« 445:050709 Caplio R2,いい感じ | Main | 447:050711 教室で回し撮り »

2005.07.11

446:050710 ハウルの動く城・大サーカス展

R0010118 R0011467 R0010119 R0010121

IMG_5534 R0011476 R0011482 R0010133

R0010137 R0010140 R0010141 R0010142

R0011492 R0011495 R0010147 R0010154

今日は久しぶりのオフ。
東京都現代美術館で行われている「ハウルの動く城・大サーカス展」へ行く。展示の中に友人が制作に関わったものがあるとのことだし,ハウルといえばNさんも演奏している。そして清澄白河といえばTさんからいつも地名をうかがっていたので,行ってみることにしました。そのあと,ほおずき市が行われている浅草寺へ。

写真。
205枚撮影したうちの16枚です。スライドショーはこちら
1〜4枚目は清澄白河駅から美術館までの道々撮影。すべてCaplio R2Sです。
5〜7枚目は美術館内の展示。写真撮影OKなのがうれしい。5, 6枚目がEOS 20D EF24mm F1.4,7枚目はCaplio GX8です。
8〜16枚目は浅草。13,14枚目はCaplio GX8,それ以外はCaplio R2Sです。

Caplio R2S,よく写ります。風情のある写りをします。残念なのはCaplio R2Sのモニタではそれがあまりよくわからないこと。帰宅してMacに吸い上げてみて「おぉ,いい感じ。」という次第。shioはリコーのカメラが好きなので,次はぜひともモニタの品質を上げていただきたいと思います。23万画素クラスのモニタになれば申し分ないでしょう。

コンパクトデジタルカメラには光学ファインダは不要。しかしその代わり,よく映る高品質なモニタが必要です。モニタはファインダ以上の役割をするわけですから,ファインダ以上に見え方が大切。

現在のCaplio R2Sのモニタだと,撮影後に写真を確認した際,「ピンボケかな?」「ブレたかな?」などと思ってしまいます。拡大してもよくわからない。Caplio GX8は1.8インチながら13万画素。一方Caplio R2Sは2.5インチなのに11.4万画素。この逆転現象は残念です。それ以外はCaplio R2Sはいい。とくにシャッターボタンの押し心地がいい。こういうところ,大切です。限られた予算に収まるように開発するわけだから,そうそうこだわってばかりいられないのでしょうが,見るところ,触るところといった,ユーザとの直接のインターフェイスにあたる部分はできるかぎりクオリティの高いものにしていただきたいと思います。

« 445:050709 Caplio R2,いい感じ | Main | 447:050711 教室で回し撮り »

Photography」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/4918169

Listed below are links to weblogs that reference 446:050710 ハウルの動く城・大サーカス展:

« 445:050709 Caplio R2,いい感じ | Main | 447:050711 教室で回し撮り »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください