« 506:050918 たっちゃんお誕生日会 | Main | 508:050920 JIS配列って »

2005.09.21

507:050919 クレジットカードを作る

土曜日に訪れたCarmel Missionの写真。撮影はすべてCaplio GX8。ちょうど結婚式が行われていて,華やいだ雰囲気でした。スライドショーはPhoto Setから。
R0013939 R0013941 R0013943 R0013945 R0013946 R0013947 R0013948 R0013949 R0013951 R0013952 R0013953

今日は7:30に大学に到着。8時からLessig教授のクラスというよりはゼミに出席。
Skype, P2P, iTunes,Podcasting, Open Sourceなど,なじみのことばが頻出するゼミ。逆に,これらのことを知らない人は,わけが分からないかもしれません。

10時に終了後,カフェでBrown Rice Burrito with Vegetablesを食べる。けっこうおいしい。食感が気に入っています。コーヒーはフレンチロースト。備え付けのカップもありますが,たいがいの人は自分のタンブラーに入れます。ブリトー(3ドル)とコーヒーで3ドル90セント。
その後,CISのディレクターのところへ(後述)。

11:20〜12:20:Patent (Lemley教授)の講義
12:30〜13:30:Representative Rick Boucher discussing DC Perspectives on MGM v. Grokster and How to Facilitate Legal Online Music Delivery
13:30〜14:30:ロースクールのカフェで仕事
14:30〜16:00:Copyright(Wu教授)の講義

Citibankへ。クレジットカード作成を依頼するためです(後述)。

【クレジットカードを作るために】
クレジットカード作成に必要な書類(Employment Verification Letter)を,CISのディレクターのオフィスに行って作成していただきました。shioがドラフトを書いて行ったので,それをその場で彼女にメールしてeditしていただき,すぐに正式なレターヘッド付きの用紙に印刷してサインしてくださった。ありがたい。これでクレジットカードを作ることができます。

もちろんshioは日本のクレジットカードを持っていますが,それでもこちらでクレジットカードを作る必要があるのです。主たる理由は3つ。

(1) こちらの人々はあまり現金を持って歩かない。持っていても数十ドルです。ほとんどの買い物はクレジットカード。いわば必需品です。

(2) では既にshioが持っている日本のクレジットカードを使えばいいかというとそうではない。日本のクレジットカードをドル建ての購買に使うたびに,為替レートに1.6%ほど上乗せされて請求されます(割合はカード会社によって異なります)。非常に無駄。

(3) しかし,最も実質的な目的は,「クレジットヒストリー」を作るところにあります。日本ではサラ金でお金を借りるときなどに(shioは借りたことはないけれど),過去に借金して滞納した履歴などいわば「悪い履歴」のみが参照されます。しかしこちらでは,「いい履歴」が参照されます(やっぱり「プラスを評価する社会」ですかね)。つまり,過去にきちんと返済している(あるいは,していない)履歴です。したがって,こちらで何らかの金銭的なカードや会員カードを作ったり,何らかのお金の動きをする必要が生じる前に,地道に「いい履歴」を積み重ねておくことが必要なのです。

逆に言うと,今回,初めてクレジットカードを作ろうとしているshioにとって,クレジットカードを作ってもらうことは非常にハードルが高い。銀行側がshioのSocial Security Number(社会保険番号)を基にshioのクレジットヒストリーを参照しても,ヒストリーがない。つまり,信頼度がゼロ,あるいは未知数の人間とされ,容易にはクレジットカードなど渡せない人間として扱われます。

そこで,様々な書類の提出を要求されます。そのひとつが今日CISのディレクターに書いていただいた書類。きちんと仕事をし,給料をもらっているのかということを証明してもらうのです。shioの場合,当然,成蹊大学からの書類も必要です(それはこちらに来る前に作成していただいてあります)。ふたつの書類を合わせて一本,という具合です。

それ以外に,日本の銀行との取引履歴を半年分要求されました。仕方がないので,日本の銀行の通帳のコピーを半年分ファックスしてもらいました。あと,前述のSocial Security Numberを持っていることは必須条件です。どうやら学生にはSSNが発行されなくなったらしく,学生として来ている人のほとんどはSSNを持っていないため,クレジットカードを作ることができません。とても不便です。

さてshioはそれらの書類を持ってCitibankへ。
問題なく受け取ってもらえました。これでクレジットカード発行に必要な書類がすべてそろい,発行手続に入ってもらうことができました。3週間程でカードが届くそうです。楽しみ。

ちなみにこのCitibankのクレジットカード,商品の種類によっては購買のたびに3%などの割引があります。いいカードです。

« 506:050918 たっちゃんお誕生日会 | Main | 508:050920 JIS配列って »

Photography」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

shioさまお久しぶりです。サンフランシスコ日記楽しく読ませていただいております。弟が昔APARCにおりましたのでスタンフォードには親近感があり、写真を拝見しながらパロアルトの気分を味わっています。(しばらく前に中国スーパーのお話が出ていましたが、弟は中国スーパーでロブスターを買ってきて調理するのが得意でした)

クレジットカードについてですが、昔ワシントンの国際機関勤務になった職場の同僚が言っていたのが、クレジットカードを作りたい->クレジットヒストリーを作る必要があるということで、必要がないのに職場の信用組合のようなところから借り入れをすることを勧められた、ということです。日本の感覚からすれば無借金の方が優良に思えますが、不思議ですよね。。。

ちなみに、私が渡米した時には、出発前に日本でアメックスカードをで作っておいて、渡米後にカードを受け取り、それをアメリカのカードに切り替えてもらいました。アメックスでは国を超えた信用履歴の交換が可能なようです。日本での肩書きがそのままなら今からでも電話等で日本で申し込めるかもしれません(もしCiti VISA以外のカードがあった方がよければ)。ご参考まで。

Shioさん、ドル建てのクレジットカードがプレミオ
http://www.premio.com/
で簡単に作れます。クレジットヒストリー不要です。Business cardというのが送られてきます。年会費も無料です。JAL premio card(これは有料)を作ると、マイルもたまります。ANAでもドル建てのカードを作って、マイルをためられます。ボーナスマイルが5000マイルついてきます。
http://www.anacardusa.com/regist.html
2−3年の滞在だったらいろいろな書類が不要な分だけ楽だと思います。これらのカードを使ってちゃんとヒストリーがたまるのかどうかは、不明です。

塩澤くん、しおちゃん、こんにちは。
ご無沙汰しています。お元気ですか。
慶応AIESECにいました坂本淳子(じゅんちゃん)です。覚えていてくれてるかなあ。。。当時はしだちゃん、かるべ、に紛れてマシタ。
すっごく綺麗なブログですね。写真がとてもいい。こんなタレントもあったのかと、びっくりしています(塩澤くんの活躍は当たり前。むしろ、こちらに敬服です!)。
それに、笑顔は全然変わっていませんね。
ブログを拝見していてとても嬉しくなりました。

私は久しぶりに東京に戻り、麻酔科医をしています。新聞等にあるとおりの人員不足。それに乗じて仕事が雑にならないように、と気の張る思いです。
窓のない手術室に監禁されお日様が恋しい毎日でしたので、塩澤くんの写真からエネルギーを分けてもらえました。
ありがとうね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/6047348

Listed below are links to weblogs that reference 507:050919 クレジットカードを作る:

« 506:050918 たっちゃんお誕生日会 | Main | 508:050920 JIS配列って »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください