« 732-060909 egword Universal、お気に入り | Main | 734-060912 egword Universalに感動!! »

2006.09.12

733-060911 表紙にshio写真!!

R1009752.JPG
今日の白黒写真はすべてリコーのGR Digital、白黒モードで撮影したものです。

今日、韓国から月刊誌「MacMadang」(Macマダン)9月号が送られてきました。
もちろん中身はすべてハングルです。
封筒を開けてみたところ、shioが撮影した写真が、表紙全面に使われています!!

IMG_9364.JPG
EOS 20D EF24mm F1.4

感激!!
もちろん記事の中にもたくさん使っていただきました。うれしいです。
shio가 촬영한 사진을, 표지에 사용해 주시고, 정말로 감사합니다!!

IMG_8319.jpg
ちなみにこれが元の写真です。
この写真は、MacPeople10月号にもWWDC特集のトビラ写真(21ページ)として使っていただきました。うれしいことです。
728-060828 MacPeopleに写真掲載

R1009764.JPG

さて先月、クラゲの撮り方について書いたところ、「こんどはぜひ人の撮り方を書いてください」とのリクエストをいただきました。
724-060817 クラゲの撮り方
shiologyには人物写真はあまり載せていませんが、実際のところ、shioの写真は人物を撮ったものが多いです。そこで今日は、shio流の人物撮影術。

R1009766.JPG

(1) その人を心から「好きっ!!」って思う。
これが一番大切。美しいとかカッコいいとか、そういう外見・容姿は全く関係ありません。容姿にほれて写真を撮っても、外見しか写らない。「その人」を好きだと思う気持ちを持って撮れば、その人のココロを写せます。写真は「写心」です。
「写心」についてはこちらにちょっとだけ書いてます。
632:060313 Tulip

R1009763.JPG

(2) その人と常に「対話」する。
実際にことばを交わして会話します。会話をしながら撮影すれば、ことばの聞こえるあったかい写真が撮れます。また撮影の瞬間に会話できない場合(たとえば結婚式中に祭壇の前に立っている新郎新婦)では、事前にたくさん会話をしておくことによって、撮影中も撮影者との対話のある写真になります。撮影中は、声を出せないとしても、目で、語りかけています。そして、どうしても実際に会話できない相手(たとえばステージ上のSteve Jobs)とも、できるかぎりココロの対話をします。相手のことばにココロの耳を傾け、自分も語りかけるのです。

R1009761.JPG

(3) その人の「キラキラ」を見つける。
人にはいいところがたくさんあります。いいところ、プラスなところ、輝き、「キラキラ」を探し続け、それを撮ります。常に「いい!!」「ステキ!!」「カッコいい!!」「きれい!!」「スバラシイ!!」と感じ続ける感性を研ぎすませます。「キラキラ」を撮ることについては、以前に書きました。
604:060128 写真はキラキラ

ただし、これはあくまでもshioの好み。人によってはその人の「ドロドロ」を撮りたいかもしれないし、「メラメラ」を撮りたいかもしれない。したがってここで大切なのは、撮影者がその人の何を撮りたいかを明確にし、それをその人の中から探すことなのです。

R1009746.JPG

(4) その人を上下左右360度から「観察」し続ける。
その人は太陽のごとく、中心で輝いています。その人の「キラキラ」はその人が発しています。だからその人を周りからよくよく観察する。同時に、その場所の背景も360度観察して、「その人」を表現するのに最もふさわしい背景を見つけます。その場の世界が、その人を中心に回っていることを感じられれば、その人が中心にいてその人が主役の写真が撮れます。

R1009745.JPG

(5) その人の「目」を撮る。
中心にいるその人のさらに中心。それは「目」。目がその人のココロを語っています。だからその人の目を撮る。ピントは目に、露出も目に合わせます。厳密なことを言うと、原則としては撮影者から見て手前にある目の、まつげの付け根にピントを合わせます。

R1009742.JPG

ときどき、「最近のカメラはオートフォーカスだからピントはカメラが自動的に合わせてくれる」と思っている人がいますが、そんなことはありません。ピントを合わせる場所によって、ピント、つまり焦点が合う面までのカメラからの距離はまちまちです。だから、ピントを合わせる場所を撮影者が選んでいない限り、カメラが自動的に「ピントを合わせた」としても、それはカメラが適当に距離を設定したに過ぎず、本来の意味でのピントは合っていません。ピントを合わせたい場所を撮影者がカメラに教えてやって、その場所にピントを合わせることができて初めて、「ピントが合った」状態になります。多くのカメラは、絵(モニタで見えている絵、あるいはファインダーの中の像)の中心にある被写体にピントが合うように設計されています(一眼レフには、ピントを合わせる箇所を選べるカメラもあります)。だから、まずは画面の中心をその人の手前の目に向け、シャッターボタンを半押しし、ピントを合わせます。そしてそのまま半押しの状態をキープ(ピントを固定)した状態で、作画します(カメラの向きを微妙に変えて、撮りたい絵にする)。そしてシャッターを切ります。

R1009721.JPG

さて上記の(1)〜(5)。実は、人物を撮影するときだけではなく、およそ被写体がなんであってもすべて同じです。shioは被写体が何であっても、たとえばモノであっても、それを「好きっ!!」と思い、「対話」し、「キラキラ」を見つけ、「観察」し、その「目」を撮る。これがshioの「写真表現」です。

R1009720.JPG

« 732-060909 egword Universal、お気に入り | Main | 734-060912 egword Universalに感動!! »

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

タンシンエ サジンガ サヨンハゴ チュッカハムニダ!!ノムテダナダ~~~イボン ボヨ チュセヨ~

お久しぶりです。
色鮮やかな写真も好きなのですが、こういういモノクロもなかなかよいものですね。上から8枚目の木の写真を拝見していて思い出したのですが、Stevens Creek Blvd とMiller Aveの交差点を少しだけ東に進んだところ、北側にある空き地に不思議な佇まい木がぽつんと立っています。
”Halloweenの木"と勝手に名前を付けているのですが、機会があれば一度みてあげてください。

shioさん、お久しぶりです。
いつもお世話になってます。
雑誌の表紙に載るような写真が撮れるなんて、さすがです!
私もカメラギアを変えようかなと思う今日この頃・・・。
やっぱりキャノンなのかなぁ。。。。笑

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/11866493

Listed below are links to weblogs that reference 733-060911 表紙にshio写真!!:

« 732-060909 egword Universal、お気に入り | Main | 734-060912 egword Universalに感動!! »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください