228_8ab1.html

R2005479
GR Digital 2007

今回は、「かどっこちゃんドリル」をご紹介します。
部屋の壁と天井に囲まれた角。
3本の直線が交差します。

R2005480
GR Digital 2007

その「点」が「かどっこちゃん」。
人格があります (^_^)
その「かどっこちゃん」を撮ります。
いろいろ工夫しながらたくさん撮ります。

R2005481
GR Digital 2007

いつも申し上げているとおり、shioの写真は「点」を撮っています。
「点」をどう見るか。
その「点」をどう撮るか。
その「点」を絵の中のどこに置くか。
周囲の要素を「点」に対してどのように配置するか。
そういうことを考えながら撮ります。
「かどっこちゃんドリル」はその練習です。

R2005482
GR Digital 2007

今回の写真は、先日、六本木ヒルズの森美術館から1階に降りるまでの間に、混んだエレベーターの中で撮ったもの。混んでいて、一番奥の壁に背中を付けたままほとんど身動きが取れなかったので、ヴァリエーションが少ないですが、ご参考まで。

R2005484
GR Digital 2007

1150-080109 ゼミ最終回

IMG_0896

本年度のゼミ最終回。

IMG_0865

1限:shioゼミ(1年生)
・177条の意義
・条文の読み方
・176条と177条との関係
・宇宙人から見た人間
・標本
・恐竜の皮膚の色は?
・原則と例外
・例外の規定のしかた

IMG_0929

4限・5限:shioゼミ(2、3、4年生)
・4年生による就職活動報告会

IMG_1023

終了後は、新年会。

IMG_1081

ゼミの友は一生の友。
大切な仲間です。

IMG_1086

1149-080108 L字型USBケーブル

R2005576
GR Digital 2007

ついに発見。
L字型USBケーブル。

R2005751
GR Digital 2007

この写真のように、Happy Hacking Keyboard Professionalの接続に使います。
いままで普通のケーブルを使っていたのですが、ケーブルが直角に生えているのがとても気になっていました。でもL字型のケーブルって、ないのです。

R2005575
GR Digital 2007

ELECOMからは「USB-MBM5」が販売されています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/usb/usb-mbm5/index.asp

これも買ってみましたが(480円)、端子のグリップ部分がいささか大きい。
もっとスマートなのが欲しい。

R2005617
GR Digital 2007

先日買ったハードディスク、BUFFALOのHD-PM300U2-WH
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd-pmu2/

上の写真のケーブルは、これに付属していたものです。
これ、スバラシイ。
ケーブルだけ単体で販売していただきたいと思います!!

R2005717
GR Digital 2007。このうどん、最高!!

2008.01.11

1148-080107 講義開始

R2005712
GR Digital 2007

朝食は自宅で七草がゆをいただきました。
ゆずの香りがアクセントでおいしい (^_^)
ごちそうさまでした!!

R2005649
GR Digital 2007、すべて東京ミッドタウンの中。

今日は、今年の講義開始。

R2005665
GR Digital 2007

2限:著作権法
・送信可能化とは
・条文をカタカナ語に変換
・著作権と著作権の制限の関係
・著作権法の原則と例外
・著作物は誰のものか
・原作品と複製物
・写真の著作物の原作品とは
・デジタルな著作物の原作品と複製物
・49条に該当する行為の具体例

R2005643
GR Digital 2007

4限:家族法1
・普通養子
・特別養子
・親権

R2005664
GR Digital 2007

5限:民法4発展講義
・受領遅滞の法的性質
・条文と脳細胞
・ニューロンとシナプス
・法定責任って○責任?
・供託
・債権者の義務とは
・民法の構造

R2005660
GR Digital 2007

今回の写真。
東京ミッドタウンの中に初めて入りました。

R2005661
GR Digital 2007

初売りをやっていて、人がたーくさん。

R2005652
GR Digital 2007

できるだけ人が写らないように撮るのがまた面白い。

R2005650
GR Digital 2007

2008.01.07

1147-080106 ちょろぎ

IMG_0755
すべてEOS 40D / EF28mm F1.8

オランダとルクセンブルクからのお客様。

IMG_0757

すべて手料理のおもてなし。
shioもごちそうになりました。
おいしかった!!
ごちそうさまでした!!

IMG_0759

ちょろぎを指して、「その赤いのは何ですか?」とのご質問。

IMG_0762

その場にいた日本人、誰も答えられず。。。

IMG_0768

で、調べました。Macに付属の辞書で。
その場所はネットにはつながらなかったので、Macの辞書はありがたい!!

IMG_0796

ちょろぎ【草石蚕】
シソ科の多年草。高さ30~60センチ。秋、淡紅色の唇形の花を穂状につける。地下にできる連珠状の白い塊茎を掘り取り、梅酢で赤く染め、正月料理の黒豆の中にまぜて食べる。中国の原産で、栽培される。ちょうろぎ。《季 新年》「ねじれたる―を噛める前歯かな/時彦」

IMG_0815

それを英語で説明。
和英大辞典には「a Chinese [Japanese] artichoke; a chorogi; Stachys sieboldii」と書いてあったけど、まさかアーティチョークじゃない。

IMG_0819

自分が知らないものを説明するって、困難 (^_^)

IMG_0818

2008.01.06

1146-080105 磨きあい

R2005519
GR Digital 2007

今日は、パリ & スタンフォード帰りのHirokoさんとともに、お写んぽしながら美術館巡り。

六本木ヒルズの森美術館で「六本木クロッシング」
http://www.mori.art.museum/contents/roppongix02/index.html

2121 Design Sightで「Water」
http://www.2121designsight.jp/schedule/program.html

R2005695
GR Digital 2007

パリのアーティスト社会のお話しがとっても面白かった。
shioが今書いている原稿の内容に関しても楽しくおしゃべり。

R2005703
GR Digital 2007

撮影した写真、233枚アップしました。
http://www.flickr.com/photos/shio/sets/72157603636048432/

R2005693
GR Digital 2007

さて、先日のエントリー「1138-071228 表現と思考」にゆっきぃさんからいただいたコメント。
http://shiology.com/shiology/2007/12/1138071228_8ab1.html

「shioさん、こんばんは。
「1からはじめる」、「表現と思考」参考になります。
私は芸術的センスが無いのが悲しいところなんですが、50枚ドリルで練習してみようかと思いました。
今日の1枚目のシャッターの写真。
例えば街を歩いていてこの情景に出会ったときに自分はカメラを出せるか?って思っちゃうんですね。
それでも、shioさんの写真をはじめ、いろんな方々の写真をそんな目で見るようになったことが今年の進歩なのかもしれません。
数多く撮って考えるを繰り返す練習を来年はやってみます。
ありがとうございました。」

R2005623
GR Digital 2007

shioはメールでお返事しました。

「芸術的センスがないなんて悲観的なことはおっしゃらないでください。
15日の夕焼けの写真は息をのむほど美しいし、「駒沢公園でお散歩」の4枚目、シルエットは詩的だし、ステキですよ。
センスは磨くものです。育つものです。「ある」「ない」ではないと思います。

50枚ドリル、本当に面白いですよ。
10枚くらいはサクサク撮れますが、そのあと、30枚を超える頃になると、あとどう撮ったらいいだろう、と思案が必要になります。それを繰り返していくと、表現の幅が広がっていくと同時に、徐々に自分のスタイルも磨かれていきます。

どうぞ楽しんでくださいね。
(以下略)」

R2005622
GR Digital 2007

さきほど彼のblogを見たら、「センスを磨く」が今年の写真の目標になっていました!!
http://911carrera4s.blogspot.com/2008/01/blog-post.html

R2005567
GR Digital 2007

自分を磨く。
相手を磨く。
センスも互いに磨きあい。
ひとりひとりが輝きを増していく社会。
ステキです (^_^)

R2005691
GR Digital 2007

2008.01.05

1145-080104 空き容量

IMG_0646
EOS 40D / EF28mm F1.8

MacBookの挙動が仕事に堪えないほど遅くなってきました。
原因はハードディスクの残り容量。
3GBを切っています。
いままで10GBを下回るたびに、データをゴっそり他に移すことを繰り返してきました。
さて今回は何を移すか。

R2005097
GR Digital 2007

Apertureのライブラリーを外に出すことにしました。

Apertureは、元ファイルを別のハードディスクにおき、キャッシュだけで運用することができます。これこそshioがApertureをメインで使っている最大の理由。写真の元ファイルをMacBookの中に存置する必要がないため、ライブラリーを比較的小さく保つことができます。それでもライブラリーは際限なく大きくなっていきます。昨年7月以降に撮影した写真がこのライブラリーに入っていますが、元ファイルのない状態でも34GB。

R2005090
GR Digital 2007

年が改まったのを機会に、ライブラリーを新しくし、34GBのライブラリーは別のハードディスクに移しました(ライブラリーを小分けにするのはApertureを快適に使う有効な手段でもあります)。
これによってMacBookは、空き容量が37GBほどになりました。
見違えるように速く(というか、本来の速度に)なりました。

R2005088
GR Digital 2007

今年の仕事、開始です (^_^)
でも今日は午後から、成田に行き、羽田に行き、会いたかった人々に会いました。
そのあと21時ちょっと前に帰宅して、のだめにぎりぎりセーフ (^_^)

R2004976
GR Digital 2007

2008.01.04

1144-080103 加湿器

R2005187
GR Digital 2007。すべて成蹊大学のキャンパスで撮影。

研究室の中は非常に乾燥しています。
とくに冬場はからっから。

R2005179
GR Digital 2007

書籍や各種のプリント類など、紙が大量にあるからでしょう。
喉は痛くなるし、紙で手を切る。
できれば適度な湿度に保ちたい。

R2005188
GR Digital 2007

そこで加湿器が必要。
でも専用の加湿器は使っておりません。

R2005186
GR Digital 2007

電気ポットのふたを外しています (^_^)
いったん沸いたら、マグネット式のコンセントプラグはポロッと抜いちゃう。

R2005189
GR Digital 2007

shioは成蹊大学に着任した頃からこの方法をとっていますが、先日、友人の部屋に行ったら同じように電気ポットのふたを開けて加湿器として利用していました。仲間発見 (^_^)

R2005183
GR Digital 2007

自然な湯気で加湿する。
室内の体感温度も上がる。
喉も守れて、紙の縁もしなやか。

R2005192
GR Digital 2007

研究室に滞在する時間が長いので、その環境は大切です。

R2005182
GR Digital 2007

1143-080102 初心

IMG_0663
GR Digital 2007

プロフェッショナル仕事の流儀。
イチロースペシャルを見ました。

IMG_0662
EOS 40D / EF28mm F1.8

見ながらMacでノートをとりました。
3,541文字。

IMG_0664
EOS 40D / EF28mm F1.8

流儀。
「過去のイチローを捨てる。」

IMG_0659
EOS 40D / EF28mm F1.8

それを見て、「初心忘るべからず」を思い出しました。

IMG_0657
EOS 40D / EF28mm F1.8

「しかれば当流に万能一徳の一句あり。初心忘るべからず。この句、三ヶ条の口伝あり。

是非とも初心忘るべからず。
時々の初心忘るべからず。
老後の初心忘るべからず。

この三、よくよく口伝すべし。」
<世阿弥・花鏡>

IMG_0658
EOS 40D / EF28mm F1.8

未熟な初心者だったことよく覚え、その後の鍛錬による上達の過程、進歩を記憶して、そのような過去の上に今があることを認識し、初めて迎える今この舞台に心してとりかかるべし、といった意味だと理解しています(「初心」は「初志貫徹」の「初志」とは異なります)。

R2005272
GR Digital 2007。九谷焼です。

「時々の初心」。
shioはこれが好き。

R2005273
GR Digital 2007

毎回の講義、毎回のゼミ、ときどき行う講演。
すべて初心で望みます。
すべて初めてだから。
学生は全員成長を続けているから、先週の学生と今週の学生は異なる。
講演を聴きにいらしてくださる人々は毎回異なる。
人々の体調も違う、気分も違う、場所も違う、雰囲気も違う、空気も違う、天気も違う。
昨日の自分と今日の自分も異なる。

R2005276
GR Digital 2007

毎回毎回、すべて初めて。
だから初心。
初めての心。
だから講義の原稿は作らないし、過去の講義ノート(そもそもshioにはそれが存在しないのだけど)を見ながら講義するなどということはしない。話す内容は「現場」で決める。
写真ももちろん、1枚1枚「初心」で撮っています。

R2005277
GR Digital 2007

バッターボックスのにおい、雰囲気、といったものが独特で、あの場にたってみないとわからない、ということをイチローさんはおっしゃっていました。それが彼の舞台。0.4秒のボールをきっちり見て打つ。過去の工夫を捨てて新しい技術やスタイルに挑戦し続けているからこそ、「過去のイチローを捨てる。」なのだと思う。彼はまさに「初心忘るべからず」を実践していらっしゃるプロフェッショナルだと感じました。

R2005278
GR Digital 2007

2008.01.02

1142-080101 新年

R2005271
GR Digital 2007

みなさま
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
塩澤一洋

R2005249
GR Digital 2007

カリフォルニアに住んでいた昨年までの2年間。

R2005270
GR Digital 2007

年始のご挨拶はすべてメール(電子メール)。

IMG_0636
EOS 40D / EF28mm F1.8

日本に帰国したいま、これはそのまま継続します。

R2005247
GR Digital 2007

案の定、今年は、紙の年賀状よりも多い数の年賀メールをいただきました。
(大学宛にいただいているものはまだ見ておりませんが)
そういう時代なのですね。

IMG_0627
EOS 40D / EF28mm F1.8

今日は一日、いただいた年賀メールに返信を書き送り続けました。

IMG_0632
EOS 40D / EF28mm F1.8

いただいた年賀メールの中には、「メールで年始のご挨拶を申し上げる失礼をお許しください」といった一文が書かれているものが複数ありました。

IMG_0633
EOS 40D / EF28mm F1.8

shio的には、「メールで送ってくださってありがたい!!」

IMG_0625
EOS 40D / EF28mm F1.8

さて2008年。

IMG_0634
EOS 40D / EF28mm F1.8

みんながニコニコしている1年となりますように。

IMG_0638
EOS 40D / EF28mm F1.8

写真のお料理は、お寿司以外、手作りだそうです。
スバラシイ!!
ごちそうさまでした (^_^)

IMG_0623
EOS 40D / EF28mm F1.8

2008.01.01

1141-071231 only one

IMG_0551
EOS 40D / EF28mm F1.8

紅白歌合戦。
その最後に会場全体で歌われたのが、「世界に一つだけの花」。

IMG_0561
EOS 40D / EF28mm F1.8

憲法13条の精神に通じる歌詞です。

IMG_0560
EOS 40D / EF28mm F1.8

第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

R2005243
GR Digital 2007

ひとりひとりがひとりひとりを大切にする社会でありたいと心から願います。

R2005233
GR Digital 2007

「××と比べて○○の方が……」という比較の世界ではなく、「○○はここがすばらしい」という個に対する肯定的評価。

R2005234
GR Digital 2007

shiologyは2008年も、「スバラシイ!!」を表現し続けていきます (^_^)

R2005238
GR Digital 2007

« December 2007 | Main | February 2008 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください