« November 2007 | Main | January 2008 »

2007.12.31

1140-071230 クリスマスプレゼント

R2005159
GR Digital 2007

ヨドバシカメラのポイントで、自分のクリスマスプレゼントをゲット (^_^)

ソニーのリニアPCMレコーダー「PCM-D50」。
http://www.sony.jp/products/Consumer/linearpcm-rec/PCM-D50/index.html

R2005161
GR Digital 2007

shioは楽器の生音を録音する機会があるので、レコーダーは必需品。
以前使っていたのは、ソニーのポータブルDATレコーダー。
媒体がシリコンになってからは、下記の2機種。

・EdirolのR-1(R-09の前モデル)
http://www.roland.co.jp/products/jp/R-1/index.html

・M-AudioのMicroTrack24/96
http://www.m-audio.jp/products/jp_jp/MicroTrack2496-main.html

R2005166
GR Digital 2007

そんな中、「デンスケ」以来生録派御用達のソニーは、2005年11月にPCM-D1を発売。
http://www.sony.jp/products/Consumer/linearpcm-rec/index.html
でも実売価格198,000円はちょっとshioとは別世界(ヨドバシカメラでD50を注文しようとしたshioの目の前でD1をさくっと購入していった男性がいました。リッチなニッチ市場は存在するんだなぁ)。

R2005167
GR Digital 2007

そして2007年11月、そのソニーからPCM-D50が発売されました。
59,800円の納得価格。

R2005169
GR Digital 2007

D1から改良された点も多い。
最大の利点は電池持続時間が伸びたこと。
消費電力が1/3ほどに抑えられたこともあって、96kHz/24bit(モニターなし)時でも20時間。D1は4時間だから、実に5倍。この差は大きいです(電源はいずれも単三充電池4本)。

R2005171
GR Digital 2007

EdirolのR-09と一瞬迷いました。
http://www.roland.co.jp/products/jp/R-09/index.html

でも心はD50。
ヴァイオリンなど高次倍音成分を多く含む生音を録るので、96kHz/24bitがいい。
自分の演奏中はレベルをモニターできないので、デジタルリミッターの効果にも期待。

IMG_0445
EOS 40D / EF28mm F1.8

2008年はこれで録ります (^_^)

IMG_0451
EOS 40D / EF28mm F1.8

1139-071229 情報図書館をスクエアで

R2005104
GR Digital 2007

成蹊大学の情報図書館。
shiologyではいままで2回、書いています。

R2005111
GR Digital 2007

「1042-070905 情報図書館」
http://shiology.com/shiology/2007/09/1042070905_7f71.html

「1073-071025 Leopard準備」
http://shiology.com/shiology/2007/10/1073071025_leop_fc59.html

R2005107
GR Digital 2007

何度行っても、写真を撮りたくなる。
不思議な建物。

R2005108
GR Digital 2007

今までの写真は、GR Digital 2005で撮ったもの。
今回は、GR Digital 2007のスクエアフォーマットで撮ってみました。

R2005106
GR Digital 2007

こうして見ると、3:4で撮ったときと1:1で撮ったときと、明らかに絵作りが異なる。
面白いものです。

R2005103
GR Digital 2007

2007.12.30

1138-071228 表現と思考

R2005075
GR Digital 2007

前回のエントリーのつづき。
写真もKさんとのお写んぽのつづき。

「写真は引き算である」という考え方があります。
shioの感覚は異なります。
shioにとって写真の基本は、「点」を撮るもの。
だからどちらかというと「写真は足し算」。
「点」+α。

R2005078
GR Digital 2007

これについては以前、書きました。
「285:050119 プラス指向とマイナス指向」
http://shiology.com/shiology/2005/01/285050119_.html

R2004969
GR Digital 2007

また、shioの写真が「点」を撮っていることについては、MacPeopleの連載、2007年7月号で書いてます。
(そのうちにWebにも出そう、と思いつつ、まだ手が回ってません。ごめんなさい。)

R2005073
GR Digital 2007

「たくさんある」状態から考え始めるから「引き算」という発想になります。
でも物事の始まりは1。
だから写真も1から始める。
(何が最初に教えるべき「1」に該当するかを見いだすのが、教育の出発点。)

R2005079
GR Digital 2007

つまり、1つのものだけを撮る。
もし目の前に撮りたいものが3つあったら、それを1枚の写真に収めようとするのではなく、どれを減らそうかと考えるのでもなく、単純にひとつずつ、3枚、撮ればいい。その方が断然すっきりしたシンプルな写真になります。

R2005086
GR Digital 2007

1つのものだけを撮るのが面白くなる方法。
「50枚ドリル」。
以前、小野さんなどにもアドヴァイスした楽しみ方です。

R2005093
GR Digital 2007

1つの被写体だけを選んで50枚撮ります。
その被写体までの距離、方向、高さ、光の当たり方、当て方etc.をいろいろ変えて撮ってみる。50枚。

R2005087
GR Digital 2007

どう撮ったらその被写体の表情を豊かに描写できるか。
どう撮ったら自分の表現意図をより的確に表せるか。
どう撮ったら思いを写し込めるか。
そもそも自分はその被写体の何を撮りたいか。

R2005071
GR Digital 2007

撮る、考える、撮る、考える、撮る、考える……。
その繰り返しです。

R2005096
GR Digital 2007

「どうやったら写真がうまくなりますか?」というご質問をよく受けます。
アートには、「うまい」とか「へた」という評価はなじまないとshioは考えます。
だからこのご質問を翻訳すると、「どうやったら自分の描いたとおりの写真が撮れるようになりますか?」という趣旨だと思います。

それは、上記のような「表現と思考の繰り返し」の中から明らかになってくると思います。

R2005100
GR Digital 2007

2007.12.29

1137-071227 1から始める

R2005023
GR Digital 2007

シリコンバレー在住の友人たちが次々と帰国または一時帰国。
連日、旧交を温めています。

R2005008
GR Digital 2007

今日は来日中のKさんとお写んぽ。
井の頭公園と吉祥寺界隈。

R2004997
GR Digital 2007

バークリー音楽大学出身の彼。
音楽、写真、Macなど、いろんな話をしながら、写真も撮りながら。

IMG_0410
EOS 40D / EF28mm F1.8

1時間半ほど撮った後、レストランへ。
ランチが運ばれるまでの間、お互いが撮った写真を見る。

R2005010
GR Digital 2007, 「3」!!

まったく同じ道程を歩いてきても、撮った写真は全く異なる。
これが実におもしろい。

R2005039
GR Digital 2007

異なる視点。
異なる表現。

R2005038
GR Digital 2007

何を撮るか。
何を表現するか。

IMG_0417
EOS 40D / EF28mm F1.8

それが大切。
だからテクニックはどんどんシェアする。

R2005058
GR Digital 2007

shioの写真を見たKさん曰く。
「shioさんの写真の方が複雑」

R2005046
GR Digital 2007

それでいいんです。何事も最初は1から。
写真も、1つのものだけを写すことから始める。

R2005061
GR Digital 2007

できるだけシンプルに。
できるだけまっすぐに。

R2005066
GR Digital 2007

2007.12.28

1136-071226 Hold

R2004960
GR Digital 2007

GR BLOGの「トラックバック企画「ありがとう」の締め切り間近!!」というエントリーに、ありがたーいTipsが載っていました。
http://blog.ricoh.co.jp/GR/archives/2007/12/post_281.html

R2004961
GR Digital 2007

【その4. クイックレビューボタンの替わりに"HOLD"】
GR Digital 2007は左ボタンがFnボタンになったため、クイックレビューボタンが省かれました。
そこで、撮影後に画像を再確認したいときには、再生ボタンを押していました。
ところがこのエントリーによると、撮影後の画像確認時間の設定で「Hold」を選ぶと、次にシャッターボタンを半押しするまで、今撮影した画像を表示し続けるとのこと。

R2004950
GR Digital 2007

Wow!!!!!

R2004953
GR Digital 2007

マニュアル読まない(今流に言うと「M.Y.」か)shioは、気づきませんでした。
これはすばらしい!!

R2004952
GR Digital 2007

さらに同じエントリー書いてあるTips。
【その1. マニュアル露出モードの時のズームボタンの役割】
Mモードのとき、ズームボタンを押すと、シャッタースピードが適正露出付近に飛んでくれるとのこと。

R2004959
GR Digital 2007

Wow!!!!

はい。shioはADJレバーをちょこちょこ動かしていました。
こんなところまで操作性を考えられているのですね。
感動!!

R0113519
GX100

1135-071225 EOS 40Dのいいところ

IMG_0381
EOS 40D / EF28mm F1.8

・シャッター音が静かになった。
最大のメリットです。シャッター音は小さければ小さいほどよい。
GR DigitalやGX100では、シミュレーションされたシャッター音はすべてオフにしています。シャッター幕が動くほんの微細なメカニカル音が聞こえれば十分。一眼レフはミラーの上下音があるからある程度しかたがないけれど、できる限り静穏であることが望ましい。

IMG_0383

・ミラーショックも小さくなった。
同時に、ミラーショックも小さくなったと感じます。
低速シャッターを手持ちで切ることの多いshioは、ミラーショックが小さければ小さいほどありがたい。

IMG_0384

・グリップが大きくなった。
shioは手が大きいので、EOS 20Dのグリップは小さくて、薬指の指先が筐体に当たってしまい、使いにくいです。その点、40Dは比較的持ちやすい。でもこれは人によって評価の分かれるところ。小さい手には持ちにくいかもしれません。本当はグリップなんてない昔の一眼レフのスタイルがすっきりしているし持ちやすくて好きなのですが。

IMG_0385
キャベツの間に豚肉のスライスがはさんであります。

・シャッターボタン周辺のカーブが手になじむ。
グリップが大きくなったことに伴う変化だと思います。このカーブの緩やかさがいいです。

IMG_0323

・ファインダーが見やすくなった。
これは重大。ファインダーがこれほど見やすくなっているとは予想していませんでした。EOSのファインダーには元々期待していないのですが、40Dの見やすさは意外。ファインダーの見やすさ(ピントの山の見えやすさ)はファインダーの機能においてきわめて重要。

IMG_0322

・AFスタートボタンが使いやすい。
「1052-070915 AFスタートボタン」
http://shiology.com/shiology/2007/09/1052070915_af_3c79.html
に書いたとおり。

IMG_0321

・背面モニターが見やすい。
3インチになってクリアに。
でもGR Digital IIやIXYやiPhoneやiPod touchのように、再生時にも縦横を自動で切り替えて表示してくれるとありがたい。

IMG_0325

・センサークリーニング機能がついた。
この機能、電源オンオフ時に自動的に作動します。でもshioは一眼レフの電源はずーーっと入れっぱなし。なのでときどき、センサークリーニングのためだけに、意識的に電源をオフして再度オンにする操作が必要です。

IMG_0304
EOS40D / EF-S60mm F2.8

2007.12.25

1134-071224 絵で褒める

IMG_0098
EOS40D / EF-S60mm F2.8

帰宅途中、Yokoさんから着信。
かけなおしてみると、Françoisさんのパーティーで撮影した写真を見て、shioが人物をどのように撮っているのか教えてほしいとのこと。

IMG_0087
EOS40D / EF-S60mm F2.8

30分ほど電話越しにいろいろ説明しました。
shioがお伝えしたいことは至ってシンプル。

IMG_0063
EOS40D / EF-S60mm F2.8

その内容は、以前、shiologyに書いております。
「733-060911 表紙にshio写真!!」
http://shiology.com/shiology/2006/09/734060911_shio_f589.html

IMG_0069
EOS40D / EF-S60mm F2.8

shioの撮り方は、いまも、まったく変わっていません。
どのカメラを使おうと、被写体が誰であろうと、同じ。

IMG_0104
EOS40D / EF-S60mm F2.8

教師としてのshioのスタンスもまったく共通。
相手の「いいところ」、「プラス」を見つけるのです。

IMG_0139
EOS40D / EF-S60mm F2.8

教育はそれを、言葉で褒める。
写真はそれを、絵で褒める。

IMG_0249
EOS40D / EF-S60mm F2.8

他人のマイナス面を見つけるのなんて簡単。
でもそれを指摘するのは、いじめっ子がやること。
自分のマイナス面なんて、本人だって知っている。
それを指摘することに価値はない。

IMG_0303
EOS40D / EF28mm F1.8

大切なのは、相手のプラスを見つけること。
それを見つけて褒めるのが教師の仕事。
教師が生徒や学生たちを常々褒め続けていれば、そのクラスにはプラスのスパイラルが生じる。生徒や学生たちが、自分のプラスを自在に伸ばせる環境が整う。

IMG_0121
EOS40D / EF-S60mm F2.8

言葉も写真も、「ほめる」という表現の手段です。

IMG_0113
EOS40D / EF-S60mm F2.8

2007.12.24

1133-071223 必要に迫られて!?

IMG_0048
EOS40D / EF-S60mm F2.8

出かけた先で、ポートレートをとってほしいとのご依頼。
でも今日はそんな予定ではなかったから、一眼レフは持っていない。

IMG_0040
EOS40D / EF-S60mm F2.8

ちょっと考えてから……、
買いました。
EOS 40D。
当然レンズも必要。
なので、EF-S 60mm F2.8 Macroも。

IMG_0043
EOS40D / EF-S60mm F2.8

EF-S 60mm macroレンズは、EOS 40Dに付ければ、96mm相当。
もちろんマクロではない普通の撮り方にも使えます。
だからポートレートにも好適。

IMG_0039
EOS40D / EF-S60mm F2.8

EOS 40D(ボディ)は本日現在、kakaku.comの最安値が110,900円。
でも、ヨドバシカメラはすごい。

表示価格は119,800円。
でもレジに持っていくと、5,000円引きの114,800円。
さらに、普段はポイント10%還元なところ、15%還元キャンペーン中。
つまりポイント還元分を差し引くと、実質97,580円。
安い!!

IMG_0044
EOS40D / EF-S60mm F2.8

次にレンズ。
価格は47,600円。
これもポイント5%上乗せで15%還元。
実質40,460円。
Kakaku.comの最安値よりは若干高いけど、今すぐ必要なことを考えれば十分安い。

必要に迫られて予定外に買ったわりには、いいお買い物でした (^_^)

IMG_0046
EOS40D / EF-S60mm F2.8

EOS40D。
シャッターの耐久回数は、10万回。
つまり、10万回、10万円。
1ショット1円。
安くなったものです。

IMG_0047
EOS40D / EF-S60mm F2.8

1132-071222 フランソワさんお誕生日会

IMG_0144
EOS 20D / EF28mm F1.8

フランソワ・デュボワさんのお誕生日会。
マリンバ奏者、作曲家、俳優、デュボア・メッソド®開発者です。
http://www.fdubois.com/

IMG_9855
EOS 20D / EF28mm F1.8

彼について以前に書いたエントリー。
「1049-070912 Françoisさん」
http://shiology.com/shiology/2007/09/1049070912_fran_4901.html

IMG_9817
EOS 20D / EF28mm F1.8

これも。
「710-060724 フランソワさんより」
http://shiology.com/shiology/2006/07/710060724__8907.html

IMG_9837
EOS 20D / EF28mm F1.8

70人以上が集まって盛大なパーティーでした。

IMG_0026
EOS 20D / EF28mm F1.8

さまざまな分野のさまざまな人と出逢いました。
フランソワさんに感謝。

IMG_9910
EOS 20D / EF28mm F1.8

数日前にYさんがアフリカから空輸して帰国したマリンバを、フランソワさんが演奏してくださいました。

R2004718
GR Digital 2007

このマリンバ、とっても興味深い。

IMG_9985
EOS 20D / EF28mm F1.8

ピアノの白鍵にあたる音の音階になっているのですが、唯一、F#(Fis)だけ、FとGの間に鎮座している。

IMG_0145
EOS 20D / EF28mm F1.8

その音があるだけで、アフリカンな雰囲気。

IMG_0052
EOS 20D / EF28mm F1.8

音階って、本当に面白い。

IMG_0190
EOS 20D / EF28mm F1.8

shioは、ヴァイオリンで十数曲、弾かせていただきました。

R2004823
GR Digital 2007

写真は432枚撮影し、三次会中にCD-Rに焼いて、誕生日プレゼントにしました (^_^)
Bon anniversaire, François!!

R2004846
GR Digital 2007

2007.12.22

1131-071221 ファームウェア1.12

R2004249
すべてGR Digital 2007

GR Digital II(shioは勝手にGR Digital 2007と呼ばせていただいております)のファームウェアがアップデートされました。ver. 1.12です。
http://www.ricoh.co.jp/dc/download/grd2.html

R2004247

更新履歴によると、改良点は下記の4点とのこと。
・小さな画像サイズ(VGA等)の画質を向上しました。
・マクロモードでADJレバーを操作すると表示切替速度が変わってしまう現象を修正しました。
・露出補正中にADJレバーを操作するとキー操作できなくなる現象を修正しました。
・フォーカス精度向上のため、マクロ撮影モードを解除する時レンズユニットのイニシャライズ処理をするようにしました。

R2004273

shioが一番うれしい変更はこの2点目。

R2004277

ADJ.レバーの3つ目に「画質」を割り当てております。
いままでは、ADJレバーで「画質」を選び、アップダウンダイヤルで「F3648(10M)」から4つ下の「F1:1(7M)」まで移動する(あるいはその逆など)と、アップダウンダイヤルのクリック数に画質の変更が呼応せず、遅れが生じていました。

R2004279

今回のファームウェアアップデートをして、真っ先に試したのがこれ。
きちんと追従するように修正されていました。
ありがたい!!

R2004280

そして次に試したのがAFの精度。
上記の「変更履歴」の4つ目。
AFで半押ししてはFnボタン(AF/MFを割り当ててあります)を押して、設定された撮影距離を確認する作業を、さまざまな距離の被写体に対して繰り返しました。

R2004285

どうやらAF精度が上がっているようです。
いままでは、ときどき意図した距離とは異なる距離に合ってしまうことがありましたが、さきほど何十回か試した限りでは、すべてバッチリ。AF精度の向上は非常にうれしい改良です。

R2004295

GR Digital 2005のときもそうでしたが、こうしてGR Digital 2007の完成度が上がっていくのがうれしい。明日の日中、撮影するのが楽しみです。

R2004287

今日は某所で納会。
shioは後半で40分ほどヴァイオリンを弾かせていただきました。

R2004293

ご一緒に楽しんでいただいたみなさん、どうもありがとうございました (^_^)

R2004248

2007.12.20

1130-071220 全員伸びる

R2004240
すべてGR Digital 2007

午前中:仕事
14〜17時:都心で委員会。

R2004301

吉祥寺駅のプラットフォームに貼ってあるポスター。
「伸びない人は、いない。」
と書いてある。

R2004241

二重否定を使う修辞。

R2004239

shioだったら、こう書く。
「誰でも、伸びる。」
「誰もが、伸びる。」
「すべての人が、伸びる。」
「全員、伸びる。」
「どの人も、伸びる。」
「みんな、伸びる。」
「ひとりひとり、すべて伸びる。」

shioは本当にそう信じてる。

R2004242

ポジティブに。
せめて教育の現場は可能な限りポジティブに。
それが人を伸ばそうとする教員・職員のファンダメンタルな姿勢だと思います。

R2004243

shioが二重否定を避けたいわけは、以下のリンクをご覧くださいませ。

493:050905 「しかる」と「おこる」
http://shiology.com/shiology/2005/09/493050905__65b5.html

288:050122 マイナスをプラスに!!
http://shiology.com/shiology/2005/01/288050122_.html

252:041217 ほぼ日手帳のことばと肯定表現
http://shiology.com/shiology/2004/12/252041217_.html

R2004245

さてshioゼミ的には、177条がなぜ二重否定か考えてみましょう (^_^)

第百七十七条  不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法 (平成十六年法律第百二十三号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

R2004246

1129-071219 年内最後のゼミ

IMG_9663

水曜日はゼミな日。

IMG_9624

年内最後のゼミです。

IMG_9642

1限:shioゼミ(1年生)
・物権の条文を読むときに最初にやるべきこと
・遡及的無効とは
・詐欺取消し前の第三者
・詐欺取消し後の第三者
・復帰的物権変動というフィクション
・第三者の地位の偶然性

IMG_9690

お昼:仕事

IMG_9649

13:00〜14:30:800枚ほど撮影

IMG_9636

4限・5限:shioゼミ(2、3、4年生)
・代替物と特定物
・中古車の不代替性と特定物性
・事例問題のリアリティー
・「近所」ってどこ?
・所有権移転時期の任意性
・危険負担移転時期の任意性
・当事者意思の補完としての民法規定
・危険負担の法構造
ゼミ中、みんなを撮影 (^_^)

IMG_9671

19時〜:shioゼミ(1年生)納会

IMG_9708

とうとう今年の講義・ゼミがすべて終了しました。

IMG_9676

帰国してから今日まで、速かった。

IMG_9630

来年もまた楽しく学問しましょう (^_^)

IMG_9659

というわけで、今回の写真は、ゼミ中のみんな。
学年順にならんでます。

IMG_9704

楽しいゼミです (^_^)

IMG_9650

1128-071218 露出と色に関するご質問

IMG_8901
すべてYamagata-kun。理工学部の4年生です。

いただいているコメントに、まとめてお答えします。

<Jun Seitaさんのご質問>
http://shiology.com/shiology/2007/12/1126071216_74d9.html

>GR DigitalはどうぞPモードをお試しください。
ということはShioさんは、「緑のカメラマーク」ではなく「P」を常用されているということですか?

GR Digitalの場合、背面モニターの輝度の設定と露出の関係の「対照表」も影響大だとおもいます。

コントラスト・シャープネス・色の濃さ については実験をしてみました。下記をご参照ください。
http://junseita.com/mt/archives/2007/10/gr_digital_1.html

そして何よりも重要なのは、最終的に写真を見る(通常はパソコンの)モニターの質ではないでしょうか。安い液晶モニター、特に最近の光沢系は階調の再現性などは非常に残念なレベルにありますから注意が必要です。

IMG_8895

<shioのお答え>
リンクの実験結果、拝見しました。
すごーい!!
さすが、科学者ですね (^_^)

さてまずは露出モード。
「P」モードです。
GR Digital 2005で緑のカメラマークの「全自動」だと、フラッシュが自動的にポップアップすると思います。それは困る。
<追記:shioの思い込みでした。「全自動」ときいただけで、「フラッシュが勝手に光る」と早合点していました。全自動モードでもフラッシュはオフに固定できるのですね。思い出しました。>

おっしゃるとおり、モニターの質は写真の見栄えを大きく左右します。
だから、デジタルデータの状態だとどのような発色で表示されるかなんてわからない。細かいキャリブレーションをするとかいう専門的なレベルではなく、簡単なモニターの明るさとかコントラストの設定がちょっと違うだけでも全然印象が変わります。

その上、SafariとFirefoxでも色が違う。
shiologyやflickrの写真をFirefoxで見ると、明らかに色が浅くなります。逆に、MacのSafariやその他のソフト(iPhoto、Aperture、プレビュー、Finderなどなど、Firefox以外のすべて)で表示すると、Firefoxに比べてこってりとした色のり。shioはだんぜん後者の方が好みです。

なので、デジタル写真をデジタルのまま提示するときはある程度の割り切りが必要。厳密なことは考えていませんし気にもしません。気にしてもしかたのないことですから。

したがってshioはレタッチはしないのです。
撮った写真をいじっている時間があったら、別の写真を撮る時間に使います。

最終的に、印刷するとき、プリントするときに色味の調整をすればいい。それもプリンタあっての話です。プリンタで出力される結果を見て、色味を調整するのです。

IMG_8929

<12さんからのご質問>
http://shiology.com/shiology/2007/12/1126071216_74d9.html

Shioさんの写真はたいてい日陰になっているだろう被写体が潰れてないのに背景の空の青は飛んでいないどころか深みのある色になっていますよね。
こういった色を得るのに、PLフィルタを使うか、被写体用と背景用で露出を変えたものを合成する方法はよく紹介されていますが、ナマでこれを得ようとすると、被写体に十分な光が入っているか、空がホントに見た目でこれくらいの色でないとこんな色は出ないと思うのですがそういう状況なのでしょうか?
OptioW30ではそれなりに光が入っている程度では被写体に露出を合わせると空はたいてい飛ぶ寸前です。そのあたりはカメラの差なんでしょうかね…

IMG_8896

<shioのお答え>
フィルターは一切使っておりません。
合成もしていません。

OptioW30のCCDは、1/2.5型。
http://www.digital.pentax.co.jp/ja/compact/optio-w30/spec.html

GR DigitalのCCDは、1/1.75型。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital2/spec.html

この差が大きいのではないかと思います。
CCDが大きい方が、ラチチュード(取り込める光の強さの幅)が広い。白く飛んでしまう明るさと黒くつぶれてしまう暗さの間にある「撮影できる明るさ」の幅が広い、ということです。

「空がホントに見た目でこれくらいの色でないと」とのことですが、ホントにこのくらいの色です。私は存在しない色を撮る気持ちは全くなく、できるだけありのまま撮りたい、と思っております (^_^)

IMG_8943

<ゆっきぃさんのご質問>
http://shiology.com/shiology/2007/12/1121071211_7ae2.html

いつも貴重な情報に感謝いたします。
測光方式も参考になりました。デフォルトの露出が気持ちオーバーな気がして、いつも中央重点かスポット測光でAEロックし、なおかつ-0.3-0.5くらいアンダーに補正しています。また(1118-071208 本日限定 http://shiology.com/shiology/2007/12/1118071208_7fa8.html)の2枚目の写真。空の青、逆光状態の葉、窓の反射。難しい露出のはずですが、葉の色が黒つぶれしていない!・・驚きました。本当にベストな露出設定はさすがです。

R2004339
GR Digital 2007

<shioのお答え>
どうもありがとうございます。
「1118-071208 本日限定」2枚目の写真も、撮ったまま、掲載しています。一切レタッチしておりません。撮影時に、カメラの向きをゆっくり回して、明るさが適切なバランスになったと感じたところでシャッターボタンを半押しし、AEロックしています。明るい場所と暗い場所、両方を描写するには、本当に微妙な明るさの設定を要します。その微妙さがまた楽しいのです (^_^)

R2004370
GR Digital 2007

1127-071217 年内最後の講義

R2004147
すべてGR Digital 2007

月曜日は講義な日。
年内最後の講義です(ゼミはまだあります)。

2限:著作権法
・公表権と氏名表示権と同一性保持権との関係
・どれが最も本質的か
・著作者人格権の法的性質
・米国著作権法の合理性
・著作権登録制の意義
・著作権保護期間延長の社会的意味
・著作権が消滅することの社会的意義
・青空文庫とDS
・著作権の譲渡
・著作物の利用許諾
・著作権の内容
・「公に」とは
・「公衆」とは
・「公衆送信」とは
・「送信可能化」とは

R2004093

3限:原稿の校正

R2004094

4限:家族法1
・少子化と女性の社会「進出」
・シリコンバレーの働き方、子育て環境
・少子化と子育て環境
・嫡出推定
・嫡出推定を受けない嫡出子
・嫡出推定が働かない子
・親子関係不存在確認の訴え
・嫡出否認の訴え
・認知
・準正

R2004095

5限はあれこれ。
そのあとYさんと食事に行って、夜は研究室に戻って仕事。

R2004092

2007.12.19

1126-071216 色はモニターで

R2004237
GR Digital 2007

flickrから新しいflickr uploader 3.0がリリースされました。
いいかも。
http://www.flickr.com/tools/

R2004152
GR Digital 2007

東工大の院生から、「GRでの撮影についてご教授ください」というタイトルのメールをいただきました。

R2004154
GR Digital 2007

ご質問の内容を要約しますと、下記のとおり。
・使用しているのはGR Digital 2005
・思う色が出せない。ほとんどが味気ない色になってしまい、「上手く撮れない」と感じる。
・自分のイメージの色が再現できていないと言うことは、ホワイトバランスがいけないのか。
・設定は、マニュアル露出(TTLに従ってるので、Avと同じともいえる)、コントラスト -2, シャープネス +1, 色の濃さ +1、ISO 100 or 200、ホワイトバランス AUTO、中央重点測光

R2004155
GR Digital 2007

shioはマニュアル露出は原則として使っておりません。
Avも原則として使いません。
例外的に使うのは、星の撮影とか、花火の撮影とか、露出計では計測できない被写体を撮るときだけです。

R2004156
GR Digital 2007

GR Digital 2005でもGR Digital 2007でも、撮影の98%はPモード。
露出オートです。
そこで出される数値もほとんど気にしません(予測の範囲内なので)。

R2004157
GR Digital 2007

そのうえで、撮影においては、ともかく背面モニターをよく見る。
カメラの向きを徐々に変えながら、欲しい色になったときにシャッターボタンを半押し。
それで撮影します。
コンパクトデジタルカメラはほとんどの場合、そうやって撮影しています。

R1021069
GR Digital 2005

そもそも「露出」とは「素肌を見せる割合」ではなくて「カメラに取り込む光の量」のことです(どちらも「色」に関係するという点では共通ですが (^_^))。
絞りを開ければ(F値を小さくすれば)、取り込む光は増えます。
撮影時間を長くすれば(シャッタースピードの値を大きくすれば)、取り込む光は増えます。

取り込む光が増えれば、絵の色は白に近づきます。

R2004161
GR Digital 2007

一方、絞りを閉じれば(F値を大きくすれば)、取り込む光は減ります。
撮影時間を短くすれば(シャッタースピードを速くすれば)、取り込む光は減ります。

取り込む光が減れば、絵の色は黒に近づきます。

R1021071
GR Digital 2005

この加減で色合いを決めるのです。
でも、従来の一眼レフと違って、コンパクトデジタルカメラは背面モニターで撮れる絵を見てから撮影することができます。なので、露出計で露出を測って、絞りとシャッタースピードに反映する、という間接的な色作りではなく、直接、モニターで色や明るさを見て、撮影することができます。だから、絞りとかシャッタースピードなどという数値は、とりあえず気にしないでいい。撮りたい色になったところで撮る。それでいいのです。MモードやAモードは特殊な状況以外、使う必要ありません。

R2004162
GR Digital 2007

もしカメラの向きを微妙に変えても欲しい色にならないときは、露出補正を使います。
shioの場合、露出補正はGR Digitalのズームボタンに割り当てています。
露出補正をプラス側にすれば、取り込む光の量が増えて、絵の色は白に近づきます。
露出補正をマイナス側にすれば、取り込む光の量が減って、絵の色は黒に近づきます。

R2004210
GR Digital 2007

ホワイトバランスは、AUTOか日光を基本にすればいいと思います。
shioはGR Digital 2005の場合、ホワイトバランスはAUTOが7割、日光が2割、それ以外の室内での各モードが1割といった感じです。写真の色合いで重要なのは、あくまでも露出。ホワイトバランスはその基礎となる要素です。

R2004214
GR Digital 2007

というわけで、GR DigitalはどうぞPモードをお試しください。
数値ではなく、実際の色を直視して撮影するのが、shioのコンパクトデジタルカメラの使い方です。

R2004215
GR Digital 2007

ただし。
撮影された写真の色と背面モニターの表示は、完全に同じわけではありません。
したがって、「背面モニターがこのくらいの色なら実際はこんな色」という「対照表」を頭に入れることが必要です。そのためにはたくさん撮ることが必要だと思います。

R2004217
GR Digital 2007

今回のエントリーは、ひさしぶりにGR Digital 2005とGR Digital 2007の写真を並べてみました。

R2004219
GR Digital 2007

2007.12.18

1125-071215 講演は対話

R2004194
すべてGR Digital 2007。学習院大学のキャンパス内です。

学習院大学で講演をさせていただきました。
100分ほど話して、20分は質疑応答。

R2004175

いつもの講義と同様、講演の最初から聴衆に問いかけ、講演に「参加」していただきました。

R2004176

最初、聴衆の方々は、shioの問いかけに対して発言を躊躇していらっしゃいました。
普通、「講演」といったら、講演者が一方的に話をするものが多いですから、講演者のshioがマジでみなさんの自発的発言を求める問いかけをしていることに、違和感を覚えたのかもしれません。

R2004177

でも、徐々に発言していただけるようになりました。
問いかけているのは難しいことではありませんし、答えがたくさんある問いですから、答えを見つけることそれ自体は難しくはないはず。

R2004179

それでも発言をとどまらせる理由があるとすれば、それは「遠慮」という美徳だったり、「沈黙は金」という文化的背景だったりするのかもしれません。

R2004186

でも、大学はコミュニケーションの場。
学問とは、対話によって進むもの。
「聴衆」が「参加者」になったときに、講義や講演はホンモノになります。
もし単なる聴衆のままでいいのであれば、講演者が生で講演する必要なんてない。時間のあるときにしゃべったものを録画しておいて、それを再生すればいい。テレビやストリーミングでも実現できます。ライブの講義や講演の価値は、聴衆が参加でき、対話が成り立つところにあるはずです。

R2004187

今回、あえてスライドを使いませんでした。
その趣旨は一貫しています。
shioの講義、講演は「プレゼンテーション」ではないからです。
講義・講演は、一方的な情報の提供ではありません。
対話でありコミュニケーションなのです。

R2004196

確かに Keynote を使ってカッコいいプレゼンを見せると喜ばれる。
けれど、やっぱり参加者と対話するのが、shioの講義、shioの講演。
だから、ホワイトボード6面を使って、たくさん描きました。

R2004212

終了後、みなさんから多くの賛辞をいただきました。
やってよかったなぁと喜びを感じる瞬間です。

聴きにきて参加してくださった方々、どうもありがとうございました。
主催してくださった方々、どうもありがとうございました。

R2004228

2007.12.17

1124-071214 3人の自分

R2004165
すべてGR Digital 2007。

shioゼミOGのRinaと食事に行くために大学を出ました。
話しながら歩いていて成蹊大学正門前の交差点に差し掛かったとき、品のいい女性二人が「マックにしましょう」と言っているのが聞こえました。つまり、目の前のマクドナルドに入りましょうということのようです。

R2004166

会話の成り行きとしては、「このへんには適当なお店がないのよねー」といった感じ。
そこでshioは、「あの信号の先に、おいしいお店がありますよ。」とお伝えしました。

R2004067
以下、前回に続いてハモニカ横町。

そのあと、Rinaの質問。
「先生、なんであの人たちの話が聞こえたんですか? 私と話していたのに。」

R2004002

たいがいshioには3人の自分がいます。
たとえば講義中。

R2004004

1人目。
shioXは、滔々と講義をしています。
使う言葉を選び、コンセプトを文章にし、声の抑揚をコントロールし、話す速度を変化させ、視線を配って、学生たちの理解と興味のために語ります。

R2004058

2人目。
shioYは、shioXとその周りを斜め上から鳥瞰しながら、shioXにフィードバックを送り続けています。
「今の部分、別の言い回しでもう一度説明した方が良さそう」
「しばらく左の方でしゃべったから、次は右の方に行って話した方がいいね」
「いまの表現、学生はかなり理解できたみたい」
「今の単語の漢字がわからない学生がいるみたいだから板書したら?」
「まぶしくなってきたから、ブラインドを下げたほうが学生が快適になるよ」
「学生たちの集中力がかなり上がっているから、次は手で作業をする(ex.六法をめくる)時間を作ったら少しリラックスできそう」
などなど。

R2004050

3人目。
shioZは、講義の全体を構成しています。
shioの講義は原稿がないアドリブ。もちろん、その日に話す内容の基本線やトピック全体はあらかじめ決めていますが、実際の順序など具体的なことは未定。そこで講義中のshioZは、どの話題をどの順番で話そうか、その具体例として何をいつ使おうか、あの話はすべきかやめておくか、などといったことを、徐々に減っていく残り時間を勘案しながら決めていきます。

R2004057

shioの講義や講演は、いつもこの3人のshioの共同作業です。
人前で楽器を弾くときも同じ。
周囲の友人たちが演奏している音を聞きながら、それに合わせて自分が出すべき音を考えて弾いているshioX、聴衆(多くの場合、キャンプの子どもたちですが)の反応や自分の立ち位置などを上から見ているshioY、繰り返しの有無や次の曲へのつながり、次の曲の調を考えたりしているshioZ。

R2004003

他のときも、似たような感じです。

R2004035

たとえば、クルマを運転するときには、必ず、自車と周囲のクルマの位置関係を上空から見ているshioYがいます。カリフォルニアのフリーウェイで4車線の道を時速100キロ以上で走っているときなど、周囲のクルマの位置関係を上から見てマッピングすることは不可欠です。shioZはどの経路を通るか、といったことを考えています。

R2004063

街を歩いているときもそれと同じこと。
Rinaと話をしているのはshioXで、shioYは上から自分の周囲を見ているし、shioZはどの経路で目的地までいくか、などを考えているのです。だから、二人の女性の会話もshioYが聞き取っていました。

R2004054

本当はshioは一人なのかもしれません。
いや、一人なのだろうとは思います。
でも「3人いる」と認識すれば、ヴァーチャルにではあっても「分業」体制が確立するので、一人のshioの負担が減って、楽になります (^_^)

R2004009

2007.12.16

1123-071213 photo chase

R2004020
すべてGR Digital 2007。

最近、shioの周りで密かに流行っていること。
名付けて「photo chase(フォト・チェイス)」。

R2004021


他人が撮った写真を見て、その場所を見つけ出し、自分も別の写真を撮ること。
かなり楽しいです。

R2004018

・写真を見た瞬間に「この写真、あそこだ!!」って気づく。
・歩いていて、ふと、以前に見た写真の情景に出逢う。
・印象に残った写真の「現場」を探しにいく。

R2004017

状況はいろいろです。
でも、実際に他人の写真が撮影された場所に立ってみると、「あの写真はここからこうやって撮ったのかぁ」って感じながら、いろいろと発見があります。

R2004013

写真で見たときに思っていたより暗い、とか想像より高い位置なんだとか、時刻によって表情が全然違うとか。。。

R2004022

同じ写真は絶対撮れない。
写真はすべて一期一会。
だから面白い。

R2004023

flickrユーザーも増加中。
年額24.95ドル払ってプロアカウントにすれば、無制限にアップロードできます。
http://www.flickr.com/upgrade/

R2004030

元ファイルをそのままアップロードできるから、アーカイブとしてもストレージとしてバックアップとしても役に立つ。それが月230円ほど。安い!!

R2004048

shiologyの写真はすべてflickrにアップロードしたものを引っ張ってきているだけ。
そのためのURLも自動的に生成されるから、手間いらず。
ありがたいことです。

R2004053

今日の写真は、吉祥寺のハモニカ横町。
shioゼミOGのErinabonの写真にphoto chaseしました。
http://erinabon.cocolog-nifty.com/weblog/2007/12/post_e797.html

R2004055

1122-071212 ありのまま

R2003562
すべてGR Digital 2007。

1限:shioゼミ(1年生)
・177条の意味(続き)
・177条の規定のされ方
・条文の「意味」の意味
・規範と事実
・抽象と具体の行き来
・英語が苦手なのは誰のせい?
・英和辞典にはなぜ「語義」がたくさんのっているか
・英語の身につけ方
・英単語の覚え方、単語集の使い方
・言語は文化を背負ってる
・条文の意味を確定するとは
・境界線の抽出

R2003568

都心で仕事。

R2003569

成蹊大学に戻ってきて、14時前にMと遅めのランチ。

R2003570

4限・5限:shioゼミ(2、3、4年生)
・消費貸借契約の性質
・諾成的消費貸借契約
・消費貸借契約の有償性、無償性
・予約とは
・契約は未来志向
・物権と債権、どっちが先か
・債権はどうやって生まれたか
・なぜ債権が存在できるのか
・債権が存在できる根本の条文は?
・枠先中後方式(ワクサキナカアトホウシキ)
→「297:050131 「書式」は日本のココロ、か?」:http://shiology.com/shiology/2005/02/297050131_.html
・契約法における枠先中後方式
・中先枠なし方式(ナカサキワクナシホウシキ)

R2003571

ものごとはカテゴリーや類型で理解するのではない。
そのもの自体をつぶさに観察し、ありのままを捉える。
枠を確定してそこから内側を見るのではなく、物事の中心を基点に外向きに見る。
人を見るときもモノを見るときも、事象を見るときも何を見るときも、ありのままをありのままに。

それはshioの写真の撮り方そのもの。
(以前、MacPeople連載の第13回「写真の点と枠」に書きました)

R2004001

夜はshioゼミのRとSとともに、吉祥寺でラーメン (^_^)

R2003572

1121-071211 測光方式

R2003838
すべてGR Digital 2007。政策研究大学院大学のキャンパスおよびその周辺です。

以前、GX100の測光方式について書きました。
「958-070615 GX100・測光方式」
http://shiology.com/shiology/2007/06/958070615_gx100_b29a.html

R2003859

GR Digital 2005でもGX100でも、その他のCaplio GX、Caplio GX8、Caplio R2、Caplio R5も、すべて評価測光を使っています。でも、GR Digital 2007は「中央重点平均測光」に設定しています。

R2003870

一眼レフはすべて中央重点測光、中央重点平均測光に設定して使っています。
メーカーによって呼称が若干異なりますが、要は、画面の中央部の明るさを重点的に測光しそれに周辺部の明るさを加味して被写体全体の明るさを決定する測光方式です。

R2003860

中央重点平均測光だと、被写体を見れば、カメラが出す値が予想できる。
でも評価測光だと、測光のアルゴリズムがブラックボックスなので、どの方向にカメラを向けたらどのくらいの露出に設定されるのか予測が難しい。ちょっと向きを変えただけで大幅に変化するときもある。だから昔っから中央重点平均測光です。

R2003796

それはオートフォーカス(AF)とオート露出(AE)を別のボタンに割り当てているからでもあります。
EOSでは、AFは背面のボタン、AEはシャッターボタンに割当。だから、欲しい露出が出る方向にカメラを向けてシャッターボタンを半押しすれば、AEがロックされます。AFはそれとはまったく独立に操作します。

R2003937

従来、コンパクトカメラでは、このAFとAEの分離ができませんでした。
シャッターボタンを半押しすると、両方が固定されてしまいます。
それで、いままでのコンパクトデジタルカメラでは、評価測光を使っていました。

R2003775

でもGR Digital 2007は違う。
Fn.ボタンをワンタッチするだけでマニュアルフォーカス(MF)になるから、撮影の半分くらいはMFです。であるならば、ピントを被写体までの距離に合わせた後、シャッターボタンの半押しでAEを固定できる。それなら、より中央重点平均測光の方が、自分の感覚、自分の予測に合うから、より早くAEを固定でき、より速く撮影できる。

R2003779
「目」!!

9割をAFで撮るGR Digital 2005は評価測光。
5割をMFで撮るGR Digital 2007は中央重点平均測光。
カメラの使い勝手によって、最適な測光方式も異なるようです。

R2003976

1120-071210 教える気持ち

R2003921
すべてGR Digital 2007。

2限:著作権法
・「著作者の権利」の発生
・著作権の3義
・無方式主義
・著作者の権利(droit d'auteur, Urheberrecht)
・著作権とcopyrightの相違
・ベルヌ条約
・万国著作権条約
・○Cマークの意味と使い方
・著作者人格権の発生
・公表権
・氏名表示権
・同一性保持権

R2003924

4限:家族法1
・767条1項による準用
・財産分与の法的性質
・768条と896条の関係
・親子
・誰のための親子法か
・子どもは社会の宝
・さまざまな生まれ方
・人工授精
・代理母
・女性同士のカップルの子どもの作り方
・精子提供から生じる問題
・嫡出概念
・血統主義
・すべての子どもが幸せに生きるために

R2003974

5限:民法4発展講義
・物権とは何か
・物に対する権利?
・権利とは何か
・物権は何のためにあるか。
・なぜ物権的請求権が占有権にだけ規定されているか。

R2003972

OGのH来訪。
彼女が通っている某ロースクールの話をいろいろ聞く。

R2003964

彼女は、「いまの時期は、基本書を読み込んでいる」とのこと。
そこで基本書の読み方を伝えました。

R2003954

・5冊同時に並行して比較しながら読む。
まちがっても一冊の基本書と「心中する」などと考えないこと。

・教える気持ちで読む。
「学習する」「学ぶ」などという受動的姿勢ではなく、理解した内容を自分が下級生などに講義する準備のつもりで読む。そしてできれば実際に、人に教える。その相手は、友人でも下級生でも親でも兄弟でも誰でもいい。「学習」は「教える」という目的を持ったときに初めて意味を持つのです。そのためには友人同士で「教えあい」をするのが効果的。だからshioゼミは、「教えあいの場」でもあるのです。

・「読み込む」べきは基本書でなくあくまでも条文。
超基本。条文が核心。基本書に書いてあることは単なる周辺情報にすぎません。

R2003941

1119-071209 日展

R2003710

日展の最終日に行ってきました。
http://www.nitten.or.jp/

R2003760

わざわざ招待券をもってきてくださったK、どうもありがとうございました。

R2003722

行ってよかったぁ。

R2003695

気に入った絵の絵はがき15枚ほど買ってきました。
絵と絵はがきはまーーったく別物だけど、絵の記憶を呼び起こすにはいい。

R2003729

GR Digital 2007で400枚近く撮りました。

R2003700

国立新美術館、フォトジェニック。

R2003679

建築物を撮影する面白さを味わえます。

R2003699

一日中、撮っていても飽きない。

R2003768

ともかく楽しめます。

R2003603

1118-071208 本日限定

R2003473
GR Digital 2007。成蹊大学1号館の前の木。

前日。
UNIQLOでTシャツを買おうとしたら、一緒にいた女性が言う。

R2003463

「それ買うの、明日にした方がいいと思う。」

R2003462

素直に従いました。

R2003455

そして今日(12月8日)。
終日仕事が終わった後、ふと思い出してUNIQLOに行ってみました。

R2003453

どうしても買わなければならないものではなかったけれど、なんとなく行った方がいい気がして。
そうしたら。

R2003446

990円のそのTシャツは、690円になっていました。
すごい……。

R2003518
ここから3枚、沖縄料理屋さんにて。

「本日限定」とのこと。
他の商品のような週末2日間のバーゲンではなく、その日だけ限定の値下げ。

R2003521

あの人はなんでそんなことがわかったのだろう。

R2003525

女性の勘ってすばらしい。

R2003555

2007.12.15

1117-071207 心の延長

R2003549
すべてGR Digital 2007。2枚目と3枚目以外は、成蹊大学のキャンパス内です。

吉祥寺でカレー屋さん。
初めて入ったお店でしたが、ナンもカレーもおいしくて気に入りました。
もちろん全面禁煙。

R2003582

shioたちが食べている間、お店の奥で、女性が造花を作りながら飾っていました。
ちょうど食べ終わった頃にその作業も終了。

R2003588

そのまま彼女はいったんどこかに行ってしまいました。
そこで、その造花を撮影したのが上の2枚の写真。

R2003545

戻ってきた彼女に写真を見せ、名刺交換。
帰宅してからアップした写真のURLをお送りしました。

R2003539

丁寧なお礼のメールをいただきました。
写真を撮って人に喜んでいただくのが、shioの喜びです。

R2003544

前回のエントリーに、カワサキさんからコメントをいただきました。
曰く。
「うおー、なんて綺麗な空と光なんだ。
僕もよく葉っぱ越しの空を撮るのですが、こんなに美しい光の描写はできた試しがありません。
GR digital II を買えば同じ写真が撮れるって訳では無いですよねえ。。。。
一体どんな魔法が???
いつも、Shioさんの写真にはため息がでます(^^)。
美しい写真をいつもありがとう。」

R2003556

とってもうれしいコメントを、どうもありがとうございます。
黄金色に輝く木の葉、ものすごく印象的だったので撮りました。

R2003548

これらの写真も他の写真と同様、特殊なテクニックは何も使っていないです。
当然のことながらレタッチもしていません。
撮ったままです。

R2003553

GR Digitalが好きなのは(GR Digital 2005もGR Digital 2007も)、自分の思い描いたとおりに撮れる、意図どおりに撮れる、という感覚があるからです。Pモードでシャッターボタンを押すだけでOK、というところが楽。

R2003560

ともかく撮りたいものにGR Digitalを向け、背面モニターを見ながらカメラの向きを微調整して、欲しい色になった瞬間にシャッターボタンを押します。といっても欲しい色が出るのを延々探すわけでなく、ほんの1秒未満の作業です。

GR Digitalは今のshioにとって、手の延長、目の延長、そして心の延長です。
写真は写心ですから (^_^)

R2003552

2007.12.14

1115-071206 文章を書くコツ

R2003438
GR Digital 2007。すべて成蹊大学キャンパス内。

会議、会議、教授会、研究科委員会、学科会議、という一日。
そして夕方から文系3学部合同で、非常勤講師の方々との懇親会。

R2003431

普段、成蹊大学の教育にご尽力いただいている非常勤講師の先生方に感謝の意を表す大切な機会です。

R2003433

その中で、林あまりさん(歌人、エッセイスト、作家、成蹊大学文学部卒)がスピーチで、文章を書く3つのコツを話してくださいました。とても大切なことなので、シェアさせていただきます。

R2003430

(1) いきなり本題を書く。
(2) ひとつのことだけを書く。
(3) 具体的に書く。

R2003432

早速実践 (^_^)
ちょうどMacPeopleの連載次号の原稿を書いていたところだったので、この教えに合うように直してみました。ホントにいきなり本題を書いてます。

R2003429

今日の写真を撮っているときの気持ちは……、
フレディーは誰だろう、
でした。

R2003444

2007.12.13

1114-071205 紅葉キャンパス

R2003414
すべてGR Digital 2007。成蹊大学のキャンパス内です。

1限:shioゼミ(1年生)
・図の意味
・更改の意義
・相殺

R2003396

・条文を読むときにまずやるべきこと
・条文の位置づけの意味
・399条の意義
・条文のインプリケイション
・含意の意義
・条文のふくらみ
・条文の本来の本体
・条文の裏は表!?

R2003398

・考え、気持ち
・著作物の定義
・憲法19条
・ポケット六法の問題点
・177条の構図
・177条の意味
・177条の表

R2003401

お昼:委員会

R2003404

4限と5限:shioゼミ(2、3、4年生)
・代理の構図
・99条の構造
・条文を解釈するときにやるべきこと
・準用しない条文

R2003408

・99条はなぜ1項と2項がわかれているのか
・「効力を生ずる」の意義
・代理の三要素
・委任と代理の関係

R2003411

・寄託契約
・組合契約
・終身定期金契約
・和解契約

R2003420

成蹊大学、成蹊学園のキャンパス。
紅葉がとてもきれいです。
日々、変化していきます。
グリーンから、黄色、オレンジ、赤にいたるまで、繊細なグラデーションが美しい。
毎日が感動です。

R2003418

1113-071204 基準

IMG_8448
EOS 20D / EF28mm F1.8。Satokoさん。Caplio GX8ユーザーです。

お昼:短期留学オリエンテイション
参加学生30人。

IMG_8519
EOS 20D / EF28mm F1.8。tさん。オリンパスC5060WZユーザーです。

午後、仕事。
夜、Satokoさん、tさん、Uさんとお食事。

IMG_8478
EOS 20D / EF28mm F1.8

GR Digital 2007に搭載された電子水準器。
つくづくありがたいと思います。
その理由は、カメラの位置や角度を決める際の「基準」ができたから。

IMG_8587
EOS 20D / EF28mm F1.8

たとえば、縦の線と横の線を含んだ被写体を撮影する場合。
背面モニターでその線が傾いていたら、カメラの位置と角度を微調整して、被写体に対して正対するように補正します。そのときに、カメラが地面に対して左右に傾いているのか、それとも被写体に対して前後左右に傾いているのかがわかりにくい。

IMG_8564
EOS 20D / EF28mm F1.8

でもGR Digital 2007は水準器があるので、カメラを地面に対して垂直に構えることができます。
すると、その状態でまだモニターに映る被写体の縦横の線が傾いているとしたら、被写体に対して正対していない証拠。水準器でカメラの垂直を保ったまま、前後左右の向きを変えながら被写体の縦横の線がまっすぐになる方向を向ければ、カメラを被写体に正対させることができます。

IMG_8538
EOS 20D / EF28mm F1.8

「1084-071104 XYZ」(→http://shiology.com/shiology/2007/11/1084071104_xyz.html)で少し書きましたが、水準器を使って、Z軸回転(レンズの向いている方向を軸とする回転)をカメラが垂直になるよう固定することができます。それによって、あとはX軸(カメラの左右方向)とY軸(カメラの縦方向)がなす平面(つまりピントの合う平面)と被写体の平面とがなす角度だけを意識すればよくなります。

R2003330
GR Digital 2007。Satokoさんを回し撮り!!

ひとつ基準ができることによって、他の要素を確定できる。
水準器の威力は絶大です。

R2003340
GR Digital 2007。tさんを回し撮り!!

大切なことは、水準器を使う撮影と無視する撮影をしっかり意識して区別することだと思います。

R2003355
GR Digital 2007

地面に垂直に構えて撮る写真。
垂直とは無関係に構えて撮る写真。
そのどちらを撮りたいのか。
前者なら水準器を使うし、後者なら水準器は無視(あるいは非表示)。
1枚1枚、それを意識して撮影することが、水準器の使いこなしの基本だと思います。

R2003359
GR Digital 2007

2007.12.12

1112-071203 稠密度

R2003266
すべてGR Digital 2007。成蹊大学のキャンパスで撮影したものです。

GR Digitalのレンズの解像度はすばらしいです。
フィルムカメラのGR-1に付いていたレンズは解像度が高く、描写が柔らかくて、気に入っていました。そのGRレンズはレンズ単体でライカMマウント用に販売されていたくらい、その素性は折り紙付き。

R2003272

GR Digital 2005もそのレンズの描写性能が魅力で使い続けてきました。
GR Digital 2007になってその解像感が、さらに上がったように感じます。

R2003277

でもよく考えてみると、GR Digital 2005からGR Digital 2007への進化に伴って、レンズ設計は変えていないはず。ということは、GR Digital 2007はレンズ以外の部分の進化によって、レンズ本来の性能をさらに引き出した、という理解がふさわしいようです。

R2003274

受光素子(CCD)の画素数が800万画素から1001万画素になったという理由だけでなく、そのデータをプロセスするGRエンジンIIも、この解像感に貢献しているのでしょう。

R2003278

以前、新旧のGR Digitalを並べて見た人から「何が違うんですか?」とのご質問を受けました。
確かに、このカメラのことを知らない人が見たら、同じものがふたつあるように見えます。

R2003279

shioは、「撮れる絵の稠密度が違います」と答えました。
すると、「チューミツドって???」

R2003286

で、答えました。
「ディープキスのことです」 (^_^)
shioゼミの会話も、こんな感じです。

R2003287

冗談はさておき、稠密。
「密度が高い」ってことです。

R2003291

「稠密」だけで「密度が高い」ことを意味するわけだから、本当は、「稠密」に「度」を付けちゃおかしいのかもしれません。でも、GR Digital 2005も稠密、GR Digital 2007も稠密。さらにその間に程度の差があるということを示したい気持ちが、「度」に現れました。

R2003293

その意味はこの場合、写真を構成している微細な点が多く密集していて、精細感が高い、ということになります。35mmフィルムで撮った写真よりも、ブローニーや4x5、8x10といった面積の大きいフィルムで撮影した写真の方が、絵を構成する点が多く、細部にわたって描写されていて、滑らか。それと同じです。

R2003302

GR Digitalの価値は、その小さな筐体で、稠密な絵を得られるところにあります。
フィルムや受光素子(CCDやCMOS)が大きくなればカメラは必然的に大きくなります。でもいつでも持っていられるカメラほど、写真を撮れるチャンスも多いわけですから、カメラは小さい方がいい。GR Digitalはそのバランスが絶妙。小さくて高解像度。

R2003303

さて、その稠密な絵を構成する色彩。
GR Digital 2005ではほぼ常に、画像設定を、
コントラスト:-2
シャープネス:0または+1
色の濃さ:0または+1
に設定していました。

R2003305

GR Digital 2007でも当初は同様に設定し、次第にいろいろと変えて撮って試行錯誤しています。
現在のところの結論。
「普通」が一番かも (^_^)

R2003309

GR Digital 2007は、想像するに、設計段階でものすごくよく「練られて」います。だから、「GRらしい」描写、「GRらしい」色彩を実現すべく、研究が重ねられたはず。その結果が、画像設定「普通」に反映されていると思います。いろいろ設定して撮ってみて、いま、「普通」が最も「GRらしい」のかも、と思い至っております。
これからも試行錯誤を重ねますので、また変わるかもしれませんが (^_^)

R2003326

2007.12.11

1111-071203 Congrats

R2003206
GR Digital 2007

2限:著作権法
・プログラムの著作物を固定する媒体
・コンピューターのファイルの無体物性
・舞踊、無言劇の著作物を表現する媒体(例外)
・美術の著作物の例
・建築の著作物の例
・図形の著作物の例
・映画の著作物の例
・写真の著作物の例
・二次的著作物
・共同著作物
・結合著作物
・編集著作物

R2003074
GR Digital 2007

・素材の選択又は配列とは何をすることか
・データベースの著作物
・情報の選択又は体系的な構成
・体系的な構成とは何をすることか
・全文検索するときコンピューターは何をやっているか
・検索語の生成の今昔
・権利の目的とならない著作物
・なぜ著作権がないか
・判決に著作権がない根拠条文
・六法全書の著作権

R2003142
GR Digital 2007

4限:家族法1
・離婚の取消しによる重婚の可能性
・裁判離婚770条
・不貞行為
・悪意の遺棄
・3年以上の生死不明
・回復の見込みのない強度の精神病
・その他婚姻を継続しがたい重大な事由の例

R2003165
GR Digital 2007

・有責配偶者からの離婚請求
・有責性の相対性
・有責主義 vs. 破綻主義
・離婚の効果
・復氏と婚氏続称
・財産分与請求権の発生
・財産分与請求権の法的性質

R2003177
GR Digital 2007

5限:なぜか写真講座 (^_^)
・背景がボケた写真を撮るには
・被写界深度を薄くする3つの要素
・「焦点距離」の意味と画角
・開放F値と絞り
・shioが「回し撮り」を開発した意図
・ズームレンズと単焦点レンズ(ズームしないレンズ)
・shioが単焦点レンズばかり使う理由
・ニコンなら35mmF2
・iPhotoの簡単さと美しさ
・Leopardの素晴らしさ

R2003186
GR Digital 2007

18:30〜:shioゼミOGが3人来訪
研究室でしばしおしゃべり。

R2003173
GR Digital 2007

Aが11月30日に入籍。おめでとうございます。
Aが7月に出産。おめでとうございます。
Mが来年結婚。おめでとうございます。

R2003201
GR Digital 2007

大学のすぐ近くのお店で、4人でお祝いしました。
卒業生のそれぞれの人生。
希望に満ちています (^_^)

R2003230
GR Digital 2007

2007.12.04

1110-071201 ありがとう

R2002153
GR Digital 2007

写真はすべて、吉祥寺、中道通り。
かわいいお店、風情あるお店、おしゃれなお店。

R2002155
GR Digital 2007

リコーのGR Digital公式ブログでトラックバック企画第26弾が始まりました。
そのテーマは「ありがとう」。

R2002159
GR Digital 2007

とっても大切なことば。
とっても大切な気持ち
「ありがとう」

R2002160
GR Digital 2007

たぶん人生で最も尊い気持ち、「ありがとう」。
その「ありがとう」を形に。「ありがとう」を写真に。

R2002161
GR Digital 2007

「ありがとう」を次のテーマにするというGR BLOGの告知を読んで感動しました。
「ありがとう」をテーマに写真を撮る企画。
なんとすばらしいことでしょう。

R2002163
GR Digital 2007

そしてそれをテーマに選ぶことができるGR BLOG運営に携わっている方々。
普段から「ありがとう」の気持ちを自然と表すことができる方々なのだと思います。
まちがいなくステキな人々。

R2002168
GR Digital 2007

著作物とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(著作権法2条1項1号)。つまり著作物であるためには、「思想又は感情」を表現することが必要です。このトラックバック企画は、写真という著作物を表現する源泉たる「思想又は感情」として、「ありがとう」を選んだ。その意義はとても大きい。

R2002169
GR Digital 2007

過去、「ありがとう」をテーマにした多くの著作物が生み出されました。
ポエム、楽曲、ドラマ、映画、etc。
そして写真。

R2002171
GR Digital 2007

「ありがとう」をテーマに写真を撮るということは、自分の周りの「ありがとう探し」をするということ。
すると、みんなの心が「ありがとう」に満ちてくる。
その気持ちを持って写真を撮ることで、自分の心の「ありがとう」を表に現す(=表現する)。
表現された「ありがとう」の感情が、写真に凝縮される。
その写真の魅力によって、「ありがとう」が輝く。

R2002174
GR Digital 2007

その写真を見た人が、表現された「ありがとう」を受け止める。
自分の「ありがとう」を探し、その人なりのやり方でそれを表現する。
ステキな循環。

R2002175
GR Digital 2007

写真には必ず被写体が必要。
被写体が存在するから写真が撮れる。
したがって「写真を撮る」という行為は、常に被写体への感謝の上に成り立つもの。

R2002176
GR Digital 2007

だから「ありがとう」は写真撮影の本質です。
写真を撮るとは、常に常に、「ありがとう」の気持ちを表すこと。
1枚1枚、すべて被写体に「ありがとう」。

R2002177
GR Digital 2007

写真を100枚撮ったら、100の「ありがとう」。
あぁ。写真ってなんてすてきな表現手段なんだろう。

「ありがとう」をトラックバック企画のテーマに選んでくださったGR BLOGに「ありがとう」。

R2002178
GR Digital 2007

2007.12.02

1109-071130 コンサバターとの対話

R2002134
GR Digital 2007

美術品の保存修復家、コンサバター(conservator)にお会いしました。
90分程ご講演していただいた後、ご一緒に飲みにいって、24時まで語りました。
具体的で非常に面白いお話でした。

R2002136
GR Digital 2007

300枚以上の写真を見せていただきながらのご講演。
いつも絵と対話していらっしゃるのだなぁと感じました。

R2002138
GR Digital 2007

ホコリがたまってしまっている絵。
ひび割れてしまっている絵。
絵の具がはがれ落ちてしまっている絵。
縁が折り込まれてしまっている絵。
不適切な粘着テープで貼られてしまっている絵。
etc.

R2002139
GR Digital 2007

そんな絵たちをひとつひとつ丁寧に修復していく。
そして絵が一番引き立つような額に入れる。
絵が見違えるほど生き生きします。
繊細で地道な作業の連続ですが、エキサイティングな仕事です。

R2002137
GR Digital 2007

そんな魅力的な仕事。
でも、コンサバターは足りていない。
なり手も少ない。
コンサバターになるには多くの修行が必要。
欧米だと、コンサバターの卵たちが、ほぼ無給のインターンとして美術館で働いているけれど、日本ではそういう制度もない。

R2002145
GR Digital 2007


非常に忙しい毎日だそうです。
でもあえて、本の執筆やブログの公開をお勧めしました。
そのお仕事の話を聞く(読む)だけでワクワクするし、絵を見に行きたい、と感じます。美術館に展示されている絵が、その絵の作家だけでなくコンサバターやキュレーターの多くの仕事の上に成り立っていることがわかれば、絵の見方も変わりそう。そして、コンサバターという仕事が社会に認知されれば、その仕事に就きたいと思う若者も増えるはず。
芸術に関する法律を専門とするshioは、彼との対話からさまざまな示唆をいただきました。どうもありがとうございました。

R2002144
GR Digital 2007

« November 2007 | Main | January 2008 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください