« 414:050605 Caplio GX8でフィルムを複写 | Main | 416:050607 shio流ボタンの外し方 »

2005.06.06

415:050606 露出実験

朝、銀座へ。
鞄屋の老舗へ。shioが愛用しているダレスバッグの取っ手をつなぐ金具が切れたからです。こんな金具が切れることもあるのですね。金属疲労でしょうか。勤続披露でしょうか。ちょうど5年使いました。そろそろそういう故障が起きても仕方がない頃です。

5分ほど時間に余裕があったのでOGのHに会えるかなと思ってよってみたけれども会えず。残念。

12時〜14時:弁理士会で研究会。

1GBのSDメモリカードを買いにヨドバシカメラへ。
でもパナソニックの20MB/sは品切れ。SofmapもBICカメラも品切れ。
また、トランセンドの12MB/sはどこも取り扱いなし。なぜ?
しかたがないので帰ってから通販で買うことにします。

さて昨日Caplio GX8でフィルム撮影することを書きましたがその続き。
実は昨日撮ったものを眺めてみると中心部分以外のピントが甘かったりします。昨日はデジタルカメラで複写できること自体が面白くて、オートのまま撮っていたのです。そこでマニュアルモードを使って試行錯誤しながら35枚ほど撮影してみました。

まず絞り。
F8.1まで絞るのが一番きれいです。shioはいままでどんなカメラ、どんなレンズでも、絞り込んで撮影するということを一切しませんでした。できる限り開放か、あるいか開放近くで撮っています。ピントはできるだけ薄い方が好き。しかし今回はフィルムの複写という特殊な撮影ですから、ある程度絞る必要があります。ただし絞り込みすぎると回析現象(絞り羽の突端で光が回り込んで折れることによって画質が劣化する現象)が生ずるため、F4.7にするかF8.1まで絞り込むかいろいろと試してみましたが、やはりF8.1まで絞り込むのが最もいい結果を生むようです。

シャッタースピード。
マニュアルで1/2、1/3、……などいろいろとやってみましたが、これはやはりフィルムの内容によって異なる。もちろんライトボックスの個性によっても異なるでしょう。したがって、結論としてはAUTOでフィルムごとに露出補正するのがいいようです。光源に接近して撮影しているため、基本的にちょっとマイナス補正をかける方が、細部の光のにじみが減ります。

ホワイトバランス。
これが一番大切。最初、蛍光灯モードにするのがいいのかと思って試してみましたが、どうやらそうではないようです。これもライトボックスの個性に依存するものではありますが、まだ上手い合わせ方が見つかりません。いまのところマニュアルで合わせていますが、どなたかいいアイディアをお持ちの方は是非ご教示ください。

ISO感度。
これはISO64で決まりです。

こんな具合に最適化をして行った結果、昨日とは比べ物にならないほど原版への忠実度の高い複写ができるようになりました。どうやってもフィルムの色味を完全に再現するには至りませんが、かなり近づけることはできました。下記の7枚の写真、ぜひクリックして拡大して見てみてください。とくに最後の1枚は、フィルムを複写したとは思えないほど美しくなったと思います。また、スライドショーで見ると、画質が徐々に変わってゆくのがよくわかります。

R0010539 R0010540 R0010541

R0010544 R0010545 R0010546

R0010550

« 414:050605 Caplio GX8でフィルムを複写 | Main | 416:050607 shio流ボタンの外し方 »

Photography」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Tです。私のちょっとしたひとりごとを、こんなに深めていただいてありがとう
ございました。
これほどまでに追求できるものなのか、と感服いたしております。私も今度さら
なる画質に挑戦してみます。

ところで、パナの1GBのSDカードですが、品薄であるようです。新宿ではさくら
や西口店(ビックカメラ向かい)、有楽町ビックカメラに在庫があるのを確認し
ています。私はさくらやで買いました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/4442712

Listed below are links to weblogs that reference 415:050606 露出実験:

« 414:050605 Caplio GX8でフィルムを複写 | Main | 416:050607 shio流ボタンの外し方 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください