« 380:050430 アクセス権の修復 | Main | 382:050502 Dashboard »

2005.05.02

381:050501 メール

さて(Apple)Mailの話。「Mail」とはMacに標準で付属しているメールソフトの名称です。ちょっとややこしい。

shioはここ約10年間、Eudora→ARENA→(Apple)Mailと順次メールソフトを使い続けてきました。その間、一日にやり取りするメールの量は徐々に増え、それらのメールを効率的に読み書きするためには複数のフォルダにメールを自動的に振り分けることが必要になりました。しかし、Mailをメインに使うようになってから、フォルダに振り分けるのをやめました。Mailの検索が実用的だからです。

受信したメールはすべて「受信」に保存されており、普段は新しいもの順にソートして表示しています。新しいメールは常に上の方にありますから、普段必要なメールはすぐに見つかります。また必要に応じて、差出人名でソートすれば、同一の人からの受信履歴が一目で分かりますし、メーリングリストなどは件名でソートすれば瞬時に投稿順に並びます。それらのソートはワンクリックで一瞬で結果を見られますので、それだけでたいがいの必要な情報は得られます。一方、「○○に関するメールを見たい」というときはMailの検索欄に必要な単語を入力。すると瞬時に必要な情報が記述されたメールが表示されます。この検索が強力かつ高速(だいたい数秒以内)なため、「検索すれば見つかる」安心感がありますから、フォルダに分ける必要が全くないのです。

今回、MailにSpotlightがビルトインされて検索がさらに強力になった上、検索条件ごとフォルダにする「スマートフォルダ」が装備されました。以前ですと上記のような検索を必要に応じてかけていたのですが、中には頻繁に検索する単語やフレーズもあります。そのような頻繁に検索する単語やフレーズをスマートフォルダにしておけば、検索の手間すら省けます。これは便利!!

このスマートフォルダと従来のフォルダは何が違うのか。
従来はメール仕分けの「ルール」によってフォルダ内容が決定されていました。フォルダはただの箱で、そこに何を入れるかは別のところで決定されていたのです。しかしスマートフォルダはフォルダ内容がフォルダ自体の属性になりました。内容はフォルダ自体が決定しています。これが本来の姿でしょう。

フォルダに仕分けをせず、すべてのメールを一ヶ所(「受信」フォルダの中)に保存すると、「受信」フォルダに膨大な数のメールがたまります。そこで、1年ごとにフォルダを作って古いものはそちらに移動して保存しています。shioのMailには、「1997」というフォルダから順次「2004」まであります。現在の「受信」フォルダの中には、2005年1月1日からのメールが保存されております。大学にいると学年歴が4月〜3月ですから、年度ごとのフォルダの方が使いやすいかというとそうでもありません。年度の変わり目は年度をまたいだ案件がたくさんあるからです。したがって、フォルダは暦通り。それで不自由はありません。

また以前行っていたメールソフトの二重化は、現在では行っておりません。
以前は、ARENAとMailの両方でメールを受信することによって、どちらかのデータが壊れても仕事に支障を来すことがないようにしていました。いわば保険です。しかし、現在ではMailは十分に安定しているようですので、二種類のソフトによる二重化の必要を感じません。そのかわり、PowerBookG4のMailとPowerMacG5のMailとで二重化しています。仮にどちらかに問題が起こっても、もう片方で救えます。

その場合、通常の使い方ですと、自分が送信したメールは送信に使ったMacにしか残りません。たとえば、PowerBookG4で送信したメールはPowerMacG5には保存されていません。そこで、いずれのMailでもすべてのメールを自分宛にBcc:しています。こうすれば、複数台のMacですべてのメールを保存することができます。

shiologyバックナンバー

« 380:050430 アクセス権の修復 | Main | 382:050502 Dashboard »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

いつも興味深い話、ありがとうございます。
時々、この話をもちかけると、わたしには必要ない(関係ない)と言われて終わりになってしまうことがありますが、勇気を振り絞ってここでも書いてみます。

わたしは、標準仕様メールソフトをMailにしていません。
それは、発信メールを書いているときに、自動改行をしてくれないからです。
パソコン通信時代から、メールを書くときには、自動的に30文字とか35文字とかで改行してくれるメールソフトを使うことを当たり前に思ってきたからです。

shioさんは、長文メールを書くときは(もともと長文メールなんか書かないのでしょうか)、どうしていますか?

・改行なんて考えないで文を書く。
・自分で文字数を考えて、手動で改行を入れる。
・エディタなどで別にメール文を書き、エディタの機能を使って改行を入れた後、コピー&ペーストする

あたりがわたしの考えられる予想の範囲内ですがそのところを教えてくださいませんか。

せっかく、Spotlightという魅力的なシステムが装備されたのでできればMailを標準メーラーにしたいと思いつつも、できないでいるわたしです。

> あべたかさん
標準添付のMailアプリケーション (以下 Mail.app) では送信時に自動改行を施して送信されています。
しかし、Mail.app の自動改行機能は英語を前提にしていて、日本語メールでは体裁が崩れてしまって自動改行の意味をなしていません。
ですので私は下記のツールにお世話になっています。一度試してみてはいかがでしょうか ?

http://hp.vector.co.jp/authors/VA001080/Program/index.html

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/3944235

Listed below are links to weblogs that reference 381:050501 メール:

» 「メールソフト」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 メールソフト 」の検索結果で、「shiology .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [Read More]

« 380:050430 アクセス権の修復 | Main | 382:050502 Dashboard »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください