« 740-060928 感度設定ダイヤル | Main | 742-061020 iTunes Store で映画購入 »

2006.10.16

741-061015 Dvorak

R1011102
リコーGR Digitalで撮影

みなさまお久しぶりです。半月ご無沙汰してしまいました。風邪から気管支炎と肺炎になり、結局2週間、断続的に寝て暮らしました。おかげでいいお医者さまと知り合えたし、医療費は全額保険でカバーされるため安心。だから、プラスに捉えて、ひさしぶりにゆっくり休息した、といった感じです。実際、仕事も遊びもほとんど何もしませんでしたから。

そんなわけでメールがたまっています。お返事していない方、ごめんなさい。順次書きます。
また、このshiologyにも、全く更新していないにもかかわらず一日に800人以上の方々から1,000を超えるアクセスをいただいておりました。本当にどうもありがとうございます。うれしいです。

さて、ほぼ体調も回復した13日の金曜日、夜、なぜかどうしても寝付くことができず、午前1時頃、とうとうベッドから起き出しました。起きたとはいえ眠いことは眠いし、頭が冴えているわけではない。そこで何か頭を使わないような他愛もないことをして過ごしたい。何をしようかなぁと思いながらふらふらとWebを見ていて、目にとまったのが「Dvorak(ドボラック)」。キーボードの打ちやすさ(打鍵効率)を考えて1936年にワシントン大学の教育学者のAugust Dvorak氏が考案したキー配列です。

配列はこんな感じ。

参考になるサイト
http://www7.plala.or.jp/dvorakjp/index.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Dvorak_Simplified_Keyboard

実はこれ、ずーっと前から試してみたいと思ってました。でも、日常的に仕事でMacを使っている状況でキー配列を変える勇気はありませんでした。いったん新しい配列を使い始めたら、それがきちんと使えるようになるまで、普通の配列(これを「QWERTY配列」と呼びます)に戻すつもりはないからです。なにしろ26年間も当たり前に使って来たキー配列をいったん休止して別の配列を身につけようとするのだから、ちょっとだけ覚悟が必要です。

そして金曜日の夜、「今日はこれをやろう!!」と思い立ってしまいました。これなら頭が冴えている必要もなし。

Macでは設定は至って簡単。日本語の入力に関しては、ことえりの「環境設定」で「入力操作」の「英字入力時のキーボード配列」を「Dvorak」にするだけ。欧文の入力については「システム環境設定」の「言語環境」の「入力メニュー」で「Dvorak」にチェックを入れるだけ。すべてMac標準で用意されています。すばらしい!!

なお、選択肢に「Dvorak」だけでなく「Dvorak - Qwerty _」もあったので、最初はそちらを試しました。でもそれだとcontrolキーを押しながらの操作を受け付けてくれなかったので、単純な「Dvorak」にしました。

やってみると、すごーーく面白い。確かに打鍵の7, 8割が左右交互打ちになるので、リズミカルで、軽快です。それ以外にもメリットいろいろ発見。そのあたりのことについてはまた次回。
もちろんこのエントリーもDvorakで打ってます。Dvorak歴2日目のshioでした (^_^)

R1011108

« 740-060928 感度設定ダイヤル | Main | 742-061020 iTunes Store で映画購入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

Apple MacBook」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 741-061015 Dvorak:

« 740-060928 感度設定ダイヤル | Main | 742-061020 iTunes Store で映画購入 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください