« 188:041010 台風一過? | Main | 190:041012 ゼミな一日 »

2004.10.15

189:041011 小曽根真さん

伯父が倒れたので川越の病院までお見舞いに行きました。見違えた姿を客観的に見ると、もう長くはないなぁ、という寂しさを感じたけれど、彼自身が発することばは、まだまだ生きるのが当然との考えを表していた。「いたたたた」「いたたたた」と繰り返す彼に、何もなす術もない無力感を抱きながら、鎮痛剤で眠った彼の病室をあとにしました。

夜、S宅を訪問。
とどいたばかりのiMacG5を前に、Sも小曽根真さんのファンであることが判明。CDを聞きながら、美しい絵を見せていただいたり、iMacG5の設定をしたり。

shioが初めて小曽根真さんの演奏を聴いたのは、新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート。オケとのコラボレーションもすばらしかったけれど、そのあとにアンコールに応えて演奏してくださった曲が、あまりにも美しかった。予想を裏切る和声の進行で楽しませてくださる上、その意外な展開からきちんと和声が終止するのがすばらしい。「えっ、なんでその音に行くの?」という和声的緊張感を与えた次の瞬間、「おー、そう来るのかあ。」という安心感をもたらす。音楽で人の心をゆらすすばらしい演奏を聴かせていただいたshioは、即、山野楽器に行って、そこにあった小曽根さんのCDを10枚全部買いました。

Breakout, Dear Oscar, Nature Boys, No Strings Attached, Pandora, Paradise Wings, Starlight, The Trio, Three Wishes, Walk Alone.

以来、大ファンです。
研究室ではそれらのCDをMacのiTunesに入れて、小曽根さんだけをエンドレスで流しています。CDを入れ替えなくてもずーっと気に入った曲だけ聞いていられるiTunesはほんとうにスバラシイと思います。今も小曽根さんとGary Burtonのデュオを聞きながら、これを書いております。

« 188:041010 台風一過? | Main | 190:041012 ゼミな一日 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

小曽根真さん、私も好きです!!
すっごい気持ちいい音楽を聞かせてくれる人ですよね!

たまたまテレビで演奏している姿を見たのですが、聞いていて本当に気持ちがいい演奏でした。
まだ知ったばかりでよく知らないので、教えてください。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 189:041011 小曽根真さん:

« 188:041010 台風一過? | Main | 190:041012 ゼミな一日 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください