« 464:050804 shioゼミパーティー | Main | 466:050806 Stanfordへ »

2005.08.07

465:050805 長ーい一日

さて朝8時にパッキングが終わって研究室へ。
計算をしたり書類を作成したり,事務作業をバリバリこなす。9時にそれを事務に提出して,別の事務にて今後の進行を打ち合わせてからいろんな方々に挨拶をして帰宅。

忘れ物をして,また研究室に戻り,荷物をまとめて出発。
親友Sが手伝いに来てくれて,成田まで同行してくれました。彼がいなかったらこの荷物は運べなかったので,本当にありがたい!!。

2時間半で成田。
すぐにチェックイン。スーツケースは1個32kgまでOKなのですが,shioのスーツケースは27kgと24kgで全く問題なし。これならもっと入れてきてもよかったなあ。

ランチ,銀行,本屋,スタバでtime up。
出国審査に入るところで携帯を妻に渡そうとしたらメールを受信。最後のメールだから見てからにしようと思って待っていると,それは一昨日お目にかかった外村さんからのメール。サンフランシスコで迎えにいらしてくださるとのこと。本当にありがたいです。便名などを知らせる返信を打ってから,妻に携帯を渡し,出国者の荷物検査へ。Macやカメラやハードディスクがごっそり入った機内持ち込みバッグを係員が開けて,すべてを取り出してトレーに乗せ,ひとつひとつスキャンしました。これで本当に安全が確保されるのであれば仕方がないけれど,非常に時間がかかったため,搭乗したのはほぼ最後の方でした。

さて,shioのウォッチは右側のボタンを2個同時に押すとサブ表示されている地域の時間がメインの時針が示す時間と入れ替わる機能を持っています(シチズンのサイトにリンクを張ろうと思ったら,どうやらすでに商品ラインナップから姿を消してしまったようです)。まずサブのデジタル表示にサンフランシスコがある西海岸時間を表示させてから右側のボタンを2個同時に押すと,日本時間を指していたメインの短針が周り,メインにサンフランシスコ時間,サブに東京時間に入れ替わるのです。

飛行機に乗って最初にやる作業はこれ。
搭乗したのが15:50頃。自分の座席までゆっくり進んでから荷物を棚に入れたりして,ようやく席に着いたら16:00頃。そこで2個のボタンを同時に押すとメインの短針は0時を指しました。つまり,東京の5日16時はサンフランシスコの5日午前0時なのです。なんだか双六で「振り出しに戻る」に駒を進めたような気分でした。

そんなわけで,時差の換算は,日本時間から16時間引き算するとサンフランシスコです。それだと計算しにくいので,日本時間に8時間足して1日戻す方がわかりやすいかもしれません。ただし今はこちらはサマータイムなので,本来は17時間差です。

MacOS X 10.4 Tigerを使っている人は,Dashboardの時計を複数表示させることができますから,ひとつは東京時間,もうひとつをサンフランシスコ時間にしておけば,マウスを右上の角などに持ってゆくと瞬時に両方の時間が表示されるようにすることができます。
(以下,時刻の表記はサンフランシスコの時刻です。)

さて,最初の機内食を食べて,となりの韓国人と話をしました。神学を専攻する院生でした。彼の修士論文のテーマなどについて話しました。が,自己はすでに午前4時。睡魔に襲われまくり。4日の朝6時に起きてから,38時間起き続けているのだから無理もありません。

目覚めたら8:30でした。
周囲は朝食を終えた様子。4時間ちょっと寝ることができました。
ほどなく着陸態勢。
窓際の席ではなかったので,1枚だけ写真を撮りました。Bay Bridgeです。

R0012955

サンフランシスコの空港には予定よりちょっと遅れて9:50頃到着。入管では中国系の係員にいろんなことを聞かれました。何を研究するのかとか,「Seikei」は漢字でどう書くのかとか。でも最後に「いい研究ができるといいね」と声をかけてくださる,いい人でした。

さて,税関も通って外に出て,ようやく一安心。
次は外村さんを捜す。10分程うろうろしていたら,見つけました。本当にいらしてくださって感謝感激です。15分程で外村さんのお宅に到着。サンフランシスコ市内なのですが,軽井沢の別荘よりも快適なロケーションです。窓の外のデッキから見渡す景色は,はるかかなたまで自然の樹木。すばらしいお宅です。

外村さんがパスタをゆでてくださって,サンフランシスコ最初のお食事をそのデッキで心地よくいただきました。

R0012956

そのあと,外村さんから貴重な情報を山のように伝授していただきました。お互いにPowerBookG4を開き,無線LANに接続し,iChatのBonjourでURLを送っていただいたりしながら,さまざまなサイトを見たりしながら話をしました。とても効率的。

それから市内にあるスタンフォードの先生のお宅へ。
360度絶景を望む抜群のお部屋です。日本の美術品がたくさん飾ってあり,和室まであって,すばらしいギャラリーでした。

R0012972R0012971R0012970R0012969

R0012957R0012960R0012963R0012965R0012975R0012977R0012980R0012984R0012985R0012988R0012992R0013011

外村邸に帰宅。
お鍋料理を囲んでほくほく夕食を食べました。そう。こちらはお鍋料理を食べるような陽気なのですよ。昼までも18度。夜は冷え込みます。

夕食後,外村さんの誕生日を祝って,ヴァイオリンでHappy Birthday。心ばかりのプレゼントをお渡ししました。よい1年になりますように。

« 464:050804 shioゼミパーティー | Main | 466:050806 Stanfordへ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

こんにちは、エジンバラにいる大原です。塩澤先生、長旅おつかれさまです。サンフランシスコに行ったことはないので写真を拝見して、近代的な町なんだな、と自分のいるエジンバラとぜんぜん違うな、と思いました。天気がよさそうなので町全体が明るそうでいいですね。これからスタンフォードの様子など、どんな写真がアメリカから掲載されるのか楽しみにしています。私は時差ぼけに弱いのですが、先生も体調におきよつけ下さい。それでは

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 465:050805 長ーい一日:

« 464:050804 shioゼミパーティー | Main | 466:050806 Stanfordへ »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください