« 1142-080101 新年 | Main | 1144-080103 加湿器 »

2008.01.04

1143-080102 初心

IMG_0663
GR Digital 2007

プロフェッショナル仕事の流儀。
イチロースペシャルを見ました。

IMG_0662
EOS 40D / EF28mm F1.8

見ながらMacでノートをとりました。
3,541文字。

IMG_0664
EOS 40D / EF28mm F1.8

流儀。
「過去のイチローを捨てる。」

IMG_0659
EOS 40D / EF28mm F1.8

それを見て、「初心忘るべからず」を思い出しました。

IMG_0657
EOS 40D / EF28mm F1.8

「しかれば当流に万能一徳の一句あり。初心忘るべからず。この句、三ヶ条の口伝あり。

是非とも初心忘るべからず。
時々の初心忘るべからず。
老後の初心忘るべからず。

この三、よくよく口伝すべし。」
<世阿弥・花鏡>

IMG_0658
EOS 40D / EF28mm F1.8

未熟な初心者だったことよく覚え、その後の鍛錬による上達の過程、進歩を記憶して、そのような過去の上に今があることを認識し、初めて迎える今この舞台に心してとりかかるべし、といった意味だと理解しています(「初心」は「初志貫徹」の「初志」とは異なります)。

R2005272
GR Digital 2007。九谷焼です。

「時々の初心」。
shioはこれが好き。

R2005273
GR Digital 2007

毎回の講義、毎回のゼミ、ときどき行う講演。
すべて初心で望みます。
すべて初めてだから。
学生は全員成長を続けているから、先週の学生と今週の学生は異なる。
講演を聴きにいらしてくださる人々は毎回異なる。
人々の体調も違う、気分も違う、場所も違う、雰囲気も違う、空気も違う、天気も違う。
昨日の自分と今日の自分も異なる。

R2005276
GR Digital 2007

毎回毎回、すべて初めて。
だから初心。
初めての心。
だから講義の原稿は作らないし、過去の講義ノート(そもそもshioにはそれが存在しないのだけど)を見ながら講義するなどということはしない。話す内容は「現場」で決める。
写真ももちろん、1枚1枚「初心」で撮っています。

R2005277
GR Digital 2007

バッターボックスのにおい、雰囲気、といったものが独特で、あの場にたってみないとわからない、ということをイチローさんはおっしゃっていました。それが彼の舞台。0.4秒のボールをきっちり見て打つ。過去の工夫を捨てて新しい技術やスタイルに挑戦し続けているからこそ、「過去のイチローを捨てる。」なのだと思う。彼はまさに「初心忘るべからず」を実践していらっしゃるプロフェッショナルだと感じました。

R2005278
GR Digital 2007

« 1142-080101 新年 | Main | 1144-080103 加湿器 »

Education」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/17570854

Listed below are links to weblogs that reference 1143-080102 初心:

« 1142-080101 新年 | Main | 1144-080103 加湿器 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください