« 1108-071129 3つのスタイル | Main | 1110-071201 ありがとう »

2007.12.02

1109-071130 コンサバターとの対話

R2002134
GR Digital 2007

美術品の保存修復家、コンサバター(conservator)にお会いしました。
90分程ご講演していただいた後、ご一緒に飲みにいって、24時まで語りました。
具体的で非常に面白いお話でした。

R2002136
GR Digital 2007

300枚以上の写真を見せていただきながらのご講演。
いつも絵と対話していらっしゃるのだなぁと感じました。

R2002138
GR Digital 2007

ホコリがたまってしまっている絵。
ひび割れてしまっている絵。
絵の具がはがれ落ちてしまっている絵。
縁が折り込まれてしまっている絵。
不適切な粘着テープで貼られてしまっている絵。
etc.

R2002139
GR Digital 2007

そんな絵たちをひとつひとつ丁寧に修復していく。
そして絵が一番引き立つような額に入れる。
絵が見違えるほど生き生きします。
繊細で地道な作業の連続ですが、エキサイティングな仕事です。

R2002137
GR Digital 2007

そんな魅力的な仕事。
でも、コンサバターは足りていない。
なり手も少ない。
コンサバターになるには多くの修行が必要。
欧米だと、コンサバターの卵たちが、ほぼ無給のインターンとして美術館で働いているけれど、日本ではそういう制度もない。

R2002145
GR Digital 2007


非常に忙しい毎日だそうです。
でもあえて、本の執筆やブログの公開をお勧めしました。
そのお仕事の話を聞く(読む)だけでワクワクするし、絵を見に行きたい、と感じます。美術館に展示されている絵が、その絵の作家だけでなくコンサバターやキュレーターの多くの仕事の上に成り立っていることがわかれば、絵の見方も変わりそう。そして、コンサバターという仕事が社会に認知されれば、その仕事に就きたいと思う若者も増えるはず。
芸術に関する法律を専門とするshioは、彼との対話からさまざまな示唆をいただきました。どうもありがとうございました。

R2002144
GR Digital 2007

« 1108-071129 3つのスタイル | Main | 1110-071201 ありがとう »

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/17252072

Listed below are links to weblogs that reference 1109-071130 コンサバターとの対話:

« 1108-071129 3つのスタイル | Main | 1110-071201 ありがとう »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください