« 763-061127 Legoな景色 | Main | 765-061204 市議会に行ってきました »

2006.12.01

764-061128 MacPeople1月号発売

R1012649
リコーGR Digital

MacPeople1月号が発売されました。
shioの連載は160-161ページに掲載されています。今回は、前号(12月号)の9ページでコメントした問題を端緒として、著作権法と特許法の基本的なコンセプトについて書きました。月刊アスキーの連載(「法律家が見るIT業界」)が終わってしまったので、法律的な話題も適宜、このMacPeopleの連載(「Creating Reed, Creative Mass.──大公開時代の羅針盤」)で触れていきたいと思います。

IMG_0323
キヤノンPowerShot G7

IMG_0339
キヤノンPowerShot G7

R1012647
リコーGR Digital

R1012654
リコーGR Digital

R1012651
リコーGR Digital

« 763-061127 Legoな景色 | Main | 765-061204 市議会に行ってきました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

Canon PowerShot G7」カテゴリの記事

Comments

1月号やっと読みました。私はてっきり「瞬感パズループ」のほうが真似だと思ってました。(勉強不足)

発展と発達、ついついどちらかに偏って他方を排除したがる傾向がありますが、どちらも大切だとわかりました。「故きを温ねて新しきを知る」、ですね。

(Appleがこんなに飛躍したのはRedmond在住のcopycatの「発展」のおかげ!?zuneも出たし、iPodはこれからどう「発達」していくのか楽しみです。)

洋楽では、8音(黒鍵盤を入れると13音?縁起が悪いので上のドを省いて12音?)を使うとか、韻を踏むとかいう大昔からのアイディアをもとに、それぞれのアーティストたちが新しい楽曲を作り出してますね。本家取りというか明らかに似ているのもありますが、たとえばカデンツを俺のアイディアだから使うなとさせると、まさに無限の表現の芽が摘まれますね。ドシラソファミレドと言う音の並びが、それぞれの音の長さを変えることであっという間に「主はきませり」になることは有名ですが、音の組み合わせを制限されたりすると大変です!

話が飛びますが、今アメリカでは「Mother Goose Rocks!」という子供の歌のパロディシリーズがはやっているそうですね。お馴染みの「Humpty Dumpty」や「Gerogie Porgie」などの童謡が、pop調やrock調にアレンジされてアニメーションがついているものなのですが、とても楽しいです。個人的にはGreen DayならぬGreen Weekの"Skinnamarink"(まるでAmerican Idiot)と、U2ならぬMe2の"Head, Shoulders, Knees and Toes"(Original of the Speciesか?)、そしてGwen StefaniならぬGwen Stuffunnyの"Mulberry Bush"(あきらかにHollaback Girl)が好きです。

見事に文化を「発展」させてるな、と思います。Mother Goose Rocksで検索をかけるとすぐヒットします。視聴できますので、もしまだご存じでなければぜひのぞいてください。

なんだか支離滅裂なコメントになっていてすみません。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 764-061128 MacPeople1月号発売:

« 763-061127 Legoな景色 | Main | 765-061204 市議会に行ってきました »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください