« 969-070625 Dishの火事 | Main | 971-070627 英語モードでことえり・続報 »

2007.06.28

970-070626 ATOK 2007 for Mac

R0107777
Ricoh Caplio GX100

ATOK 2007 for Macが発表されました。
http://www.atok.com/mac/
2007年7月20日発売だそうです。

R0107781

日本語入力システム(IM:Input Method)は生産性(あるいは少なくとも日本語入力の気分)に直結するので、新しいIMのリリースは毎回とっても楽しみ。さっそくサイトを見て回りました。

R0107767

一番気になるのはなんといっても変換精度。
「あなたのMacが変わる ATOK HYBRID CORE」というページにそれが書いてあります。
http://www.atok.com/mac/hybrid/index.html

そこにATOK2006ではうまく変換できなかったけれどもATOK2007ではきちんと変換できるようになる、という例がいくつか掲載されています。

<例文>
・ひとがいないかさがしてみる
・それいがいにもようとがあった
・せきにんかんもともない、しゃかいじんらしくなってきた
(文末に句点はない)

R0107779

<ATOK 2006の変換例>
・人がいない傘がしてみる。
・それ以外に模様とがあった。
・責任感元もない、社会人らしくなってきた。
(なぜか文末に句点が付加されています。たぶん間違いだと思いますが、「変換例」なので一応正確に転記(コピペ)しておきます)

R0107785

<ATOK 2007の変換例>
・人がいないか探してみる
・それ以外にも用途があった。
・責任感も伴い、社会人らしくなってきた。
(こちらは第2例、第3例の文末に句点あり。)

R0107791

さっそく同じ文章をことえり(Mac標準装備のIM)で変換してみました。なお、純粋にことえりの変換結果を得るために、下記部分はこのエントリーを書く前に変換しておいたものです。

<ことえりの変換結果>
・人がいないか探してみる
・それ以外にも用途が会った
・責任感も伴い、社会人らしくなってきた

R0107788

「あった」を「会った」と変換した以外は正解。もちろん文末に句点は付加されません (^_^)
変換のしかたは、「ことえりの流儀」に則って、それぞれのフレーズ全体をひらがなで入力してから一気に変換しています。

R0107772

うーん。残念ながら、ATOK2007の価値は、この変換例だけでは実感できませんでした。確かにATOK2006に比して「進化」しているようです。でも、ATOK2006では変換できないとされている文章はことえりではほぼ正確に変換できています。ユーザーにとって重要なのは、現在のことえりよりどんなところが「進化」しているか。そこにATOK2007の真の価値があるはずです。この変換例からは逆に、ATOKを使っている人が細かく区切って変換するクセが付いている原因はよくわかりました。

R0107787

ATOK2007を紹介するページで、変換精度に関する記述はこれだけ。
まったく情報不足です。
それ以外の付加的な機能は、IMの本質ではありません。ATOK2007の「進化」がIM本来の変換性能においてどの程度のことを実現してくれているのか、新しいIMを心から楽しみにしているshioとしては、もっともっと知りたい。

R0107764

ジャストシステムさん、「最新変換エンジン」がどんなにすばらしいかをもっと明らかにしてください。そしてぜひとも「体験版」を公開していただきたいです。ことえりが「あった」を「会った」と変換してしまうところをATOK2007なら正しく「あった」と変換してくれることはとてもうれしい。ほかにもぜひATOK2007のすばらしさを披露していただきたいと思います。

R0107768

« 969-070625 Dishの火事 | Main | 971-070627 英語モードでことえり・続報 »

Apple MacBook」カテゴリの記事

RICOH Caplio GX100」カテゴリの記事

Comments

初めまして、Inoというものです。
いつも楽しく拝見しております。

私は、Windows時代からATOKを使っていたので
macにスイッチしてからもずっとATOKを使っていました。

shioさんのブログを拝見するにつれて、ことえり に興味をもち
少しの間ATOK2006と ことえり を使い比べてみましたが、
ことえり の方が自分の求めている変換結果により近い事がわかりました。
ATOK2007の購入を考えていましたが、
ことえりにスイッチしてみようかと思います。

細かく区切って変換するクセを直すにはまだまだ時間がかかると思いますが…

今回の記事とても参考になりました。ありがとうございました。

こんばんは〜shioさん☆

「ATOK 2006 for Mac」を使っておりまして、ジャストシステムから「ATOK 2007 for Mac」をもらったのですが、どうも魅力が伝わってこなく、現状のまま「2006」を使うつもりです。

>ATOKを使っている人が細かく区切って変換するクセが付いている原因はよくわかりました。

PC98時代から、ATOKを使っていましたので、細かく区切って変換しています(^^;)
Shioさんの文を読んで、今日初めて原因がわかりました(笑)

多分変換システムが進化しても、これからも細かく区切って変換するだろうなぁ〜と思うこの頃です。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/15582590

Listed below are links to weblogs that reference 970-070626 ATOK 2007 for Mac:

« 969-070625 Dishの火事 | Main | 971-070627 英語モードでことえり・続報 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください