« 327:050303 パーティー | Main | 329:050305 Pagesの成長 »

2005.03.04

328:050304 リコー製デジタルカメラのいいところ

325:050301 Caplio R2発表!!に戸矢博明さんとjohnnyさんからコメントをいただきました。どうもありがとうございました。
写真、大好きです。
写真は撮影者の世界観を写し出します。
つまり自分の世界観が客観化されるのです。
自分を映すのです。

リコー製のデジタルカメラのいいところをまとめておきます。

・28mmの広角レンズ。
これが最大の利点です。狭い部屋の中などでも広い範囲を映すことができます。たとえばカラオケルーム。6人くらいいる友人全員が入るように写真を撮ろうとすると,広角レンズが絶対に必要です。そして,実は「写真」として見たときも,広角で撮った写真の方がはるかに情報量の多い写真になります。写る範囲が広いから当然ですが,写真の面白さは広角レンズにあると思っております。

・測距が速くて正確。
ピント合わせが速いんです。レンズ内のCCDとは別に,被写体までの距離を測っています。フィルムコンパクトカメラ時代の技術ですが,デジタルカメラでもその技術を使っています。多くのデジタルカメラがCCDでの測距のみです。だから,リコーは測距が速くて正確。さらに「スナップモード」があって,ピントを2.5mに固定してしまうことができます。そうすると,本当にシャッターを押した瞬間が撮れますので,動き回る子どもや猫などでも,ちゃんと撮れます。

・1cmまで被写体に寄って撮影できます。
「広角レンズで寄って撮る写真」はとても迫力があります。

・ISO感度を上げて撮影することが当たり前の設計がなされている。
田中希美男さんの今日と昨日のエントリーが参考になります。私も,部屋の中でフラッシュを焚かずに撮影するとき,ISO400や800にして撮ります。リコーのデジタルカメラは,感度を上げても十分観賞に堪える写真が撮れます。

・バッテリーが非常に長くもちます。
一回の充電で500枚撮影できます。そのうえ,万が一出先でバッテリーが切れても単三乾電池2本で動く。カメラを持っているのに大事なときにバッテリーが切れて撮影できない,という悲しい事態を最大限回避するように設計されているのです。

・メモリを内蔵。

といった感じです。

ついでに、Caplio R2が利用するSDメモリカードについて書きます。
大切なのは,メモリカードへの書き込み速度です。
カードによってメモリへの書き込み速度にかなり差があります。
速いものは20Mbps。以下,10, 7, 5, 2Mbpsのものが売られています。そのうえ,そんなに差があるのに,価格があまり変わらない。したがって,容量512MBか1GBのものを買うなら,転送(書き込み)速度20Mbpsのもの,容量256MB以下のものを買うなら転送速度10Mbpsのものがお得です。

写真は昨日のパーティーのオードブルとカクテルです。
カメラはすべて、EOS 20D EF24mm F1.4。
hors d'oeuvres 1

hors d'oeuvres 2

hors d'oeuvres 4

hors d'oeuvres 3

cocktail

« 327:050303 パーティー | Main | 329:050305 Pagesの成長 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Photography」カテゴリの記事

Comments

リコーのデジカメにして本当に良かったと思ってる一人です☆
広角撮影が出来るので、撮ることのできる世界が変わったような感じです。

※大学のアトリエ(中庭)でデッカイ雪だるまを作りました♪
卒業制作です(笑)
中庭の真ん中を通る道沿いにあります。
見てください!
壊されてなければいいなぁ!!

>tama
うわっ、雪だるま見にいきます!!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 328:050304 リコー製デジタルカメラのいいところ:

« 327:050303 パーティー | Main | 329:050305 Pagesの成長 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください