« 607:060202 Keynoteの写真 | Main | 609:060204 GR Digitalでイタリアン »

2006.02.04

608:060203 カメラの構え方

R1004557.JPG
GR Digital・無修正。

今日の夕食は久しぶりに外村邸へ呼んでいただきました。
写真は外村家に行く途中に撮影しました。きもちいーーーぃ日和です。
まりちゃん,あきちゃんをお迎えに行ってから,外村家に到着。

【MacPeople 3月号は読むところがいっぱい】
R1004548.JPG
GR Digital・無修正。

到着して真っ先に見たのは,shio宛に届いているMacPeople 3月号。楽しみにしていたAperture特集です。173ページ右下に,shioも10行程コメントを書かせていただいております。どうぞご覧ください。shioのApertureはすでに6万枚を超え,便利に使っております。

R1004556.JPG
GR Digital・無修正。

このページのレーダーチャートを見ると,shioだけ「価格」に対する評価が「5」です(記述がありませんが,このレーダーチャートの意味は,1:不満,2:どちらかと言えば不満,3:普通&感想なし,4:どちらかと言えば満足,5:満足──というアバウトな5段階とのことです)。Apertureは明らかにプロが使うソフトウェアです。写真を職業にしているプロフェッショナルのために開発されたソフトウェアです。したがって,499ドルとか52,000円という価格は,プロが経費で買う場合を想定して評価すべきです。shioみたいな物好きは「プロ向け」のソフトウェアであることを承知で買っているのであって,それを基準にしてはならないと思うのです。

R1004555.JPG
GR Digital・無修正。

そうだとすると,プロが仕事の道具として買うカメラ・レンズの価格が20万円から100万円以上するものまであることを考えたら,そのすべてのデジタル撮影において撮影後に使うことができるソフトウェアとしてApertureを考えれば,52,000円は「安い」と評価すべきだと思うのです。実際に使ってみてApertureは,仕事での利用に耐えるだけの,いや,仕事での利用をとことん考えて作られたソフトだと思います。したがって,その価格性能比を評価しても,「5」が妥当なのではないかと思いました。

R1004566.JPG
GR Digital・無修正。

【手ブレしにくいカメラの持ち方】
160ページからの「手ブレ撃退マニュアル」の中に161ページに「Point 1 持ち方」が載っております。手ブレを最小限に抑えるには,カメラの持ち方(ホールドのしかた)がとーーっても大事です。shiologyでいつも書いているネックストラップを使う方法や固定物に押し付ける方法はもちろん有効ですが,それ以前に,きちんと手でホールドすることが最も大切です。

R1004531.JPG
GR Digital・無修正。

shioの持ち方は161ページの説明と異なるので,ここに書いておきます。「これが絶対」などという方法はありません。なので,みなさんもいろいろ試してみて,ご自身に合った持ち方を見つけてください。

・カメラはどこかに置くか,右手で持ったまま……
・まず左手でピストル型を作ります(フレミングの左手の法則の中指(電流の向き)を曲げたやつともいう?)。
・そのままの型で左手首を90度右にひねって,そのピストルを右に向けます(つまり右にいる人を撃つ型)。
・すると,自分の前に,└─ という型ができますね? 親指が縦向きで人差し指が横向きですよ。
・そこに右手でカメラを載せます。
・左手人差し指はピーンと伸ばしている必要はなく,心持ち曲げた方が安定します。
・カメラは,その左手の親指と人差し指でホールドするのです。
・そしてカメラに右手を添えます。カメラを右手で持つのではありません。あくまでもカメラを支えるのは左手です。
・そして,右手人差し指の腹で,そぉーっとシャッタボタンを押します。
・そのとき,左右の上腕は,あばら骨で支えます。

R1004529.JPG
GR Digital・無修正。

いかがですか?
カメラを構えたご自分の姿を鏡で見てみてください。
ほぉら,プロっぽいでしょう?
shioゼミに入って写真を撮るようになったshioゼミの学生たちは,みんなこの持ち方でカメラを構えます。かっこいいですよ。

R1004532.JPG
GR Digital・無修正。

この構え方,俗に「ライカ持ち」とも呼ばれます。
ライカのMシリーズという銘カメラがあるのですが,それに付けるレンズのいくつかには,下側にレバーがついいます。ピントを調節するレバーです。上記のように構えると,ちょうど,人差し指がそのレバーのあたりに来るので,操作しやすいのです。そのレバーの回転角は,lock to lockで60度くらいしかありません。つまり,一番近距離から一番遠距離(無限遠)までのピント合わせが,人差し指を一番曲げた状態から一番伸ばした状態まででできるようになっているのです。だから,慣れるとファインダを覗かなくても,人差し指の位置感覚だけで,ピントを合わせられるのです。現代のオートフォーカスカメラよりもライカが素早く撮影できる理由のひとつです。

R1004535.JPG
GR Digital・無修正。

【サンフランシスコで烏骨鶏】
お客さまが2人いらっしゃるとのことで,本日のメインディッシュは烏骨鶏(うこっけい)。烏骨鶏は日本では天然記念物とのことで,肉を食べることはできません(卵は高級食品として販売されているそうです)。でも中国では薬膳。韓国やベトナムなど、他のアジア諸国でもちょっとした高級料理として食べるそうです。

以下,7枚目から9枚目まで,烏骨鶏の生々しい写真が出てきます。もしご気分が悪くなったら,上にスクロールしてきれいな景色でお口直しをどうぞ (^_^)(キャプションは外村さんとshioの共作です)
EOS 20D EF24mm F1.4。

IMG_5083.JPG
Roast Duckと青梗葉,松の実風味

IMG_5100.JPG
3年前までシリコンバレーに住んでいらしゃった大野さん。春からは上海に転勤だそうです。(上海といえば,カニですね (^_^))

IMG_5086.JPG
Roast Crab a la Suzzy
今日食材調達の直前,外村さんがお料理上手のSuzzyさんにクパチーノでバッタリ会い,今日のダンジネスクラブの味付けのヒントを得たそうです。調理方法の違いからか,前回のカニと比べると今回の方が野性味あるおいしさでした。前回の方がまろやか。

IMG_5105.JPG
大野さんの同僚の吉村さん。お二人ともRenoでの仕事の帰りに外村家の食事に直行してくださいました。

IMG_5096.JPG
外村さんが漬けて5日目の自家製千枚漬け。繊維の柔らかいかぶはアメリカではなかなかて手にはいらないそうですが,まったりとした食感と香る風味は千枚漬けそのもの。自家製とは思えない!!

IMG_5097.JPG
大野さんが日本から持ってきてくださった,おみやげの山。利尻昆布,白醤油,ちりめん山椒,柚胡椒,七味,おかべやのだし、そして節分の豆!!

IMG_5088.JPG
烏骨鶏と実厚のどんこの蒸しスープ。枸杷子(くこの実)や棗など,漢方材料も入れて3時間蒸します。

IMG_5093.JPG
烏骨鶏さんににらまれつつ,プルプルしたカワと,干し椎茸の旨味がしみ込んだミをいただきました。想像したよりとろみがあって,柔らかいお肉でした。

IMG_5051.JPG
足の指が5本あるのが,烏骨鶏の特徴です。
ちょっとETみたいな写真を撮ってみました (^_^)

本日のフォトセットはこちら。本日のphotoset

« 607:060202 Keynoteの写真 | Main | 609:060204 GR Digitalでイタリアン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

RICOH GR Digital」カテゴリの記事

Apple Aperture」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。実は、烏骨鶏を近所の幼なじみがたくさん飼ってるんですよー。ひなもよく見せてもらっていたので、最後の足の写真には、涙しました(笑)。頭をナデナデしていた烏骨鶏の卵を大量にもらい、食べるのに、なんだか躊躇した思い出があります。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 608:060203 カメラの構え方:

« 607:060202 Keynoteの写真 | Main | 609:060204 GR Digitalでイタリアン »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください