« July 2005 | Main | September 2005 »

2005.08.31

487:050830 予防

朝,万里子さんの歯医者さんへ。
子ども専門で,すごく楽しい歯医者さん。予約時間の9時に行くと,すぐに診療開始。衛生士さんが口腔内のお掃除をしてくださって,
R0013376
準備万端になったらドクターによる診察。
R0013385
よく磨けていたり,歯垢がついていないなど,いいところが見つかるたびに,子どもとhigh-five(高く挙げた手のひら同士でバチン)をして喜び合う。子どもが行きたくなる歯医者さんです。
R0013381

そもそもこの歯医者さん,最初に予約を取るとしばらくして絵本
R0013384
が送られてきます。その絵本の主人公は「Mariko」。Marikoが歯医者さんに行く様子をお話にした絵本です。絵本の中には何度も「Mariko」が出てきます。つまり,子ども一人一人にPersonalizeされた絵本なのです。子どもは自分の名前で語られるその絵本を読んでから歯医者さんに行くので,歯医者さんでの体験はすべて絵本の追体験となります。だからあらかじめ不安が払拭されている。すばらしいシステムです。子どもが行きたくなる歯医者さんとはこのことです。
R0013390

診療中は天井からぶら下がっているモニタで子供向けの映画を鑑賞。診察が終わった後は,お土産におもちゃをもらえます。
R0013391

米国の歯科医療は「予防」が主です。医療費を抑制するという目的もありますが,誰しも虫歯になりたくないのは当然。だから,6ヶ月ごとに歯医者に行って,歯科疾患の予防をするのです。さらに成人の多くは歯列矯正をして歯並びを整えていますから,お金をかけて矯正をした歯を虫歯や歯周病などで失いたくないのが道理。だから予防です。したがって,歯医者さんに来ている子どもたちも「患者」ではなく,「お客さん」なんですね。お客様に対してサービスをする,という発想で成り立っていると考えれば,前述のようなしかけだって自然です。
R0013394

医療サービスも法律サービスも,本来の社会的使命は病気の予防,紛争の予防。みんなが気持ちよく生活できる社会でありたいです。

そのあと,外村さんをSan Joseまで送り,万里子さんをpre-schoolに送ってからStanfordへ。Palo AltoについたところでForester,2度目の給油をしました。キャンパスのはずれに車を停めて歩く。まずは一年分の駐車券を買いに行く。キャンパスの反対側までキャンパスをつっきって歩いたところ15分ほどかかりました。

駐車券の販売所に到着すると,長蛇の列。新年度の開始直前だからしかたがありません。おとなしく列にならびました。CISのディレクターから教職員用の駐車券を購入する資格があることを証明する書類をいただいていたので,サインひとつで購入することができました。

Stanfordのキャンパスには様々な駐車場があるのですが,建物に近いところにある駐車場はすべて「A」。「A」のチケットを貼ったクルマだけが駐車することができます。shioが買ったのはこれ。年額510ドルです。高いなあ。とはいえ月額5,000円程度ですから,許容範囲でしょうか……。

また歩いてAPARCへ。今日はここで,京都府副知事らがいらっしゃって懇談会があるので,shioはお願いして出席させていただきました。副知事とお目にかかって名刺をお渡しすると,安念潤司先生と駒場で同期とのことでした。安念先生は,どこに行っても有名人です。

そのあと,外村さんに面会にいらした会計士の石原さんと懇談してから,外村さんとSan Franciscoへ帰宅。途中,韓国系スーパーで買い出し。

ここSan FranciscoやSilicon Valleyには,日本食スーパー,韓国系スーパー,中国系スーパーがあちこちにあって,日本人が普段食べている以上に必要なものがすべてそろいます。その意味では非常に住みやすい土地です。

さて今日の夕食。photo set
メインは昨日外村さんが干物にしたカマス。
IMG_8532

完食。
IMG_8535

IMG_8529 IMG_8530 IMG_8531

昨日のエントリーにTさんとitoさんからコメントをいただきました。どうもありがとうございました。

Tさん,魚の食べ方をおほめいただき,ありがとうございます。魚をきれいに食べるのは趣味です。お魚さんに感謝。

itoさん,いつもshiologyをご覧いただき,ありがとうございます。確かに転勤といえば転勤ですかね。Stanford大学のロースクールにあるCenter for Internet and SocietyにVisiting Fellowとして研究に参りました。とはいえ,成蹊大学法学部助教授,東京大学先端科学技術研究センター特任助教授,政策研究大学院大学客員教授の籍はすべてあります。もちろん2年ほどで日本に戻ります。月刊アスキーの連載も続いております。9月18日発売の次号で,連載36回。3年続きました。ご興味があればそちらもどうぞご覧くださいませ。

2005.08.30

486:050829 Social Security Officeへ

IMG_8485

Social Security Officeへ行きました。
つまり社会保険事務所です。ここでSocial Security Numberの入ったSocial Security Cardを発行してもらうと,ようやく米国市民といえる状態になります。
オフィスは想像していたのとは全く違い,きれいな建物でした。写真,右の方の2階に「Social Security」と書かれているのが見えるでしょうか。
R0013371

11時頃,オフィスに入って受付で来た理由と名前を告げパスポートを提示すると,書類を渡され,それに個人情報を記入して待つ。12:15になってようやく名前を呼ばれる。とてもいい感じの係員が「こういうケースは初めてなんだよね。」というので,「私も初めてです。Social Security Numberを申請するのも,アメリカに住むのも。」というと,係員は大声で笑っていました。彼がコンピュータを操作すること5分。「これでよしっと。」といって紙を一枚くれました。7〜10日でカードが送られてくるそうです。

帰りにスーパーで大根と長ネギを買って帰りました。
大根おろしと一緒に食べたランチのサンマ。絶品。
この焼き加減をご覧ください。Nationalの「煙らん亭」さまさまです。
IMG_8486

オリーブオイルとごま油で松の実を香ばしくして,サラダにジュッとかけました。
IMG_8488

サンフランシスコでカマスの干物作り。
ちゃんと道具を持っている外村さんに脱帽。
R0013373

夕方,外村さんと中国系スーパーに行き,買い出し。
そのあとお料理。彼が築地から丸ごと買ってきたいくつもの魚を,鮮やかにお刺身やお料理に造ってゆきます。スバラしい。日経新聞シリコンバレー支局長の八田さんご夫妻をお迎えして,豪華なディナーになりました。

茄子の焼き浸し。
IMG_8496

イカのお刺身
IMG_8498

鱸(スズキ)のお刺身
IMG_8500

ゲソ焼き
IMG_8510

IMG_8518

IMG_8519

昨日から浸けておいたアジの焼き浸し
IMG_8521

食前
IMG_8525

食後
IMG_8526

デザート
IMG_8528

本日のphoto set

IMG_8481 IMG_8482 IMG_8484 IMG_8485 IMG_8486 IMG_8488 R0013373 IMG_8496 IMG_8498 IMG_8500 IMG_8502 IMG_8510 IMG_8511 IMG_8512 IMG_8516 IMG_8518 IMG_8519 IMG_8521 IMG_8522 IMG_8525 IMG_8526 IMG_8528

一昨日のパーティーにいらっしゃったもう一人の方。Masamiさんです。OKをいただいたので,写真,掲載します。Masami-san Photo Set

IMG_8368 IMG_8370 IMG_8385 IMG_8386 IMG_8406 IMG_8422 IMG_8439 IMG_8452

2005.08.29

485:050828 鮮魚

本日のランチ。昨日外村さんが築地で仕入れてきてくださったサンマ。美味!!
食前
IMG_8460

食後
IMG_8461

午後,Beckyさん&Dickさんのお宅へ。来月から住まわせていただくことになりました。ありがたいことです。Stanfordまでクルマで10分程度。素晴らしいロケーションです。

ディナーは外村さん作。
築地で仕入れてきた鯵(アジ),鱸(スズキ),鮪(マグロ),烏賊(イカ)をさばいてお刺身にしてくださいました。いずれも絶品。スズキはプリプリ,アジはトロトロ,マグロは濃厚,イカは甘ーい。本当においしくいただきました。
IMG_8465

そしてズッキーニの焼き浸し。
ズッキーニを切ってごま油で焼いたものをダシに浸けます。
IMG_8466

最後はアジご飯。
アジの頭をはずして内臓を取り出したあと,醤油2:酒1:ミリン1でアルミ箔で落としぶたをして10分煮る。身をはがしてご飯と和えてできあがり。すごぉくおいしかった。(nobiさんのご意見に従い,かるーくレシピも書いてみました)
IMG_8479

さて昨日のパーティーにはステキな方々がいらっしゃっていました。そのうち,出口家から写真掲載OKをいただきましたので,載せます。ステキなご一家です。スライドショーはこちらから

IMG_8352 IMG_8353 IMG_8355 IMG_8356 IMG_8364 IMG_8372 IMG_8373 IMG_8383 IMG_8398 IMG_8405 IMG_8410 IMG_8430 IMG_8431 IMG_8436 IMG_8446 IMG_8447

2005.08.28

484:050827 外村さんご帰宅

外村さん,日本より無事にご帰宅です。
彼が日本で行ったプレゼンは立ち見が出るほどの大盛況で,内容も大好評だったとのこと。見たかったです!! さきほどKeynote 2で作られた彼のスライドを,解説付きで拝見しました。かっこいい!! nobiさんがHDで撮影されたビデオ,拝見するのを楽しみにしてます!!(と,現在,外村さん,nobiさん,kohさん,shioのiChatが進行中です)

外村さんがshioの荷物を運んでくださいました。ありがとうございました。
重要なものはふたつ。
(1) ScanSnap。これがあるとないとでは,仕事の効率が全く異なります。これがあると,書類をすぐ捨てられる。そして検索して探せる。便利すぎて手放せないのですが,渡米するときには悩んだ末に研究室においてきました。でも,やっぱり必要なものは必要。

(2) Keystation 61es。Macで音楽作成するのに必要です。Macに標準で付属するGaragebandでオーケストレーションするのは最高に楽しい。

ランチはまどかさん作のパスタ。
おいしくてきれい。shioはソースを和えていない(つまりパスタの生地の色が残っている)パスタが好き。パスタ自体の味と香りを楽しめるから。その意味でも今日のパスタはshio好みでした。
IMG_8341

夜はKay & Greg宅でバーベキュー。
おいしいおいしい!!

サーモンの薫製。いい香りです。
IMG_8391

外村さんが築地で仕入れてきてくださったサンマのお刺身
IMG_8401

Kayさん&Gregさんのお庭で取れたトマトで作ったGazpacho。トマト以外の水分は全く加えていないそうです。完熟したトマトの冷製スープ。太陽を食べているような健康的なお味です。
IMG_8443

ドレッシングが美味。
IMG_8441

このチキン,皮と身の間に,レモンゼストやバジルなどが丁寧に滑り込ませてあって,中心の肉まで,それらの香りが行き渡っています。絶品!!
IMG_8453

IMG_8344 IMG_8346 IMG_8347 IMG_8375 IMG_8376 IMG_8378 IMG_8387 IMG_8388 IMG_8390 IMG_8391 IMG_8392 IMG_8393 IMG_8394 IMG_8397 IMG_8401 IMG_8402 IMG_8403 IMG_8404 IMG_8407 IMG_8408 IMG_8411 IMG_8412 IMG_8413 IMG_8414 IMG_8415 IMG_8416 IMG_8417 IMG_8423 IMG_8428 IMG_8429 IMG_8435 IMG_8437 IMG_8438 IMG_8440 IMG_8441 IMG_8455 IMG_8443 IMG_8449 IMG_8451 IMG_8453

2005.08.27

483:050826 支店長さんとランチ

shioが口座を開いた銀行の支店長さん(慶應の大先輩)がランチに誘ってくださいました。11:40ころに銀行へ。彼のクルマでイタリアンへ。クラムチャウダーもおいしかったし,パスタもおいしくいただきました。お店は満員で,外には待っている人もいました。

R0013359

R0013357 R0013355 R0013356 R0013359

銀行に戻ってお金を預けました。手元にいくらか現金を持っていたのですが,現金を使う機会はほとんどない。すべてデビットカードかクレジットカードだからです。便利な社会です。

郵便局に行って郵便を出したあと,Kayさん宅へ。ご一緒にWhole Foodsというスーパーへお買い物。店内の雰囲気はとても良く,野菜の陳列もきれいだし,魚屋さんやお肉屋さんのお兄さんたちも人当たりのいい人たちでした。

R0013361

R0013366

R0013368

R0013361 R0013362 R0013363 R0013364 R0013366 R0013367 R0013368 R0013369 R0013370

途中,ガソリンスタンドで1回目の給油。
320mile走って14.5gallonくらい。燃費は22mile/gallon。40ドルでした。つまり515km走って55リットル。燃費は9.36km/l。タンクの容量は60リットルですので,ぎりぎりまで走って満タンで4,400円。決して安くないです。1週間でこれだけガソリンを消費するということは,ひと月に約2万円。うーむ。スバルの水平対向エンジンは重力による片べりを防止するため,工作精度が高く(きつく)作られているので,最初は燃費が上がらない,と聞いたことがあります。こなれてくれば,もうちょっとよくなるのでしょうか。

クルマはすこぶる順調です。高速安定性が抜群。
ならし運転なんてしていられません。3000回転を超えることもしばしば。San Franciscoの坂道はめっちゃ急なんです。そしてフリーウェイ。このあたりの制限速度は65mileですが,クルマの流れはだいたい70〜80mileです。とろとろ走っていても飲酒運転と間違えられて停められかねないので,ちゃんと周りのクルマと同程度の速度で走ります。とても走りやすいです。ひとつひとつのレーンが広いだけでなく,ほとのどのドライバーがマナーがいいからです。難点は道が悪いこと。穴があいていたり段差があったり,かなり厳しい。でもフォレスターのサスがよく吸収してくれます。乗り味はドイツ車風のかっちりしたもの。安心して走れます。

Kayさんがお夕食を作ってくださって,いただいて帰りました。
shioは帰ってお皿に移して並べただけ。ごちそうさまでした。
IMG_8337 IMG_8338 IMG_8339

482:050825 タンブラー!!

佐藤さんとランチ。クルマのこと,コンピュータのこと,いろいろ造詣が深いので面白いお話を聞くことができました。

ロースクールに行って,野口祐子さんに会う。とってもステキな方です。彼女にいいことを教わりました。ブックセンターでStanfordのロゴ入りタンブラーを買ってブックセンター2階のカフェに持参すると,レギュラーサイズのコーヒー1杯90セントで入れてもらえるのです。レギュラーサイズといっても日本のスタバのトールより大きいかな。そこでさっそくIMG_8340を購入。ステンレスの二重構造で気に入りました。20ドルくらい。それを持って彼女と2階のカフェへ。1階から吹き抜けになっているため開放感があって,いい場所です。お互いのことをいろいろと話しました。

祐子さんにレッシグ先生の秘書を紹介していただく。面会のアポを入れさせていただきました。先生は聞きしに勝る超ご多忙でした。スケジュールはiCalで管理されていました。やっぱり。

図書館に行って利用券を作成していただく。Macに必要事項を入力すると,横の機械がウィーンと音を立てて,クレジットカードのような利用券が作成されました。

外村家に帰宅して夕食を調理。
IMG_8330

IMG_8331

IMG_8332
スープはまどかさん作です。このスープ,鶏ガラで取ったお出汁が入っていて,すごくおいしかった。

夜は仕事。

2005.08.25

481:050824 ネットに接続

今日はロースクールに在籍するIさん,Oさん,Dさん,Kさんとランチをご一緒しました。日本の弁護士2人,判事1人,法務部1人です。慶應の後輩もいます。ロースクールのことをいろいろと教えていただきました。ステキな友人が増えるのがうれしいです。

そのあとCISに行ってまだStanfordのネットワークにつながらない旨を伝えると,2週間前に登録したはずのMACアドレスが登録されていないことが判明。これがアメリカの事務。すぐに登録していただいて,20分ほどで接続完了しました。IDやパスワードの認証は不要。ありがたいです。これで大学ですべての仕事をすることができます。

ついでに学内のパーキングチケットを購入するために必要なドキュメントを出してもらう。年間パスが約5万円。ちょっと高いけどしかたないです。

Nijiya(日本食スーパー)でお豆腐と豚肉を購入。そのあとKayさんのところにうかがって,夕食のためにカレーをいただいてきました。ありがとうございます。

急いで帰宅してクッキング。とはいえ,カレーをいただいてきたのでたいして手間はかかりません。今日のお夕食はこんな感じ。といってもほとんど料理してません。カレーにお野菜が入っているのでよしとします。にんじんをお出汁で煮て,厚くスライスしたキノコを焼いて途中でお醤油を片面にぬってまた焼いて,豆腐を切って。そういえば,昨晩,包丁を研いだので,豆腐も気持ちよく切れました。

食後はMさんやAさんと遊びつつ,ずーーっと仕事。

2005.08.24

480:050823 お料理blog!?

今日から外村さんが東京出張のため,夕食はshioが用意することになっています。
ですが,朝からひっきりなしに電話とファックスのやり取りが発生し,もちろんメールもあって,走り回っておりました。

さて問題の夕食。
まずご飯。発芽玄米を炊きました。
次に,「秘伝の」おだしでキャロットを煮ます。
さらに,カボチャを小さく切って,同じくおだしで煮ます。

次は主菜。
お魚を調理できるように外村さんが下ごしらえをしてくださってあったのですが,そんなわけで夕方まで1階の台所と2階のファックスとの間を行き来していたため,ゆっくり魚を料理する時間がなくなってしまいました。そこで,昨日外村さんが1羽の鳥をさばいて調理した際に,使わずに残しておいてくださった部分をお料理することにしました。

さてどんなお味にしようかしら。
旨味を閉じ込めたいので,外側に片栗粉を付けたい。そこで片栗粉を探す。見つけられない。うーーむ。(あとで奥さまにうかがったところ,プラスチック容器(「タッパー」は普通名称化している気もしますが,一応ね)に移して保存されているとのことでした。)

そこで,その過程で発見した別のものを使うことにしました。使われている原材料のリストを見て,チキンと一緒になったときの味を思い浮かべて……。たぶん,イケルでしょう。そこで,それをチキンの周囲にまぶして,オリーブオイルを熱したフライパンで焼きました。強火で表面を焼いて,裏返してまた焼いて。さらに火を弱くしてフタをして,しばらく中心部に火を通します。火の温度を下げると,タンパク質は焼けないけれど脂肪分は溶けるという温度になり,中身がジューシーになるのです。とはいえ,子どもたちも食べるので,生ではない状態まで火を通しましたが。

あとは,トマトを切ってならべて,真ん中にグリーンを乗せて,でっきあっがりー。スライドショーはPhoto Setからどうぞ。

I cooked them all!!
IMG_8321

IMG_8322

IMG_8324

IMG_8323

IMG_8321 IMG_8322 IMG_8323 IMG_8324
(なおこのサムネールのはきだしについては,佐藤さんがスクリプトを書いてくださいました。どうもありがとうございました。なので,今日は両方載せてあります。)

外村師匠。いかがでしょうか。
チキン,適当に作ったわりには,かなりおいしくできました。
一食4品,全部自分で作ったのは初めてかも知れません。shioはアメリカに料理修行にやってきたのかも!? このblogは以前から「お料理写真blog」ではあったけど,「お料理blog」になろうとは思っておりませんでした。

夜は,東京にいるTomojiの携帯と30通もメールをやり取りして,shioの荷物の梱包と発送依頼をやっていただきました。これでようやくスキャンスナップを使うことができます。TomojiとImaiとNさん,本当にどうもありがとうございました。多くの人に支えていただいております。感謝申し上げます。

それにしても,東京で歩き回っている人とリアルタイムにメールをやり取りして,逐次,状況の把握と依頼をすることができる。不思議な世の中です。

479:050822 retreat

今日はshioが所属するStanford Center for Internet and Society (CIS)のミーティング(retreat)。初めてレッシグ教授にお目にかかりました。ものすごく気さくな方です。どうやらStanfordの先生方はたいがいそんな感じだそうです。

ミーティングはゴールデンゲートパークの牧草地で行われることになっていましたので,Foresterでドライブです。朝のサンフランシスコ市内は結構道が混んでいますが,意外とすんなりと到着することができました。ただし途中,左に行きたいのに右にしか行けず,行けども行けどもUターンができなくて閉口しました。しかたがないので,右,右,右,と回って,左折しました。

牧草地でそれぞれの自己紹介を始めたのですが,ともかく寒い!! みんなで震えながらミーティングを続けていたのですが,ランチを食べたあと,全員で移動。パークの最も西側の太平洋に面した建物の中で午後も引き続きミーティングです。レストラン兼バーのようなところなので,ともかくうるさい。ただでさえ聞き取りにくい早口の発言を聞き取るのは至難でした。

太平洋に面しているとはいえ,すべて霧の中です。サンフランシスコは西半分は常に霧。白くどんよりした空が灰色の海と接する水平線が,長く横たわっています。

CISの方々はみなさんいい人たちで一安心。
これから様々な問題を検討して行きたいと思います。

終了後はMさんを迎えに。
夜は外村さんが鶏を一羽,さばいて調理してくださいました。すごい!!
そのほか,おいしいおいしいお鍋でした。
あっ,写真,忘れた……。

こちらは暖房を入れる程の寒さです。だから,「なべの季節」なのです。

2005.08.22

478:050821 クルマもチェックで

クルマの購入はいつもうれしいけれども,昨日は格別でした。なぜなら初めてチェックを切ったから。つまり小切手です。

こちらにきてすぐに,外村さんのご紹介で銀行口座を開きました。紹介があると,紹介者にも私にもサービスで25ドルが加算されるのです。すごい!! checking account,つまり当座預金の口座です。これでチェックブック(小切手帖)を持つことができます。自分の名前や住所などがきちんと印刷されたチェックの冊子を手にしただけで,結構うれしいものです。

普段の買い物はほとんどクレジットカードかデビットカードなので,チェックを使う機会があまりないのですが,昨日,クルマを買うときに初めて使いました。2万数千ドルのチェックを切るのはちょっとドキドキ。数字と文字で金額を書くわけですが,それが相違した場合は文字が優先するとか,金額をふたつ書いたら少ない方が優先するとか,(日本の)小切手法9条なんかを思い出しつつ,丁寧に書きました。なんの問題もなく支払い終了。ほっ。

さて次は保険の購入。これがちょっと時間がかかりましたが,Gregさんのおかげで順調に進みました。ありがたい!!

そしてめでたくクルマが手に入りました。うれしい限り!!
色はシャンパンゴールドです。最初,ウェブとかカタログで見ていたときにはこの色はほぼ除いて考えていたのですが,実車を見たら,すごくきれい。内装もベージュで,しゃれてます。あっかるいシリコンバレーの気候にはグレーの内装よりベージュが合う気がします。

ナンバーはあとから送られてきます。 それまでは,暫定的な紙片をフロントガラスに貼付けて運転することができます。合理的。だから,購入日イコール納車日。その場で乗って帰れます。
R0013347

今日も外村家はお客様4人。
本当に交際の広いご夫妻です。
IMG_8306 IMG_8307 IMG_8308 IMG_8309 IMG_8310 IMG_8315

2005.08.21

477:050820 クルマゲット!!

とうとう買いました。クルマ。
クルマは生活の必需品。行動の基本はクルマ。どこに行くにもクルマです。
当初,中古車を買うためにさまざまな情報を見て,クルマ選びをしていました。しかし,なかなかいいクルマは見つからない。そのうえ,日本では廃車になるような10万マイル(16万キロ)を超えたクルマが全く普通に市場に流通し,かなりの高値を付けています。しかし,中古でも値が落ちないということであれば,あとで売ることを前提に買うのだから,実質的にはその差額でクルマを使うことができることになります。そこで考え方を変えて,新車を買うことにしました。

ホンダで試乗し,トヨタで試乗し,スバルで試乗し。ニッサンはウェブで見る限りshioのニーズに合うクルマはなし。
で,決めました。スバルForester 2.5X。ステアリングの剛性が高く,シャシーが堅牢で,サスペンションも柔軟。高速安定性が高い。気持ちのいいクルマです。4気筒の水平対向エンジンもスムーズです。これで移動が快適になります。もちろん車内でiPodを聞けるようにするつもり。ようやくレンタカーを返却することができました。これでレンタカー代(+保険代)300ドル/週を払わなくてすみます。なにからなにまでお世話になったGregさん,Kayさんに感謝です!!

クルマの商談で日本と全く異なるのは,ディーラーがみずから仕入れ値を明らかにすること。このクルマは仕入れがいくらなので,これだけ利益を乗せさせてもらうよ,みたいな。この方が話がしやすくていいと思います。

銀行口座を開いて,チェックブックを持って,携帯をゲットし,クルマをゲットし……。徐々に「市民」になってゆく感じ。まだまだこれからSSNをゲットしたり,クレジットカードをゲットしたり……と「市民」に必要なアイテムをそろえてゆく必要があります。この国で一人前の市民として扱われるようになるためのプロセスは,さながらRPGのようです。

さっそくForesterに乗って戻ると,ちょうどKBS(慶應義塾大学ビジネススクール)の奥村ゼミのみなさんが外村さん宅に来訪したところでした。
IMG_8248

IMG_8249

IMG_8250

最後にみなさんでIMG_8251を撮りました。実りある訪米になることを願っております。

片付けをしたあと,Jさんの誕生日を祝うSurprise Partyへ。
そこで桐朋出身のMさんに会いました。小学校から桐朋。2まわり下の白の学年。こういう出会い,うれしいです。

2005.08.20

476:050819 BBQ

午前中はオンラインでクルマ探し。
外村さん宅でお昼をいただき,午後は実際にクルマ屋さんに行ってクルマ探し。
夕方からpre-schoolのバーベキューに参加。ハンバーガーの肉は冷凍のパテを使っているにもかかわらず,結構いける。やっぱり炭で焼くとおいしいのだ。あっ,写真,撮り忘れました(人物写真は87枚撮ったのですが……)。他にもサラダ,ホットドッグ,ピラフ,デザートなど盛りだくさん。

R0013343

R0013344

GregさんがアップルのMighty Mouseを買ってきてくださいました。立て替えていただいた代金はPaypalで支払います。うーむ便利だ。

IMG_8246

IMG_8247

アメリカで買っても,マニュアルには日本語が書いてあるし,付属のディスクからドライバをインストールするときも普通にすべて日本語です。ドライバをインストールしなくても左クリック,右クリック,スクロールボールは機能しますが,左右のスクイズボタンは機能しません。ドライバをインストールして再起動すると,すべて使えるようになります。使いやすいです。

このblogの「プロフィール」へのリンクが切れていましたが,この部分のリンクはユーザーが設定することができないため@niftyに問い合わせたところ,直してくださいました。ご担当者さま,どうもありがとうございました。
shiologyのバックナンバー

2005.08.19

475:050818 携帯ゲット!!

昨晩と今朝で,来週行われるStanford Center for Internet and Society (CIS)のミーティングに関する資料を作成。もちろんPagesで。けっこうかっこよくできました。納得の上,11:30に送信。

外村さんと佐藤さんとTさんとともにSilicon Valleyで最もおいしいpho(フォー)屋へ。phoは米からできたベトナムの麺です。shioはカンボジアに行くといつもphoを食べてます。大好物。お店に着いたのが12:35なのですが,行列。レストランに入るのに列にならぶなんて,こちらでは稀なことです。そしてならんでいるのはすべてベトナム人を中心としたアジア人。
R0013318

R0013319

この艶をごらんください。本当においしかった。撮影はCaplio GX8。右手にお箸で麺を持っているので,左手で撮影。ちょっとむずかしかった。
R0013325

銀行に行ってCashier’s CheckをDeposit。また支店長のデスクに行ってお話。近くのトヨタディーラーの店長を紹介してくださって,その場で電話をかけてくださったので,その足でトヨタへ。2台試乗。なかなかshioのニーズに合う車はありません。

ちょっとクルマ屋さんに長居をしてしまったので,急いで帰って外村さんとともに夕食の準備。撮影はEOS 20D EF24mm F1.4です。

IMG_8148

IMG_8149

IMG_8150

IMG_8151

ここまでの写真,スライドショーはphotosetからどうぞ。
R0013317 R0013318 R0013319 R0013320 R0013322 R0013323 R0013325 IMG_8148 IMG_8149 IMG_8150 IMG_8151

念願の携帯電話が届きました!!
箱を開けたところからして,かっこいいです。そして本体は薄い!! かっこいい!! これでカメラも付いてます。
BluetoothでMacからワイヤレスで認識され,Macをネットにつないでくれます(のはずですが,まだ設定していません)。149ドルでした。1年程前に売り出された頃は,500ドルの値引きなしという破格に高価な携帯だったそうですが,いまはまあまあリーズナブルな価格に落ち着いています。さりとて,他の無料の携帯に比べたら高いですが,使い勝手とかっこよさはお金で買います。

写真に写っている白いカードのチップ(SIMカード)の部分を取り出して携帯に差し込めば準備完了。すぐに使えます。このチップを別の携帯にさせば,機種変更も簡単。あるいはヨーロッパに行ったときには現地でプリペイドのSIMカードを買えば,即,現地の携帯に早変わり。このシステム,便利!!

充電もイヤホンもUSB-Bのコネクタひとつで行います。一番最後の写真の下の方に写っています。とてもリーズナブルな仕組みです。当然,MacのUSBポートにつないで充電できます。というわけで現在,充電しながらこれを書いております。

外形上で日本の携帯と異なるのは,「ストラップ」というものがないこと。それを通す穴さえあいていません。他の人たちもだれもストラップを付けていません。なんでだろぅ。
IMG_8155 IMG_8158 IMG_8159 R0013333 R0013334 R0013335

一昨日のエントリー(473:050816)にご質問をいただきましたのでお答えしておきます。Caplio R2Sには純正のワイコンは存在しません。shioがワイコンを付けて22mmにして使っているのはCaplio GX8やその前モデルのCaplio GXです。ちなみに「民発」とは「民法2発展講義」を略した成蹊の学生用語です。

このblogの「プロフィール」へのリンクが切れていますが,現在原因を@niftyに問い合わせ中。それまではこちらをお使いください。
塩澤一洋のプロフィール
shiologyのバックナンバー

474:050817 三者通話

昨晩は,日本のSとKからSkypeでコール。3人で,Skypeを使ってConference Callをしました。つまり三者通話です。何の問題もなし。音質がいいから,誰が話しているかわからないなんてことは皆無。あえて難点を挙げれば,顔が見えないため,「誰に」話しているのかがわかりにくいときはあります。これ何人までできるのかしら。いずれにしてもすごいことです。

ちなみにMacに標準で入っているiChat AVは,顔を見ながら4人で話ができます。shioはまだ未経験ですが。

今日は伊井恭子さんとHさんとともに韓国料理屋でランチ。shioはビビンパを食べました。おいしかった!! でも写真は撮り忘れました。おなかがすいているときは撮影を忘れて食べちゃうのがshio流……。

このblogの「プロフィール」へのリンクが切れていますが,現在原因を@niftyに問い合わせ中。それまではこちらをお使いください。
塩澤一洋のプロフィール
shiologyのバックナンバー

2005.08.17

473:050816 le Zinc

今朝はnobiさんとSkypeの音質についてSkypeで検討。やっぱりヘッドフォンをつけるのが一番いいようです。

こちらには日本にない「日本車」が結構あります。スバル好きなshioが最も心惹かれたのはB9 Tribeca。これはいい!! そのうち日本でも売られるのでしょうか。楽しみです。それからホンダだと,PilotElement

外村さんとRさんとともに,le Zincというビストロへ。非常においしくいただきました。お店の風情もステキ。
カメラはすべてリコーのCaplio GX8です。Slide Showもどうぞ。
R0013254

R0013253

R0013260

R0013265

R0013267

R0013276

R0013283

R0013286

R0013252 R0013253 R0013254 R0013256 R0013257 R0013258 R0013260 R0013262 R0013264 R0013265 R0013266 R0013267 R0013273 R0013274 R0013276 R0013278 R0013279 R0013281 R0013282 R0013283 R0013286 R0013287 R0013288 R0013290 R0013293 R0013295 R0013297 R0013298 R0013299

外村家に戻ってから,Rさんと模擬インタビュー。050720にshioが購入したポータブルレコーダーRoland(Edirol)のR-1で録音し,その音質を確かめるため。13分程のインタビューをMP3で録音してMacに転送して聞いてみましたが,非常にいい音。shioは先々週の野尻小学生キャンプで食後の歌や最終日のドラマなどをこれで録音しましたが,それらもとてもリアルに録音されていて,気に入っております。ちなみにスタパ齋藤氏も絶賛していらっしゃいます(ただしURLはadのtie-up)。

夜は外村家の和食。本日も大変おいしうございました。Photo Setはこちら。
IMG_8147 IMG_8146 IMG_8145 IMG_8144

塩澤一洋のプロフィール
shiologyのバックナンバー

472:050815 Caplio GX8とR2Sの使い分け

昨日の写真で,リコー製のデジタルカメラ,Caplio R2SとCaplio GX8を使っていると書いたら,2機種をどのように使い分けているのか,というご質問をいただきましたので,お答えしておきます。

(1) 望遠が必要な時はCaplio R2S。なぜなら,Caplio R2Sは望遠側が135mmまであるけれど,Caplio R2Sは85mmまでだから。

(2) 暗いところで撮るときはCaplio GX8。なぜなら,Caplio GX8はISO400や,ときにはISO800でも破綻のない画質で撮影することができる上,暗いところでもピントが合ってくれるから。たとえばキャンプファイヤーをしているときなど暗いところでは,実は一眼レフのEOS 20Dでもピントが合わない。なのにCaplio GX8ならバッチリピントが合います。脱帽!! またレンズの明るさもCaplio GX8がF2.5と明るいのに対してCaplio R2SはF3.3と若干暗めです。

(3) ポケットに入れたいときはCaplio R2S。薄いので,ジーンズのポケットにもスッキリ入る。Caplio GX8はポケットに入れるのはほぼ無理。いつも肩から背中側にタスキがけにしています。

(4) 100人の集合写真のように細部の描写が重要な場合はCaplio GX8。800万画素だから。でもファイルサイズが大きくなるので,普段は500万画素モードで撮っています。これだとCaplio R2Sとかわりません。

(5) 走り回る子どものようにフレーミングしにくい被写体を撮るときはCaplio R2S。なぜなら,2.5インチの大型モニタはフレーミングしやすいですから。Caplio GX8のモニタ,もっと大きくしてほしい!! ちなみにそういう動き回る被写体を撮るときは,フォーカスをスナップモードにしますと,ピントがカメラ前2.5mに固定されるため,半押しによるピント合わせのプロセスを必要とせずに,撮りたい瞬間を瞬時に撮ることができます。これはリコーのカメラのいいところのひとつ。

(6) 「写真を撮るぞ」という積極気分のときはCaplio GX8。逆に,お手軽気分のときはCaplio R2S。持ったときの質感とか,筐体の色や形などがそう思わせるのだと思います。

(7) 超ワイドな写真を撮りたいときはCaplio GX8。純正のワイコン(ワイドコンバーター)で22mmの写真が撮れます。すごい!! ワイコンなしの普通の状態では,どちらのカメラも広角28mmですが,これでもほかの多くのコンパクトデジタルカメラと比べたら十分に広角です。他はだいたい35mmとか38mmとかですから。

といったところです。でも基本的に明るい屋外の撮影ではどちらも違いがありません。Caplio GX8は肩からかけると(3)で書きましたが,Caplio R2Sも449:050713 Tiger10.4.2快適で紹介したネックストラップを付ければ,452:050716 ネックストラップで述べているような安定感を得られます。

またご質問があればどうぞご遠慮なく!!>Eriさん。

ピンクが好きなshioですが,なんとなくblogの色を変えてみました。

このblogの「プロフィール」へのリンクが切れていますが,現在原因を@niftyに問い合わせ中。それまではこちらをお使いください。
塩澤一洋のプロフィール
shiologyのバックナンバー

2005.08.15

471:050814 アシカに会いました

【Skypeにはヘッドフォン】
おとといのエントリーでSkypeについて書きましたが,さっそく成蹊大学のIさんから今朝,Skypeでコールをいただきました。全く普通におしゃべりできます。音質がいいので,声のニュアンスも明瞭です。すばらしい。

Skypeを利用する際,音質についてはポイントが3つあります。
ひとつは,PreferencesのAudioで,「Echo cancellation」と「Gain control」をオンにすることです。これで自分の声が二重に聞こえたりする聞きにくさがなくなります。

もうひとつは,ヘッドフォン(イヤフォン)を併用すること。もちろん内蔵スピーカーでも十分利用できますが,ヘッドフォンを使うとよりクリアに相手の声が聞こえます。たとえばiPodに付属するヘッドフォンなどをPowerBookG4やiBookG4に挿すのです。日本の携帯電話よりもずーっといい音質を堪能(?)できます。

さらに,iSightがある場合は,それを使うと,自分の声がよりクリアに相手に伝わります。iSightにはノイズ低減マイクが入っているので,声を明瞭に拾ってくれるのです。

ともかくSkype,快適です。日本でもSkypeInの電話番号が取れるようになる日が来ることを願っております。

【Half Moon Bayへ】
今日は外村さんたちとHalf Moon Bayに行きました。曇っていましたが,気持ちのいい漁港です。朝とってきたばかりの魚介類を船の漁師さんから直接買い付けることができます。今日は,sea lion(あしか)が目の前まで来て,間近に見ることができました。スライドショーはPhotoSetからどうぞ。33枚,Caplio GX8とCaplio R2Sです。

R0011639 R0011641 R0011643 R0011646 R0011647 R0011649 R0011655 R0013197 R0013198 R0013200 R0013201 R0013202 R0013203 R0013205 R0013207 R0013210 R0013212 R0013214 R0013217 R0011656 R0011658 R0011662 R0013223 R0013230 R0013233 R0011668 R0011669 R0011670 R0013241 R0013245 R0013246 R0013247 R0013251

【ディナー】
Kayさん,Gregさんたちとディナー。
さきほど買ってきた魚をお料理とプリプリのお刺身にしてくださいました。おいしい!!
スライドショーはPhotosetからどうぞ。

IMG_8134IMG_8135IMG_8136IMG_8137IMG_8138IMG_8139IMG_8140IMG_8142

仕事があるので,今日はこの辺で!!

2005.08.14

470:050813 パーティー

午前中,外村さん一家とコスコで買い出し。「会員制ホールセールクラブ」という販売形態のお店です。ものすごく広くて天井の高いところに商品が陳列されていて圧倒的。写真は撮ってはいけないとのことなので,残念ながらありません。驚いたのは,グランドピアノまで売っていたこと。それも一台や二台ではなく,ずらっとならんでいました。

午後,外村家でホームパーティー。
いろんな人々がたくさんいらっしゃいました。それにしても外村さん人脈はすごい。
みなさんがお作りになったお料理もたくさん。本当においしかった。中でもまさか,アメリカに来て打ち立てのお蕎麦を食べられるとは思っていませんでした。そば打ち歴20年だそうです。旨し!!

お料理写真をスライドショーでどうぞ。パスタを回し撮りした写真がありますが,料理の写真には回し撮りは向かないようです。一応,参考までに載せておきました。

IMG_7902

IMG_7939

IMG_7946

IMG_8120

IMG_7902 IMG_7903 IMG_7904 IMG_7905 IMG_7938 IMG_7939 IMG_7940 R0013187 IMG_7946 IMG_7947 R0013192 IMG_7954 IMG_7962 IMG_8075 IMG_8112 IMG_8116 IMG_8120 IMG_8127 IMG_8128 IMG_8129

2005.08.13

469:050812 SkypeInの電話番号を取得

本日は,外村邸で作業をする日にしました。サンフランシスコに着いてから1週間,毎日あちこち動き回っているので,体を休める必要もあります。

【iSightとiChat】
昨日のエントリーで, iSight について書こうとして,途中でした。続き。
こちらに来てからiSightは大活躍です。日本にいる人々と,顔を見ながら普通に会話できる。もちろんどんなに話しても無料。ありがたいことです。その映像もいたってなめらか。いわゆる「テレビ電話」のようにぎくしゃくしたところは全くありません。日本にいたときも普段から島田研究室とは頻繁にiSightでコミュニケーションしていたのですが,海を渡っても同じように会話ができるというのは,なんだか不思議でもあり楽しくもあります。

願わくば,iSight用のワイドコンバーターがあるといいと思います(もしかしたら探せば既にあるのかもしれませんが)。
たぶん,iSightは会話している人の顔だけを映すように,ちょっと焦点距離を長め(画角が狭め)に設計されているのです。確かに誰かと話をするたびに,部屋の中がすべて写し込まれてしまうとすると不都合もあるかもしれませんから,デフォルトの画角は狭くていいと思います。でも,「ここはこんな場所だよー」と相手に見せようとすると,結構難しい。ワイドコンバーターがあれば,それをiSightの前面に取り付けるだけで,ワイドに映し込むことができ,状況をよりよく相手に伝えることができます。

とはいえ,iSight。重宝です。
さらにiSightで話をすることができるのはiChatのおかげ。Macを買えば入っているソフトです。iChatがあるので,こちらに来てすでにshioゼミの学生数名とチャットしています。Mac同士であれば,音声で話をすることができます(iSightは不要)。

【Skype】
話をするといえば,昨晩,SkypeIn(スカイプ・イン)の番号を取りました。これで,一般の電話からshioのMacに電話をいただくことができます。もちろん,その逆,shioのMacから一般の電話に電話をすることもできます。SkypeOut(スカイプ・アウト)といいますが,世界中,どこにでも電話をかけられます。相手が日本の固定電話なら1分約2円。shioは,以前からSkypeのアカウント自体は取ってあったのですが,こんなに「使える」ものとは知りませんでした。教えてくださった外村さんに感謝です。

たとえば東京に下宿をしていて実家に電話をする学生の場合,これを使えば,1分約2円で実家の電話に電話をかけることができます。普通の固定電話や携帯から電話するより,遥かに安く上がります。そしてこれなら,「実家のお母さんはコンピュータが使えないからiChatは使えない……」とあきらめて携帯電話でかけて高い通話料を払う必要はないわけです。下宿している学生の多くはNTTの固定電話を契約していませんから,実家への長距離通話を携帯で行っていますが,とっても無駄です。Skypeを使いましょう。

Skype(スカイプ)とは一言で言うならMacやPCをIP電話にするソフトです。Skype同士であれば通話は無料。便利です。SkypeOut(Macから一般電話に電話すること)の料金表をみるとわかるように,日本にかけた場合,相手が固定電話だと1分0.0192ユーロ(つまり約2円),相手が携帯電話だと1分0.125ユーロ(だいたい15円)です。

一方,SkypeInの電話番号を取ると,一般の電話からSkypeの入ったMacやPCに電話をかけることができます。電話番号取得・利用にかかる費用は,年たったの30ユーロ(約3,000円ちょっと)。安い。ただし通話に関してはそのSkypeInの電話番号までの通話料が普通にかかります。たとえばshioのSkypeIn番号はエリアコード415で始まるサンフランシスコの電話番号ですから,日本の一般電話からこれに電話すると,普通の国際電話と同じ料金がかかってしまうのです。ですので,日本からだったら,MacやPCにSkypeを入れて,Skype同士で無料で通話するか,Mac同士であればiChatで無料で通話するかするほうがいいですね。

では,MacやPCを立ち上げてないときとかネットにつながっていないときはどうなるか。ちゃんと自動的にVoice Mail(つまり留守電)が機能します。次にSkypeを立ち上げたときに,録音されたメッセージを聞けるのです。また「はい塩澤です。ただいま外出中。。。」のような応答メッセージもブラウザから変更することができます。なんと至れり尽くせりなのでしょう。これが年30ユーロ。ありがたすぎます。

この話を日本にいる親友Sにしたら,しばらくたってチャットに呼ばれ,早速Skypeをインストールしたとのこと。通話してみましたが,とても音質がいい。太平洋をまたいでいるとは全く感じられません。隣にいるみたい。国内で普通に電話をしているのと同等以上の音質です。すばらしい。shioゼミのみんな,Macユーザーでない人も,ぜひSkype始めましょう。無料でshioと話ができますよ。

【本日のディナー】
外村さん作,めっちゃおいしいディナーでした。写っていませんが,このほかごはんは五穀米です。こちらに来てから毎日,外村さん作のディナーをいただいていますが,品数多く,どれもおいしくかつヘルシーなお料理です。本当においしい。これを1時間もかからずに作ってしまいます。すごい!!
IMG_7851
EOS 20D EF24mm F1.4

【EOS 20D ファームウェアアップデート】
EOS 20Dのファームウェア,2.0.2がリリースされましたので,アップデートしました。

2005.08.12

468:050811 家探し

毎日,やることが多くて,blogに手が回っておりません。4日分まとめて書きました。

050811─────────────────────────
スタンフォードへ。
熊本県からいらっしゃっている伊井さんと特許庁からいらっしゃっているAさんにお目にかかりました。お二人からはスタンフォードでの生活についていろいろと教えていただきました。

3人でカフェに行き,ランチ。
お料理はこんな感じ。これにドリンクが付いて6ドル程です。
味は,想像していたよりはおいしかったかな。
R0013152

そのカフェで撮った一枚。
R0013156

木に実がなっているように見えますね。
でもこれはカフェの中の電灯がガラスに映っているのです。

そのあと,賃貸物件を5軒見て帰りました。

050810─────────────────────────
スタンフォードへ。
ロースクールでお世話になるディレクターにご挨拶。
図書館でアカウントを作っていただいて,shioの席を決めていただく。ロースクールの蔵書が自分の研究室にあるようなもの。すばらしい環境です。もちろん図書館内,どこでも無線LAN完備。

学外の中華料理屋でランチ。
R0013151

また賃貸物件をいくつか見て帰りました。
車に給油しました。給油機のカードリーダーでは日本のクレジットカードは使えないので,カウンターで支払いです。

050809─────────────────────────
3:30起床。
MacPeopleから依頼されていた原稿を直して,編集者に意図などの説明文などと一緒に送る。8月末に発売される10月号に掲載予定です。iSightについて書いてます。なお,こちらに来てからiSightは大活躍しておりますが,その様子はまた明日。

そのあと,メールを書いたりしていたらいつのまにか寝てしまう。確か6:30頃までは記憶があるのですが……。
起きたら11:30。びーーっくり!!
急いでTさんに待ち合わせを30分送らせていただくメールを書いて,スタンフォードへ。12:30にTさんに会う。医学部で神経科学の研究をしていらっしゃる方です。遅れてごめんなさい!! 以下,Tさんがいろいろとご案内してくださいました。

パーキングで駐車をして大学のカフェテリアへ。
R0013131

7ドル程のヌードルスープ。味はちょっときびしめ。
R0013132

Tさんは普段はお弁当を持っていらっしゃっていて,カフェテリアなどでは召し上がらないそうです。その方が賢明です。

そのあとブックストアへ。2階に上がると,ここはアップルストアか,と思う程アップル製品が豊富に売られていました。いいなあ。
そういえば,こちらに来てから出会った人,ほぼすべてMacユーザーです。大学の中を歩いていても,人々がベンチなどに座って使っているコンピュータはみーーんなMac。やっぱり,違いがわかる人々はMacです。

そして,大学中どこでも無線LANが通じます。こうでなくっちゃ。成蹊大学はいつこうなるかなあ。学生側からのニーズがあれば変わってゆくはず。ニーズのないところに投資しても無駄ですからね。学生のみなさん,必要なら声を上げましょう。

ブックセンターで大学の大きな地図を買ってから車でスーパーへ。
Nijiyaという日本食スーパーには,驚く程なんでもありますよ。もちろん,価格はちょっと高いですが。

たとえばこんな感じ。
R0013134R0013135R0013137R0013136

そのあと,Tさんのお宅にお邪魔。スタンフォードから歩いても行ける距離にあるきれいなアパートメントです。
R0013138

物件を何件か見てから帰りました。
フリーウェイはこんな感じ。
R0013146

片側4車線か5車線です。
この程度の車の数だと,クルーズコントロールは大いに役立ちます。時速65mileにセットしたら,あとはペダルを踏む必要なし。サンフランシスコまで約30分です。

050808─────────────────────────
午前中は外村邸で作業。
ランチはまた外村さんがパスタを作ってくださいました。カニのパスタです。外村さんはカニに関しても語る,語る。本当に何でもよくご存知です。

午後は,銀行に行ってchecking accountを作りました。これでcheck(小切手)を切れます。話の成り行きで,この銀行の支店長さんが慶應義塾大学のOBであることが判明し,支店長のデスクに行ってカンボジアなどボランティアのことその他,話し込んでしまいました。

その後,物件を数件見て,中古車屋さんで有名な販売員と車を見て帰りました。

2005.08.08

467:050807 レンタカーで

昨晩は,外村さんと朝の5時まで語ってしまいました。話せば話す程面白い方です。深い。引き出しがたくさん。shioの話もきちんと聞いて理解してくださる。ステキな方に出会えて幸せです。

さて,shioが起きたら11:45でした。Mさんが起こしてくださいました。Thank you!!

今日はレンタカーを借りに。
Thriftyという会社のレンタカー。ミドルクラスの車を1週間で132ドルという安値で貸してくれるキャンペーンを昨晩,外村さんが発見し,予約を入れてくださったのでした。感謝!!

カウンターに行くと,10人程ならんでいる。30分程待ちました。
無事に借りて車をとりに行くと,DodgeのStratusという車でした。なかなかかっこいい。乗ってみるといい感じです。これから1週間の相棒です。

いったん帰宅してから,南の町,Sunnyvaleまで45分程のドライブ。
クルーズコントロールも付いているので,ちょっと使ってみましたが,車が多いのですぐに設定を変えたりする必要があり,この程度の交通量だとあまり便利ではないようです。

GregさんKayさんのお宅。お庭においしそうなトマトなどが実っています。すてき。
みなさんが食事の準備をしてくださっている間に,3軒程,家を見て回りましたが,いずれも今ひとつでした。もどって,すばらしいディナーをいただきました。ラムが絶品。そのほか,アボガドなどのお野菜も絶品。来る前,いろんな人に食事がおいしくないと脅されたけれど,全くそんなことはありません。とってもとってもおいしいです。ごちそうさまでした!!

Gregさんもあとから参加したSさんも,そしてもちろん外村さんもApple関係者。古いMacのコアなお話をたっぷり。奥さまからは「otacky」と笑われながらも,みんな真剣。Macな話題はつきないのでした。

お礼に,ヴァイオリンとフルートとリコーダーを演奏させていただきました。子どもたちが知っているアニメの曲などです。S君はヴァイオリンを聞くのは初めてとのこと。プロの人の演奏はもっともっとステキですよー。とはいえshioの演奏であっても,少しでも楽器に興味を持ってくれたらうれしいです。音楽を奏でるのは楽しいし,とても豊かなexpressionですから。

GregさんにPowerBookG4のインナーケースとiSightをPowerBookG4に付けるアダプタをいただきました。ありがたく使わせていただきます。

スライドショーはこちら

IMG_7718 IMG_7758 IMG_7759 IMG_7761 IMG_7762 IMG_7764 IMG_7766 IMG_7769 IMG_7788 IMG_7789 IMG_7790 IMG_7791 IMG_7793 IMG_7795 IMG_7796 IMG_7797 IMG_7798

本日の走行距離,150kmほど。
このあたりの道は走りやすいです。概してマナーもいいです。

やっとblogが実生活に追いつきました。ふー。

466:050806 Stanfordへ

9時起床。
あちこち電話したり手続したり,ネットで家探し。
夕方からいくつか家を見に連れて行っていただきました。とちゅうStanfordに立ち寄ってちょっとお散歩。スライドショーはこちら

R0013028

R0013012 R0013028 R0013029 R0013032 R0013033 R0013034 R0013035 R0013037 R0013084 R0013087 R0013088 R0013090

夜は,韓国料理。すごくおいしい!!
そのあと,Aさんのお宅にお邪魔して,ステキなお宅拝見。
書きたいことはたくさんあれど,やることもたくさんあるので,この辺で。

2005.08.07

465:050805 長ーい一日

さて朝8時にパッキングが終わって研究室へ。
計算をしたり書類を作成したり,事務作業をバリバリこなす。9時にそれを事務に提出して,別の事務にて今後の進行を打ち合わせてからいろんな方々に挨拶をして帰宅。

忘れ物をして,また研究室に戻り,荷物をまとめて出発。
親友Sが手伝いに来てくれて,成田まで同行してくれました。彼がいなかったらこの荷物は運べなかったので,本当にありがたい!!。

2時間半で成田。
すぐにチェックイン。スーツケースは1個32kgまでOKなのですが,shioのスーツケースは27kgと24kgで全く問題なし。これならもっと入れてきてもよかったなあ。

ランチ,銀行,本屋,スタバでtime up。
出国審査に入るところで携帯を妻に渡そうとしたらメールを受信。最後のメールだから見てからにしようと思って待っていると,それは一昨日お目にかかった外村さんからのメール。サンフランシスコで迎えにいらしてくださるとのこと。本当にありがたいです。便名などを知らせる返信を打ってから,妻に携帯を渡し,出国者の荷物検査へ。Macやカメラやハードディスクがごっそり入った機内持ち込みバッグを係員が開けて,すべてを取り出してトレーに乗せ,ひとつひとつスキャンしました。これで本当に安全が確保されるのであれば仕方がないけれど,非常に時間がかかったため,搭乗したのはほぼ最後の方でした。

さて,shioのウォッチは右側のボタンを2個同時に押すとサブ表示されている地域の時間がメインの時針が示す時間と入れ替わる機能を持っています(シチズンのサイトにリンクを張ろうと思ったら,どうやらすでに商品ラインナップから姿を消してしまったようです)。まずサブのデジタル表示にサンフランシスコがある西海岸時間を表示させてから右側のボタンを2個同時に押すと,日本時間を指していたメインの短針が周り,メインにサンフランシスコ時間,サブに東京時間に入れ替わるのです。

飛行機に乗って最初にやる作業はこれ。
搭乗したのが15:50頃。自分の座席までゆっくり進んでから荷物を棚に入れたりして,ようやく席に着いたら16:00頃。そこで2個のボタンを同時に押すとメインの短針は0時を指しました。つまり,東京の5日16時はサンフランシスコの5日午前0時なのです。なんだか双六で「振り出しに戻る」に駒を進めたような気分でした。

そんなわけで,時差の換算は,日本時間から16時間引き算するとサンフランシスコです。それだと計算しにくいので,日本時間に8時間足して1日戻す方がわかりやすいかもしれません。ただし今はこちらはサマータイムなので,本来は17時間差です。

MacOS X 10.4 Tigerを使っている人は,Dashboardの時計を複数表示させることができますから,ひとつは東京時間,もうひとつをサンフランシスコ時間にしておけば,マウスを右上の角などに持ってゆくと瞬時に両方の時間が表示されるようにすることができます。
(以下,時刻の表記はサンフランシスコの時刻です。)

さて,最初の機内食を食べて,となりの韓国人と話をしました。神学を専攻する院生でした。彼の修士論文のテーマなどについて話しました。が,自己はすでに午前4時。睡魔に襲われまくり。4日の朝6時に起きてから,38時間起き続けているのだから無理もありません。

目覚めたら8:30でした。
周囲は朝食を終えた様子。4時間ちょっと寝ることができました。
ほどなく着陸態勢。
窓際の席ではなかったので,1枚だけ写真を撮りました。Bay Bridgeです。

R0012955

サンフランシスコの空港には予定よりちょっと遅れて9:50頃到着。入管では中国系の係員にいろんなことを聞かれました。何を研究するのかとか,「Seikei」は漢字でどう書くのかとか。でも最後に「いい研究ができるといいね」と声をかけてくださる,いい人でした。

さて,税関も通って外に出て,ようやく一安心。
次は外村さんを捜す。10分程うろうろしていたら,見つけました。本当にいらしてくださって感謝感激です。15分程で外村さんのお宅に到着。サンフランシスコ市内なのですが,軽井沢の別荘よりも快適なロケーションです。窓の外のデッキから見渡す景色は,はるかかなたまで自然の樹木。すばらしいお宅です。

外村さんがパスタをゆでてくださって,サンフランシスコ最初のお食事をそのデッキで心地よくいただきました。

R0012956

そのあと,外村さんから貴重な情報を山のように伝授していただきました。お互いにPowerBookG4を開き,無線LANに接続し,iChatのBonjourでURLを送っていただいたりしながら,さまざまなサイトを見たりしながら話をしました。とても効率的。

それから市内にあるスタンフォードの先生のお宅へ。
360度絶景を望む抜群のお部屋です。日本の美術品がたくさん飾ってあり,和室まであって,すばらしいギャラリーでした。

R0012972R0012971R0012970R0012969

R0012957R0012960R0012963R0012965R0012975R0012977R0012980R0012984R0012985R0012988R0012992R0013011

外村邸に帰宅。
お鍋料理を囲んでほくほく夕食を食べました。そう。こちらはお鍋料理を食べるような陽気なのですよ。昼までも18度。夜は冷え込みます。

夕食後,外村さんの誕生日を祝って,ヴァイオリンでHappy Birthday。心ばかりのプレゼントをお渡ししました。よい1年になりますように。

464:050804 shioゼミパーティー

研究室で仕事。
しかし,来客多数。メールでの問い合わせなど多数。電話での問い合わせなど多数。iChatのビデオチャットでMacの設定指導など。一日中,ひたすら様々な人々から話しかけていただいて,応対し続けておりました。shioにコンタクトを取ってくれる人がこんなにいることが,本当にうれしいです。

15時から10号館12階のホールでshioゼミ。でも上記の対応に追われていて,当初は学生たちだけで議論をしていてもらいました。議論が収束しそうな頃に連絡をもらってshioも参加し,議論の流れを聞いてからコメントしました。

18:00から12階のホールでパーティー。
50人程が大集合。うれしいです。OB,OGも続々駆けつけてくれて,地方にいるOBは電話をくれて,もう大にぎわいでした。
みんな,本当にどうもありがとうございました。

みなさんからいただいたネクタイとタイピン。落ち着いた黄色で柄もかわいくて,とっても気に入りました。ありがたく使わせていただきます。そしてみんなが書いてくれた色紙の美しいこと。気持ちのこもったたくさんのことばをありがとう!! また,それぞれ個人的にくださったものも本当にうれしいです。すべてに感謝,どうもありがとうございました。

今日もたくさん回し撮り。掲載していいという学生たちの写真だけアップしました。ぜひ下記の写真をクリックして拡大してご覧ください。回し撮りの面白さをお伝えしたいです。スライドショーはこちら

R0012886 R0012890 R0012895 R0012897 R0012906

花束もすごくゴージャス。

R0012908

終了後もみんなでおしゃべりをしてとても名残惜しかったのですが,最後は正門でみんなと別れました。そのあと,TとIが一緒に研究室まで戻ってくれて,片付けを手伝ってくれ,家まで荷物を運んでくれました。どうもありがとう!!
それからいろんなことをやりつつ荷物作り。ようやくパッキングが終わったのは5日の朝8時。全然寝ていません。続きは明日のエントリーで。

463:050803 nobiさんつながり

昼間,あちこち動き回ってから,夜はnobiさんのお声がけで9人のfrontierな方々が集まるmeetingに参加させていただきました。現実と未来をつなぐ話題が満載で,とても楽しいmeetingでした。呼んでくださったnobiさんに心から感謝申し上げます。nobiさんの人脈はすばらしい!!

さて,そこで初めてお目にかかった外村(ほかむら)さんには,その後,多大なお世話になることになります。nobiさんから外村さんをご紹介いただいて30秒後,shioが5日からサンフランシスコに行くことを申し伝えると,「それならうちに泊まればいいじゃない」とおっしゃってくださいました。出会った直後にこんなお申し出をいただけるなんて,本当にありがたいです。感謝感謝です。

(nobiさんも外村さんも実名OKだとのことなので,実名に変更しました。)

2005.08.03

462:050802 青柳勧さん来訪!!

朝からあちこちへ。
途中,Kから電話。「物撮り(ブツドリ)」に必要な機材と方法を伝授。

【青柳勧さん来訪】
お昼,青柳勧さん来訪。
イタリア,セリエA水球チームで日本人初かつ唯一の選手です。「Road to Professional : Visual Waterpolo Manual」という水球マニュアルDVDの制作者です。以前,その制作にあたってshioがちょっとだけ,本当にほんのちょっとだけ,ヘルプをさせていただいたところ,今回,一時帰国なさったおりにわざわざshioに会いにいらしてくださいました。

研究室に入っていらした彼は,圧倒的な存在感。とてもカッコいい人です。成蹊大学水球部主将のKとともにいろいろとお話しした後,大学近くのイタリアンで遅めのランチをともにしつつ,教育などについて語りました。そのあと,14:30から成蹊大学と成蹊高校の水球部の指導をしてくださいましたので,shioもちょっと顔を出し,写真を撮らせていただきました。基礎的な練習のバラエティーが非常に豊富。それぞれの動きにおいて,意識を集中すべき点を的確に伝えてくださる。やっぱり「極めている人」は核心が見えているなあ,と感じさせられました。

すべてCaplio GX8で210枚撮影したうちの9枚です。掲載の許可はいただいております。もっといろんなカッコいい写真があるのですが,学生たちがたくさん写っているので,掲載は控えさせていただきました。ご本人と学生にはCD-Rに焼いてお渡ししてあります。スライドショーはこちらからどうぞ

R0012599 R0012704 R0012809 R0012802

R0012750 R0012751 R0012752 R0012753

考えていること,なさっていること,とても魅力的です。カッコいい人です。
お忙しい中いらしてくださって,どうもありがとうございました。

R0012759

【PowerBookG4到着】
先週,shioが不在の間にアップルからPowerBookG4(15インチ・1GB・100GB)が届いていました。今日はそれを開封し,現在使っているPowerBookG4からデータを移行。とっても簡単です。データの移行に全く手がかからないのもMacの魅力のひとつです。ありがたいことです。

トラックパッドでスクロールできるのはいいです。もうやみつき。
右手の人差し指と中指の2本でスクロールするのもいいけれど,キーボードを打ちながらスクロールする場合は,手をホームポジションにおいたまま,左右の親指でスクロールするのがいい塩梅です。

【広角】
shioが不在の間に, erina がCaplio GX8購入。彼女のblogで日々公開されている写真を見るにつけ,erinaには広角が合っているなあと感じます。28mmも22mmもつかいこなしてます。買ってよかったね。彼女のコメントにあるように,広角,まさに世界が広がります。

2005.08.02

461:050801 野尻小学生キャンプ

7月26日から8月1日まで,小学生72名とともに長野県野尻湖畔にある東京YMCAのキャンプ場へ。いわゆるヴォランティアです。毎年行われてきた野尻小学生キャンプも今年で第10回。申込開始から1時間で定員に達する超人気キャンプです。実際キャンプの雰囲気はとてもいいし,スタッフもみんな子どもたちに愛情いっぱいで接します。shioは,楽器を弾いたりヨットやアーチェリーを教えたりと役割はたくさんあるのですが,最も重要なのは写真を撮ること。7日間で3,389枚撮影しました。すべてCD-Rに焼いて,参加者のうち希望者に配布します。

人物が写っていない自然写真だけピックアップしてアップしました。スライドショーはこちらからどうぞ。

NP101245 NP102006 NP102057

NP102089 NP102156 NP102256

NP102340 NP102342 NP102345

NP102454 NP102463 NP102465

NP102466 NP103062 NP103074

NP103237 NP103238 NP103242

NP103274 NP103322 NP103345

NP103357 NP103358 NP103379

NP103380 NP104072 NP106061

050726:キャンプ1日目________________________________________
台風接近の中,バス2台でキャンプ場へ。
幸い,そんなに雨に降られることなく到着。
本日の撮影枚数480枚。内訳は,
・EOS 20D EF24mm F1.4:243枚
・Caplio GX8:81枚
・Caplio R2S:156枚

050727:キャンプ2日目________________________________________
本日の撮影枚数643枚。内訳は,
・EOS 20D EF24mm F1.4:397枚
・Caplio GX8:246枚

屋外に両方のカメラを持ち出すのですが,ほとんどはCaplio GX8で撮影しています。部屋に戻ってMacに写真を取り込んで見てみても,Caplio GX8で撮影した写真はEOS 20Dで撮影した写真に比べて遜色がないどころか,Caplio GX8の写真の方がいいとさえ感じるものも少なくありません。

050728:キャンプ3日目________________________________________
本日の撮影枚数443枚。内訳は,
・EOS 20D EF24mm F1.4:149枚
・Caplio GX8:120枚
・Caplio R2S:174枚

昼間の屋外の写真はすべてCaplio。リコーのコンパクトカメラCaplioでの撮影枚数が一眼レフのそれを超えた記念すべき日です。

shioがデジタルカメラを使い始めたのは1995年カシオQV-10から。当時,面白さとワクワク感は大きかったのですが,画質はとても「写真」と呼べるものではなくメモや遊びで撮影する程度でした。2001年の6月までは「写真」は相変わらずフィルムで撮影していました。

それが2001年のEOS D30(一眼レフ)の導入で一変し,すべての撮影がデジタルになりました。しかし画質的にも操作性の面でも使い物になるデジタルカメラは一眼レフだけという状況が続きました。毎年複数台のコンパクトデジタルカメラを使って来ましたが,「ちゃんと撮る」ときには必ず一眼レフを使っていました。フィルムの時代だったら,リコーの名機GR-1というコンパクトカメラが一台あれば「ちゃんと撮る」ことができたのですが,それに匹敵するコンパクトなデジタルカメラは存在しなかったのです。毎年このキャンプ1週間で2000枚以上の写真を撮影していますが,昨年まではほぼすべてを一眼レフで撮っていました。

しかし今年になって相次いで発売されたCaplio R2S(2月)とCaplio GX8(5月)は,かなりいい感じ。昨日,Caplioと一眼レフとを併用してみたところ,少なくとも屋外の写真においては一眼レフの必要を全く感じなくなりました。屋内であっても撮り方次第ではCaplioで十分な写真が得られます。そこで今日はCaplio GX8かCaplio R2Sのいずれかのみを持って外に出るようになりました。撮った写真を見ても十分にきれいです。コンパクトなデジタルカメラが世に出てから約10年を経て,ようやくコンパクトデジタルカメラだけで安心して撮れる時代になりました。ありがたいことです。

その上,Caplio R2SもCaplio GX8も28mmの広角で撮れます。一眼レフで28mmに相当する画角を得ようとすると17.5mmという超広角レンズが必要になりますが,たとえばキヤノンの16mmレンズは30万円以上しますから,全く現実的ではありません。さらにCaplio GX8に22mmの純正ワイドコンバーターを付けると,とてもスバラシイ世界が撮れます。もし一眼レフで22mm相当の画角を得ようとしたら,13.75mmというとんでもない超ワイドレンズが必要になりますが,そんな単焦点レンズは売られていません(ズームレンズでは存在します)ので,そのコンパクトさと相まってCaplio GX8の独壇場です。

本日のCaplio GX8の写真はほぼすべて22mmのワイコンを付けっぱなしにして撮りました。

050729:キャンプ4日目________________________________________
本日の撮影枚数520枚。内訳は,
・EOS 20D EF24mm F1.4:204枚
・Caplio GX8:122枚
・Caplio R2S:194枚

夜,キャンプファイヤーの写真は真っ暗な中での撮影です。肉眼では子どもたちの顔が判別できますが,カメラのモニタは真っ黒で何もわかりません。でもCaplio GX8はちゃんとピントが合います。それがすごい。そしてフラッシュをたいてきっちり写ります。他のコンパクトデジタルカメラだとピントは合いません。ピントが合わないから撮影することができません。また一眼レフでもAF補助光が光ってしまい,キャンプファイヤーの撮影には不向きです。

本日もCaplioでの撮影枚数が一眼レフを超えました。昼間の屋外での撮影には,もはや一眼レフの必要を全く感じなくなっています。それどころか,動き回る子どもたちを撮影するのに,一眼レフよりも軽快なコンパクトデジタルカメラの方が機動的で,ファインダを覗かなくてもいい分,自由なアングルで撮影することができます。Caplio R2SとCaplio GX8は本当にいいカメラです。なお,キャンプファイヤーの写真以外,Caplio GX8はすべて22mmのワイコンを付けて撮影しています。

本日まで4日間でトータル2086枚撮影しました。
長年キャンプの写真を撮影していますが,4日目で2000枚を超えたのは初めてです。これもCaplio効果でしょう。

050730:キャンプ5日目________________________________________
本日の撮影枚数520枚。内訳は,
・EOS 20D EF24mm F1.4:358枚
・Caplio GX8:3枚
・Caplio R2S:237枚

午後,激しい雷雨。自然はすばらしい。
夜もまた雨。

050731:キャンプ6日目________________________________________
本日の撮影枚数722枚。内訳は,
・EOS 20D EF24mm F1.4:383枚
・Caplio GX8:75枚
・Caplio R2S:264枚

トータル3166枚になりました。

050801:キャンプ7日目________________________________________
本日の撮影枚数223枚。
帰京。

460:050725 串揚げ

12時〜14時:知財信託の研究会
面白い議論でした。

秋葉原によって買い物。
・SDメモリカード:1GBで1万円を切りました(9,730円)。
・SDカードケース:先日購入した電子辞書のコンテンツカードを収納するためです。これで安心してコンテンツカードを持ち運べます。

ヨドバシカメラによって買い物。
・CFメモリカード(SanDisk, 2GB):先日購入したR-1に使います。このR-1,利用可能なメモリカードがシビアなようなので,R-1のサイトで動作確認が公表されているものを使うほうがよいようです。27,800円。
・充電器セット

このR-1についてTさんからコメントをいただきました。どうもありがとうございました。先日お話をしたときに,shioが講義をデジタルカメラで録音していると申し上げたら即座に「音質はどうですか」とお聞きになっていた理由がよくわかりました。実際,研究会などでコの字型,ロの字型に座っている場合に,ステレオマイクで音場定位が明確だと臨場感があり,発言者が誰だかがわかりやすくなります。その点,このR-1はうってつけですね。

学生たちと夕食。
セルフサービスの串揚げ屋さん。みんなで楽しく揚げながら食べました。そのあとは例によってスタバ。スタンプカードを使いきりました。

23時半,研究室に戻って仕事。
帰宅しても原稿を書いておりました。

459:050724 RHODIA No. 14

急いで出かけたら,メモ帳とペンを忘れた。
そこでRHODIA No. 14と4色ボールペンを購入。
RHODIAのページを切り取る感触がいい。構造といいミシン目の位置といい,とても上手く作られています。世界中で長く愛用されているだけありますね。以前は縦横の罫線が濃すぎると感じたけれど,慣れればいいと思い直しました。

午後,東大(先端研)にて講義。
2時間の予定でしたが,質疑応答などもあり,3時間に及びました。
shio的な双方向講義を初めて受ける人々は,最初,なかなか発言してくださいません。それでもshioは一切あてることをせず,彼らに問いかけて行きます。するとやがて徐々に発言が出てきます。35条に「授業を受ける者」が挿入されたことからもわかるように,クラスは学生たちの関与,寄与,貢献,コントリビューションによって成り立つものです。決して教師が「授ける」ものではありませんし,「義を講ずる」ものでもありません。

夕方,法学部の先生方18名でディナー。
大変にぎやかな会でした。ハッピーです。

458:050722 民法2前期試験

1限:試験監督
2限:試験監督
Iさん,Iさんとランチ。
3限:試験監督。民法2の試験です。履修者343名中329名受験。shioが監督した教室では,受験者176名全員が試験時間終了まで解答していました。例年のことですが,途中で提出して退室する学生はいませんでした。みなさん,利き手が疲れたでしょう。おつかれさまでした。shioはこれから採点です。

事務の各部署をあちこち走り回る。やること多すぎ。

夕方から,10人でディナー。土佐料理。おいしかった!!

457:050721 電子辞書はSII製が好き

朝,事務作業。
2限:試験監督

E先生とランチ。

3限:試験監督

ブックセンターで書籍購入。

4限:試験監督

ブックセンターで電子辞書購入。こんどの電子辞書はセイコーインスツルメンツ(SII)製SR-9200。29,800円でした。2年前に購入したSIIの電子辞書には英英辞典がLearners用しか入っておらず,実質的には英英は入っていないのと同じだったのです。一方今回は,COD(Concise Oxford English Dictionary)が入っており,以前から入っていたConcise Oxford English Thesaurusとあいまってようやく使える英英になりました。

今回はさらにコンテンツカードをプラスすることができるのが新しい。これを使うと,フランス語,ドイツ語,スペイン語,中国語,イタリア語,韓国語(ただしイタリア語か韓国語はいずれかひとつ)もひけて音声も聞けるマルチな電子辞書になります。便利!!

S来訪。
T先生来訪。LexisNexisについて。A先生にもいらしていただいて研究。
民法2を受講しているK他4人の学生が来訪。第三者のためにする契約について質問に答える。

Yさん,Kさんと夕食。

« July 2005 | Main | September 2005 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください