« 1040-070903 朝の新宿 | Main | 1042-070905 情報図書館 »

2007.09.05

1041-070904 マルチAF

R0112373
Ricoh Caplio GX100

成蹊学園の箱根寮。
そこから見える富士山を撮っていたら、研修でご一緒した方からご質問。
「リコーのデジタルカメラで、マルチAFはどんなときに使うのですか?」

R0112472
GX100

露出とピントを異なる場所に合わせたいときです。
たとえば上の富士山の写真。
露出は後ろの空に合わせたいけれど、ピントは手前の木に合わせたい場合。

R0112388
GX100

スポットAF(中央部の狭い範囲のみにピントが合うオートフォーカス)を使って手前の木にピントを合わせようとすると、木が中央にくるようにカメラを向けた時点で、露出も木に合って明るくなりすぎます。その状態でピントを固定するために半押しすると、ピントは木に合うものの空は白く飛んでしまい、青空が青く描写されません。できればカメラは空の方に向けたまま、ピントだけ木に合うようにしたい。

R0112405

そこでマルチAF(複数の測距点からカメラが自動的に選んだ場所にピントが合う)を使います。まず画面の上半分に空が入るようにカメラを向けることで、露出は空に合い、空の青が青く写ります。同時にマルチAFの広い測距面の下の端が手前の木にかかっているので、その向きで半押しすると、ピントは木に合います。ピントを引っ掛ける、という感じです。

R0112400
GX100

shioはこの方法をよく使います。
普段は基本的にスポットAFに設定していますが、手前の被写体と背景との間に輝度差があって、背景の明るさに露出をあわせ、かつピントは手前にあわせたいとき、マルチAFに変更します。もちろんGX100の場合は手前の被写体にピントを合わせてからFn.ボタンを押すことによってフォーカスを固定し、露出を背景にあわせてシャッターを切ることによって、同様の効果を得ることができます。でもGR Digitalではそれができませんので、特にGR Digitalではこのテクニックが重宝です。

R0112413
GX100

状況に応じて最適な設定を見つけて撮影するのも、コンパクトデジタルカメラの楽しみのひとつです。

R1019347
Ricoh GR Digital

下は研修でご一緒した皆さん。
軽くフラッシュをたいています。
(追記:スローシンクロです)

R0112485
GX100

« 1040-070903 朝の新宿 | Main | 1042-070905 情報図書館 »

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

RICOH Caplio GX100」カテゴリの記事

Comments

さーてどうするのかな?
「軽くフラッシュをたいています」です。

フラッシュについてはあまり設定要素が無いと思っていました。どうやって軽くするのでしょう。また、重く?というのもあるのでしょうか?

ayaGと申します。

GX100にデータをより多く記録させるために
コントラストを-1に設定
ハッキリした色を出すために
色の濃さを+2に設定 など
自分の欲しい画像を得るために
カメラを自分用に仕上げていく。

また、つねに画像を点検して
コントラストを標準設定に戻す、など
使いこなしに感服しております。

願わくば折に触れてGX100のこのような記事を
書いていただきたいと、無責任に期待しております。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1041-070904 マルチAF:

« 1040-070903 朝の新宿 | Main | 1042-070905 情報図書館 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください