« 406:050528 キットパスはきれいに消える!! | Main | 408:050530 shio流チャーハンの作り方 »

2005.05.30

407:050529 コミュニティーの肥大化と点在化

小学校の友人M宅へ。
ニューヨークに住んでいるMが1週間だけ帰国したのです。ステキなお宅でした。

いろんな方に出会いました。うれしいことです。最近,こういう集まりに行くと,必ず数人,mixiの人がいます。帰ってきたらすぐマイミク。NINAさんとCindyさんとまりりんさん。みんな生き生きとしたステキな人たちです。

パーティーに行ってどなたかと知り合っても,よほど共通の事情がない限り,それ以降の交流を継続できないことが多い。それはお互いに損です。その点,blogやmixiがあると「ゆるいつながり」を保つことができます。それがmixiなどのすばらしいところのひとつ。お互いのblogを読んだりして考えていること,やっていること,表現していることが伝わる。それに呼応してコメントする。

でも,そんな媒体ばかりに頼らないでコミュニケーションをするのが本来の人間関係。shioはできる限り人と会う機会を大切にしているけれど,やっぱり限界があります。だからみんながblogを書いたり,mixiでつながったりすることは,リアルな人間関係を補完する貴重なコミュニケーション手段です。都市に生きる我々はコミュニティーが肥大化し,地球規模の移動が容易になった我々は各ノード(個人)が点在化してしまいました。それによって緊密な交流をすることが難しくなっている中,mixiなどのSNSやその他インターネットを介する情報伝達媒体は,いわば必然的に出現したメディアなのでしょう。

ヴァーチャルなコミュニケーション手段はリアルなコミュニケーションを補完するためにある。その基本を十分に認識した上で,大いに活用したいと思います。

« 406:050528 キットパスはきれいに消える!! | Main | 408:050530 shio流チャーハンの作り方 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

最近の記事にリンクされていてたので、
読ませて頂きました。

>ヴァーチャルなコミュニケーション手段は
>リアルなコミュニケーションを補完するためにある

この文章に、すごく共感しました。
ただ、それを認識せずにバーチャルな世界を主体にしている人が
増えているのではないかと最近感じています。
ニートやひきこもりといった現象は、ひょっとすると
こうしたバーチャル世界の登場によって、
人間関係が希薄化している事が背景にあるのではないでしょうか。

そういった人が、リアルなコミュニケーションの必要性を感じるのは
どのようなきっかけがありえるんでしょう??

すみません。
コメント欄に書く内容ではなかったかもしれませんが、
最近気になっている事とリンクしていたので書かせて頂きました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/4337562

Listed below are links to weblogs that reference 407:050529 コミュニティーの肥大化と点在化:

« 406:050528 キットパスはきれいに消える!! | Main | 408:050530 shio流チャーハンの作り方 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください