« 1052-070915 AFスタートボタン | Main | 1054-070917 民法講要 »

2007.09.20

1053-070916 EVファインダー

R0113013
Ricoh Caplio GX100, ISO200

前回のエントリーでGX100の写真を掲載したところ、Aさんからメールをいただきました。
Aさんは、当初は液晶ビューファインダー(EVファインダー)をつけていたけれど、最近は外したままGX100を使っていらっしゃるとのことでした。鞄にしまっておいたり、両釣りストラップで首から下げて歩いていると、視度調整リングが回ってしまい、撮影のたびにいちいちそれを再調整するのが面倒、というのがその理由です。shioさんはこの件に関してご不便はありませんか?とのご質問です。

R0113012
GX100, ISO200

結論から申しますと、shioはあまり困っておりません。
まず第一に、鞄にしまうときには、純正のケースにしまっております。従って、視度調整リングが回ってしまうことはありません。

R0113016
GX100

次に、両釣りストラップで首から吊っているとき。
shioはGX100を、EVファインダーを上向きにチルトさせた状態で使っていますから、首から下げて歩いているときもEVファインダーは上を向いた状態です。ときどきEVファインダーを降ろした状態で撮影するときもありますが、撮影が終わったらその場で上向きにチルトします。shioにとってこのEVファインダーは「上向きがデフォルト」なのです。そんなわけで、視度調整リングが自然に回ってしまって困る、という経験はありません。

R0113023
GX100

ただし、この点に関してひとつだけ不便があるとすれば、リングの回転に限界がないことです。
EVファインダーの視度調整リングは、視度調整の上限や下限に達しても、リングは止まることなく、どこまでも回り続けてしまいます。これだと「自分仕様」のリングの位置が客観的に確定しません。

R1019490
GR Digital

これが問題となるのは他人にGX100を貸したときです。
その人が視度調整リングを回して使い、shioのところにGX100が戻ってきたとき、リングの位置を再調整する必要が生じます。そのとき現在ですと、自分で実際にファインダーをのぞいて、「一番見やすい位置を探る」という「初期設定」のような作業をしなければなりません。でももし、視度の調整限界でリングの回転が止まってくれたなら、「左に回してロックしたところから、1回転半のこの位置」と記憶することで、ファインダーをのぞかなくても外観的な目視で「自分仕様」に戻すことができます。現状でも小さいながら「目盛り」(というか目盛りを指し示す指針)はあるので、あとは端でロックさえしてくれれば……と思うのです。

いずれにしてもshioは、このEVファインダー、大好きです。
いつもつけっぱなしで使っております (^_^)

R1019493
GR Digital

« 1052-070915 AFスタートボタン | Main | 1054-070917 民法講要 »

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

RICOH Caplio GX100」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1053-070916 EVファインダー:

« 1052-070915 AFスタートボタン | Main | 1054-070917 民法講要 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください