« 252:041217 ほぼ日手帳のことばと肯定表現 | Main | 254:041220 同窓生 »

2004.12.20

253:041219 ほぼ日手帳の時間軸と「尺度」

院生Aの修士論文を通読し、添削。

ほぼ日手帳、使い始めました。使い始めるといろいろなことがわかってきます。
MacのiCalを3年ほど使っていて、そのインターフェイスに慣れてしまっているため、時間軸の長さを見間違える。iCalは30分ごとに線が入っているのだけど、ほぼ日手帳は1時間ごと。だからたとえば90分の講義を囲もうとすると、まちがえて3段分囲んでしまいそうになる。ほぼ日手帳だと90分は1段半なのです。

尺度って大切。
いろいろな尺度でものごとを見ることができるように……と日頃から心がけているつもりではあるけれど、手帳が替わっただけでその難しさを意識させられる。
やはり人間の成長において「環境を変える」ことは大切なのでしょう。環境が変わることによって、新たな価値観に接し、今までと異なる尺度を得て、ものの見方が広がり、人間の幅が広がるのですから。

« 252:041217 ほぼ日手帳のことばと肯定表現 | Main | 254:041220 同窓生 »

育児」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Education」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 253:041219 ほぼ日手帳の時間軸と「尺度」:

« 252:041217 ほぼ日手帳のことばと肯定表現 | Main | 254:041220 同窓生 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください